« 【竹島問題は国際司法裁判所で御願いします】 | Main | 【WEB CAST 更新しました】 »

Saturday, April 22, 2006

【5月25日 ディープインパクトでハルマゲドン?】

■ニートよろこぶ、みんな仲間だ~“地球最後の日”がやってくる!?

Deepimpact_1

これも『話題.jp』で見つけたネタなんですけど、今日4月22日は“EARTH DAY”ということで・・・。約1ヵ月後の5月25日に彗星が地球にぶつかるという話。

元ネタは『U.S. NEWSWIRE』の記事で、要約は以下の通り。

フランス軍の元航空管制官エリック・ジュリアン氏が73Pシュワスマン=ヴァハマン彗星の軌道計算の結果、その破片の一部が2006年5月25日に地球に衝突する可能性が高いと発表した。

Schwassman-Wachmann彗星は太陽系の黄道面に交差する5年周期の軌道をまわっている。何世紀もの間この彗星は無傷でこの5年の軌道を回っていたが、1995年に突然いくつかの断片に分裂した。

彗星の経路に関するNASAのシミュレーションを使用した結果、ジュリアン氏は彗星が地球の黄道面と交差する5月25日頃に、地球と衝突するであろうとの結論に至った。

トラックほどの大きさの破片が大西洋に秒速40キロメートルの猛スピードで衝突し、そのインパクトは高さ200メートル級のメガ・ツナミを発生、被害者は数千万人に上る。

一方で天文学者達は流星群が見られる可能性はあるかもしれないが、そのような(壊滅的)危険は無いといっている。これに対してジュリアン氏は一部の破片は小さすぎて観測出来ていないのだと反論している。

と、ここまではマトモっぽいが・・・

ジュリアン氏はこの5月25日の彗星衝突は、ブッシュ政権が画策しているイランに対する先制核攻撃が“高度な知性の王国(the realms of higher intelligences)”に与える影響と関係していると結論付けている。

というテキストで結ばれていて、アレレ~??これはヒョットシテ・・・と思って、U.S NEWSWIREのさらにネタ元であるジュリアン氏のサイトに行ってみると、そこにはいきなりUFOのイラストが~ッ!!

彼はフランス空軍の航空管制官として空軍基地での業務中にUFOの追尾をした経験があり、国際空港のシニア・マネージャーの資格も持っている(身分証明書のコピー)というプロフィールで、航空業界のプロでありながら、一方でUFO関連の著作を持つ人物であることが判明。

フランスには国立科学研究所の主任研究員でありながら『宇宙人ユミットからの手紙』という本の著者でもあるジャン・ピエール・プチみたいな人(自分の発明のネタ元は宇宙人から送られてくる手紙だということを、この本でカミングアウトした)も居るので、案外フランスにはこういうプロのUFOLOGISTが沢山居るのかも。

そういや『未知との遭遇』にもフランス人のフランソワーズ・トリフォー監督が出演してたっけ・・・ってあんまり関係ないか。(でも巷にはアメリカ、フランス、ソビエトなどの「核エネルギーのコア技術を持っている国」=「エイリアンから情報提供を受けている国」という陰謀説在り)

思わずソソラレテそのジュリアン氏のサイトにアップされているリポートのオリジナル(PDF|MS WORD)をチェックしてみた。

NASAによる彗星のシミュレーション結果の図表(下図)や、これと全く同じ惑星の位置関係を表しているしている(と本人が主張する)クロップサークルの写真、そしてもちろんUFOの図解や、彼がテレパシーを通じてコンタクトしているという、青く光るグレー風(GLAYじゃないよ)添乗員さんのイラストなどなど満載で楽しめます。

May252006_2

ちなみに、このNASAのシミュレーションによると、5月25日にこの彗星が地球の周回軌道上約 1700万キロメートル前方を横切るのだそうだ。(下図)

May25_2006comet_earth_horisontal

いくらなんでも1700万キロメートルも離れていれば大丈夫だろうと思うんだけど、だから天文学者達はみんな「そんな危険はネェッ!」といっているわけだ。

しかし問題はこの彗星がいくつかの断片に分かれていることで。(下図)

May25_comet_fragment_1

ジュリアン氏は「現時点では小さすぎて観測されていない破片が地球の引力に引き寄せられて衝突を起こす可能性は否定できない。」と主張している。

どうやら情報の一部は青いエイリアンさんとのチャネリングで補完されているらしく、お好きな方にはたまらないエンターテイメントになってます。真剣に読むとはまっちゃうかも・・・。 (But, what if all this was true・・・?)

いずれにしても皆さん、もし本当なら逝くときは一緒です。

もう後一ヶ月ちょっとしかありませんから、

Seriously, 半島の事なんか気にしている場合じゃありませんッ!

そろそろ慌てたほうが良いですよ~!(合掌)

April 22, 2006 in Current Affairs, IRAN, Science, Weblogs | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d834632ccd69e2

Listed below are links to weblogs that reference 【5月25日 ディープインパクトでハルマゲドン?】:

» 危ない from 月龍邸
5月が危ない。 どうやら25日で地球が滅亡するらしい。 詳しくは野中さんが解説されているのでクリック。 そして 5月の半月の夜。 といえば、 16年に1度、ドラキュラが『永遠の力』を更新する夜である。 どこが起点になっているかは不明なので、今年が16年目にあたっているかどうかは 不明だが、今年の半月は7日と18日あたり。 何があっても後悔しないように GWは遊んでおけ! ってことだ。 きっと、そうだ。 ... [Read More]

Tracked on Apr 23, 2006 10:35:34 AM

» きのうはEarth Dayだったけれど from Miscellaneous thoughts
 きのうの土曜は Earth Day ということでしが、以前にくらべると盛り上がり方がいまひとつなような気がするのは気のせい…?   …それよりもなによりも、いま巷で話題なのはむしろ来月25日のほう。→関連blog  数年前にもおんなじような「ニアミス」がありましたが、じ..... [Read More]

Tracked on Apr 23, 2006 4:38:52 PM

Comments

そうですね!

それにしてもジュリアンさんも自分の発信したニュースリリースやWEBサイトのメッセージが、まさか日本まで伝わって、こうして我々を含む色んな人たちが勝手な解釈をして楽しむなんて、想像してなかったんじゃないですかね。

まあメッセージの方は「どんどん翻訳して出来るだけ広めてください。」っていうことだから本望でしょうけど、なんせプレスリリースの方はテーマがテーマだけに、まかり間違うと“風説の流布”に成っちゃうからね・・・。

でも以前の2000年問題の時は実際にシェルター作ったり、疎開したりした人も居たけど、今回は誰も本気にしていないみたいだし。

しかし彼にとってはこれは間違いなくリアリティなわけで、25日に何も無ければ、きっと今度は「自分の呼びかけで世界中の人たちが『エイリアンに会いたいで~す!』と宣言したお陰で、彗星がギリギリのところで逸れました~!アリガトゥォゴザマシタァ~ッ!」ということに成るのでは・・・(笑)。

Posted by: a-key at Apr 24, 2006 9:07:04 PM

ジュリアン氏が一番エンジョイしているのは明らかですね。

野中さんのおっしゃる通りで、根拠に基づいて肯定、否定をするというよりは「こういうのもありでいいじゃん」って感じですね(笑)。

26日から、またジュリアン氏の研究が始まりますように。

Posted by: 7A at Apr 24, 2006 7:51:09 PM

7Aさん、スルドイ!

まさにその点こそがこのジュリアン・レポートの“X-FILE的白眉”でありまして・・・。

ジュリアン氏によると、この彗星が1995年に分裂したのは、当時のレーガン政権がエイリアンを対象とした「STAR WARS計画」を立ち上げたことに怒ったエイリアンが、地球を攻撃する為の超破壊兵器として、わざと分裂させたのだというのです。

で、この5月25日という衝突の日付は、アメリカが計画しているイランへの先制核攻撃が行われる数週間前にあたり、この攻撃が行われることで地球上で惑星規模の核戦争が起こる可能性が極めて高くなり、それが起きちゃうと地球上の生命のみならず、別次元(=高度の知性の王国)にお住まいに成っていらっしゃるブラザー達にも多大な影響を与えるため、それを防ぐため人類に対する荒療治的な警告として彗星の衝突が計画されているらしいのです!!?

WAO~!!

ほとんどの人はここで読み進めるのを止めるわけですが・・・(と本人が書いています)、僕は根が嫌いじゃないので更に読み進みました。

で、2003年9月6日には、この彗星と地球の衝突を示す(とされる)クロップサークルが出現し、その日にジュリアンは宇宙のブラザーから「私たちに会いたいですか~?(Do you wish us to Show Up?)」というメッセージを受け取ります。もちろんテレパシーです。

このメッセージはフランス語で記述され、彼の著作である「CHILDREN OF STARS」に掲載された後、無名のボランティア達によって16種類の言語に翻訳されて100カ国以上の国々に伝播しているというのです。(残念ならが日本語版はないようですが)

https://www.etreferendum.com/


ジュリアン氏は、このスペース・ブラザーからの「会いたいですか~?」というメッセージを世界中の人々に知らせることがミッションということでして・・・。

このメッセージを読んで、心の底から「YES! YES! 宇宙人さん、是非とも姿を現してくださいッ!」と宣言する人の数が全人口のある比率より大きくなれば、めでたく「今会いに行くよ~!」ってなもんでUFOが大挙して押し寄せてくるということで、そうなれば彗星は落ちてこないし、この「未知との遭遇」がキッカケに成って、結果的に人類同士の争いもなくなるというわけですよ!・・・ふゥ~。

この核戦争の勃発とブラザーとの関係については、なんだか30年ほど前にブラジルのサンパウロに住んでた頃に、これと非常に似たような話をペルー人のCARLOSっていうコンタクティーから直接聞いたことがあるんですけどねぇ、それを話すと長くなるので・・・。(ブルルッ~。思い出しちまったぁ)

エイリアンがらみということで、一瞬トム・クルーズやジョン・トラポルタがはまっているサイエントロジーの勧誘かと思ったけど、どうやら金を取るわけじゃなさそうです。

「そう、あなたの心の中で思うだけで結構ですッ」つ~んだから・・・要するにタダ。

まあ、こういうMIND GAME的遊びもなかなか楽しいかなというところでしょうか?

っていうか、気がついたらこのメッセージ最後まで読んでしまった・・・。

読み始めると案外止められないというか、昔ハシカにかかったかのごとく読みまくったチャネリング系のテキストと重ね合わせたりして、結局はまってしまったわけで。

でも「本当にエイリアンと会いたいですか?」って、改めて訊かれるとね~。

会いたいような、会いたくないような・・・でも自宅に来られても困るしね。

結構ビミョウ・・・(と真剣に悩んでいる自分が一番怖い)。

Posted by: a-key at Apr 22, 2006 10:46:17 PM

5月25日には何が起こるのでしょうね。
一瞬で全てが吹っ飛ぶなら、「まあいっか」という感覚ですね。
どうせ吹っ飛ぶなら24日にエイリアンさんが降臨してくれれば。

Posted by: 7A at Apr 22, 2006 5:52:51 PM