« January 2006 | Main | March 2006 »

Tuesday, February 28, 2006

【Googleが映像サービス Google Videoをスタート】

■「Google Video」、米国立公文書館と共同で映像資料を公開 (CNET Japan

今回提供されるのは、全て著作権が消滅したものだそうだけれど、Googleがアメリカの国立公文書館記録管理局(NARA)が所蔵する歴史的な映像100本をオンラインで公開するという。

インターネットの黎明期にあった崇高な目的の一つに、地球上の全ての知の資産を集約したデータベースを構築して人類の共有資産とする、というのがあったけれど、これはその初心を思い起こさせるようなプロジェクトだ。

Googleに関しては、最近デスクトップサーチなどに関連して毀誉褒貶が激しいけれど、例えば「Google Earth」みたいなGoogleじゃなきゃできない、Googleならではの様々なサービスがどんどんスタートしていて、個人的にはある意味でインターネットの功罪の“功”の部分に対する貢献度は非常に高いのではないかと評価している。

今回公開されたような映像は、それこそ人類の共有資産といって間違いない。日本の国立公文書館でも、デジタル化された様々な歴史的文章がオンラインで閲覧できるようになっているけれど、こういうサービスは本当にありがたい。

でもこのCNETの記事にもある、INTERNET ARCHIVEが提供している過去100年間の各種ニュースフィルムやビデオコンテンツの膨大なアーカイブには、正直ビックリ。NHKのアーカイブも、是非オンラインで公開していただきたい。だってわざわざ埼玉の川口市まで行かなきゃ利用出来ないなんてね・・・。

 マーチングバンドの音楽が鳴り始め、白黒の画面に攻撃態勢のワシの絵をあしらったUnited Newsreelのロゴが映し出される。そして、「英国空軍が夜間攻撃によりナチスの軍需工場を破壊」の文字が大きく踊る。

 これは第2次世界大戦時代のニュースフィルムで、米国時間2月24日に「Google Video」で公開された米国立公文書館記録管理局(NARA)所蔵の歴史映像100本のうちの1本だ。国立公文書館所蔵の映像コンテンツをできるだけ数多くオンライン公開することを目的に共同プロジェクトが進んでいたが、このコンテンツ公開はその最初の成果となる。

 公開されたコンテンツの第1弾には、数十種類のニュースフィルム、1930年代前半の国立公園の映像、宇宙旅行に関するNASAのドキュメンタリーフィルムなどが含まれている。 Orson WellesがH.G. Wellsの「宇宙戦争」を朗読し、「われわれが暮らす美しい星以外」に地球外生命が存在する可能性を議論するものなどは必見だ。

 Google VideoのプロダクトマネジャーPeter Chane氏によると、同社は国立公文書館所蔵の11万4000本のフィルムと3万7000本の映像を可能な限り多くネットで公開できるよう、段階的に作業を進めているという。

 「これは歴史と知識の宝庫であり、世界中の人々に見せたい」(Chane氏)

 長年人の目に触れなかった記録フィルムのデジタル化は数年前から進んでいたが、Googleが米国立公文書館と非独占契約を結んだことで、歴史ファンや、教育関係者、および映画製作者は、莫大な量の新しい資料を入手できるようになる。

 資料はすべて権利が消滅したものだと、Chane氏は語っている。つまり、著作権保有者への支払いを気にすることなく、利用や公開は自由にできる。

 最も有名なInternet Archiveをはじめ、過去100年間の各種ニュースフィルムやビデオコンテンツを提供するオンラインビデオサービスはほかにもある。

February 28, 2006 in Film, Media, Politics, Television, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, February 25, 2006

【インフルエンザさまさま】

■インフルエンザに罹ってしまった・・・

今だから言えることなんだけど、実は不覚にも生まれて初めて本格的にインフルエンザに罹ってしまい、といってもお陰様でもう完治したんだけどね。

キッカケは2月8日のこと。今年は例年にも増して風邪が流行っているってことで、普段人混みに出るときはに必ず常備しているユニチャームの「超立体マスク」をしていたんだけど、その日に限ってマスクをせずに東横線で自由が丘から渋谷に向かっていたのだが、昼過ぎということもあって比較的空いていたその車内で、ちょうど目の前のシルバーシートに座ってたお婆さんが突然堰を切ったようにハゲシク咳き込み始め・・・。

瞬時になんか軽くヤバイ感じがしたので、とっさに回避行動(というか2メートルぐらい車内を移動しただけ)を取ったんだけど、ど~もその後から鼻の奥がムズムズし始めて、渋谷で打ち合わせをしている最中に今度は喉の奥に違和感を感じ始めて「軽くヤバイ感じ」は「確実にヤバイ」という確信に至った。

打ち合わせが終わると早々に等々力に取って返してイソジンで念入りにウガイを敢行するも違和感はなくならない。「あのクソババアのせいだ・・・。」と東横線で乗り合わせた老婦人の顔が脳裏に浮かぶ。

念のためにと思って、戸棚の奥にしまってあったパブロンを飲んでから、大事を取って夜更かしせずに大人しく就寝したのだが、翌朝目が覚めると久々にアノ風邪を引いてしまった時の自覚症状のオンパレード。鼻水は出るは喉は痛いは身体の節々はバキバキと悲鳴を上げるはという状況で、しかたなくまたパブロンを飲むも全く症状は改善しない。

それどころか、普段はせいぜい36℃ぐらいしかない体温が、5時間ぐらいの間にミルミル39℃から40℃近くまで上がっていくではないかッ!株じゃないんだからこんなに急に上がっても嬉しくも何ともない。

身体は燃え上がるように熱いのに寒気で震えが止まらない。ベッドで一人ウンウンうなりながら「これってもしかしてインフルエンザかも?」という不安がよぎったが、根っからの病院嫌いなので「もう少し様子を見よう」と蛮勇を奮って更にベッドにしがみ付く。

しかし翌朝、「これはもうパブロンどころではない。」と観念してタクシーで近くの小倉病院に駆け込んだ。もう熱でフラフラして待合室のベンチに座っているのも辛い。

で、やっと先生に診てもらったんだけど、早々にインフルエンザの検査に回されて待つこと約15分。再び診察室に呼ばれると先生がマスク越しに「あ~野中さんインフルエンザA型、出ちゃいましたね。」「これ、タミフル出しときますからね。あの有名なやつ。テレビで観てるでしょう?とにかく五日間のみ続けてください。」

「まあ飲み始めてから2~3日で熱は下がってきますけど、その後も排菌しますからゼッタイに人と会わないように。」(“排菌”という言葉を聞いたのは初めてのことで、最初は何を言っているのか分からなかった。)

「エ~先生!それって一切外出禁止ってことですか?」と聞くと、「まあそうですね。もちろん家の中でも誰とも接触しないでください。他人にうつしちゃったら滅茶苦茶怨まれますよ~。」なんていうではないか。

ちょうどタミフルを飲み終わる五日後の夜にはJAMの生放送があるので、日程的にはギリギリな感じだったが、もうとにかく観念して治療に専念するしかないと決心して自室に篭ることにした。セルフ隔離である。

薬局でタミフルもらって「これがあの話題のタミフルか・・」なんてちょっと嬉しかったりして?もう頭は完全に熱でバカに成っている。

ところがタミフル飲んでも解熱剤飲んでも一向に熱は下がらない。食欲はゼロ。とにかく異様に汗をかくので枕元にはアップルジュースを2リットル。あっという間に飲みきってしまう。

悪寒と体中の痛さは相変わらず。冗談抜きに一呼吸一呼吸が苦しくて、七転八倒とはこの事かと実感。こりゃ体力ない人はゼッタイ死ぬ。マジで軽い臨死体験。(ちなみにホントの臨死体験は小学校5年生の時に交通事故で経験済み)

まあしかし、地獄の二日間を過ぎると医者の言ってた通りにストンと熱が下がってホッとした。でもまだ平熱というわけにはいかず、体力も相当消耗してしまったのでひたすらベッドで耐えるのみだったんだけど、お陰で溜まっていた本を一気に読破できた。

でも今回久しぶりに病気らしい病気で思ったのは、月並みだけどホントに健康で居る事の大切さだ。そんなこともあって、新聞の広告欄で見かけた「病気にならない生き方」って本を早速アマゾンで取り寄せて読んでみた。

書いてあることは、実は大昔ボストンに居た頃にはまった「マクロビオティック」で勧めている食養と全く同じだったんだけど、しばらくぶりにそういう視点から改めて振り返ってみると、最近の自分の食生活とかライフスタイルとか、結構身体に悪いことだらけで反省しきり。

で気がついてみたらタバコが吸えなくなっていた。もうそろそろ止めようかなとは思っていたんだけど、インフルエンザのお陰でちょっと得したのは、約一週間の断食断酒禁煙で、結果的に短期間で強烈にデトックス出来たせいか無理なく禁煙できたことと、あと3キロぐらいダイエットできたことかな。

そういう意味では、「インフルエンザさまさま」なのであった。

February 25, 2006 in Books, Current Affairs, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, February 22, 2006

【BSEよりヤバイPSE】

久々に友人のオノ・セイゲンからメールが送られてきたら、その内容は「電気用品安全法(PSE法)に対する署名」の案内だった。

ちょうど先週「ITmedia」の記事でこの新しい法律が中古アンプやシンセサイザーなど、いわゆる“ビンテージ物”の機材の売買に影響を与えることを知って気に成っていたところだった。

早速、日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)のサイトにアクセスしてフォームに記入してオンラインで署名させてもらった。

実際に現役で活躍しているビンテージの楽器は山のようにあるわけで、それが「浴水循環保温機能付温水器」とか「電気卵ゆで器」なんかと一緒にされちゃうなんてね。

経済産業省としては「充分に周知活動も行ってきたし、今更反対されても法律を変えるつもりはない。」って断言しているらしい。無駄かも知れないけど、ここはやっぱりちゃんと反対表明しておきます。

■参考リンク: 「電気用品安全法は現代の禁酒法か?
          「川内博史議員のBLOG

February 22, 2006 in Business, Economy, Music, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, February 08, 2006

【ライブドア再発防止の為に】

Jam20060207_sayama ■2月7日放送のJAM THE WORLDのゲストは一橋大学大学院教授でM&Aのアドバイザリー会社・GCAの代表取締役・佐山展生さん。

ライブドア事件のお陰で、「投資事業組合」や「M&A」に対して必要以上にダーティーなイメージが付いてしまった。

そして政府与党も民主党も、証券取引等監視委員会の権限強化や投資組合に対する規制を検討する動きを出してきている。

でもそんな中、安易な法改正や規制強化を疑問視する向きもある。その代表として、M&Aの専門家の立場から佐山さんに意見を伺った。

以前ライブドアのニッポン放送買収劇が勃発した際にも佐山さんに電話でゲスト出演してもらったが、その中で佐山さんは「本来M&Aの醍醐味は、関わった企業それぞれにとってハッピーに成るように、最も望ましいシナリオを考えて、結果的にその企業が生き返ったり、業績が大きく向上したりすること。そんな時は、本当に当事者から感謝もされるし、仕事をした達成感もある。」とおっしゃっていたのが印象的だった。

どうもM&Aというと、「血も涙も無い」みたいなイメージになってしまっているけれど、佐山さんのコメントにはプロとしてのプライドと人間味が感じられた。

今回は「ライブドアの再発を防ぐにはどうすれば良いのか?」というテーマだったわけだけど、まずSECの権限強化や機能強化はもちろん必要だとしながらも、投資事業組合に対する規制を安易に強化すると、この仕組みを使って日本の市場に参入している外資系ファンドや外国人投資家に対して、誤まったメッセージを送ることになり、結果的に日本のマーケットから彼らを締め出してしまうことに成る可能性が高いのではないか、という指摘があった。

佐山さんとしては、むしろ「監査法人」に関わる状況を変えたほうが良い、という意見だ。つまり、様々な不正が起きた“事後”の規制や罰則を強化するよりも、そうした不正行為が起こらないような抑止策を強化する方がよほど効果的というわけだ。

具体的には、「監査法人を5年毎に変更することを義務付ける」ことで、「結果的に監査法人同士がお互いを監視することになり、その恐怖感と責任感から、企業と安易につるんで不正を見逃すような馴れ合い監査が出来なくなるはずだ。」という。

そしてもう一点は「日本の監査法人の報酬は、その膨大な労力に対してあまりにも安すぎる。この点を欧米並みに改善することで、監査業務がきちんと遂行できるようになる。」という指摘。確かに監査法人が課せられた責任の重さに対して正当な報酬が得られていないのではないか、という声はこれまでもあった。

こうした“現場の声”が、果たして何処まで国政の場での議論に反映されるのかは不明だけれど、アメリカでエンロン、ワールドコム事件を受けて施行された企業改革法(佐山さん的には「あれはちょっと行き過ぎという感じがする。」とのこと)のような抜本的な施策がとられなければ、ライブドアに限らず、今後も不正会計や粉飾決算が無くなる事はないだろうというお話。

February 8, 2006 in Economy, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack