Wednesday, May 15, 2013

AMON TOBIN ISAM LIVE

For me, this is the most amazing performing art by far.  It is beyond “Sound and Light” show.  I bought this DVD+CD set of this show, but found this clip on YouTube, so I can share it with my friends far and near.  Make sure that you set your player to best quality (1080P) to watch it.

May 15, 2013 in Art, Design, Media, Music, Science, Space | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, February 16, 2013

Potential Giant Crystal Pyramid Discovered in Bermuda Triangle

via Collective Evolution

There appears to be a speculative discovery that has been made by French explorers that is being considered a monumental discovery. It is believed they discovered a partially translucent, crystal-like pyramid rising from the Caribbean seabed— its origin, age and purpose are  completely unknown at this point. The picture below is fascinating.

February 16, 2013 in Architecture, Design, Science, Travel, Ufology | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, February 02, 2013

Super-zeppelin: Revolutionary airship may become cargo-carrying champion (VIDEO)

         

via RT

A functioning prototype of revolutionary airship is undergoing tests south of Los Angeles. A US company is developing a series of gigantic heavy-payload dirigibles with an innovative ballast system that mimics that of a submarine.

­The ‘Aeroscraft’ – developed by Worldwide Aeros – more resembles a spaceship from the 1986 sci-fi movie ‘Flight of the Navigator,’ instead of a classic 20th-century zeppelin. Though the Aeroscraft uses the same basic principles as blimps did 100 years ago, it’s as different from its ancestor as a Boeing 787 Dreamliner if from the Wright brothers’ plane.

According to the engineers who developed Aeroscraft, the airship is a considerable advance in aviation technology. The new airship has potential to carry cargo more efficiently than any other aircraft, and could revolutionize long-range hauling in near-future.

February 2, 2013 in Business, Design, Economy, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, February 01, 2013

Foster + Partners To 3D Print Structures on the Moon (archdaily)

via archdaily

Foster + Partners, in conjunction with the European Space Agency (ESA), has undertaken a study to explore the possibilities of using 3D printing to construct lunar habitations on the moon’s southern pole (where there is near perpetual sunlight). The firm has already designed a lunar base that could house four people, and has begun to test the structure in a vacuum chamber that echoes lunar conditions.

The shell of the base, which has a hollow closed cellular structure inspired by natural biological systems, should be able to protect potential inhabitants from “meteorites, gamma radiation and high temperature fluctuations.” According to Xavier De Kestelier, Partner at Foster + Partners, the firm is ”used to designing for extreme climates on earth and exploiting the environmental benefits of using local, sustainable materials – our lunar habitation follows a similar logic.”

The study will also address the challenges of transporting materials to the moon, and is investigating the use of lunar soil, known as regolith, as the potential building matter.

February 1, 2013 in Architecture, Business, China, Design, Ecology, Economy, Middle East, Science, Space, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, January 27, 2013

Appreciating beautiful ceilings (flickr)

Sagrada Familia

via flickr

and some more here Sumptuous Ceilings (flickr)

January 27, 2013 in Art, Design, Religion, Space, Travel, Weblogs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Dutch architect plans world's first 3D-printed building (WIRED)

Image1

via WIRED

A Dutch architect is planning to construct a Möbius strip-shaped house using the world's largest 3D printer.

Landscape House, designed by Janjaap Ruijssenaars of Amsterdam firm Universal Architecture, will contain around 1,100 square meters of floorspace throughout the twisted structure. The 3D printer -- which can "print" objects as large as six meters by nine meters using a mix of grinded-down rocks or sand, held together with a liquid binding agent -- has been designed by Italian roboticist Enrico Dini.

Dini has been printing huge objects with his printer for a couple of years, but this will be the first building that he's produced that's actually designed to be occupied just like any other. For a house that will be a solid whole, without any visible seams, a Möbius strip makes perfect sense as a design shape.

via WIRED JAPAN

オランダの建築家が世界最大の3Dプリンターを使い、「メビウスの帯」の形をした継ぎ目のない家を建設しようとしている。
「Landscape House」と名付けられたこの家は、アムステルダムに本拠を置くUniverse Architecture社のヤンヤップ・ライジシェナーシュ(Janjaap Ruijssenaars)が設計した。このねじれた構造の建物の中に、およそ1,100平方メートルの床面積が確保される予定だ。
建築に使われる3Dプリンターは、粉々にした石や砂を混ぜ合わせた材料を液体の結合剤で結びつけることで、6×9mの大きさの物体を「印刷」できるもので、イタリア人のロボット工学技術者であるエンリコ・ディニが開発した。
ディニ氏は数年前から自作のプリンターを使って巨大な物体を印刷しているが、居住用として実際に設計された家を制作するのは今回が初めてだ。建物全体が一体化されて継ぎ目がひとつも見えない家をつくるために、メビウスの帯の形に設計したことは理にかなっている。

いよいよ、3Dプリンターが面白いことに成って来た・・・

January 27, 2013 in Art, Design, Ecology, Economy, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sistine Chapel in Virtual Reality (Vatican)

image

via Vatican.va

Sistine Chapel painting by Michelangelo in Virtual Reality. For your viewing pleasure….

The Sistine Chapel ceiling, painted by Michelangelo between 1508 and 1512, is a cornerstone work of High Renaissance art. The ceiling is that of the large Papal Chapel built within the Vatican between 1477 and 1480 by Pope Sixtus IV after whom it is named, and was painted at the commission of Pope Julius II. The chapel is the location for Papal Conclaves and many important services.[1]

The ceiling's various painted elements form part of a larger scheme of decoration within the Chapel, which includes the large fresco The Last Judgment on the sanctuary wall, also by Michelangelo, wall paintings by several leading painters of the late 15th century including Sandro Botticelli, Domenico Ghirlandaio and Pietro Perugino, and a set of large tapestries by Raphael, the whole illustrating much of the doctrine of the Catholic Church.[2][3]

Central to the ceiling decoration are nine scenes from the Book of Genesis of which the Creation of Adam is the best known, having an iconic standing equalled only by Leonardo da Vinci's Mona Lisa, the hands of God and Adam being reproduced in countless imitations. The complex design includes several sets of individual figures, both clothed and nude, which allowed Michelangelo to fully demonstrate his skill in creating a huge variety of poses for the human figure, and have provided an enormously influential pattern book of models for other artists ever since.

from WIKIPEDIA

January 27, 2013 in Art, Design, Religion, Travel, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, January 26, 2013

Check out this amazing cloud art exhibit (global post)

image

via global post.com

Young Dutch artist Berndnaut Smilde's clouds are real, made by controlling moisture and using smoke machine, according to the photography magazine Vignette.

January 26, 2013 in Art, Design, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

KOALAS TO THE MAX : For Dots Manias

image

via Stumble

January 26, 2013 in Art, Design, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, January 25, 2013

The Never-Before-Told Story of the World's First Computer Art (It's a Sexy Dame)

sage_pinup.jpg

via the Atlantic

In the late 1950s, an anonymous IBM employee made a lady from the pages of Esquire come to life on the screen of a $238 million military computer.

sage_console.jpg

sage_petty.jpg

January 25, 2013 in Art, Design, Fashion, Media, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

David Bowie–Where Are We Now?

via DavidBowie.com/the-next-day

Never expected a new album from him.  I’m so happy just to see him doing what he’s been doing for all these years, and never lost it.

January 25, 2013 in Art, Design, Fashion, Film, Music | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, January 20, 2013

The Scale of the Universe 2

image

Do you remember the film clip called “Power of Ten” released back in 1977?
I was so mesmerized by that film and watched it over and over again.

Well, this graphic tour somewhat resembles that idea, only updated and very much fun to click through.

Enjoy!

January 20, 2013 in Art, Design, Science, Space, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Original Batmobile sold for $4.2m at US auction

via www.bbc.co.uk

The Batmobile used by actor Adam West in the original TV series of Batman has sold for $4.2m (£2.6m) at a US auction.

The car was bought by Rick Champagne, a logistics company owner from Phoenix, Arizona.

The 56-year-old, who was just 10 when the high-camp TV series began in 1966, said it "was a dream come true".

The Batmobile design was based on a 1955 Lincoln Futura, a concept car built in Italy by the Ford Motor Company.

It was the first time that car had come up for public sale since it was bought in 1965 by car-customiser George Barris, who transformed it in 15 days, at the cost of $15,000 (£9,400), into the superhero's famous vehicle.

The Batmobile was definitely one of my Dream Car when I was a kid…  I have not seen it for very long time, but I think it still looks awesome!

January 20, 2013 in Art, Business, Current Affairs, Design, Fashion, Media, Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, January 19, 2013

TWO MOST IMPORTANT VIDEO CLIPS YOU MUST SEE!!

Why Your Mind Is the Most Powerful Thing in the Universe

by Mashable

The Universe & your Brain Could be Connected

by TheBigPictureRT

January 19, 2013 in Art, Design, Science, Space | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, January 17, 2013

BBC News - Australian amateur prospector finds massive gold nugget

via www.bbc.co.uk

An amateur prospector in the Australian state of Victoria has astonished experts by unearthing a gold nugget weighing 5.5kg (177 ounces).

OMG, it looks like something Organic!!!

January 17, 2013 in Art, Business, Design, Religion, Science, Space | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, June 14, 2010

[だからブルセラじゃなくてブブゼラだって!]

まさに世界中からブーイングが出ているブブゼラ。

image

いつもは大音響でテレビ観戦するのに、今年は生理的に耐え切れず、ギリギリのヴォリュームで我慢してます。

英語で「VUVUZELA」と書くそうです。

AnserNote: vuvuzela

June 14, 2010 in Current Affairs, Design, Sports | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, April 21, 2008

【鳥だ!飛行機だ!いや『Flogo』だ!?】

ようするに空に浮かべる企業ロゴ製造マシンのことらしい。(WIRED VISION)

wired_2008042121-1

料金は2500ドルだそうだけど、飛行船より費用対効果が高いかも?

これらの米Apple社のロゴや、『ミッキーマウス』の頭に見える物体は雲ではない。

Flogoと呼ばれるこれらの物体は、せっけんベースの泡とヘリウムのようなガスの謎の混合物だ。大きさは約60センチ、90センチ、120センチの3種があり、人間の想像力がおよぶ限りどんな形でも生み出すことができる。

環境的にどうなの?とか、色々と気になるけれど、広告というよりもArtとして捉えると面白いかもしれない。

April 21, 2008 in Art, Business, Design | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, October 26, 2006

【DAILY LIFE IN NORTH KOREA : Photo Essay by VII】

MAGNAMの遺伝子を受け継ぐ最強のPhot Agency、「VII」のサイトのコンテンツ

VIIのフォトグラファーChristopher Morris による、『DAILY LIFE IN NORTH KOREA
(北朝鮮の日常)』というタイトルのフォト・エッセイ。キューブリック作品のワンシーンのような風景が続く。

平壌の人々の日常を捕らえているのだが、そこだけ時間が止まってしまったかのような、閉ざされた世界に囚われた人々の表情は一様に硬い。

To visit North Korea is to enter one of the world's last closed societies. The tiny communist state and aspiring nuclear power is effectively shut off from the rest of the world and visitors are limited to the (privileged) few. VII photographer Christopher Morris recently went on a rare visit and found the streets of the capital Pyongyang tidy and orderly and the citizens patriotic.

Download picture

Download picture

Download picture

Download picture

Download picture

Download picture

Download picture

Download picture

October 26, 2006 in Art, Design, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, May 17, 2006

【JAMのゲストに菊池武夫さんが登場】

■昨日放送したJAM THE WORLDのゲストはファッション・デザイナーの大御所、クールビズの仕掛け人でもある菊池武夫さん

Kikuchijam20060517_1

菊池さんとは、かれこれ2年ぶりの再会。相変わらずいつお会いしてもカッコ良い。

僕も出来ることなら、菊池さんのように歳を重ねたいと思う、憧れの大先輩である。

世の中的にはアンチエイジングがトレンドだけれども、菊池さんを見ていると「歳を取るのも悪くないなぁ。」な~んて思えてくる。

「菊池さんというと“元祖、チョイワルオヤジ”ですよね!」なんていうと怒られるかと思ったら、案外御本人も「そうそう・・、僕なんかほんとにそういうイメージだから。」と笑って肯定していらっしゃった。

個人的な話になるけれど、菊池さんとの御縁は10年以上前に遡る。

94年の秋冬コレクションだったと思うけど、友人のスーパー・スタイリスト大久保篤志氏のキャスティングで、恐れ多くも“モデル”としてショーに出演させてもらったのが最初の御縁だった。

今となっては想像もつかないけれど、当時の僕は胸まで伸ばしたストレートなロング・ヘア。体重は今より10キロは軽くて、どちらかというとスキニーな方だった。まぁ、ウェスト周りはビール好きがバレバレだったけどね・・・。

僕が担当したのはレザーのバイカー・ジャケットとパンツを2ポーズだったと思うけど、ミュージシャンとしてステージに立つのとはかなり勝手が違って、なんせ初めての体験だったし、ステージ裏の慌しさに圧倒されて、何処をどう歩いたのか、一応ポージング(といっても立ち止まった程度だが)も決めてはみたけれど、果たしてどんな風に見えていたのやら・・・。

そして菊池さんとはその翌年に、今度は'96秋冬コレクションのショーのプロデューサーという立場で約6ヶ月間御一緒させていただいた。

ショーといっても、ただのショーじゃない。「ABSOLUTE MEDIA MIX」というサブタイトルを付けたこのショーは、当時はまだ走りだったインターネットとステージを連動させるという試み。

実際にネット上でコレクションを発表するという試みは、当時アメリカでオンラインのショーが話題に成った『VICTRIA'S SECRET』と同時期かそれよりも少し早かったので、いわゆる“世界初”に近かったのではないかと思う。

ショーの為に公式サイトを立ち上げてコレクションの製作過程を見せたり、当時としては最先端の3DCGやヴァーチャル・リアリティを使用して、ステージ上には巨大モニターやディスプレーを壁状に配置して、その前を歩くモデルが着ているのと同じスタイル、but色違いやパターン違いという組み合わせをCGで出力し、リアルなモデルとヴァーチャルなモデルがステージ上で共演する、という凝った演出だった。

これも元々は菊池さんの「単に服を見せるだけじゃなくて、WEBを使ったり先端的な映像技術を使ってあらゆる角度からコレクションを表現したい。デジタル時代の都市景観を背景に服を見せたい。」というアイデアがあって、僕の役割はそれを具現化するというものだった。

とにかくBGMと映像と、モデルの出入りをリアルタイムでシンクロさせる必要があったので、タイムコードに基づいてほとんど秒単位の進行だった。

モデルのコントロールについては大ベテランの四方義郎さんにお任せしたのだけど、通常は秒単位で進行するなんてことは在り得ないから、モデルの着替えも時間内にやらなきゃいけないということで、もう本当に大変だったらしい。

しかもそれだけじゃなくて、着替え終わったモデルが出待ちしているところをブルーバックにしてクロマキーでCGと合成して出すとか、さらに3人のカメラマンがスロースピード・シャッターに設定したハンディーでモデルを追っかける映像をライブでミックスして演出したり、今考えると正気の沙汰ではない。

映像のディレクションは、パイオニアのレーザーアクティブのプロジェクトでも一緒に仕事をしたビデオ・アーティストの川口真央氏に担当してもらったんだけど、映像のソースだけども数十本はあったと思う。ほとんど作業的にはテレビの生放送に近いものだった。

今でこそ同じような演出をしたショーは時々見かけるけど、当時はまだ誰もやっていなかったので、自分でいうのもなんだけど相当革新的だったし、冒険的だったと思う。

おそらく普通のコレクションをやるよりも多くのコストと時間をかけた、そんなプロジェクトが可能だったのも、これも一重に菊池さんの遊び心というか、「こんなことが出来ないだろうか?」という旺盛な好奇心が原動力に成っていたからだ。

イベントのプロデュースという仕事は結構好きだけれど、このプロジェクトは個人的に最も楽しむことが出来たものの一つだし、菊池さんのコレクションが出来上がっていく製作過程に最初から最後まで立ち会うことが出来たという意味で、菊池さんの仕事に対するスタンスやこだわりを実感することが出来て、大変貴重な体験だった。

久しぶりにお会いした菊池さんは相変わらずエネルギッシュで、もしかしたら10年前よりもパワーアップしてるのかなと思うぐらい。

2003年にTAKEO KIKUCHIブランドのディレクションを後進に委ねて、今は『40ct & 525』という新しいブランドで自分の本当に好きなことをやっていらっしゃるからだろうか、非常にハッピーなオーラを感じた。

ところでこの『40ct & 525』(フォーティカラッツ・アンド・ファイブハンドレッド・トゥウッェンティファイブ、またはゴーニーゴと読む。ちなみに“525”という数字は菊池さんの誕生日である5月25日から来ているそうだ)は、菊池さんがTAKEO KIKUCHIでは、やりたくてもやれなかったことを表現したというラインアップで、満を持して昨年の10月に青山にオープンしたお店も本当に素晴らしい雰囲気の素敵なショップだ。(MAP

TAKEO KIKUCHIが20~30代の男性に向けたブランドだとすると、この『40カラッツ』は40~50代の世代に向けて、“最高の贅沢を日常に”というコンセプトで展開しているとのこと。

そういわれてみると、僕はこのゾーンにピッタリとはまる。

とくかく菊池さん自身が年に4回ヨーロッパへ買い付けに行って、本当に自分が欲しいと思うアイテムをセレクトして持ってくるという、まさにデザイナー菊池武夫による菊池武夫のためのセレクト・ショップという趣向。いってみれば“100%菊池武夫ワールド”なわけだ。

もちろんオリジナルのアイテムも含めてカジュアルからドレスまで、そしてレディースも含めて(これは菊池さんの理想の女性に着てもらいたいという、品が良くてセクシーなセレクション)ラインアップされているんだけど、セレクト・ショップとしては本当にコンセプトというか、テイストが一貫していて、多分どのアイテムを組み合わせても調和してしまうのではないかという感じ。

そこはやはり菊池さんのデザイナーとしての感性フィルターを通じて選ばれたアイテムだからだろうと思うけれど、素材や小物のディテールに至るセンスの良さが嫌味なく伝わってくる。

これでもかというギラギラした贅沢さではなくて、モノとしての質の高さというか、モノに対する愛着というか、そういう意味では巷のトレンドに左右されない本物のクオリティ志向のセレクションだ。

菊池さんのライフスタイル全般に対するポリシーが店全体で表現されているわけで、そこらへんにとってもパーソナルな気配を感じる。

実際、菊池さんもちょくちょくお店に顔を出すそうだから、ショッピングしてたらひょっこり御本人に遭遇ということもあるかもしれない。

デザイナーとユーザーの関係としては、より親密でダイレクトなやり取りになるわけで、これはやっぱりかなりの贅沢といって良いでしょう。

さて、肝心のインタビューでは、菊池さんが実は小池百合子環境大臣からの依頼で、例の“クールビズ”や“ウォームビズ”の打ち出しに深く関わっていたことや、今年のクールビスのポイントなどを伺ったんだけど、もう一つのポイントとして、今の日本の政治に対する思いや、ポスト小泉は誰が良いと思うか?なんて質問もしてみた。

菊池さんは、ご本人としてあんまり表には出されないかもしれないし、政治家に成るつもりも全くないそうだけれど、日頃から本当に日本のことを憂いていて、そういう意味で政治的な関心も意識も非常に高い。

普段から周りの若いスタッフにも、選挙に行く事の重要さや政治的な関心を持つ事の大切さを説かれているという話を聞いたことがあるけれど、そんな菊池さんに「ポスト小泉は誰が良いと思うか?」と訊いたところ、意外なことに「民主党の河村さんが良いと思う。」という。

それは何でかというと、「彼は多分現役の政治家で唯一『自分達は公僕だ』ということをハッキリ言っている。自分達は税金で食べさせてもらっています、国民のシモベですという意識を持っている数少ない政治家だ。」

「今の政治家や官僚にはこの意識が本当に欠けている。自分達が誰の為に仕事をしているのか、本来の意味が分かっていないから、税金や年金を平気で湯水のように無駄遣いしても平気なのではないか。」

「年に一度、我々は税金を納めるけれど、私は年に一度ぐらい、政治家や公務員が全員で“税金を納めていただいてありがとうございます。”と国民に対して御礼をいうぐらいのことはやったらどうかと思う。」

「そういう姿勢がなければ、今後も日本の政治の流れは変わらないのじゃないかと思うんですよ。」とおっしゃっていた。

なるほど確かにそうだ。ちょっと引き気味にこの国を俯瞰すると、お上やお上に仕える城内の人々と、城下や城外に住まう我々一般人との格差。年貢を納める人とそれを使う人という構造自体は、江戸時代からそう変わっていない。

「税金の使い道について、もっと国民は関心を持つべきだ。」というのは、以前この番組に出演いただいた軍事アナリストの小川和久さんのコメントだったけど、期せずして菊池さんからも同じ視点からの発言に成った。

小川さんは小泉さんの側近として、そして菊池さんも小池大臣に対するアドバイザーとして、直接的に現政権に関わりのある立場なわけだけど、そのお二人がそれぞれ異なる角度からにしても、税金をキーワードに「国民はもっと税金の使われ方に関心を持つべきだ。」とおっしゃているのは興味深い。

そうしないと、いつまでたっても賢い民主主義、成熟した民主国家にはならないということだろう。

今国会では憲法改正議論に伴って、国民投票の是非が問われているけれど、スイスのような直接民主制度を取り入れるのは無理だとしても、我々が直接政治のプロセスに関与する機会が増えることは間違いなく良いことだと思う反面、愚民政治やGHQの3S政策ですっかり洗脳されてしまった一般大衆に重要な決定権を与えるとすれば、前提条件として小川さんや菊池さんのいうような意識改革がなければ、結局ポピュリズムに引っ張られる形で政治が行われることを防げなくなるのではないか、という懸念もある。

そんなことを考えさせられるインタビューだった。

菊池さんとは時々しか会わないけれど、会えば必ずスゴク刺激を受けるしエネルギーをもらえる。

やはりタダモノデハナイ。Respect!

May 17, 2006 in Design, Ecology, Fashion, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, December 02, 2005

【『Production I.G展』 今度は名古屋で開催です】

PARCO MUSEUM - Production I.G展

Igten_nagoyaお蔭様で御好評いただいた渋谷パルコミュージアムに続いて、今度は名古屋のパルコミュージアムで来週の12月8日(木)から12月25日(日)まで開催の運びとなりました。。

一部には押井監督ブームが起きている(!)という噂があるナゴヤだけに、渋谷を越える盛り上がりが期待できそう?

プロダクション I.G展 オフィシャル・サイト

せっかくの機会ですので、お近くの方は御家族、御親戚、御友人、上司に部下に、恋人、愛人、御隣さん、ついでに通りがかりの方など、皆様お誘いあわせの上、お立ち寄りください。是非!

December 2, 2005 in Art, Design, Film, Media, Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, October 07, 2005

【Google Earth + National Geographic = Mega Fun!】

■Google EarthにNational Geographicのレイヤーが加わった (Google Blog

PCの登場以来、ずっと夢に描いていたソフトの一つといってよい、「Google Earth」。

Earth2

今まで行った事のある場所や、幼少期を過ごした場所に始まって、現在の自宅建物に至るまで、地球上のあちらこちらにPlacemarkを貼り付けたり、“Fly To”機能を使ってその間を飛んで歩いたり・・・。

まさに“飛んでいく”という表現がピッタリのグラフィックにはまりつつ、夜毎のデスクトップ・バーチャル・トリップに心癒される今日この頃・・・。

そのGoogle Earthに、あのNational Geographicのレイヤーが加わったというので早々チェックしてみた。

Natiogeoいや~もう文句無く素晴らしいエデュテイメントですこれは!アフリカ大陸上に散らばるアイコンを次々にクリックしていくと、ナショジオが提供する美しい自然映像やテキスト・コラムだけでなく、現地の生の映像が見られる「WildCam」っていうのがあって、これは解像度こそ低いけれど、けっこう臨場感はバツグン。

例えば夜が白み始めた早朝の水場にやってくる象の母子連れやガゼルの親子の様子を覗いたりすることができる。みんなずいぶんノンビリとしている。入れ替わり立ち代り登場する色んな動物の声を聴いているだけでも、ほんとタ~ノシ~ッ!

ずっと小さな画面を見続けるはつらいかもしれないけど、つなぎっぱなしで音聴いていると何だか超ピースな気分で眠~く成ってくるのが不思議だ。

環境問題とか地球温暖化とか、そんな難しいことばを使わなくても自然と地球が好きになる。そんなLOHASなソフト。万人にお勧めします。

October 7, 2005 in Art, Design, Ecology, Media, Science, Travel, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, October 05, 2005

【『プロダクション I.G展』@PARCO MUSEUM】

■ファン待望の『プロダクション I.G展』が渋谷のパルコ・ミュージアムで開催される。

Ig4cこの夏ぐらいからI.Gの石川さんや森下さん達と準備してきた『I.G展』の開催概要がリリースされた。「世界を熱狂させる“プロダクション I.G”というスタイル」というテーマのこのイベント。開催期間中には押井監督も登場するトークショーも予定されている。

パルコの金子さん曰く「渋谷をI.Gでジャックするッ!」ということで、I.Gの世界を体感してもらえるような企画が盛りだくさん!・・・の予定。乞うご期待!

Ig1c “「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」で日本作品としては初の米ヒットチャート1位を獲得し、タランティーノ監督の「キル・ビル」アニメパートなど、世界中からアニメーション制作のオファーが殺到する日本最高峰=世界最高峰のアニメーション制作スタジオ「プロダクション I.G」。

最先端の表現手法としてアニメーションを制作し、世界中を魅了しつづけるプロダクション I.Gの最新の試み、そしてその歴史を、[Production I.G展]で紹介いたします。”

なお、12月9日からは名古屋PARCOでも開催が予定されている。なんせ我がスポーツステーションとプロダクション I.Gによるコラボの第一弾と成る今回のプロジェクト。とにかく成功させたいという思いで一杯だ。

October 5, 2005 in Art, Current Affairs, Design, Economy, Film, Media, Politics, Science, Television, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

【ディズニーのMP3プレイヤー「Mix Stick」】

■大人の方が欲しがるかも?ディズニーが発売するMP3プレイヤー「Mix Stick」 (CNET Japan)

Mexstick_disney  ディズニー・ファンにとっては、i-POD NANOより欲しいかもしれないアイテムが登場した。

i-PODにもU2ヴァージョンなるものが存在しているけれど、携帯音楽プレイヤーとキャラクターの組み合わせは、意外とあるかも。

この記事からは日本で発売がどなるのか分からないが、相変わらず熱心なファンがいる日本マーケットをWD社が無視するわけがない、と思う。

どこかのコンビニがこの端末とメモリーを発売したとしても、不思議じゃない?

Disneyが米国時間29日、小学生を対象とした市場を狙い、子供向け携帯デジタル音楽プレイヤーを発表した。

 「Disney Mix Stick」は、MP3/WMAプレイヤーとして機能し、音楽ファイルのダウンロードや、CDからのコピーが可能になっている。また、Walt Disney Recordsの楽曲が記録された「Mix Clip」と呼ばれるメモリカードを搭載することも可能だ。

October 5, 2005 in Business, Design, Media, Music, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, August 09, 2005

【YOHJI YAMAMOTO+ADIDAS=Y-3】

■アディダスとヨージ・ヤマモトのコラボ=Y-3のサイトが超COOL!!

Y3_1 以前からcoolなサイトだなと思って気になっていたこの『Y-3』。久しぶりに覗いてみたら2005年秋冬コレクションがリニューアルされていた。

とにかくデザイン、プレゼンテーション、インタラクティビティ、どれを取ってもかっこよい。

久々に隅から隅までそこらじゅうクリックしまくって、全部見てしまった。

果たして実際の商品も同じぐらいCOOLなのか?サイトを見ているうちに、店頭も覗いてみたくなった。

August 9, 2005 in Design, Fashion, Flash, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack