« May 2007 | Main | July 2007 »

Wednesday, June 27, 2007

【最初のUFO目撃証言から60年―KENNETH ARNOLDの場合】

「空飛ぶ円盤」という表現で、世界で初めてオフィシャルにUFOの目撃を証言したケネス・アーノルド氏の目撃談が新聞に掲載されたのが1947年の6月26日。今からちょうど60年前のことになる。

そういえば、あのロズウェル事件もこの年に起きた。

すでに60年も経っているのに、UFOは未だに謎のままだ。

そういう意味で、この1947年という年は、近代のUFOLOGYの起点となる記念すべき年という訳。

1947-The Kenneth Arnold Sighting (ALL ABOUT)

Summary: There have been UFO sightings ever since man roamed the Earth. There exist many paintings of centuries past that depict unusual flying objects in the sky. Folklore of many early peoples are filled with stories of strange objects flying through the skies. However, most Ufologists credit pilot Kenneth Arnold's UFO sighting of 1947 as the beginning of the modern UFO age.

The Kenneth Arnold Page (PROJECT 1947)

Pendleton, Oregon East Oregonian - June 26, 1947


Boise Flyer Maintains He Saw 'Em 
Kenneth Arnold Sticks To Story of Seeing Nine Mysterious Objects Flying At Speed Of 1200 Miles An Hour Over Mountains 

By BILL BEQUETTE

Kenneth Arnold, a six-foot, 200-pound flying Boise, Ida., business man, was about the only person today who believed he saw nine mysterious objects -- as big as four-engined airplanes -- whizzing over western Washington at 1200 miles an hour. 

      Army and civilian air experts either expressed polite incredulity or scoffed openly at Mr. Arnold's story, but the 32-year-old one time Minot, N.D. football star, clung to his story of shiny, flat objects racing over the Cascade mountains with a peculiar weaving motion "like the tail of a Chinese kite." 

      A CAA inspector in Portland, quoted by the Associated Press, said: "I rather doubt that anything would be traveling that fast."

June 27, 2007 in Media, Ufology | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, June 26, 2007

【CIAは如何にして法律を破ったか・・・過去30年間の機密文章を一挙に情報公開】

CIA documents show how it broke law (CNN.COM)

CIAが30年以上遡って、かなりキワドイ内容の機密文章を一挙に公開した。

• CIA documents details activities 30 years ago
• Almost 700 pages of material to be declassified
• Activities included assassination plans, illegal wiretaps

WASHINGTON (AP) -- Little-known documents now being made public detail illegal and scandalous activities by the CIA more than 30 years ago: wiretapping of journalists, kidnappings, warrantless searches and more.

The documents provide a glimpse of nearly 700 pages of materials that the agency plans to declassify next week. A six-page summary memo that was declassified in 2000 and released by The National Security Archive at George Washington University on Thursday outlines 18 activities by the CIA that "presented legal questions" and were discussed with President Ford in 1975.

Among them:

  • The "two-year physical confinement" in the mid-1960s of a Soviet defector.
  • Assassination plots of foreign leaders, including Fidel Castro.
  • CIA wiretapping in 1963 of two columnists, Robert Allen and Paul Scott, following a newspaper column in which national security information was disclosed. The wiretapping revealed calls from 12 senators and six representatives but did not indicate the source of the leak.
  • The "personal surveillances" in 1972 of muckraking columnist Jack Anderson and staff members, including Les Whitten and Brit Hume. The surveillance involved watching the targets but no wiretapping. The memo said it followed a series of "tilt toward Pakistan" stories by Anderson.
  • The personal surveillance of Washington Post reporter Mike Getler over three months beginning in late 1971. No specific stories are mentioned in the memo.
  • CIA screening programs, beginning in the early 1950s and lasting until 1973, in which mail coming into the United States was reviewed and "in some cases opened" from the Soviet Union and China.
  • いわゆる「FREEDOM OF INFORMATION ACT (FOIA)」(情報公開法)に基づいて今回公開された資料のパッケージには二種類ある。

    CIA Releases Two Collections of Historical Documents (CIA.GOV)

    Two significant collections of previously classified historical documents are now available in the CIA's FOIA Electronic Reading Room

    The first collection, widely known as the "Family Jewels," consists of almost 700 pages of responses from CIA employees to a 1973 directive from Director of Central Intelligence James Schlesinger asking them to report activities they thought might be inconsistent with the Agency's charter.

    The second collection, the CAESAR-POLO-ESAU papers, consists of 147 documents and 11,000 pages of in-depth analysis and research from 1953 to 1973. The CAESAR and POLO papers studied Soviet and Chinese leadership hierarchies, respectively, and the ESAU papers were developed by analysts to inform CIA assessments on Sino-Soviet relations.

    カストロの暗殺計画や、ジャーナリストなど個人に対する違法な盗聴活動、令状の無い捜査、etc.・・・・。

    まるで映画のプロットそのもののような記録の数々。CIAにとっては”恥ずべき過去”だろうし、出来れば隠しておきたかっただろうと思うけれど、あくまで「過去の歴史の一部」という位置づけで情報公開に踏み切ったという。

    ただし、内容はいずれも既に「公知の事実」と成っているトピックスばかりで、研究家にとっては驚くに値しないものばかりかも知れない。

    がしかし、まさに「噂の真相」じゃないけど、多くの人が今までCIAに対して抱いてきた印象や懸念を裏付けるものと成っている。

    果たしてこれは過去のCIAへの決別宣言なのか?

    それは分からないけど、批判を受けることを承知で情報公開に踏み切ったCIAの真の目的はどこにあるのだろうか?

    June 26, 2007 in Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Tuesday, June 12, 2007

    【Goodwill 折口会長のコムスンに対する思い入れとは?】

    ■折口会長の介護事業に対する思い入れとは・・・

    ここ数日間、Goodwillの折口会長の釈明会見やTV出演などを観ていて、なんとなく古い記憶がムズムズしてきた。

    僕は一度だけ折口氏に会ったことがある。

    あれは確か、Goodwillがコムスンを買収して、全国紙に一面広告を打った直後だっただろうか。まだGoodwillの本社が六本木の交差点近くのオフィス・ビルの中に在った頃のことだ。

    僕はたまたま知り合いのベンチャー企業の関係者と、出資の打診で折口氏へのプレゼンに同行していた。

    当時から折口氏は多忙を極めていて、面談の開始時間は21時。場所はGoodwill本社の会長室。

    会議用の大型テーブルの上には、発行されたばかりの全国紙の一面広告が広げられていて、そこには「コムスン」という文字が大きく踊っていた。

    折口氏は打ち合わせの冒頭から約一時間に渡って、彼の経歴にはじまり、Goodwillを立ち上げた経緯の説明から、ベンチャー起業家としての心構え。そして、Goodwillの成功の方程式など、彼独自の起業論のレクチャーがあって面食らったのを覚えている。

    その中で非常に記憶に残っているコメントがあった。

    「皆さんは僕が何故今回、介護事業に進出したか分かりますか。」

    「私はかつてドア・トゥ・ドアの飛び込み営業までやった経験があるけれど、一度ドアを開けさせて家の中に入ったら、あとは絶対に契約を取る自信があった。」

    「訪問介護というのは、家族ですら嫌がるオムツの取替えなんかを代行してあげて、家族には感謝され、おまけにお金をもらえる仕事なんだけれど、当然介護を受ける側とは非常に強い信頼関係が生まれる。」

    「一旦家に入り込んでしまえば、家族構成はもちろん、年に何回旅行に行っているとか、車のメーカーは何処だとか買い替え時期はいつとか、入っている保険の種類や、家族の中で支出の決定権を持っているのは誰かとか、その世帯の大体の可処分所得だけじゃなくて、非常に細かい家庭内事情や家族関係について、とにかく通常のアンケート調査なんかでは絶対に入手不可能な、極めて詳細な個人情報が手に入る。」

    「介護を受ける本人はもちろん、家族の信頼を得てしまえば、後は介護サービスだけじゃなくて、パック旅行とか保険とか。それから紙オムツみたいな介護用の消耗財なんかも自然に売ることが出来る。」

    「介護保険制度の改正という絶好の事業環境ということもあるけれど、むしろ顧客と日常的に直接触れ合う密着型の営業が可能になるという意味で、事業価値が大きい。」

    (どうだ!こんなこと君達は到底思いつかんだろう?)とでも言わんばかりに、介護ビジネスを起点にしたマーケティング論を披露してくれたのを思い出す。

    その話を聞いて、実は僕もその時は「ふ~ん、なるほど世の中には美味いところに目を付ける人が居るもんだ!」と単純に感心したのを覚えている。

    で今回の騒動で、久々にその時の事を思い出したわけだ。

    折口氏は、「私は介護に対する特別な思い入れがある。」と明言しているけれど・・・。まぁ、本人しか分からないから、本当にそうなのかもしれない。

    一連の流れを見ながら、もしも折口氏が本気でユーザーと従業員の事を考えて事業の継続を図るというのなら、同じグループ内の会社じゃなくて、第三者に事業譲渡すれば済むじゃいないか?と単純に思っていたのだが、どうやら早速事業買収のオファーがあったそうで・・・。

    誰が買うにしても、ゼロから立ち上げるよりコストはかからないはず。

    ただしこのコムスンのニュース、あまりにもタイミングが良すぎて、もしかしたら年金問題の煙幕では?と穿った見方をしてしまうのは僕だけか・・・。

    June 12, 2007 in Business, Media, Politics | Permalink | Comments (2) | TrackBack