Friday, February 15, 2013

Asteroid 2012 DA14: how to spot it

Asteroid DA14

On Friday evening asteroid 2012 DA14 skims closer to our planet than any other known asteroid. Although invisible to the naked eye, binoculars can bring the space rock into focus. Or simply watch the webcast.

Space rock 2012 DA14 is only 50 metres across. It will pass the Earth on Friday evening (UK time) just 17,100 miles above our heads. There is no danger of a collision. Nevertheless, this is closer to the Earth than many artificial satellites.

It will pass from the southern to northern hemisphere and set the record for the closest pass of any known asteroid since systematic surveys of the sky began in the mid-1990s.

Animated asteroid map

Animated visibility map for asteroid 2012 DA14 between 18:00 and 21:30 GMT. The asteroid will be visible from green areas. Image: Geert Barentsen

According to Don Yeomans of Nasa's Near-Earth Object Observation Programme, an asteroid like 2012 DA14 flies this close on average only once every 40 years.

February 15, 2013 in Current Affairs, Ecology, Science, Space | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, February 01, 2013

Foster + Partners To 3D Print Structures on the Moon (archdaily)

via archdaily

Foster + Partners, in conjunction with the European Space Agency (ESA), has undertaken a study to explore the possibilities of using 3D printing to construct lunar habitations on the moon’s southern pole (where there is near perpetual sunlight). The firm has already designed a lunar base that could house four people, and has begun to test the structure in a vacuum chamber that echoes lunar conditions.

The shell of the base, which has a hollow closed cellular structure inspired by natural biological systems, should be able to protect potential inhabitants from “meteorites, gamma radiation and high temperature fluctuations.” According to Xavier De Kestelier, Partner at Foster + Partners, the firm is ”used to designing for extreme climates on earth and exploiting the environmental benefits of using local, sustainable materials – our lunar habitation follows a similar logic.”

The study will also address the challenges of transporting materials to the moon, and is investigating the use of lunar soil, known as regolith, as the potential building matter.

February 1, 2013 in Architecture, Business, China, Design, Ecology, Economy, Middle East, Science, Space, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, January 31, 2013

Chinese air pollution hits record levels – in pictures

image

via the guardian

Beijing residents advised to stay indoors as much as possible with severe pollution at levels 'beyond index'

I mean, don’t they have a climate control weapon or “something” which they proudly showcased during the Beijing Olympics?  How come they don’t use it NOW?

They should use it to wash the hazardous PM2.5 down while they are still in Chinese territory.

Beijing's New Year surprise: PM 2.5 readings (CNN)

Zhao Jialin, a blogger on Sina Weibo, a Twitter-like microblog site, tweeted: "Thank the government for making this effort to solve the problem. It is a Chinese New Year gift from them to the people."

As I mentioned before, China should seriously consider to slow down their current pace of motorization, put extremely high tax on all vehicles using fossil energy and encourage their people to switch all vehicles to EV or Hybrids, and better yet, go back to bicycles like they used to! 爆笑

January 31, 2013 in Business, Ecology, Economy, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, January 27, 2013

Dutch architect plans world's first 3D-printed building (WIRED)

Image1

via WIRED

A Dutch architect is planning to construct a Möbius strip-shaped house using the world's largest 3D printer.

Landscape House, designed by Janjaap Ruijssenaars of Amsterdam firm Universal Architecture, will contain around 1,100 square meters of floorspace throughout the twisted structure. The 3D printer -- which can "print" objects as large as six meters by nine meters using a mix of grinded-down rocks or sand, held together with a liquid binding agent -- has been designed by Italian roboticist Enrico Dini.

Dini has been printing huge objects with his printer for a couple of years, but this will be the first building that he's produced that's actually designed to be occupied just like any other. For a house that will be a solid whole, without any visible seams, a Möbius strip makes perfect sense as a design shape.

via WIRED JAPAN

オランダの建築家が世界最大の3Dプリンターを使い、「メビウスの帯」の形をした継ぎ目のない家を建設しようとしている。
「Landscape House」と名付けられたこの家は、アムステルダムに本拠を置くUniverse Architecture社のヤンヤップ・ライジシェナーシュ(Janjaap Ruijssenaars)が設計した。このねじれた構造の建物の中に、およそ1,100平方メートルの床面積が確保される予定だ。
建築に使われる3Dプリンターは、粉々にした石や砂を混ぜ合わせた材料を液体の結合剤で結びつけることで、6×9mの大きさの物体を「印刷」できるもので、イタリア人のロボット工学技術者であるエンリコ・ディニが開発した。
ディニ氏は数年前から自作のプリンターを使って巨大な物体を印刷しているが、居住用として実際に設計された家を制作するのは今回が初めてだ。建物全体が一体化されて継ぎ目がひとつも見えない家をつくるために、メビウスの帯の形に設計したことは理にかなっている。

いよいよ、3Dプリンターが面白いことに成って来た・・・

January 27, 2013 in Art, Design, Ecology, Economy, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, January 24, 2013

Leaked UN climate report slammed for citing WWF, Greenpeace

IPCCAP4Report

via Fox News

Critics are blasting a draft U.N. climate change report that combines studies by advocacy groups like the World Wildlife Fund and Greenpeace alongside scientific research papers -- the same issue that led independent auditors to slam the U.N.'s last report.

“You'd think that the IPCC would have learned its lesson, that it would have told its authors not to rely on these sorts of publications,” said Donna Laframboise, the head of nofrakkingconsensus.com, an investigative website skeptical of the scientific consensus on global warming.

January 24, 2013 in Current Affairs, Ecology, Economy, Media, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, January 21, 2013

実は日本は自然エネルギー大国なのです

地熱情報研究所HPから】

日本は世界に冠たる地熱資源大国なのです。現在までに建設されたわが国の地熱発電設備容量は約53.5万kWで、推定されている資源量のわずか2.3%が利用されているに過ぎません。なお、この資源量は、現在利用されているのと同じ方法で発電できる量のみを示したものですが、将来的発電方式と言われる、高温岩体発電や火山発電あるいはマグマ発電(図2)を含めると、資源量は飛躍的に増加します。

原子力発電って、誤解を恐れずに非常に単純化すると、「電気を作るためにお湯を沸かして蒸気でタービンを回している、巨大で複雑な湯沸し器」な訳で。

なんだよ、それじゃ日本の場合「お湯ならそこら中で沸いてるじゃん!」と思うのは僕だけか?

世界の地熱発電プラントの70%は日本製だという。既に確立された技術で、世界からも優れて安定していると評価されている。

エネルギー政策を根本的に見直そうという日本の現状を考えると、プラントの輸出ばかりしてる場合か?と思う。

じゃあ、ど~して日本では地熱発電が普及しないのか?一つの理由はこれだ。

1972年の旧通産省と旧環境庁との覚書により、国立公園内では新たに地熱発電所は建設 しないことになったこともあり、その後、国立公園特別地域内では調査も困難な状況にな っています。ちなみに、150℃以上の地熱資源量2347万kWの81.9%が国立公園特別地 域内となっているのです。ということは、今のままでは、有望な地域のほとんどが開発で きないことになってしまっています。

僕は太陽光発電や風力発電を否定するつもりはないし、これからも再生可能エネルギーはどんどん開発研究すれば良い。そのうち、フリーエネルギーの開発だって、夢じゃないはずだ。

でもさ、原子力に比べて発電効率が劣るとしても、太陽光発電や風力よりよほど安定している、そして新たな技術開発もそれほど必要ない、(もちろん次世代型の高温岩体発電や火山発電あるいはマグマ発電の研究は是非やるべきだ)、しかも様々な点で優れているとされ、今すぐにでも使える既に確立された“国産の技術”があるのに、正に“足元に眠っている膨大な天然資源”を利用しないってのは、どう考えても合理的ではないと思うのだ。

これからは、スマートグリッドだけじゃなくて、スモールグリッドでエネルギーも地産地消が主流に成る、とすれば地熱発電が鍵に成るような気がするんだけど・・・。

今夜放送のJAM THE WORLDで、前「日本地熱学会」会長で、NPO「地熱情報研究所」代表の江原幸雄さんをゲストに迎えて、その辺りを伺いたいと思う。

January 21, 2013 in Business, Ecology, Economy, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, January 18, 2013

Report: Solar Could Meet All The World's Electricity Needs In 2050 Using Under One Percent Of World's Land | ThinkProgress

via thinkprogress.org

Highlighting the fact that a global switch to renewable energy is not just necessary, but doable, a new report released by the WWF concludes that the solar arrays necessary to meet all the world’s projected energy needs in 2050 would cover under one percent of global land area. Obviously this is a theoretical exercise, and 100 percent of the planet’s electricity needs are not actually going to be filled through solar. But several credible scenarios suggest that solar could provide about 30 percent of global total electricity in 2050, up from the 0.1 percent it provides now.

By going through the numbers, the Solar PV Atlas demonstrates both the practical feasibility of renewable energy, and the possibility of harmonizing solar energy with conservation goals:

January 18, 2013 in Business, Ecology, Economy, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, January 16, 2013

In pictures: Beijing pollution

via www.bbc.co.uk

And this will affect Our atmosphere soon or later.

My question is, would it be more hazardous than...say Fukushima?

Anyway, I think Chinese government should put ridiculously high taxes on automobiles which uses fossil energies, and encourage all to switch to EVs instead, or better yet, go back to bicycles like they used to...

January 16, 2013 in Current Affairs, Ecology, Economy, Politics, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, January 14, 2013

Top tip if you're going out in Beijing: don't breathe | World news | The Guardian

via www.guardian.co.uk

Sooo, it’s like “If you want to live in Beijing, DON'T BREATH THE AIR!!”

I guess Chinese government should seriously consider going back to bicycles instead of modernized motorization, or switch all vehicles to EV, and they need to do it TODAY!

January 14, 2013 in Current Affairs, Ecology, Politics, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, August 11, 2011

China's Growing Water Crisis - Council on Foreign Relations

China's Growing Water Crisis - Council on Foreign Relations.

August 11, 2011 in Ecology | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, February 13, 2011

BBC News - Report: Urgent action needed to avert global hunger

A UK government-commissioned study into food security has called for urgent action to avert global hunger.

"We know in the next 20 years the world population will increase to something like 8.3 billion people," he told BBC News.

"We know that urbanisation is going to be a driver and that something of the order of 65-70% of the world's population will be living in cities at that time.

"We know that the world is getting more prosperous and that the demand for basic commodities - food, water and energy - will be rising as that prosperity increases, increasing at the same time as the population."

He warned: "We have 20 years to arguably deliver something of the order of 40% more food; 30% more available fresh water and of the order of 50% more energy.

"We can't wait 20 years or 10 years indeed - this is really urgent."

via www.bbc.co.uk

Global Food and Farming Futures

food and farming home 2

How can a future global population of 9 billion people all be fed healthily and sustainably?

The Foresight project Global Food and Farming Futures explores the increasing pressures on the global food system between now and 2050. The Report highlights the decisions that policy makers need to take today, and in the years ahead, to ensure that a global population rising to nine billion or more can be fed sustainably and equitably.

The Foresight report makes a compelling case for urgent action to redesign the global food system to meet the challenge of feeding the world over the next 40 years.

February 13, 2011 in Ecology, Economy, Food and Drink, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, June 14, 2010

[NASA Imagery of Oil Spill]

ワールドカップ観戦中も、やっぱり気に成るメキシコ湾の様子。


NASA Imagery of Oil Spill.

File:Deepwater Horizon oil spill - May 24, 2010.jpg

June 14, 2010 in Current Affairs, Ecology, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, February 12, 2008

【CNNが日本のイルカ漁を告発】

JAPAN'S DOLPHIN HUNTERS (CNN.COM/VIDEO)

夕べCNNを観てたら、日本のイルカ漁の映像を紹介していた。

小さな湾が血で真っ赤に染まる様子や、イルカの解体作業~そして「ぶつ切り」が商品として店頭に並んでいるシーンが続く。結構衝撃的。

しかしその映像には、明らかにイルカではない魚(たぶんマグロ)を大量に扱っている市場の映像や、普通の寿司の映像を前後にはさんで編集していて、意図的に日本人が大量にイルカを食べているかのような演出が加えられていた。

これでもかという感じで血まみれでのた打ち回る瀕死のイルカの映像を見せながら、女性のキャスターが「こんな野蛮なことが、日本のような“ある程度文化的な国”で、伝統という名のもとに、未だに行われていることは信じられません。」

「このような残虐行為を止めさせるにはどうしたら良いのでしょうか?」

「国際的な反捕鯨団体にアピールするのも良いでしょうし、日本政府に直接メッセージを送るのも有効でしょう。是非皆さんのご意見をお寄せください。」と呼びかけていた。

実はむかし、パイオニアの仕事で「MELON BRAIN」というイルカの生態を紹介するソフト(LD-ROM)の制作に関わったことがある。

その時に、ライアル・ワトソン博士(「水の惑星」)、ジョン・C・リリー博士(「イルカの日」)、ポール・スポング博士、デニス・ハッチング博士などなど、世界中の著名な海洋学者やイルカの研究者にインタビューしたり、色んな研究文献を読み漁ったことがある。

その結果、個人的にはイルカ類は非常に頭が良くて、もしかしたら人間より進化した生命体かも知れないという印象を持っている。

だから個人的にはイルカ漁に対しては生理的な嫌悪感を覚える。

しかしだからといって、牛や豚が屠殺される映像はタブーなのに、イルカが殺される映像だけを取り上げて日本人を野蛮人呼ばわりするのはフェアじゃないだろう。

いつだったか、日韓共催のワールドカップが開催される前に、韓国の「犬食」が世界中から非難されたことがあったことを思い出した。

人間は生きていく上で、動物であれ植物であれ、食べるためには殺生を避けて通ることは出来ない。

自然界の他の生物と同様に、人間も他者の生命を身体に取り入れることで命を永らえている。その現実には善悪も優劣も無いだろうと思う。

おびただしい数のイルカの死体の映像を観ながら、そんなことが頭をよぎった。

February 12, 2008 in Ecology, Food and Drink, Media, Politics | Permalink | Comments (1) | TrackBack

Friday, October 27, 2006

【富士山噴火の前触れ?】

こういうのは当たって欲しくはないのだけれど、以前から購読している「フォトンベルト・レポート」というメルマガに気に成る記事があった。

「フォトンベルト」が科学的には証明されていないのは百も承知だ。でも最近ひしひしと地球環境の異変を感じているので、こういう情報にはどうしても敏感になってしまう。

[フォトン・ベルト レポート] 第36号 2006/10/27

 10月26日メルマガ35号の配信を終えた頃に、当日大変な数の電磁波バーストがキャッチされているのが分かったのです。午後20時24分段階で1万2118回にも達したそうです。これだけの電磁波バーストがキャッチされることはあまり前例が無く、巨大地震の前触れではないかと本気で心配する向きも多いようです。

 電磁波バーストは多くの場合、震源地の地下で岩と岩とが擦れ合って発生すると考えられています。過去の例からすると数え切れない電磁バースト発生の後、10日前後で巨大地震が発生する可能性が高いとの事です。

 ここ2週間程地球の各地でM5ないしはM6クラスの地震が、全体で30回ほど発生しており、地殻変動のエネルギーが間違いなく高まっています。

 フィリピンでは数日前にM5.4程の地震が発生した後、なんと700回をも越える余震が記録されています。フィリピンではブルサン火山が20日頃から活動が活発化し、高さ2000メートル上空まで大きく白煙を上げ始めています。

 さらに1週間ほど前に、深さ3000メートルを越えるマリワナ海溝でも数回地震が発生しています。どうも環太平洋の火山帯の動きが、全体的に活発化しているようなのです。

 前回のメルマガでもお伝えしたように最新情報によると北米、フィリピン海、ユーラシアと3つのプレートがぶつかりあう地点である箱根で、9月頃より微動地震が多発していて、7月以降箱根山が急激に東西方向に1センチも伸びている事が国土地理院の観測データで判明しています。

 専門家によると富士山はかつては50年間隔で大爆発を起こしていましたが、300年前の宝永年間の大爆発(1707年)以後、目立った噴火を起こしていないのです。そこで富士山は、いつ噴火してもおかしくない活火山だと専門家は断言しています。(10月8日放送 「素敵な宇宙船地球号 緊急シミュレーション富士山噴火 300年目の真実」での解説)

  現在の環太平洋火山帯の動きを見ていると、富士山異変の危険性が十分に感じられます。

October 27, 2006 in Current Affairs, Ecology, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, October 19, 2006

【GoogLOHAS】

■Googleが太陽光発電でアピールするLOHASなC.I.(CNET JAPAN

太陽光発電はクリーンで良いけど、発電効率を考えるとまだまだ費用対効果が悪いはず。でもGoogleぐらいお金があれば(今年6月末時点で100億ドル近い現金、つまり約1兆2000億円を保有)、そんなことは気にせずにすむのかも知れない。

LOHAS系市民の好感度は間違いなくUP。というわけで、ついでに株価もUPでしょうか?

 Googleが、カリフォルニア州マウンテンビュー市の本社オフィスに1.6メガWの発電量をまかなうソーラーパネルを設置すると発表した。同社では、これがオフィスに導入される太陽光発電システムとしては米国で最大規模であるとうたっている。コーポレート環境プログラムマネージャーRobyn Beavers氏が、同社のブログで計画を明らかにした。

 Googleは、Googleplexのメインビル4棟とその向かい側にあるビル2棟の屋根にパネルを設置し、さらに複数の駐車場に補助システムを置く計画だ。つくられた電気はマウンテンビューの複数の同社オフィスで利用され、これらのオフィスで消費される電力(ピーク時)の30%程度をまかなう予定。同社は、この発電量が、カリフォルニア州の平均的な家庭1000世帯分の電気消費量にも匹敵すると述べている。

ちなみにGoogleが提携しているのはEI SOLUTIONSというカリフォルニアはサン・ラファエロにある会社。太陽光発電に関する「見積もり」から「設置導入」、「運営メンテナンス」まで、トータルにソリューションを提供している企業のようだ。

同社による完成予想のビデオ・プレビューがここで見られる。なかなか壮観だ。

以下はGoogle Official Blogからの抜粋。

To tackle this ambitious project, we're partnering with EI Solutions. The installation of clean and renewable power represents a first step in reducing our environmental impact as a company. We believe that improving our environmental practices is not only our responsibility as a corporate citizen, but good business planning -- a new report from the North American Electric Reliability Council suggests that demand continues to outstrip power supply by a considerable margin. And of course by saving electricity (not to mention producing clean renewable energy), we also save money. In fact, we believe this project demonstrates that a large investment in renewable energy can be profitable.

If the business community continues to increase investments and focus on energy efficient and renewable power generation technologies, we have a good feeling that our future will be bright. If you're interested, visit the Solar Electric Power Association.

「このプロジェクトは代替エネルギーに対する大規模な投資が、結果的には利益をもたらすことを示すだろう。」とは実に確信に満ちた言葉。

さすが先駆者Googleらしく、環境問題に対する取り組みもPRAGMATICで超COOLだ。

October 19, 2006 in Ecology, Economy, Science, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, October 04, 2006

【南極オゾンホールが観測史上最大に】

■その大きさは南極大陸の2倍強。日本列島の80倍!(asahi.com

Hole2006_movie_m0_3   世界気象機関(WMO)は3日、南極上空のオゾンホールが観測史上、過去最大になったと発表した。有害な紫外線から生物を保護しているオゾン層を破壊する物質が蓄積されたのに加え、今年は冬に成層圏の気温が例年に比べて低くなったのが原因という。

 米航空宇宙局(NASA)の人工衛星による観測では、今年9月25日にオゾンホールの面積が2950万平方キロに達し、過去最大だった00年9月の面積をわずかに上回った。

 これは南極大陸(1400万平方キロメートル)の2倍強の大きさに相当し、日本の面積の約80倍にあたる。

 また、欧州宇宙機関(ESA)の観測データでも同日、2800万平方キロを記録。ESAの観測した最大値、00年の2840万平方キロに匹敵する大きさとなっている。

 米海洋大気局(NOAA)は、オゾン層の破壊につながるフロンなどの排出量は減っているものの、南極上空のオゾンホールがふさがるのは2065年ごろと予測している。

NASAの"OZONE HOLE WATCH"を見ると、当たり前のことだけど、オゾンホールの形と大きさは時々刻々変化しているので、この9月25日の記録は『観測史上最大』という以外にどのような意味を持っているのか、僕のような門外漢には見当もつかないけれど、少なくとも良い方向に向かっていないことだけは確かだろう。

もうずい分前のことになるけれど、オゾンホールの原因に成るフロンガスが問題になり始めた80年代後半、いくらフロンガスを規制して削減しても、既に放出されたガスはこれから徐々に成層圏に上がっていくので、オゾンホールの拡大は防ぎようがないのだ、という話を専門家に聴いたことがある。

その頃のオゾンホールはどうなっていたのか、このNASAのサイトにアーカイブされている1979年7月以降のデータを見ると、確かにそのサイズと密度において、南極上空のオゾンホールが成長し続けていることが素人目にもハッキリわかる。

October 4, 2006 in Ecology | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, May 23, 2006

【ロバート・レッドフォードとSir リチャード・ブランソンの共通項は代替エネルギー】

■週末にCNNを観ていたら、ラリー・キング・ライブにロバート・レッドフォードとヴァージン・グループの総帥Sir リチャード・ブランソンが出演していた。(CNN.COM

この二人が出ているということは、てっきりエンタメ系のネタかと思いきや、この日のテーマはなんと「アメリカの石油中毒」である。

不勉強で知らなかったのだが、ロバート・レッドフォードは熱心な環境活動家で、最近は「E85」という、エタノールが85%含まれた混合ガソリンの普及キャンペーンをサポートしているそうだ。

詳しくは、「E85」の有効性をアピールするサイト「KICK THE OIL HABIT」に載っている。

このキャンペーン・コピーは、今年の年頭に行われたブッシュ大統領の一般教書演説での「アメリカは石油中毒なのです(America is addicted to oil)」という発言に呼応して、”石油中毒を止めよう”とアピールしているわけだ。

番組の冒頭に登場したレッドフォード氏の主張は、同じく番組にゲスト出演しているアメリカで二番目に大きいエネルギー総合企業でオイル・メジャーの雄、シェブロンのオライリー会長兼CEOを向こうにまわして、なかなか説得力のあるものだった。(それにしても、レッドフォード氏はずいぶんと老け込んだ感じがする。よ~く見ないと彼とは分からなかったほどで、ちょっとビックリ。)

ところでCNNは、ブッシュ政権のエネルギー担当相や、オイル・メジャーのCEO達にも出席を依頼したそうだけど、なんとこのオライリー氏以外は全員出演拒否したらしい。

とりあえず生放送での集中砲火を避けたかったのだろう。そういう意味では、批判を承知の上で出席したオライリー氏は案外好印象だった。

By the way, we invited Energy Secretary Samuel Bodman to take part in tonight's program. He declined. We also asked the CEO's of Exxon, Mobil, Conoco, Phillips, BP, and Shell to participate in a roundtable discussion. They declined.

We're going to meet David O'Reilly, the Chairman and CEO of Chevron, who did not decline.

このサイトで配信されているビデオ・クリップも、なかなか良く出来ていて、果たしてこの制作にレッドフォードが関わっているかどうか分からないけれど、なんかそんな雰囲気がしなくもない。(BGMに聞き覚えが・・・)

クリップの裏づけとなるデータ類の資料も豊富で、とても参考になる。

ようするにこの「E85」は、トウモロコシなどの穀物から作られるエタノール燃料で、ガソリンより安価で、クリーンで、しかもアメリカ国内でも大量生産が可能であり、中東などの不安定な地域の原油に依存する状態から脱却できるので、アメリカの安全保障上も有利であるという主張。非常にもっともだ。

そしてもう一つの主張は、オイル・メジャーは今の原油高を利用して儲けすぎているという点。そしてこれは、ブッシュ政権が石油業界と結託して、わざとまともなエネルギー政策を打ち出さずに来たからだという部分。

別にブッシュ政権に限らないとは思うけど、ブッシュが大統領に就任した頃のガソリンの平均的な小売価格が、$1.46だったのに、今やこれが$4.00を超えようという状況だから、どうしても目立つわけだ。

なんせOPEC最大の産油国はサウジ・アラビアで、今のところアメリカとサウジの石油王族との関係は良好のようだけど、第二位がイラン、第三位がイラクということで、イラクの状況は相変わらず好転しそうもないし、さらに加えてイランの核開発疑惑や終わりそうもないイスラエル/パレスチナ間の紛争なんかで、この地域の不安定要因はしばらく消えそうもない。

おまけに、去年のカトリーナなんかの影響で、メキシコ湾岸地域の製油施設が壊滅的な打撃を受けながら、未だに完全に復興していないから、アメリカの石油精製能力は落ちたままだ。

そもそも原油価格の高騰自体、キッカケは投機マネーだったかもしれないけれど、石油を取り巻く状況が複合的に悪すぎて将来的に下がる要因はないといわれている。

シェブロンのオライリー会長も、かつてのガソリン1ガロンあたり1ドル、原油1バレルあたり20ドルというレベルに戻ることはないだろうと認めている。

KING: Do you see it going down?

O'REILLY: I'm afraid -- I'm concerned. I think first of all we're not going back down to $1 a barrel -- I mean $1 a gallon gasoline or $20 a barrel oil.

そんな状況下でオイル・メジャー各社は、例えばExxonMobileの場合、この1年で全ての法人によって作られた記録を塗り替えた360億ドルという、途方もなく巨額の利益を上げ、ExxonMobileのレイモンドCEOは4億ドルという法外な退職金を得ている

ExxonMobil broke their own record (set at $25 billion in 2004) for the highest profits ever recorded by a corporation with a $36 billion and paid their retiring CEO Lee Raymond $400 million.

そりゃ4兆円も儲ければ440億円ぐらいもらたって、どうってことはないのかもしれない。

しかし番組では、キング氏がこの莫大な利益について、そしてその結果各社のCEO達が受け取っている、他の業界全てと比べても異常なほど高額な報酬について、かなり突っ込んだ議論が交わされていた。

「ところで、このガソリンの販売価格の内、あなた達はいったいいくら利益を取ってるの?」なんていう、生々しい質問が飛ぶ。

ちなみに精油会社が得ている利益は、かつては1ガロンあたり28セント程度だったそうだが、現在は1ドル近くに成っているという。そりゃ儲からないわけがない。

In September of 2004, refiners collected an average of $0.28 per gallon, but by the end of 2005, they were collecting nearly $1. (Source: Justin Blum, Gas Profit Guzzlers, The Washington Post, September 25, 2005, available here.)

番組では、この点についてオライリー会長は、「1ガロンあたりの我々の儲けは5セント程度ですよ。しかも我々は莫大な税金(全収益の48%)を納めていますから、純利益は本当に少ない。」なんていい訳をしていたが、退職金の話しになると完全にはぐらかしていた。まぁ他の会社のことだし、説明できるわけがないのかも。

KING: But the public when it sees, I forget what oil company some cheese, CEO retires and gets $400 million that looks bad. It looks bad.

O'REILLY: Yes, but I -- well it certainly can raise -- I can understand why it would raise questions. You know the public sees these high prices and I empathize with them because we've certainly seen an increase in gasoline prices in the last few years.

上記のサイト「KICK THE OIL HABIT」によれば、例えばエクソンのレイモンドCEOの報酬は一日あたり$191,000!つまり日当約2100万円・・・。

平均的なアメリカ人の一日あたりの報酬は122ドル=約1万3000円だそうだから、実に1565倍にもなる。

いくらなんでもこういう実態を知ると、さすがに「何かオカシイ。」と思うのが当たり前だ。

というか、もしかしたらガソリンの価格が高騰して初めてこんなこと気がついちゃったという感じか。ブッシュの二期目の選挙の時に気がつけば良かったのにね。しかし「時、既に遅し」・・・。

さて、ロバート・レッドフォード氏と同様、代替エネルギー推進派として登場したのが、ヴァージン・グループのSirリチャード・ブランソン会長だ。

ブランソン氏はヴァージン航空の経営者という立場から、最近の航空燃料の高騰には相当神経質になっているという。

ブランソン氏は、「このまま放っておけば、原油価格はいずれ1バレルあたり$100~200に成ることも在り得る。それがキッカケで世界経済が停滞し大不況に成る。」とCNBCのニュース番組で発言している。

"If we don't start now to get more refineries built then fuel prices could literally rocket to $100-$200 (per barrel of oil) and the world economy would come to a grinding halt,"

その為ヴァージンとしては、現在企業防衛という観点から、投資可能な資金を全てエタノールの精製工場の建設や、風力発電、太陽エネルギーなどあらゆる代替エネルギー関連に投資しているという。

So from Virgin's point of view, all of our spare money is being put into building ethanol plants, wind farms, looking at solar heating and just trying to do everything we can to create an alternative energy source. And it's also good business sense.

またブランソン氏は地球温暖化と絶滅危惧種の問題についても言及している。

KING: Sir Richard, are we on the right road?

BRANSON: We're beginning to be, but we're already I suspect too late for about 20 to 30 percent of the species on the amount of CO2 that's up there. And we can't do anything about. We've left it too late for something like 20 or 30 percent of the species. We have got to tackle head on issues like gas stations. They are the most damaging thing on earth, and China and India and America and Britain are building many more. They shouldn't be allowed to build them.

I think the global community has just got to rally around to prioritize and make sure, you know, that we get on top of the CO2 emission situation fast in order to save the 17 or 18 percent of species that are still there and have a chance to be saved.

さらにブランソン氏は、本当に必要なのは『セルロース・エタノール』の開発だという。

何故なら、穀物由来のエタノールは供給能力に限りがあり、仮にアメリカ国内に200とか300とかのエタノール工場が出来ると、その需要を満たすために本来は食料となる分までエタノール生成に回さなければならなくなるからだという。

KING: Sir Branson, what are you doing with regard to your methods of delivery of energy?

BRANSON: Well I think ethanol has got a limited amount of supply. By the time you say build another 200 or 300 ethanol plants in America, you're going to be starting to eat into the food supply and therefore people are not going to want to use food for ethanol.

彼が推奨するセルロース・エタノールは従来焼却処分されていた廃棄物を酵素で分解して生成するもので、原料となる廃棄物は需要を満たすだけの充分な量があるという。

What we need is something called cellulose ethanol, which is basically enzymes which will break down the waste products in the fields that currently gets burnt off. And there's enough waste product in the world to replace our energy needs completely.

しかもセルロース・エタノールは環境にも100%フレンドリーということで、良いことずくめなのだが、現在は生成するためのコストが高過ぎるので、政府の補助と投資によって、このエネルギー生成の鍵となる酵素を大量生産できるようにする必要があると強調している。

The great thing about cellulose ethanol is that it's 100 percent environmental friendly. But what cellulose ethanol needs is government support, because at the moment it's more expensive to produce and it needs a lot of investment by government in getting the enzymes right so that it can be produced. If it can be produced, I think that is the exciting future and hopefully in the next handful of years, there will be big break throughs with the enzymes.

意外なことに、シェブロンのオライリー会長もこれに同調して、「それは本当の話だ。セルロース・エタノールは“聖杯”のようなもので、もしセルロースのコードを解くことが出来れば、ダヴィンチ・コードどころの騒ぎではない。」という。

O'REILLY: Larry, if I could jump in, it is true, cellulose ethanol is almost like the holy grail. If it works, it changes the game. So I'd say if you can crack the cellulosic code, that will be an even bigger deal than "The Da Vinci Code."

とにかく地球で産出される原油の25%を消費するエネルギー浪費大国のアメリカ。ブッシュがいうまでもなく、アメリカは正真正銘の石油中毒国家なのだ。

今までは安いガソリンをハマーH1みたいな異常に燃費の悪い車(1.7km/リッター)でガンガン燃やしても平気だった、というか、そういう無駄や浪費こそがある意味で贅沢なライフスタイルの象徴だったのだろうけれど、もうそういう訳には行かないということだ。

 【ニューヨーク5月13日共同】米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)が、米軍用車を基に開発した「オフロードの王」と呼ばれる大型車「ハマーH1」の生産停止を計画していることが十三日明らかになった。同日付の米紙ニューヨーク・タイムズが伝えた。

 ガソリン価格の高騰で燃費の悪い同車種の販売が落ち込んでいたのが背景とみられるが、同紙によると、GM側は生産停止はガソリン相場と関係なく、新しいモデルを開発するためとしている。

 H1は地面から車体の底までの高さが四十センチ以上あり、砂漠や岩山などを自由に走れるオフロードカーとして人気が上昇、カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事ら有名人が所有している。しかし二○○○年に八百七十五台あった販売台数は、原油価格が上昇し始めた○五年に三百七十四台と半分以下に落ち込んだ。

止まらないブッシュの支持率低下(29%)と不支持率の最高記録の更新(65%)は、実はガソリン・スタンドの売価の上昇とシンクロしているようにみえるけど、果たしてこれがキッカケに成って少しは地球に優しい国家にシフト出来るのだろうか?

温暖化問題については、このラリー・キング・ライブでも言及されていた、アル・ゴア元副大統領主演のドキュメンタリー映画「An Inconvenient Truth」の主要テーマでもある。

ちなみにゴア氏は先日カンヌ映画祭に登場して話題を呼んだばかりだが、現地でこの作品を鑑賞した映画評論家の斉藤敦子さんは、昨夜のJAM THE WORLDで電話取材に答えて、「映画としてかなり良い出来。これを観ると、もう“THE DAY AFTER TOMORROW”みないな状況は現実に成り始めていることが分かって、少しでも環境に良いことをしなければと切実に思う。」とのこと。

もしかしたら、6ヵ月後の中間選挙の方向性を占う上で、案外この『環境問題』が重要な争点に成るかもしれない。

アメリカの政策が変われば、当然日本にも何らかの影響があるわけで、ここでの議論はむしろエネルギー依存度が極端に高い日本でこそ行われるべきだと思う。

アメリカでは現在、ガソリンから再生可能燃料へ移行するガソリンスタンドのオーナーに対し、最大3万ドルのインセンティブ(奨励金)を与える「2006年代替エネルギー燃料補給システム法案」の上程が計画されて、再生可能なエネルギーへの移行が本格的に検討されているという。

フォード副社長、再生可能燃料の普及に法制化を訴え

フォード・モーター・カンパニーの環境および安全技術担当であるスー・シスキー副社長が米国連邦議会に出席し、ガソリンから再生可能燃料へ移行するガソリンスタンドのオーナーに対し、最大3万ドルのインセンティブ(奨励金)を与える法案の立法化の重要性を訴えた。
 
シスキー副社長は、法案の共同提案者であるジョン・スーン議員、ケン・サラザー議員、ジム・タレント議員ら上院議員と議会に出席し、「必要なインセンティブを与えるというこの革新的な法案は、米国内におけるインフラの拡充や再生可能燃料の利用促進に役立つものと確信している。米国民に対して、再生可能燃料をいつでも補給できるという安心感をもたらすだけでなく、米国の輸入原油の依存も低下する」と語った。

この2006年代替エネルギー燃料補給システム法案は、多くの消費者が、エタノールや圧縮天然ガス、バイオディーゼルなどの、よりクリーンで再生可能な燃料を選択できるようにするもので、結果的に米国の輸入原油の依存低下にもつながる。

シスキー副社長は、フォードが2006年末までに2万台のエタノール燃料車やFFVを発売する予定を明かにした上で、「現在、E85燃料を扱うガソリンスタンドは600店舗しかなく、この30倍は必要。今の状況下では、我々が再生可能燃料で駆動する車を生産しても半分の意味しか成さない」と述べた。その上で「この法案が採択されれば、E85をはじめとする再生可能燃料のさらなる開発、普及が期待でき、石油精製業者も事業的に採算がとれる」と法制化に期待を示した。

May 23, 2006 in Ecology, Economy, IRAN, IRAQ, Media, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, May 17, 2006

【JAMのゲストに菊池武夫さんが登場】

■昨日放送したJAM THE WORLDのゲストはファッション・デザイナーの大御所、クールビズの仕掛け人でもある菊池武夫さん

Kikuchijam20060517_1

菊池さんとは、かれこれ2年ぶりの再会。相変わらずいつお会いしてもカッコ良い。

僕も出来ることなら、菊池さんのように歳を重ねたいと思う、憧れの大先輩である。

世の中的にはアンチエイジングがトレンドだけれども、菊池さんを見ていると「歳を取るのも悪くないなぁ。」な~んて思えてくる。

「菊池さんというと“元祖、チョイワルオヤジ”ですよね!」なんていうと怒られるかと思ったら、案外御本人も「そうそう・・、僕なんかほんとにそういうイメージだから。」と笑って肯定していらっしゃった。

個人的な話になるけれど、菊池さんとの御縁は10年以上前に遡る。

94年の秋冬コレクションだったと思うけど、友人のスーパー・スタイリスト大久保篤志氏のキャスティングで、恐れ多くも“モデル”としてショーに出演させてもらったのが最初の御縁だった。

今となっては想像もつかないけれど、当時の僕は胸まで伸ばしたストレートなロング・ヘア。体重は今より10キロは軽くて、どちらかというとスキニーな方だった。まぁ、ウェスト周りはビール好きがバレバレだったけどね・・・。

僕が担当したのはレザーのバイカー・ジャケットとパンツを2ポーズだったと思うけど、ミュージシャンとしてステージに立つのとはかなり勝手が違って、なんせ初めての体験だったし、ステージ裏の慌しさに圧倒されて、何処をどう歩いたのか、一応ポージング(といっても立ち止まった程度だが)も決めてはみたけれど、果たしてどんな風に見えていたのやら・・・。

そして菊池さんとはその翌年に、今度は'96秋冬コレクションのショーのプロデューサーという立場で約6ヶ月間御一緒させていただいた。

ショーといっても、ただのショーじゃない。「ABSOLUTE MEDIA MIX」というサブタイトルを付けたこのショーは、当時はまだ走りだったインターネットとステージを連動させるという試み。

実際にネット上でコレクションを発表するという試みは、当時アメリカでオンラインのショーが話題に成った『VICTRIA'S SECRET』と同時期かそれよりも少し早かったので、いわゆる“世界初”に近かったのではないかと思う。

ショーの為に公式サイトを立ち上げてコレクションの製作過程を見せたり、当時としては最先端の3DCGやヴァーチャル・リアリティを使用して、ステージ上には巨大モニターやディスプレーを壁状に配置して、その前を歩くモデルが着ているのと同じスタイル、but色違いやパターン違いという組み合わせをCGで出力し、リアルなモデルとヴァーチャルなモデルがステージ上で共演する、という凝った演出だった。

これも元々は菊池さんの「単に服を見せるだけじゃなくて、WEBを使ったり先端的な映像技術を使ってあらゆる角度からコレクションを表現したい。デジタル時代の都市景観を背景に服を見せたい。」というアイデアがあって、僕の役割はそれを具現化するというものだった。

とにかくBGMと映像と、モデルの出入りをリアルタイムでシンクロさせる必要があったので、タイムコードに基づいてほとんど秒単位の進行だった。

モデルのコントロールについては大ベテランの四方義郎さんにお任せしたのだけど、通常は秒単位で進行するなんてことは在り得ないから、モデルの着替えも時間内にやらなきゃいけないということで、もう本当に大変だったらしい。

しかもそれだけじゃなくて、着替え終わったモデルが出待ちしているところをブルーバックにしてクロマキーでCGと合成して出すとか、さらに3人のカメラマンがスロースピード・シャッターに設定したハンディーでモデルを追っかける映像をライブでミックスして演出したり、今考えると正気の沙汰ではない。

映像のディレクションは、パイオニアのレーザーアクティブのプロジェクトでも一緒に仕事をしたビデオ・アーティストの川口真央氏に担当してもらったんだけど、映像のソースだけども数十本はあったと思う。ほとんど作業的にはテレビの生放送に近いものだった。

今でこそ同じような演出をしたショーは時々見かけるけど、当時はまだ誰もやっていなかったので、自分でいうのもなんだけど相当革新的だったし、冒険的だったと思う。

おそらく普通のコレクションをやるよりも多くのコストと時間をかけた、そんなプロジェクトが可能だったのも、これも一重に菊池さんの遊び心というか、「こんなことが出来ないだろうか?」という旺盛な好奇心が原動力に成っていたからだ。

イベントのプロデュースという仕事は結構好きだけれど、このプロジェクトは個人的に最も楽しむことが出来たものの一つだし、菊池さんのコレクションが出来上がっていく製作過程に最初から最後まで立ち会うことが出来たという意味で、菊池さんの仕事に対するスタンスやこだわりを実感することが出来て、大変貴重な体験だった。

久しぶりにお会いした菊池さんは相変わらずエネルギッシュで、もしかしたら10年前よりもパワーアップしてるのかなと思うぐらい。

2003年にTAKEO KIKUCHIブランドのディレクションを後進に委ねて、今は『40ct & 525』という新しいブランドで自分の本当に好きなことをやっていらっしゃるからだろうか、非常にハッピーなオーラを感じた。

ところでこの『40ct & 525』(フォーティカラッツ・アンド・ファイブハンドレッド・トゥウッェンティファイブ、またはゴーニーゴと読む。ちなみに“525”という数字は菊池さんの誕生日である5月25日から来ているそうだ)は、菊池さんがTAKEO KIKUCHIでは、やりたくてもやれなかったことを表現したというラインアップで、満を持して昨年の10月に青山にオープンしたお店も本当に素晴らしい雰囲気の素敵なショップだ。(MAP

TAKEO KIKUCHIが20~30代の男性に向けたブランドだとすると、この『40カラッツ』は40~50代の世代に向けて、“最高の贅沢を日常に”というコンセプトで展開しているとのこと。

そういわれてみると、僕はこのゾーンにピッタリとはまる。

とくかく菊池さん自身が年に4回ヨーロッパへ買い付けに行って、本当に自分が欲しいと思うアイテムをセレクトして持ってくるという、まさにデザイナー菊池武夫による菊池武夫のためのセレクト・ショップという趣向。いってみれば“100%菊池武夫ワールド”なわけだ。

もちろんオリジナルのアイテムも含めてカジュアルからドレスまで、そしてレディースも含めて(これは菊池さんの理想の女性に着てもらいたいという、品が良くてセクシーなセレクション)ラインアップされているんだけど、セレクト・ショップとしては本当にコンセプトというか、テイストが一貫していて、多分どのアイテムを組み合わせても調和してしまうのではないかという感じ。

そこはやはり菊池さんのデザイナーとしての感性フィルターを通じて選ばれたアイテムだからだろうと思うけれど、素材や小物のディテールに至るセンスの良さが嫌味なく伝わってくる。

これでもかというギラギラした贅沢さではなくて、モノとしての質の高さというか、モノに対する愛着というか、そういう意味では巷のトレンドに左右されない本物のクオリティ志向のセレクションだ。

菊池さんのライフスタイル全般に対するポリシーが店全体で表現されているわけで、そこらへんにとってもパーソナルな気配を感じる。

実際、菊池さんもちょくちょくお店に顔を出すそうだから、ショッピングしてたらひょっこり御本人に遭遇ということもあるかもしれない。

デザイナーとユーザーの関係としては、より親密でダイレクトなやり取りになるわけで、これはやっぱりかなりの贅沢といって良いでしょう。

さて、肝心のインタビューでは、菊池さんが実は小池百合子環境大臣からの依頼で、例の“クールビズ”や“ウォームビズ”の打ち出しに深く関わっていたことや、今年のクールビスのポイントなどを伺ったんだけど、もう一つのポイントとして、今の日本の政治に対する思いや、ポスト小泉は誰が良いと思うか?なんて質問もしてみた。

菊池さんは、ご本人としてあんまり表には出されないかもしれないし、政治家に成るつもりも全くないそうだけれど、日頃から本当に日本のことを憂いていて、そういう意味で政治的な関心も意識も非常に高い。

普段から周りの若いスタッフにも、選挙に行く事の重要さや政治的な関心を持つ事の大切さを説かれているという話を聞いたことがあるけれど、そんな菊池さんに「ポスト小泉は誰が良いと思うか?」と訊いたところ、意外なことに「民主党の河村さんが良いと思う。」という。

それは何でかというと、「彼は多分現役の政治家で唯一『自分達は公僕だ』ということをハッキリ言っている。自分達は税金で食べさせてもらっています、国民のシモベですという意識を持っている数少ない政治家だ。」

「今の政治家や官僚にはこの意識が本当に欠けている。自分達が誰の為に仕事をしているのか、本来の意味が分かっていないから、税金や年金を平気で湯水のように無駄遣いしても平気なのではないか。」

「年に一度、我々は税金を納めるけれど、私は年に一度ぐらい、政治家や公務員が全員で“税金を納めていただいてありがとうございます。”と国民に対して御礼をいうぐらいのことはやったらどうかと思う。」

「そういう姿勢がなければ、今後も日本の政治の流れは変わらないのじゃないかと思うんですよ。」とおっしゃっていた。

なるほど確かにそうだ。ちょっと引き気味にこの国を俯瞰すると、お上やお上に仕える城内の人々と、城下や城外に住まう我々一般人との格差。年貢を納める人とそれを使う人という構造自体は、江戸時代からそう変わっていない。

「税金の使い道について、もっと国民は関心を持つべきだ。」というのは、以前この番組に出演いただいた軍事アナリストの小川和久さんのコメントだったけど、期せずして菊池さんからも同じ視点からの発言に成った。

小川さんは小泉さんの側近として、そして菊池さんも小池大臣に対するアドバイザーとして、直接的に現政権に関わりのある立場なわけだけど、そのお二人がそれぞれ異なる角度からにしても、税金をキーワードに「国民はもっと税金の使われ方に関心を持つべきだ。」とおっしゃているのは興味深い。

そうしないと、いつまでたっても賢い民主主義、成熟した民主国家にはならないということだろう。

今国会では憲法改正議論に伴って、国民投票の是非が問われているけれど、スイスのような直接民主制度を取り入れるのは無理だとしても、我々が直接政治のプロセスに関与する機会が増えることは間違いなく良いことだと思う反面、愚民政治やGHQの3S政策ですっかり洗脳されてしまった一般大衆に重要な決定権を与えるとすれば、前提条件として小川さんや菊池さんのいうような意識改革がなければ、結局ポピュリズムに引っ張られる形で政治が行われることを防げなくなるのではないか、という懸念もある。

そんなことを考えさせられるインタビューだった。

菊池さんとは時々しか会わないけれど、会えば必ずスゴク刺激を受けるしエネルギーをもらえる。

やはりタダモノデハナイ。Respect!

May 17, 2006 in Design, Ecology, Fashion, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, April 26, 2006

【DAYS JAPAN 広河隆一さんにチェルノブイリの現状を訊いた】

■昨日放送したJAM THE WORLDで、DAYS JAPAN広河隆一さんにチェルノブイリの現状を訊いた

Sekikan

ちょうど今日は人類史上最悪といわれるチェルノブイリ原発事故が起きてから20年目。

そこで、つい最近現地に行って取材をしてこられたフォト・ジャーナリストの広河隆一さんに、20年後の現地の様子を訊いてみました。

広河さんには以前2004年の3月、ちょうどDAYS JAPANを創刊されたばかりの頃にも、番組にゲストでお招きして出版に籠めた思いを伺ったたことがあります。

「世界を視る、権力を監視する写真中心の月刊誌」を標榜するDAYS JAPANですが、「一枚の写真が世の中を変える」という信念のもと、現在も毎月素晴らしい雑誌を世に送り出しています。

扱っているテーマはどれも通常マスメディアが触らないようにしているハードなものばかりで、フォト・ジャーナリズムの鑑ともいえるその姿勢には敬服するものがあります。

その広河さんが最近チェルノブイリに取材に行かれたとのことで、お話を伺うことに成ったのですが、現在も立ち入り禁止というか、退去勧告されている半径30KMのエリア内に入って、あちこちを回ったそうです。

事故自体は20年前のものですが、この禁足地のいたるところには未だに通常レベルの数100倍から数1000倍(!)という高レベルの放射能が検出されるそうです。

TBSの報道番組では「放射能レベルは東京の5~10倍」とか云っていましたが、広河さんによると放射能レベルにはバラつきがあり、この半径30KMのエリア内のみならず、遠くは数百キロ離れた地点にも、当時の風雨の関係で高濃度の放射性物質が降下~蓄積された箇所が数多くあるとのこと。

ロシア当局は、被爆による被害はほとんどないという公式見解を発表しているようですが、「実際は当時まだ子供だった人たちが成人に成り、若年性のガンや、早産などの妊娠障害など、様々な後遺症に悩まされていて、さらには事故後に妊娠~出産した子供達にも様々な障害が発生している。」との事。

しかも、「現在こうした被害者達に対する支援が経済的な理由(一説には毎年700億円相当)からどんどん削られていて、まともな医療が受けられない状態であること。そしてそもそもウクライナでもロシアでも、この問題をタブー視して『あの事故は無かったことにしたい。』という雰囲気がある。」のだそうです。

個人的なことですが、僕は20年前のあの日の事を鮮明に覚えています。

ニュースの第一報を聞いてから数時間後には、日本にも放射線物質が飛んでくるということだったのですが、ちょうどその時刻に都内で小雨が降り始めて、僕は愛機ビアンキのロードレーサーに乗って西馬込あたりを走っていたのですが、「もしかしたらこの雨に放射能が含まれているかも?」という漠然とした恐怖感から、顔に降りかかる雨粒にビリビリした奇妙な刺激を感じたのです。

もちろんそれは僕の想像の産物だったわけですけれど、それでも産まれて初めて「放射能の恐怖」を感じた瞬間でした。

当時僕は日向大介とインテリアズというユニットで音楽をやっていましたが、その鮮烈な恐怖の印象を記録に残そうと思って、その夜帰宅して一気に「GAIA」という曲を書き上げました。(というかプログラミングですけど・・・)

この曲が1曲目に収められているアルバム「DESIGN」(WINDHAM HILL / PONY CANION)は既に廃盤に成っていますが、そんな訳で僕の記憶の中でチェルノブイリは特別な感情を呼び起こすものに成っています。

それまでは、広島長崎のことも勿論知っていたし、たまたま機会を得て広島・長崎それぞれの原爆資料館にも行った事がありましたから、概念的に原子爆弾に対する知識というものはありましたけれど、放射能という目に見えないものを身近に感じることはなかったわけです。それは僕だけでなく、ほとんどの人がそうなんだろうと思います。

チェルノブイリでこれが一変しました。

世界中の人が、この事故の報道を見て“放射能の恐怖”を身近に感じたはずです。実際に、事故から数時間後には北半球のほとんどの場所で放射能の飛来が観測されました。

その後、ヨーロッパでは放射能汚染された食品をはじめ、ありとあらゆるものの輸出入に制限が設けられ、爆発事故そのものの被害だけでなく、二次的な汚染被害の影響が中長期に渡って世界中に広がったのです。

ところが恐ろしいもので人間は忘れる動物。僕自身も今回20年という節目をむかえて各報道機関が現地の現在の様子を伝えるまでは、チェルノブイリのことを完全に忘れていました。

しかし、チェルノブイリの事故は“未だに活きている”のです。

広河さんによると、「チェルノブイリの事故は、未だに本当の原因も特定されていないし(設計上の問題や人為的操作ミス、また最近では小規模の地震がキッカケに成ったという説もあり)、もっと問題なのはどうやって消火したのか、どんな物質を投入して鎮火させたのか分かっていない。」とのことで、「もしまた他の原子炉で同じような事故が起きても、その対応の参考に成るような情報が全く得られていない。チェルノブイリは未だに謎のままで、教訓も生かされていないのです。」というのです。

あれほどの重大事故だったのだから、当然徹底的に原因を究明して、その知識が活かされているのだろうと、僕は勝手にそう思っていました。しかし現実は全くそうではなかった。

現在“石棺”と呼ばれる4号炉は、当時慌てふためいてコンクリートと鉄板で放射能という恐怖を封じ込めようとした。そしてそのとき、放射能と共に原因究明の可能性も一緒に閉じ込めてしまったのです。

しかしその石棺を覆うコンクリートも鉄板も、今では老朽化してあちこちがひび割れ、放射能が漏れ出しているとの事。

ウクライナのユフチェンコ首相は、事故から20年目という節目を迎えて「チェルノブイリの負の遺産を清算し、原子力発電の推進へ舵をとる。」と宣言してたそうです。

ロシアからの真の独立を考えると、ウクライナとしては自前のエネルギーを得るための手段として原子力発電を選択せざるを得ないということでしょう。

また、今は全く活用されていないかつての汚染地域を、農業などで有効利用しようという動きもあるそうですが、いずれチェルノブイリで生産された農作物や食肉が流通するように成るのかもしれません。

広河さんの写真を見ていると、なんだかチェルノブイリの亡霊が棺桶の蓋を開けて我々に何かを呼びかけているような気がしませんか?

■参考リンク:

チェルノブイリ原発発事故20年、ウクライナで追悼行事 (CNN

疫学調査の見通し立たず チェルノブイリ事故20年(asahi.com

「チェルノブイリ」20年、今も事故処理終わらず (NIKKEI NET

April 26, 2006 in Ecology, Media, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, March 24, 2006

【PSE法 ついに経産省がギブアップ!But・・・】

■ギリギリの軌道修正で混乱を回避?(NIKKEI NET

「アンだよ~やりゃ出来るじゃん!」とか「だから最初からそうすれば良かったのにッ!」という声が聞こえてきそうだけど・・・。

 経産省は24日、家電リサイクル業者などで構成する「PSE問題を考える会」の代表とともに異例の記者会見をして、従来の方針を転換すると発表した。

今日の会見には、先日3月14日に放送したJAMに電話でゲスト出演していただいた「PSE問題を考える会」の小川浩一郎代表も同席したそうで、これは小川さんたちの真摯な主張をちゃんと聞き届けましたよ~という経産省の演出でしょう、多分。

市民生活に直接関わるこうした法制度は、机上で立案している際には想定すらしていなかった様々な問題が、いざ運用すると顕在化してくるわけで、今回は法案そのものが審議された際にろくに議論もされずに、そうした問題点が洗い出されないまま施行されてしまったことと、併せて法制度の周知活動が徹底していなかった(テレビやラジオの告知でも新聞の一面広告でもなく、チラシを20万枚刷って配ったそうだ。)ために世論がいきなり「聞いてね~よッ!」状態で沸騰したわけだけれど、結果的にはこのノイジーな“民の声”がお上を動かしたという、実に稀な「有り得ね~!」結果に見えるけど・・・。

■軌道修正=“脱法行為”の行政指導

がしか~し!その内容を見ると全く「????」なもので、根本的な問題解決に成っているかどうかは甚だ疑問。なんだか全然スッキリしません。

 経産省による措置の柱は2つ。まずレンタルする製品へのマークは不要としている法律の解釈を広げる。業者がマークのない中古の電気製品を売った場合でも、それはマーク取得に必要な漏電検査のための機器が行き渡るまでの間、貸し出したものであり、所有権は業者に残っていると見なす。

これってどういう意味?言語明瞭意味不明です。中古品の売買はしばらくの間レンタル取引ってことにしておこうと・・・。金払って買ってんのに所有権が移転しないなんてことが在り得るんか?それって詐欺じゃん!

でいずれ漏電検査したら正式に所有権を認めるってこと?それまでは貸与していることになるわけ?経理処理上はどういう区分になるの?検査済みかどうか一体誰がそれ確認すんの?

 業者間の取引については、輸出用の中古品は対象外とした条文の解釈を緩める。国内向けか輸出用かが明確でない場合は、輸出向けの可能性もあると見なしてマークなしの流通を認める。

ということはつまり、とりあえず全ての中古品は「これは輸出用で~す!」っていうことにして取引しろってこと?偽装取引を国が推奨するんですか?そりゃ~画期的だ!

さらに裏を返せば、この法律は本来電気製品の安全性を保障するものなはずだけど、輸出用は対象外ってことは日本から輸出された中古品を買った人がヤケドしようが家が燃えようが爆発しようが、「そんなこたぁ知ったこっちゃございませんッ!」ていう法律なわけだ。まぁ骨髄付き牛肉輸出してくるアメリカと同じポリシーってこと。さすがぁ対米追従政権。いや御立派素晴らしいね!

 これらの措置に、反対運動を展開してきた同会の代表は「(法律の本格施行までの)猶予期間の延長を勝ち取ったと受け止めている」と発言。経産省側は「混乱回避のためには良い知恵だ」と述べた。しかし条文の手直しなどをしないまま「法律を裁量的に運用する手法だ」との批判が出る可能性がある。

 経産省は業者などの負担を軽減するため今月14日に漏電検査の機器を無料で貸し出すなどの措置を発表していた。混乱が収まらないため、土壇場で今回の追加措置をとる。新製品の販売には予定どおりPSEマークが必要となる。

だからさぁ・・・アホなゴタク並べてないで、こんな『平成のばか法』((c)紀藤弁護士)とっとと廃案にしようよ~!法律作った奴が自ら抜け道作って通り方指導してどォ~すんだよこのバカチンがッ!(弩)

March 24, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, March 16, 2006

【PSE法は憲法違反のおそれ】

■PSE法は「憲法違反であることが濃厚」という専門家の見解

以前JAM THE WORLDにゲスト出演していただいたこともある弁護士の紀藤正樹さんのBLOG「弁護士紀藤正樹のLINC」にPSE法に対する鋭い指摘がポストされていた。

憲法上、国民の財産権は補償されています。
しかも財産権の内容は、法律で定めなければならないということにされています。

第二十九条  財産権は、これを侵してはならない。 ○2  財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。 ○3  私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

しかし電気用品安全法は、規制対象である電気用品につき、法律でなく、政令で定めることにししています。

財産権を規制する法律が行政裁量ともいえる、政令で決められること自体が、憲法違反であることが濃厚です。

しかも「電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とする」(同法1条)という規制目的から見て、規制方法には何ら合理性がなく、過度に広範な規制であることが明らかであり、かつ自動車とか建物に付着した電気製品は対象外という不平等不公平な規制となっています。この点は平等権(憲法14条)侵害である可能性もあります。

つまりPSE法は、このままの形で施行したら、今回の改善策のようなちょっとした手直し程度では、最高裁判所において、違憲判決が下される可能性がある法律であり、かつ、業者から、国家賠償すらおこされかねない法律です。

しかも業者に国が敗訴したら、裁判費用も賠償費用も、国民の税金で負担されることになります。

紀藤さんはまたPSE法について「庶民や文化を否定した『平成のばか法』であり、延期して廃案、そして出直すべき」と断じているけれど、この紀藤さんの問題提議は正論だし、とても説得力がある。

このエントリーの存在は、久々にTBいただいたkatsさんの「酒乱!net」で知ったんだけど、katsさんのいうとおりPSE法については各方面から様々な異論反論が出ている。

しかしこれはPSEという法律に関わる問題なので、情緒的な観点よりもこうした専門家による法的観点から問題を詰めていくことが何より有効だろうと思う。

March 16, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, March 15, 2006

【PSE法 対応策にもブーイングの嵐】

■昨日放送したJAM THE WORLDで、再びPSE法を取り上げた。

おりしも、放送当日になって経済産業省から“ビンテージもの”の電子楽器や音響機器などに限ってPSEマークが無くても売買できるようにするという対応策が出されたので、先々週の特集に続いて再びこの問題を取り上げることになった。

今回の譲歩案はおそらく、というか間違いなく日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)が行った署名活動が影響したのだろうと思う。なんせ、JSPAが集めた74,987名分の署名(実は僕もその中の一人なんだけど)を要望書と一緒に経産省に提出する直前という絶妙のタイミングで発表されたわけだから、どう考えてもこのアピールに対応したんだろうな~という感じ。

とはいうものの、少なくとも「一切変更しない」と断言していた頃から比べれば、法律の運用を柔軟に行おうというジェスチャーには違いないので、変化があったこと自体は素直に喜びたい。

なんだけど、やっぱりこの譲歩案慌てて付け焼刃的に策定したのが見え見えで、署名活動で反対をアピールをした当のJSPAのメンバーからも、そしてシンセサイザーや電子楽器と関係のない一般の家電製品などの中古品を扱っているリサイクル事業者からも、この譲歩案そのものに対する困惑と非難の声が上がっている。

 規制除外品の選定法にも疑問が残る。リサイクルショップ・素人の乱5号店(東京都杉並区)の松本哉店長は、「電化製品の安全を守るための法律なのに、ビンテージ品だけ除外というのはおかしい。『レアものだから安全』とは言えないはず」と語り、一部を例外認定するならば、旧法(電気用品取締法)で安全と認められた中古品全般を除外対象として認めるべきと訴える。

 中古楽器のPSE法適用除外を求めてきた日本シンセサイザープログラマー協会(音楽家の坂本龍一さんらが所属)も、ビンテージ品だけでなく、中古楽器すべてを除外対象とするよう求めており、経産省との溝は埋まり切っていない。

 清進商会の小川店長は「法律の条文には『中古品も対象』とは書いておらず、中古品に規制がかかるのがそもそもおかしい」と指摘し、法解釈を改めて見直すべきと訴えている。

という状況を受けて、番組に御自身もリサイクル品を取り扱っている事業者であり、「PSE問題を考える会」の発起人でもある小川浩一郎さんに電話で登場していただいた。

小川さんによると、そもそも今回の譲歩案で対象に成っているのが“ビンテージもの”の電子楽器や音響機器ということで、生活必需品ではないこうした製品が除外されても、中古リサイクル業者がPSE法から受ける影響はほとんど変わらないということ。

季節的にはちょうど新入学生や新社会人が生活用品を買い集めるためにリサイクルショップを利用する時期。そうでなくとも、単に高くて新品が買えない人たちが生活必需品を購入する際に利用するリサイクルショップは全国で50万店あるそうだけど、これらのショップが抱えている在庫の4割近くがPSE法の規制対象に成って売れなく成ってしまうそうだ。

そういう現実を知ってるかどうか分からないけれど、経産省は検査機関を全国500箇所用意して、6ヶ月間は無償で検査して事業者の負担を軽減するという計画を提示している。

経産省は、添付に必要な届け出書類を簡素化するほか、全国500カ所以上で検査を受けられる体制を遅くとも6月までに整え、中古事業者の負担を軽減するとしている。

 製品技術基盤機構などで検査用機器の無料貸し出しを行うほか、電気保安協会などの協力を得て今後半年間、出張検査サービスを無料で提供する。都道府県や市町村の公設試験所にも受託検査の実施や機器貸し出しなどを要請し、民間団体にも協力を仰ぐ。

しかし小川さんによると、リサイクル品は右から左に仕入れたら売るという状況なので、無償で出張検査してくれるといったって、例えば月に一度検査してもらっても、その間は商品を売ることが出来ないので全く非現実的なんだそうだ。

しかも、「何万とあるリサイクル店の総数を考えると、一体500箇所でどうやって対応しようというのだろうか?」という。確かにそうだ。

小川さんは、「とにかく一旦延期してもらうか、電子楽器だけとかではなく、法律が施行された2001年以前に製造されたものは全て対象外にするとかしないと、解決にはならない。」という。

さらに、自主検査でPSEマークをつけることについても、これが結果的に製造者と同じ責任を負うことになるので、「やれといわれても怖くて出来ない」とのこと。

でリサイクル業界の現状はどうかというと、「もうほとんどの業者が人員の整理(解雇)をしたり、廃業したりしている状況」で、ただでさえ中小零細企業が中心の業界としては存亡の危機。まさに死活問題に成っているそうだ。

可処分所得が低い社会的弱者の拠り所として機能しているリサイクル流通に著しい影響があることは間違いない。小川さんは「一体誰のための法律なのか?と言いたいですよ!」とおっしゃっていた。(まぁ、検査機関なんかに天下る役人どもの為にはなっているのだろうけれど・・・)

「持続可能な社会の実現」=「循環社会の実現」=「あらゆる製品のリサイクル」というモデルがようやく認識されはじめたところに、この法律。

まだ使用可能なモノが売れなくなることで大量に廃棄されることは、「もったいない」だけではなく環境にも非常に悪いのは自明の理だけれど、それ以上にこの法律が特定の階層や業界に与える影響はあまりにも理不尽で、あまりにも惨い。

あんまり考えたくはないけれど、万が一今から半年後ぐらいにリサイクル業界関係者の中から自殺者が続出なんてことに成ったら、経産省はどういう責任を取るのだろうか?(まぁ、取らないだろうけどね・・・)

色々問題はあるにせよ、日本の役人は基本的には優秀なんだろうと思っていたけれど、このPSE法に関しては、その策定の段階から現在に至るまで、全くこういう事態が起きることを想定していなかったとしか思えないボケぶり。

それとも、もしかして本当に天下り先をでっち上げるのがメインの目的だったから、そこまで考えが至らなかったのだろうか?まぁそうでないことを祈るけれど、この法律の目的と動機には何か胡散臭い感じが付きまとう。

こんな出来損ないの法律が産まれた理由は想像力の欠如といえばそれまでだけど、もしかしたらこれ立案した人物はリサイクルショップのお世話に成ったこともなければ、その実態やあるいは存在すらも知らなかったのではないかと思えてくる。

とにかく、小川さんの話を聞いていたら、自分でもまだこの問題のシリアスさを理解しきれていなかったんだと反省しきりだった。

インタビューの最後に「JSPAの活動は確かに音楽家が中心だったから、いきおい特定の機器に対するアピールと成ったわけだけど、やはり自分に直接利害があることに対してアピールするというのは極自然なことだと思うので、是非小川さんたちにも頑張っていただいて、現場の生の声をストレートに国に届けてもらいたいと思います。」と申し上げたけれど、これは何もリサイクル業界関係者だけの話ではないわけで、我々一般の消費者も主体的にアピールする必要があるかもしれない。

March 15, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, March 14, 2006

【PSEマーク 「ビンテージもの」は規制対象から除外に】

■ビンテージものは規制対象外に。

色んな人たちのアピールが効いたのか、とりあえず「ビンテージもの」の中古楽器などはPSEマークがなくても売買できるようになるみたいだ。

PSE法、ビンテージ楽器は「例外」に(ITmedia News)

 新たに、ビンテージ物の機器に限り、申請を受けて審査を行った上で例外と認定し、PSEマークなしでも販売できる「特別認証制度」を設けた。

 対象は、電子楽器、音響機器と、写真焼き付け機、写真引き延ばし機、写真引き延ばし用ランプハウス、映写機で、(1)既に生産が終了しており、他の電気用品で代替不可能で希少価値が高いと認められる、(2)旧法(電気用品取締法)に基づく表示などがある、(3)取り扱いに慣れた人に対して国内で販売する――という条件にあてはまると認定された場合。例外申請の方法や審査基準の詳細については今後詰めるとしている。

希少中古楽器など「PSEマーク」なしでも販売可能に(YOMIURI ONLINE)

二階経産相は、「古典的な文化財が存在する可能性があるので、(絶縁試験の)強い電流で楽器に損傷を与えないようにしたい」と述べた。

だけどこんな言い訳も・・・。

 二階経産相は、このほか、同法案が国会で審議された当時、他の法案と一括審議され、中古家電が販売できなくなる問題について質疑や指摘がなかったことも明らかにした。

March 14, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, March 13, 2006

【Google Marsで火星にヴァーチャル・トリップ】

■アノ“火星の人面石”も確認できる。Google Marsで火星にヴァーチャル・トリップしましょう。(ITmedia News

Ah_mars1_2 ちょうどNASAのMARS EXPLORATION PROGRAMが佳境を迎えているところに、絶好のタイミングにリリースされたGoogle MarsGoogle EarthGoogle Moonに続いて、デスクトップで宇宙旅行が体験できる素晴らしいアプリケーションだ。

早速“FACE”で検索すると、例の人面石の部分がちゃんとマークされている。もうちょっとズームインしたくなるけれど、それはROVERの映像があるからこの際贅沢をいうのはやめよう。

March 13, 2006 in Art, Ecology, Science, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack