« January 2008 | Main | March 2008 »

Thursday, February 21, 2008

【世界最悪の独裁者ランキング 第一位は金正日】

THE WORLD'S WORST DICTATORS (PARADE)

先日放送したJAM THE WORLDで取り上げたネタなんだけど、ワシントンポストの週末に発行される「PARADE」で、先週今年の「世界最悪の独裁者」のランキングが発表された。

で、見事第一位の栄冠を勝ち取ったのは、北朝鮮の金正日将軍。昨年の2位からワンランクアップした。

このリストを見ると、世界には未だにこんなに多くの独裁者が現役でがんばっているのかと改めて驚く。

February 21, 2008 in Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, February 12, 2008

【CNNが日本のイルカ漁を告発】

JAPAN'S DOLPHIN HUNTERS (CNN.COM/VIDEO)

夕べCNNを観てたら、日本のイルカ漁の映像を紹介していた。

小さな湾が血で真っ赤に染まる様子や、イルカの解体作業~そして「ぶつ切り」が商品として店頭に並んでいるシーンが続く。結構衝撃的。

しかしその映像には、明らかにイルカではない魚(たぶんマグロ)を大量に扱っている市場の映像や、普通の寿司の映像を前後にはさんで編集していて、意図的に日本人が大量にイルカを食べているかのような演出が加えられていた。

これでもかという感じで血まみれでのた打ち回る瀕死のイルカの映像を見せながら、女性のキャスターが「こんな野蛮なことが、日本のような“ある程度文化的な国”で、伝統という名のもとに、未だに行われていることは信じられません。」

「このような残虐行為を止めさせるにはどうしたら良いのでしょうか?」

「国際的な反捕鯨団体にアピールするのも良いでしょうし、日本政府に直接メッセージを送るのも有効でしょう。是非皆さんのご意見をお寄せください。」と呼びかけていた。

実はむかし、パイオニアの仕事で「MELON BRAIN」というイルカの生態を紹介するソフト(LD-ROM)の制作に関わったことがある。

その時に、ライアル・ワトソン博士(「水の惑星」)、ジョン・C・リリー博士(「イルカの日」)、ポール・スポング博士、デニス・ハッチング博士などなど、世界中の著名な海洋学者やイルカの研究者にインタビューしたり、色んな研究文献を読み漁ったことがある。

その結果、個人的にはイルカ類は非常に頭が良くて、もしかしたら人間より進化した生命体かも知れないという印象を持っている。

だから個人的にはイルカ漁に対しては生理的な嫌悪感を覚える。

しかしだからといって、牛や豚が屠殺される映像はタブーなのに、イルカが殺される映像だけを取り上げて日本人を野蛮人呼ばわりするのはフェアじゃないだろう。

いつだったか、日韓共催のワールドカップが開催される前に、韓国の「犬食」が世界中から非難されたことがあったことを思い出した。

人間は生きていく上で、動物であれ植物であれ、食べるためには殺生を避けて通ることは出来ない。

自然界の他の生物と同様に、人間も他者の生命を身体に取り入れることで命を永らえている。その現実には善悪も優劣も無いだろうと思う。

おびただしい数のイルカの死体の映像を観ながら、そんなことが頭をよぎった。

February 12, 2008 in Ecology, Food and Drink, Media, Politics | Permalink | Comments (1) | TrackBack

Saturday, February 02, 2008

【マイクロソフトがYAHOO!を買収?】

Microsoft bids $44.6B for Yahoo (cnn.com)

久しぶりのMEGA DEALなニュース。446億ドルというと、日本円で約4兆7500億円!

Google対策が目的と云われているけれど、もし成立すればNETの勢力図が劇的に変化するのは間違いない。

YAHOO!の既存株主にとっては、先週木曜日のクロージングの株価に62%のプレミアが付くことに成るから、悪い話じゃない。

現在、400億ドルのオンライン広告の市場は、いずれ倍の800億ドルに成長すると見られているので、独創するGoogle陣営に対抗してネッ広告トビジネスの覇権争いに苦労しているマイクロソフトにとっては安い買い物なのかも知れない。

昨年は時価総額が30%下落し、つい先日も2月中旬を目処に1100人のリストラを実施すると発表したばかりのYAHOO!にとっては、渡りに船のオファーとなるのか。

それにしても天文学的な数字だ。在るところには在るんですね~。

(CNN) -- Software giant Microsoft said Friday it had made an unsolicited offer to buy Internet search engine operator Yahoo with a cash and stock bid worth $44.6 billion.

art.yahoo.jpg

Yahoo shares have lost around 30 percent of their value in the past year.

The $31-a-share offer represents a 62 percent premium for shareholders above the closing price of Yahoo stock on Thursday, Microsoft said in a statement.

Microsoft CEO Steve Ballmer said the move marked the "next major milestone for the Washington-based company.

The offer allows Yahoo shareholders to elect to receive cash or a fixed number of shares of Microsoft common stock with the total purchase consisting of half cash and half stock.

Yahoo shares rose nearly 60 percent in pre-market trading on news of the approach, while Microsoft shares were down 2.6 percent, CNN Money reported.

The announcement comes with Microsoft and Yahoo seeking to compete with Google in the lucrative online advertising market, currently worth $40 billion and expected to grow to $80 billion within three years. Video Watch CNN International Financial Editor Todd Benjamin's analysis of the offer »

Yahoo shares have lost around 30 percent of their value in the past year, while Google shares have gained, despite reporting a slowdown in fourth-quarter revenue growth.

Earlier this week, Yahoo announced plans to lay off 1,000 employees by mid-February, citing what CEO Jerry Yang described as "headwinds" facing the company. It also reported lower fourth-quarter earnings -- though still ahead of Wall Street's modest expectations for the firm

February 2, 2008 in Business, Media, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack