« February 2011 | Main | April 2011 »

Thursday, March 31, 2011

Fukushima Workers Face Risk of Uncontrolled Reactions, IAEA Says - Bloomberg

The United Nations’ nuclear watchdog agency warned that a potential uncontrolled chain reaction at Japan’s crippled Fukushima atomic power plant could cause further radiation leaks and increase the risk to workers.

A partial meltdown of fuel in the No. 1 reactor building may be causing the isolated reactions, Denis Flory, nuclear safety director for the UN’s International Atomic Energy Agency, said at a press conference in Vienna.

via www.bloomberg.com

March 31, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tepco’s Reactors May Take 30 Years, $12 Billion to Scrap - Bloomberg

Damaged reactors at the crippled Fukushima Dai-Ichi nuclear plant may take three decades to decommission and cost operator Tokyo Electric Power Co. more than 1 trillion yen ($12 billion), engineers and analysts said.

Four of the plant’s six reactors became useless when sea water was used to cool them after the March 11 earthquake and tsunami knocked out generators running its cooling systems. The reactors need to be decommissioned, Tepco Chairman Tsunehisa Katsumata said today. He couldn’t give a timeframe.

via www.bloomberg.com

March 31, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Special Report: Japan engineers knew tsunami could overrun plant | Reuters

image

The research paper concluded that there was a roughly 10 percent chance that a tsunami could test or overrun the defenses of the Fukushima Daiichi nuclear power plant within a 50-year span based on the most conservative assumptions.

But Tokyo Electric did nothing to change its safety planning based on that study, which was presented at a nuclear engineering conference in Miami in July 2007.

via www.reuters.com

It seems clear now that the disaster at Fukushima Nuke Reactors was triggered by nature, but it was largely man-made.

March 31, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Report: Japanese Officials Ignored Fukishima Dangers - Global - The Atlantic Wire

via www.theatlanticwire.com

Among examples of the failed opportunities to prepare for disaster, Japanese nuclear regulators never demanded that Tokyo Electric reassess its fundamental assumptions about earthquake and tsunami risk for a nuclear plant built more than four decades ago. In the 1990s, officials urged but did not require that Tokyo Electric and other utilities shore up their system of plant monitoring in the event of a crisis, the record shows.

March 31, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

韓国、竹島不法占拠を強化へ 「震災支援とは別」日本の教科書検定へ対抗+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

 わが国固有の領土にもかかわらず、韓国が不法占拠を続けている竹島(韓国名・独島)について、日本で竹島を明記した学習指導要領に基づく中学教科書の検定結果が発表されるのに合わせ、韓国側が竹島に設置したヘリポートの大規模改修や海洋基地の建設など、「独島領土管理事業」を進める方針を発表することが29日、分かった。

via sankei.jp.msn.com

March 31, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, March 30, 2011

Japan may have lost race to save nuclear reactor | World news | The Guardian

The radioactive core in a reactor at the crippled Fukushima nuclear power plant appears to have melted through the bottom of its containment vessel and on to a concrete floor, experts say, raising fears of a major release of radiation at the site.

The warning follows an analysis by a leading US expert of radiation levels at the plant. Readings from reactor two at the site have been made public by the Japanese authorities and Tepco, the utility that operates it.

via www.guardian.co.uk

March 30, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Fukushima Nuclear Accident Update Log

via www.iaea.org

March 30, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

The Situation in Japan (Updated 03/29/11) | DOE Blog

As the situation in Japan continues to evolve, we want to keep you abreast of the latest information on the assistance and expertise we’re providing to the Japanese response and recovery efforts. Please take note of the dates attached to each piece of information, as this is a very fluid situation that is continually evolving.

via blog.energy.gov

March 30, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, March 29, 2011

ビール成分に放射線防護効果を確認 -独立行政法人 放射線医学総合研究所

放射線医学総合研究所 (佐々木 康人 理事長) 粒子線治療生物研究グループは東京理科大学薬学部放射線生命科学の研究チームと共同で、ビール成分が放射線を防護する効果があることをヒトの血液細胞やマウスを用いた実験で明らかにした。アルコール飲料に放射線を防護する効果があることはすでに報告していたが、ビールに溶けこんでいる麦芽の甘味成分などに放射線により生じる染色体異常を最大で34%も減少させる効果があることをつきとめたのは初めて。

via www.nirs.go.jp

ビール好きには嬉しい情報。

March 29, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

NHK「かぶん」ブログ:NHK | 取材エピソード | 【プルトニウムとは何か?山崎記者の徹底解説】

プルトニウムってのはですね、実は1950年代、60年代に核保有国が大気中で核実験を何度もやったわけなんですね、その際にもプルトニウムを大気圏中に放出したわけです。東京電力の発表で、人体に影響ないと思われると言及しているのは、実は核保有国の核実験のために、実は世界中にプルトニウムは飛散している、日本でも土壌とかそういったものにごくごく微量にプルトニウムはすでに存在していて、我々日本人も含め、人類はプルトニウムのごく微量な中に囲まれて生活しているんですね。これまでも。

今回、敷地内の2カ所で見つかったプルトニウムの量は、すでに核兵器の核実験によって世界にばらまかれた、日常生活の中に存在している量と同じだというぐらいなので、それによって健康被害があるというものはこれまで言われていないので、人体には影響が無いレベルだと言うことを、東京電力では説明しているということではあるんです。

via www9.nhk.or.jp

March 29, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

'Simpsons' producer: I understand if nuclear jokes are pulled - CNN.com

via edition.cnn.com

Twentieth Television, the syndication division of Fox Television, has provided U.S. stations that air "The Simpsons" in syndication with a list of episodes that contain potentially sensitive material given the unfolding disaster in Japan, so those stations can decide whether or not to pull them. (This isn't an uncommon practice in such situations.)

March 29, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算 : 京都新聞

東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えているとの試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

飯館村は原発から北西約40キロ。今中助教は、原発の状況が分からず被災地各自の事情もあるとした上で「避難を考えた方がいいレベルの汚染。ヨウ素やセシウム以外の放射性物質も調べる必要がある」として、飯館村で土壌汚染を調査する方針だ。

文部科学省の調査で20日に採取した土壌から放射性のヨウ素1キログラム当たり117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレル、雑草からヨウ素254万ベクレル、セシウム265万ベクレルが確認された。土壌中のセシウムは通常の1600倍以上だった。

今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

今中助教は「国は原発周辺の放射性物質を詳細に調べて分析し、ただちにデータを公開すべきだ」と話している。セシウムは半減期がヨウ素(8日)と比べ30年と長く、汚染の長期化が懸念されている。

【 2011年03月28日 15時52分 】

via www.kyoto-np.co.jp

March 29, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

プルトニウムの毒性と取扱い - ATOMICA -

経口摂取による場合はプルトニウムが通常不溶解性であり、消化管からの吸収は非常に悪く、ほとんどが排泄されてしまう。一方、吸入摂取の場合はかなりの時間肺や骨に留まり、その附近の組織細胞がアルファ線で照射され、すぐにどういうことはないものの晩発効果として、時としてガンの発生があり得ることになる。

via www.rist.or.jp

March 29, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

プルトニウムを検出、福島第1原発の敷地内  :日本経済新聞

 東京電力は28日、福島第1原子力発電所の敷地内の土壌5カ所からプルトニウムを検出したと発表した。東電は、このうち2カ所については、今回の原発事故で放出された可能性があるとしている。他の3カ所については、過去に行われた核実験に由来する可能性もあると説明した。人体に影響があるレベルではないとしている。

via www.nikkei.com

March 29, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, March 28, 2011

空気中を飛んでくるプルトニウムの粒子は、0.3ミクロン程度の非常に小さな微粒子

防御方法

空気中を飛んでくるプルトニウムの粒子は、0.3ミクロン程度の非常に小さな微粒子です。

しかしインフルエンザウイルス(0.1ミクロン程度)よりも大きいので、インフルエンザウイルス用のマスク(N95と言う少し高めの)を用意しておけば、おそらく95%ぐらいは被曝を防ぐことができると思ます。

via takedanet.com

March 28, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

東京電力が情報を隠蔽出来る訳 : toshizou情報メモ

via blog.livedoor.jp

「toshizou情報メモ」から。

一応、こういう情報も念頭におきつつ、現在繰り広げられている報道を判断しましょう。

March 28, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

大阪府議会・長田議長:震災「起こってよかった」!

4月10日投開票の大阪府議選に出馬予定の長田義明府議会議長(自民)が、東日本大震災を府庁舎の全面移転問題と絡めて「大阪にとって天の恵みというと言葉が悪いが、本当にこの地震が起こってよかった」と発言していたことが、21日までに分かった。via kyoto-seikei.com

震災復興担当での入閣要請を「即座に全会一致で否決した」自民党谷垣総裁といい、こういう時に人間の「素地」が出る。

この人物、自民党公認で4月の府議選に立候補予定というけれど、大阪府民の民意を注目したい。

March 28, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

『日本の原子力施設全データ』(北村行孝・三島勇著 講談社ブルーバックス2001年刊)一部公開のお知らせ

福島第一原発における未曾有の大事故に際し、ブルーバックス出版部(講談社)でも何かできることはないかと考え、著者の御厚意のもと『日本の原子力施設全データ』の一部をPDFファイルにて公開させていただくことにいたしました。放射性物質への不安が広まっておりますが、正しい知識を持つことが沈着な対応につながります。本書の情報が皆様の不安を取り除き、冷静な行動の一助となることを願っております。

via www.bookclub.kodansha.co.jp

March 28, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, March 27, 2011

AP News: Japan's government criticizes nuke plant operator


A story from AP News:
Japan's government criticizes nuke plant operator
Download the free AP News app for your iPad from the App Store today!

Sent from iPad

March 27, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Scientist Leuren Moret - Japan earthquake and nuclear "accident" are tectonic nuclear warfare.m4v

via www.youtube.com

March 27, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Scientist: Japan earthquake, nuke “accident” are tectonic nuclear warfare - Seattle exopolitics | Examiner.com

Independent scientist Leuren Moret, whose 2004 landmark article in the Japan Times unmasked lies and distortions by government and company officials that led to the construction of nuclear power plants in seismically dangerous areas, has declared in an exclusive 65-minute video interview with Alfred Lambremont Webre that the “Japan earthquake and “accidents” at the Fukushima’s 6 nuclear power plant units starting March 11, 2011 are in fact deliberate acts of tectonic nuclear warfare, carried out against the populations ecology of Japan and the nations of the Northern Hemisphere, including the U.S., Canada, and Mexico.

via www.examiner.com

March 27, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

【東日本大震災】13火山、地震後に活発化「1~2カ月は注意必要」 - MSN産経ニュース

 東日本大震災後に、周辺で地震活動が活発になった活火山が少なくとも全国で13あることが26日、気象庁などへの取材で分かった。専門家は「1~2カ月は注意深く観測する必要がある」と指摘している。

 地震の増加が観測されたのは、関東や中部の(1)日光白根山(2)富士山(3)箱根山(4)焼岳(5)乗鞍岳(6)伊豆大島(7)新島(8)神津島、九州の(9)鶴見岳・伽藍岳(10)九重山(11)阿蘇山、南西諸島の(12)中之島(13)諏訪之瀬島。

 大半は11日の巨大地震直後から地震が増え、翌日には収まったが、箱根山、焼岳、富士山の周辺では25日時点でも地震活動が継続。 静岡大の小山真人教授(火山学)は「巨大地震により、地殻のひずみが解放された領域がある一方で、別の領域のひずみは蓄積され、東日本全体の地殻の状態が不安定になってしまった」と警鐘を鳴らしている。

via sankei.jp.msn.com

March 27, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, March 26, 2011

MOX燃料:4月に日本へ 福島3号機と同タイプ - 毎日jp(毎日新聞)

 環境保護団体グリーンピース・フランスは24日、フランスの核燃料工場で再処理されたプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を積んだ輸送船が、4月上旬にも日本に向けて出発すると発表した。

 運搬されるMOX燃料は福島第1原発3号機で使われているものと同タイプ。同原発の事故による不安が広がる中、危険を伴う遠距離海上輸送を実施し、日本に新たな核燃料を届けることに同団体は「フランス政府も核燃料会社アレバ社も全く無責任だ」と批判を強めている。

 輸送船はフランス北西部ラアーグの再処理工場で加工されたMOX燃料を積み、4月4日の週にシェルブール港から日本に向けて出発する見通し。一方、アレバ社は「その時期に出発する予定はない」と出発の延期を示唆している。

 日本の電力各社は、アレバ社に原発のプルサーマル用にMOX燃料の加工を依頼しており、これまで4回フランスから日本へ海上輸送されている。福島第1原発で現在使われている燃料は、このうち99年の1回目の輸送で運ばれたMOX燃料だという。(パリ共同)

via mainichi.jp

March 26, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

プルトニウムという放射能とその被ばくの特徴 : toshizou情報メモ

via blog.livedoor.jp

March 26, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack