« April 2011 | Main | June 2011 »

Thursday, May 26, 2011

BBC News - Swiss to phase out nuclear power

via www.bbc.co.uk

The Swiss government has decided to phase out nuclear power, amid growing public hostility to the industry.

The government announced it would not replace the country's five ageing plants after they reached the end of their lifetimes between 2019 and 2034.

May 26, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, May 21, 2011

ドイツ気象庁放射能汚染飛散予測

via www.dwd.de

May 21, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

BBC News - Israel PM defiant over Obama border proposals

After tense talks at the White House, a defiant Mr. Netanyahu said there Israel was prepared to compromise but there could be no peace "based on illusions".

Mr. Obama, who formally adopted the principle on Thursday, admitted there were "differences" between the views.

But he said such differences were possible "between friends".

via www.bbc.co.uk

May 21, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, May 19, 2011

China's Bold New Plan for Economic Domination – the Atlantic

abrahammay18p.jpg

The economic blueprints focus on seven "Strategic Emerging Industries" that Beijing aims to dominate on a global level: alternative energy, biotechnology, new-generation information technology, high-end equipment manufacturing, advanced materials, alternative-fuel cars, and new energy technologies. Global firms that compete in everything from hydropower to flat panel display technology will have to account for stronger Chinese competition. And for countries, such as Japan and Korea, with hopes of having their domestic firms lead these industries, these new Chinese plans may necessitate revamping their policies of state assistance for corporations.

To support its strategic industries, Beijing is set to provide accommodating fiscal, tax, and financial policies as well as to "reasonably guide mergers and acquisitions to increase manufacturing industry concentration," according to the published plans. This includes roughly $1.5 trillion in government spending (almost 5 percent of GDP) annually, the goal of which is to grow the strategic industries' contribution to China's growth from less than 5 percent today to 15 percent by 2020. In other words, China plans to triple the role that these high tech industries play in its economy. By 2020, Standard Chartered estimates that China's economy will reach $25 trillion. At these levels, China intends that $3.75 trillion, or roughly the equivalent of Germany's annual GDP, will come from its seven strategic industries.

via www.cfr.org

May 19, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Camel Thorn Trees, Namibia–NATIONAL GEOGRAPHIC / Photo of the Day

image

It’s unbelievable that it is actually a photograph!!

よく「絵葉書みたいな風景」っていうけど、これは・・・

May 19, 2011 in Art | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, May 17, 2011

Japan Earthquake: Two Months Later – the Atlantic / In Focus

image

I am still struggling to grasp what really happened to us and I cannot look at these images straight.  But these are such brilliant pictures and they burn through my eyes and heart…

May 17, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, May 11, 2011

原発全部止めても電力は不足しない (環境エネルギー政策研究所)

image

昨日、J-WAVE "Jam The World"にゲスト出演していただいた、環境エネルギー政策研究所(ISEP)の飯田哲也所長が、5月9日付でリリースした資料。

浜岡原発はもちろんのこと、実は原発を全部止めても、電力不足にはならないというデータだ。

もちろん、今まで以上に節電を心がけることが前提に成るけれど、製造業などにも与える影響はそれほど大きくないとのこと。

原発の是非を考える上で、一読に値する。

もう一つ、昨日の放送中で言及していたのは、東電の資産。六ヶ所村関連の内部留保金2.5兆円は、既に使う予定もないのに毎年5000億円積み上げられるので、実質的に3兆円になる。

これに、様々な不動産資産など約7兆円を加えると、東電の保有資産だけで初期的な賠償金額と想定される10兆円は十分に賄えるはずとのこと。

電気料金の引き上げを云々する前に、もっとやることがあるだろう、というお話。

May 11, 2011 | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, May 09, 2011

Back to Tokyo from China trip

110507_171554 (2)

昨日、5日間の中国出張から戻ってきた。中国ではTwitterもFacebookもつながらないので、今日は久しぶりにログイン。別に無くても死ぬわけじゃないけど、普段は世界中の最新ニュースを閲覧するのに使っているので、やっぱり無いと不便だと思った。

5月4日に羽田から出発して上海へ入り、翌日には上海から四川省の成都、さらに翌日成都から北京へ、その翌日には北京から内モンゴル~崇礼(北京の北西山間部)、そして最終日に崇礼を出て北京~上海~東京へという強行軍で、さすがに昨夜は久しぶりに自分のベッドで爆睡した。

今回の目的は、僕の顧問先の関わっている都市開発プロジェクトの現地視察。上海は臨海地域のリゾート開発案件、成都は都心西部地域の田園都市開発案件、内モンゴルは観光誘致のための施設開発案件、崇礼は大規模なスキーリゾート開発案件で、それぞれ開発規模があまりにも巨大で、事前にもらっていた資料からは想像すら及ばないスケールだった。

どのロケーションも印象的だったけれど、2番目に訪れた成都では、ちょうど震災の2日前に上海で打ち合わせたメンバー達から、口々に東日本の震災のお悔やみをいただき、やはり3年前におきた四川省の地震では10万人近くが亡くなったということもあり、本当に心から心配してくれているのが良く分かった。

打ち合わせの後の会食で、福島原発の状況も含めて様々な情報をまとめてお話ししたが、中国からの救援隊が、いち早く駆けつけてくれたことに感謝すると、「我々が被災した時も、日本は一番最初に現地に入ってくれた。当然のことだ。我々も大変だったが、津波と原発という、2重3重の災難で本当に大変だろうと思う。しかし、四川も御覧になった通り、見事に復興を遂げている。日本も必ず短期間に復興すると信じている。」と応じてくれた。

北京では、久しぶりにあった映画脚本家のJin Naさん(彼女は昨年のベネチア国際映画祭で銀熊賞を獲得している気鋭の作家)から、震災直後の中国版Twitter上の発言で際立っていたのは、「日本人の震災に対する冷静な対応に対する驚嘆と称賛の声。」だったと聞いた。

もちろん、例によって日本に対して辛辣な意見を述べるネットユーザーによる「ザマアミロ!」的な発言も極一部には見られたそうだが、ほとんどの人が「あれほどの災害があったのに、暴動も略奪も起きず、誰の指示があったわけでもないのに秩序だった行動をとった日本人はスゴイ!もし中国だったらどうなるかと思うとゾッとする。」というようなコメントがほとんどで、日本に対する見方が随分変化したとのこと。

日本でもそういう報道があったので、そんなもんかとは思っていたけれど、実際に親しい人から改めて話を聞くと、やはり感慨深いものがある。

しかしそれだけに、2ヶ月経った今も10万人近い被災者が基本的な人権すら奪われたような環境に放置されている現実を思うと、「国民は素晴らしいが政府は劣悪」という海外の論評が、当たっているだけに悔しい。

それにしても、悔しいというよりも羨ましいのは、やはり中国の勢い。北京や上海には何度も来ているので、そこで働く若くてスマートな連中のエネルギーにはいつも感心させられるけれど、今回は初めてだった成都も、内陸部のハブ的な都市として、猛烈な勢いで成長発展していることが、何処を観てもそこかしこで建設中の高層ビル群だけでなく、街を走る車の波や、北京や上海と比べると、随分ユッタリと歩く人々の表情を観ても明らかだ。

ちなみに、成都は「中国で生活の満足度が一番高い都市」だそうで、その為、世帯当たりの自家用車の保有率も中国一だそうだ。明日の事を心配しないので、安心してお金を使う傾向があるとのこと。

残念ながら、今の日本とは「真逆」だよね。

May 9, 2011 in Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack