Monday, August 08, 2016

今秋のJOTARO NONAKA SHOWのテーマは「ビットコインと中央銀行」

平日の夜、毎晩23時50分からCrimson FMで放送する「JNS」。今週のゲストは、元日本銀行企画局兼信用機構局参事で、現在早稲田大学大学院ビジネススクール教授の岩村充さん。岩村さんが書かれた刺激的なタイトルの本「中央銀行が終わる日 ー ビットコインと通貨の未来」(新潮選書)についてお話を伺います。

岩村さんは、2013年に起きたキプロス危機をキッカケに注目されることに成ったビットコインは「従来の中央銀行が発行する通貨体制に対する初めての明確なアンチテーゼとして登場した通貨だ。」と位置づけ、このビットコインの実態をキチンと検証することを通じて、"通貨進化論"的な視点から中央銀行の本来の姿を見つめ直そうと試みている。

ドルの基軸通貨体制に陰りが見える中、先日EU離脱を決めたイギリスは、このいわゆるBREXITの影響でユーロに対する不安感が増しつつあるのを尻目に、ここ数年来「ロンドンを人民元取引の西洋のハブにする」事を目指して人民元とポンドとの直接決済や、人民元による国債の発行など、積極的に取り組んできた。

その人民元、中国共産党は長年の悲願である「人民元の国際化」に向けて精力的に仕掛けている。昨年11月には、IMFがSDR(特別引出権)に人民元を採用する事を正式決定し、アメリカの反対を押し切って多数の国が参加決定したAIIBの発足と併せて、その野望を達成する道をひたすら邁進しているように見える。

日銀で中央銀行の実務に携わってきた岩村さんが、ビットコインの検証から紐解くこれからの時代における中央銀行のあり方とは?今夜から5回に渡って、示唆に富んだ岩村さんのお話をお届けします。お楽しみに!


P7290709

P7290710


August 8, 2016 in Economy, Media, Radio | Permalink | Comments (0)

Saturday, February 02, 2013

Super-zeppelin: Revolutionary airship may become cargo-carrying champion (VIDEO)

         

via RT

A functioning prototype of revolutionary airship is undergoing tests south of Los Angeles. A US company is developing a series of gigantic heavy-payload dirigibles with an innovative ballast system that mimics that of a submarine.

­The ‘Aeroscraft’ – developed by Worldwide Aeros – more resembles a spaceship from the 1986 sci-fi movie ‘Flight of the Navigator,’ instead of a classic 20th-century zeppelin. Though the Aeroscraft uses the same basic principles as blimps did 100 years ago, it’s as different from its ancestor as a Boeing 787 Dreamliner if from the Wright brothers’ plane.

According to the engineers who developed Aeroscraft, the airship is a considerable advance in aviation technology. The new airship has potential to carry cargo more efficiently than any other aircraft, and could revolutionize long-range hauling in near-future.

February 2, 2013 in Business, Design, Economy, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, February 01, 2013

Foster + Partners To 3D Print Structures on the Moon (archdaily)

via archdaily

Foster + Partners, in conjunction with the European Space Agency (ESA), has undertaken a study to explore the possibilities of using 3D printing to construct lunar habitations on the moon’s southern pole (where there is near perpetual sunlight). The firm has already designed a lunar base that could house four people, and has begun to test the structure in a vacuum chamber that echoes lunar conditions.

The shell of the base, which has a hollow closed cellular structure inspired by natural biological systems, should be able to protect potential inhabitants from “meteorites, gamma radiation and high temperature fluctuations.” According to Xavier De Kestelier, Partner at Foster + Partners, the firm is ”used to designing for extreme climates on earth and exploiting the environmental benefits of using local, sustainable materials – our lunar habitation follows a similar logic.”

The study will also address the challenges of transporting materials to the moon, and is investigating the use of lunar soil, known as regolith, as the potential building matter.

February 1, 2013 in Architecture, Business, China, Design, Ecology, Economy, Middle East, Science, Space, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, January 31, 2013

Chinese air pollution hits record levels – in pictures

image

via the guardian

Beijing residents advised to stay indoors as much as possible with severe pollution at levels 'beyond index'

I mean, don’t they have a climate control weapon or “something” which they proudly showcased during the Beijing Olympics?  How come they don’t use it NOW?

They should use it to wash the hazardous PM2.5 down while they are still in Chinese territory.

Beijing's New Year surprise: PM 2.5 readings (CNN)

Zhao Jialin, a blogger on Sina Weibo, a Twitter-like microblog site, tweeted: "Thank the government for making this effort to solve the problem. It is a Chinese New Year gift from them to the people."

As I mentioned before, China should seriously consider to slow down their current pace of motorization, put extremely high tax on all vehicles using fossil energy and encourage their people to switch all vehicles to EV or Hybrids, and better yet, go back to bicycles like they used to! 爆笑

January 31, 2013 in Business, Ecology, Economy, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, January 28, 2013

アフリカのリスクを地図で見る。本当に危険な場所はどこ? アルジェリア人質事件で現実となった “レッドゾーン”

via Nikkei Business

アフリカ諸国のリスクの状況を、英調査会社エクスクルーシブ・アナリシスが作成しているリスクマップで見てみたい。上の地図(出所:Exclusive Analysis、以下同)は、同社がアフリカ大陸をリスクの度合いによって色分けしたものだ。青→黄→赤の順に危険度が上がっていく。

この地図から改めて読み取れるのは、「アフリカは多様だ」という当たり前の事実である。例えば、「マグレブ」と呼ばれる旧フランス領だった北アフリカのモロッコ、アルジェリア、チュニジアの3カ国だけを見ても、リスクの度合いは一様ではなく、モロッコやチュニジアに比べてアルジェリアの危険度が突出していることが分かる。 

January 28, 2013 in Business, Current Affairs, Economy, Politics, Religion, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, January 27, 2013

Dutch architect plans world's first 3D-printed building (WIRED)

Image1

via WIRED

A Dutch architect is planning to construct a Möbius strip-shaped house using the world's largest 3D printer.

Landscape House, designed by Janjaap Ruijssenaars of Amsterdam firm Universal Architecture, will contain around 1,100 square meters of floorspace throughout the twisted structure. The 3D printer -- which can "print" objects as large as six meters by nine meters using a mix of grinded-down rocks or sand, held together with a liquid binding agent -- has been designed by Italian roboticist Enrico Dini.

Dini has been printing huge objects with his printer for a couple of years, but this will be the first building that he's produced that's actually designed to be occupied just like any other. For a house that will be a solid whole, without any visible seams, a Möbius strip makes perfect sense as a design shape.

via WIRED JAPAN

オランダの建築家が世界最大の3Dプリンターを使い、「メビウスの帯」の形をした継ぎ目のない家を建設しようとしている。
「Landscape House」と名付けられたこの家は、アムステルダムに本拠を置くUniverse Architecture社のヤンヤップ・ライジシェナーシュ(Janjaap Ruijssenaars)が設計した。このねじれた構造の建物の中に、およそ1,100平方メートルの床面積が確保される予定だ。
建築に使われる3Dプリンターは、粉々にした石や砂を混ぜ合わせた材料を液体の結合剤で結びつけることで、6×9mの大きさの物体を「印刷」できるもので、イタリア人のロボット工学技術者であるエンリコ・ディニが開発した。
ディニ氏は数年前から自作のプリンターを使って巨大な物体を印刷しているが、居住用として実際に設計された家を制作するのは今回が初めてだ。建物全体が一体化されて継ぎ目がひとつも見えない家をつくるために、メビウスの帯の形に設計したことは理にかなっている。

いよいよ、3Dプリンターが面白いことに成って来た・・・

January 27, 2013 in Art, Design, Ecology, Economy, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, January 24, 2013

Leaked UN climate report slammed for citing WWF, Greenpeace

IPCCAP4Report

via Fox News

Critics are blasting a draft U.N. climate change report that combines studies by advocacy groups like the World Wildlife Fund and Greenpeace alongside scientific research papers -- the same issue that led independent auditors to slam the U.N.'s last report.

“You'd think that the IPCC would have learned its lesson, that it would have told its authors not to rely on these sorts of publications,” said Donna Laframboise, the head of nofrakkingconsensus.com, an investigative website skeptical of the scientific consensus on global warming.

January 24, 2013 in Current Affairs, Ecology, Economy, Media, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, January 23, 2013

PBS' NOVA to Premiere Documentary on 'Rise of the Drones'

via Mashable

The documentary will tackle both the military and civilian side of drone technology, exploring how the military trains drone pilots at the Holloman Air Force base in New Mexico, as well as the role drones will play in domestic law enforcement.

There are controversies in both of these worlds. Are drone strikes in accordance with international law? Are they killing too many civilians? "We’ve entered an era where we’re conducting an array of operations using unmanned systems that in a previous generation we would have called war, and we would have treated like war," Peter W. Singer, an expert in the future of warfare, says in the documentary. "When you’re conducting more than 300 air strikes in a country, you’re conducting an equivalent of at least an ‘Air War’ campaign. But we don’t call it that now."

On the civilian side, most of the questions are related to privacy and security. Can citizens' privacy be respected when there are thousands of eyes in the sky? "I think anybody that can use a device to peer into your activities even if it’s the air outside your window or the air above your property, I think there is a right to privacy," Rep. Rand Paul tells NOVA. "The worry is that in two [to] three years we will have 30,000 drones crisscrossing the sky accumulating all this information."

January 23, 2013 in Current Affairs, Economy, Media, Politics, Science, Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, January 22, 2013

Obama to use Lincoln's and Martin Luther King's Bibles for swearing-in | World news | The Guardian

via www.guardian.co.uk

President Barack Obama is putting a symbolic twist on a time-honored tradition, taking the oath of office for his second term with his hand placed not on a single Bible but on two – one owned by Martin Luther King Jr and one by Abraham Lincoln.

The use of King's Bible is particularly significant since the inauguration is on 21 January, the federal holiday in honour of the civil rights leader, who delivered his "I Have a Dream" speech 50 years ago at the Lincoln memorial. Obama will be facing the memorial as he takes the oath. King's Bible, which his children say he used early in his career as a preacher, has never been part of a presidential inauguration.

image: President Barack Obama gives his inauguration address during the public ceremonial inauguration on the West Front of the U.S. Capitol on Jan. 21, 2013 in Washington, DC.

There were some great words and phrases in his speech, some of which were historically remarkable actually, and that go in line with “I have a dream” speech by civil rights hero Martin Luther King Jr.

But putting his words into action would be very tough job for him during next four years term.

And I sincerely hope that he will not be crucified by his own words.  

January 22, 2013 in Current Affairs, Economy, Fashion, Media, Politics, Religion, Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, January 21, 2013

実は日本は自然エネルギー大国なのです

地熱情報研究所HPから】

日本は世界に冠たる地熱資源大国なのです。現在までに建設されたわが国の地熱発電設備容量は約53.5万kWで、推定されている資源量のわずか2.3%が利用されているに過ぎません。なお、この資源量は、現在利用されているのと同じ方法で発電できる量のみを示したものですが、将来的発電方式と言われる、高温岩体発電や火山発電あるいはマグマ発電(図2)を含めると、資源量は飛躍的に増加します。

原子力発電って、誤解を恐れずに非常に単純化すると、「電気を作るためにお湯を沸かして蒸気でタービンを回している、巨大で複雑な湯沸し器」な訳で。

なんだよ、それじゃ日本の場合「お湯ならそこら中で沸いてるじゃん!」と思うのは僕だけか?

世界の地熱発電プラントの70%は日本製だという。既に確立された技術で、世界からも優れて安定していると評価されている。

エネルギー政策を根本的に見直そうという日本の現状を考えると、プラントの輸出ばかりしてる場合か?と思う。

じゃあ、ど~して日本では地熱発電が普及しないのか?一つの理由はこれだ。

1972年の旧通産省と旧環境庁との覚書により、国立公園内では新たに地熱発電所は建設 しないことになったこともあり、その後、国立公園特別地域内では調査も困難な状況にな っています。ちなみに、150℃以上の地熱資源量2347万kWの81.9%が国立公園特別地 域内となっているのです。ということは、今のままでは、有望な地域のほとんどが開発で きないことになってしまっています。

僕は太陽光発電や風力発電を否定するつもりはないし、これからも再生可能エネルギーはどんどん開発研究すれば良い。そのうち、フリーエネルギーの開発だって、夢じゃないはずだ。

でもさ、原子力に比べて発電効率が劣るとしても、太陽光発電や風力よりよほど安定している、そして新たな技術開発もそれほど必要ない、(もちろん次世代型の高温岩体発電や火山発電あるいはマグマ発電の研究は是非やるべきだ)、しかも様々な点で優れているとされ、今すぐにでも使える既に確立された“国産の技術”があるのに、正に“足元に眠っている膨大な天然資源”を利用しないってのは、どう考えても合理的ではないと思うのだ。

これからは、スマートグリッドだけじゃなくて、スモールグリッドでエネルギーも地産地消が主流に成る、とすれば地熱発電が鍵に成るような気がするんだけど・・・。

今夜放送のJAM THE WORLDで、前「日本地熱学会」会長で、NPO「地熱情報研究所」代表の江原幸雄さんをゲストに迎えて、その辺りを伺いたいと思う。

January 21, 2013 in Business, Ecology, Economy, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, January 18, 2013

Report: Solar Could Meet All The World's Electricity Needs In 2050 Using Under One Percent Of World's Land | ThinkProgress

via thinkprogress.org

Highlighting the fact that a global switch to renewable energy is not just necessary, but doable, a new report released by the WWF concludes that the solar arrays necessary to meet all the world’s projected energy needs in 2050 would cover under one percent of global land area. Obviously this is a theoretical exercise, and 100 percent of the planet’s electricity needs are not actually going to be filled through solar. But several credible scenarios suggest that solar could provide about 30 percent of global total electricity in 2050, up from the 0.1 percent it provides now.

By going through the numbers, the Solar PV Atlas demonstrates both the practical feasibility of renewable energy, and the possibility of harmonizing solar energy with conservation goals:

January 18, 2013 in Business, Ecology, Economy, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, January 16, 2013

In pictures: Beijing pollution

via www.bbc.co.uk

And this will affect Our atmosphere soon or later.

My question is, would it be more hazardous than...say Fukushima?

Anyway, I think Chinese government should put ridiculously high taxes on automobiles which uses fossil energies, and encourage all to switch to EVs instead, or better yet, go back to bicycles like they used to...

January 16, 2013 in Current Affairs, Ecology, Economy, Politics, Science, Travel | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, December 28, 2012

Song for this New Year's Eve

I think the most suitable song for this coming New Year's Eve will be "Jump" by Van Halen.

December 28, 2012 in Economy | Permalink | Comments (0)

Thursday, August 11, 2011

Washington Ignores Lesson of S&P Downgrade - Council on Foreign Relations

Washington Ignores Lesson of S&P Downgrade - Council on Foreign Relations.

August 11, 2011 in Economy | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, February 13, 2011

BBC News - Report: Urgent action needed to avert global hunger

A UK government-commissioned study into food security has called for urgent action to avert global hunger.

"We know in the next 20 years the world population will increase to something like 8.3 billion people," he told BBC News.

"We know that urbanisation is going to be a driver and that something of the order of 65-70% of the world's population will be living in cities at that time.

"We know that the world is getting more prosperous and that the demand for basic commodities - food, water and energy - will be rising as that prosperity increases, increasing at the same time as the population."

He warned: "We have 20 years to arguably deliver something of the order of 40% more food; 30% more available fresh water and of the order of 50% more energy.

"We can't wait 20 years or 10 years indeed - this is really urgent."

via www.bbc.co.uk

Global Food and Farming Futures

food and farming home 2

How can a future global population of 9 billion people all be fed healthily and sustainably?

The Foresight project Global Food and Farming Futures explores the increasing pressures on the global food system between now and 2050. The Report highlights the decisions that policy makers need to take today, and in the years ahead, to ensure that a global population rising to nine billion or more can be fed sustainably and equitably.

The Foresight report makes a compelling case for urgent action to redesign the global food system to meet the challenge of feeding the world over the next 40 years.

February 13, 2011 in Ecology, Economy, Food and Drink, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, September 30, 2008

【大救済法案 下院で否決!DOWJONESは777ポイント急落!】

ポールソンがナンシー・ペロシに膝まづいてまでみせ、ブッシュが懇願したにも関わらず、議会は228:205の僅差でブッシュの「Bailout Plan (PDF)」=最大7000億ドル(約74兆円)にも上る金融機関大救済法案を否決した。

その瞬間、議場は困惑と混沌で渦巻き、「次はどうなるんだ?」という悲鳴にも似た怒号が沸き起こった。

マーケットは採決が始まった時点で、もしかしたらこの法案が通らないのではないかという悲観的な観測から暴落。

一日の記録としてはDOWの歴史上最大となる777ポイントも急落し、10000ポイントを切るのも間近にみえる。

「史上最悪の月曜日」だ。

リーマンの破綻は「BLOODY SUNDAY」といわれたけれど、今回は「BLACK MONDAY」なんていう表現ではとても追いつかない。

いよいよ本格的な“金融メルトダウン”が始まったのか?

奇しくも今日は新月にして、ユダヤ教の新年(元旦)にあたる。

これは偶然なのか、それとも必然か・・・

まさに「フェーズ・シフト」、そして「パラダイム・シフト」が今日を境に起きつつある。

一つの世界の終わりが始まった、今日は歴史的な日だ。

■House Narrowly Defeats Bailout Legislation (washingtonpost.com)

Monday, September 29, 2008; 2:23 PM

In a narrow vote, the House today rejected the most sweeping government intervention into the nation's financial markets since the Great Depression, refusing to grant the Treasury Department the power to purchase up to $700 billion in the troubled assets that are at the heart of the U.S. financial crisis.

The 228-205 vote amounted to a stinging rebuke to the Bush administration and Treasury Secretary Henry M. Paulson Jr., and was sure to sow massive anxiety in world markets. Just 11 days ago, Paulson urged congressional leaders to urgently approve the bailout. He warned that inaction would lead to a seizure of credit markets and a virtual halt to the lending that allows Americans to acquire mortgages and other types of loans.

As it became apparent that the measure was heading to defeat, stock markets took a steep dive. The Dow Jones industrial average fell more than 700 points but then rebounded a bit. By 2:20 p.m. the Dow was down 455 points, about 4 percent. The Standard & Poor's 500 stock index was down 5.4 percent and the Nasdaq was off 6 percent.

■House Rejects Bailout Package; Stocks Plunge (THE NEW YORK TIMES)

The vote against the measure was 228 to 205. Supporters vowed to try to bring the rescue package up for consideration again as soon as possible.

Stock markets plunged sharply at midday as it appeared that the measure would go down to defeat.

House leaders pushing for the package kept the voting period open for some 40 minutes past the allotted time, trying to convert “no” votes to “yes” votes by pointing to damage being done to the markets, but to no avail.

Should the measure somehow clear the House on a second try, the Senate is expected to vote later in the week. The Jewish holidays and potential procedural obstacles made a vote before Wednesday virtually impossible, but Senate vote-counters predicted that there was enough support in the chamber for the measure to pass. President Bush has urged passage and spent much of the morning telephoning wavering Republicans to plead for their support.

Many House members who voted for the bill held their noses, figuratively speaking, as they did so. RepresentativeJohn A. Boehner of Ohio, the Republican minority leader, said there was too much at stake not to support it. He urged members to reflect on the damage that a defeat of the measure could mean “to your friends, your neighbors, your constituents” as they might watch their retirement savings “shrivel up to zero.”

法案は再度採決されることに成るということだが、ユダヤ教の休日のせいで、水曜日前に決議できる可能性はほとんどないそうだ。

ところで、アメリカ人の50%は老後の年金を何らかの形で運用しているという。

今、彼らはその老後の蓄えが消滅して行く瞬間をリアルタイムで目撃しているのだ。

これ以上のダメージを防ぐために、一時的にクレジット決済のシステムをシャットダウンする(!)という案も出ている。

まさかこんな事が実際に起こるなんて、まるで近未来SF映画を観ているような非現実的な状況だ。

そういえば・・・2001年9月11日にCNNの中継でWTCに飛行機が突っ込む様子や、その後二本のタワーが崩れ落ちて行く映像を目撃した時も、全く同じ感覚に襲われた。

オバマだろうがマケインだろうが、この事態を収集できるわけがない。

アメリカは前回の9.11と同様に、有無を言わさず世界をこの混乱に巻き込みながら、
これから一体どこに行こうとしているのか・・・

ブッシュ政権が仕掛けた最後の自爆金融テロは、まだまだ先がありそう。

最恐にして最狂のホラーゲームは、まだ始まったばかりなのだ。

September 30, 2008 in Business, Economy, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, August 10, 2007

【DOWの急落】

CNNを観てたら、DOWが急落している。

ずいぶん前から話題に成っていたアメリカの住宅金融バブル崩壊とリンクした債権市場の信用収縮がDOWを襲っている。

■BNP Paribas suspends funds after subprime shock (FT.COM)

BNP Paribas became the latest European casualty of the fallout from the meltdown in the US subprime mortgage market after announcing it had suspended three of its funds because of jitters among its investors.

The French bank said in a statement that the decision to suspend Parvest Dynamic ABS, BNP Paribas ABS Euribor and BNP Paribas ABS Eonia funds followed the “complete evaporation” of liquidity.

■Stocks skid on credit woes (CNN.COM)

The Dow industrials plummeted more than 200 points at the start of Thursday's session following more credit worries from BNP Paribas and AIG.

The Dow Jones industrial average (down 186.48 to 13,471.38, Charts) tumbled by as much as 241points, before paring some losses to stand 160 points, or 1.1 percent lower.

The broader S&P 500 (down 19.30 to 1,478.19, Charts) dropped 1.4 percent while the tech-fueled Nasdaq Composite index (down 17.88 to 2,595.10, Charts) slipped 0.8 percent.

Stocks sank after French bank BNP Paribas said it was hit by problems in the U.S. subprime mortgage sector. The bank said it was freezing three funds because current conditions make it impossible to value their assets.

■世界金融危機のおそれ (田中宇の国際ニュース) 2007年8月6日

ここ数年のアメリカの景気は、市民が自宅を担保に借金した金で消費することが最大の下支え要因だった。住宅ローンの凍結は、そのアメリカの消費力に、ここ一週間で急ブレーキをかけたことになる。この動きは、アメリカの消費を減退させ、中国や日本など、対米輸出で経済を回している国々にも悪影響が出る懸念がある。(関連記事

 アメリカの信用収縮は、住宅ローンだけでなく、企業の事業用資金の融資や債券発行にも悪影響を与えている。銀行は企業への貸し渋りや審査の厳格化を行い、米企業の債券の格付けは下落(金利は上昇)している。米信用格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)によると、アメリカで発行された社債の半分以上が、高リスク・高利回りのジャンク債の格付け(speculative grade)に下がっている。(関連記事

 アメリカで起きている信用収縮は、消費者と企業の両方の資金を枯渇させている。IMF(国際通貨基金)は8月2日、住宅ローン危機による信用収縮は、アメリカ経済の回復を止めてしまうかもしれないと危惧する報告書を発表している。(関連記事

■国際金融の信用収縮 (田中宇の国際ニュース) 2007年7月31日

 アメリカの債券市場(公社債市場)で、信用収縮(クレジット・クランチ)が起きている。アメリカの金融市場は昨年来、産油国や中国、日本など世界から巨額の投資資金が流れ込んで「金あまり」の状態で、債券市場でも、高リスク高利回りの商品がよく売れ、高リスク商品でも買い手が多いため価格が上がる(利回りが下がる)傾向にあった。だが、そうした状況は7月25日を境に一転し、高リスク債券は利回りを上げ(価格を下げ)ても売れない状態になってしまった。投資家が、急にリスクに敏感になったからである。(関連記事その1その2

 今回の急転換は、今年に入って顕著になってきたアメリカの住宅金融バブルの崩壊が、企業買収の分野に感染したために起きた。アメリカでは2000年から05年にかけての低金利の時代に、ローン返済能力の低い人々に対する、変動金利型を中心とした住宅ローン(サブプライム・ローン)の貸し付けが拡大したが、05年以来のアメリカの金利上昇の中で、今年に入って返済不能になる人が急増している。アメリカでは、住宅ローンの債権が債券化され、公社債市場で流通している。金融市場をおおう金あまり現象の中、サブプライム・ローンの債権を組み合わせた高リスク・高利回りの債券はよく売れた。(関連記事

 だが、ローン返済不能者が増える中で、それらの債券は不良債権と化し、価値を下落させている。最近、この分野で注目された出来事は、6月末、米大手投資銀行のベアースターンズが昨年から運用していたサブプライム・ローン債権の投資基金(ヘッジファンド)が破綻し、価値がほとんどゼロになってしまったと発表されたことだ。(関連記事その1その2

August 10, 2007 in Current Affairs, Economy | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, April 05, 2007

【イランからイギリスへの贈り物】

アメリカによるイラン攻撃の開始予定日として、事前にロシア軍情報筋からリークされていた4月6日を前にして、イランのアフマディネジャド大統領は15名の捕虜を解放し、イギリス軍兵士たちは無事帰途に着いた。

アフマディネジャド大統領は、「イギリスによる領海侵犯があった」という主張は崩していないけれど、捕虜の解放というカードを切ることで外交的な得点を上げた形になる。

ところで、Iイギリスはイラン側に対する外交交渉のなかで、「二度とこのようなこと(領海侵犯)は繰り返さないと明言していたというから、ある程度その事実を認めたのかもしれない。

15名のイギリス兵氏は全員領海侵犯を認めて謝罪しているけれど、今後は、本当にその事実があったのか、それともイラン側からの圧力でそうした発言をしたのか、帰国した兵士たちに対する調査に焦点が移る。

原油価格もこれでしばらく落ち着くのだろうか。まぁ何にしても、今回は戦争に成らなくて良かったけれど、イランの核開発疑惑を巡る駆け引きはこれからも続く。

Ahmadinejad's final flourish (BBC.COM)

President Ahmadinejad announced the release of the 15 British naval personnel like a card player flinging down his hand to scoop the pool.

Iran had good cards and played them well.

It made its point about defending its borders, dominated international television with pictures of its prisoners and their "confessions" and, when it perhaps judged that it had got as much as it could expect to out of the confrontation, ended it with a flourish.

Iran will project this as a victory (the medals given publicly to the officers who led the operation was an immediate example) against a country still viewed with suspicion in Iran because of its past interventions.

It also put out an indirect warning that any attack on its nuclear plants would be met with vigour.

British sailors on their way home (BBC.COM)

The 15 Royal Navy crew members held captive by Iran are flying home after being freed by President Mahmoud Ahmadinejad as a "gift" to the UK.

They left Tehran Airport at about 0800 local time (0530 BST) on a British Airways flight bound for Heathrow.

Before leaving, several of the crew spoke on Iranian television to express thanks for their release.

Prime Minister Tony Blair said the homecoming would be "a profound relief" to the personnel and their families.

'Apparent intrusion'

Before leaving, one of the 15, Lt Felix Carman, told Iranian television: "To the Iranian people, I can understand why you were insulted by our apparent intrusion into your waters.

The only woman in the group, Leading Seaman Faye Turney, said: "Apologies for our actions, but many thanks for having it in your hearts to let us go free."

Mr Ahmadinejad said no concessions had been made by the British government to secure the releases, but that Britain had pledged "that the incident would not be repeated".

イランの英兵釈放と中東大戦争(田中宇の国際ニュース解説)

ブレアは米のイラン空爆を阻止した?

 イギリス側は、兵士を取り戻せて安堵しているだろうが、イラン側には、英兵士の早期釈放にどんなメリットがあったのか。イランのアハマディネジャド大統領は、経済政策が失敗して国民から不満を持たれているが、核問題などで欧米に対して強硬姿勢を採ってイラン国内のナショナリズムを煽り、それを自らに対する人気保持の源泉としてきた。捕虜問題でイギリスと対立が長引くほど、アハマディネジャドにとっては好都合だった。

 イギリスとの交渉でイラン側は、イラク駐留米軍に1月から拘束され続けているイランの外交官5人の解放を、交換条件に出したと考えられるが、アメリカが釈放したのは、5人のうち1人だけだった。(詳細は報じられていないが、ブレア首相がブッシュ大統領に拘束中のイラン外交官の釈放を頼み、ブッシュは5人中1人だけの釈放に応じたのだろう)

 私の推測は、米軍は英兵捕虜問題を理由に4月の早い段階でイランを攻撃することを計画しており、イギリス側は「米軍に攻撃されたくなかったら、早く英軍兵士を返した方が良い」とイラン側を説得し、兵士の返還と、アメリカによるイラン空爆阻止の両方を達成したのではないかということだ。英兵が返還されれば、米は空爆の理由を失う。すでに述べたように、米軍がイランを攻撃して戦争になると米英の中東覇権を失墜させるので、ブレアは攻撃に反対のはずである。

 一触即発の状況を自らの人気保持につなげてきたイランのアハマディネジャドも、ぎりぎり瀬戸際の状況は望んでも、戦争になって国を破壊されることは望んでいないはずである。

開戦の可能性は減った?

 米イラン戦争の開戦事由になりそうだった英軍捕虜事件は解決したが、これによって米イラン戦争はもう起きなくなったのだろうか。

 今後、米イラン戦争がなかったとしても、もはやアメリカが中東の覇権を失わないですむことはない。米軍の惨敗のイラク撤退は時間の問題だ。キッシンジャー元国務長官は先日東京に来たときに「アメリカはもう、イラク全体の統治を復活することはできない。もはやイラクで勝つことはできない」と述べた。アメリカの外交戦略の黒幕的シンクタンク「外交問題評議会」は、すでに昨秋「アメリカ中東支配の終わり」を宣言している。(関連記事その1その2

 日本は、親日国だったイランとの経済関係を切り続け、同時にアメリカからは従軍慰安婦問題で非難され、次には捕鯨問題でも非難され始めている。日本が採っている対米従属戦略は、アメリカの自滅的覇権衰退とともに、転換が必要になっている。だがマスコミや政府内には、そのことに気づいている人自体、ほとんどいない。(関連記事

April 5, 2007 in Current Affairs, Economy, IRAN, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, April 03, 2007

【Google テレビの広告代理店業務に進出】

グーグル、テレビ広告ビジネスに参入--EchoStar Satelliteと提携(CNET Japan)

またまたGoogleのニュースなんだけど、これは本当の話。

今度はGoogleの得意とする「AdWords」のモデルをテレビ広告に適用してみようというビジネスだから、結構Philosophicalに面白い。

広告的に有用と思われるWordを競争入札で落札したものに提供するという彼らのビジネス・モデルは今や、106億ドルもの利益を上げている。

1社で1兆円以上だよ広告収入が!驚いちゃうよ、全く。

オンライン広告では独走状態のGoogleが、彼らがNetで培ったユーザーのプロファイル・データに基づいたターゲット広告を提供するOne to One的な手法を、衛星やケーブルのSTBと連動することで、Netを超えてより大きなマーケット(6兆3000億円)であるTV媒体で展開しようとう訳だから、これは成功しようがしまいが、結構各方面から注目されることは間違いない。

[2007年4月3日 17:40更新] Googleがテレビ広告ビジネスに参入した。Googleがテレビ広告に参入するとの噂は何カ月か前から流れていた。

 Googleは米国時間4月2日、EchoStar Satelliteと提携して、DISH Networkが米国で展開する125の衛星放送ネットワーク用に広告を販売すると発表した。これにより、Googleが、年間売上106億ドルを稼ぎ出すオンライン広告ビジネスを擁して、いかにテレビ広告ビジネスを征服しようとしているのかの一端が示されたことになる。

中でも興味深いのは、テレビ広告にターゲティングの要素を付け加えることだろう。

広告主はGoogleが提供するオークション形式のAdWordsシステムを利用して、広告スポットに入札する。広告主はテレビコマーシャルをアップロードし、希望の時間帯とチャネルのほか、放送地域を限定するか、全米で放送するかを指定する。このほかに、18~34歳の男性というように、視聴者の属性を指定することも可能だ。

それから、意外と効果測定が難しいといわれるテレビ広告に対して、オンライン広告と同じような効果測定機能を提供するというから、やっぱり既存の広告代理店や視聴率調査会社からみて、かなり脅威に成るんじゃないかという気がする。

DISH Networkにとって、テレビ広告の購入、販売、配信、効果測定を自動化するシステムの利用はGoogle TV Adsが初めて。EchoStarの広告担当バイスプレジデントMichael Kelly氏によると、NielsenがDISH Networkと契約する1310万世帯を対象に視聴状況を調査するのに対し、Googleのシステムはすべての契約世帯を対象にするという。

April 3, 2007 in Economy, Media, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, March 30, 2007

【日本はIT先進国ではありません】

日本は世界のIT先進国だと思っている人は結構多いと思うんだけど、ところがどっこい、世界経済フォーラム(WEF)の評価はイマイチ。というか、完全にメダル圏外。(涙)

確かに、例えば選挙活動にインターネットを使っちゃいけないとか、公共サービスにしても情報公開にしても、上位を占める北欧勢に比べると、まだまだIT開発途上国ということなんだろう。

とはいえ、下記のサマリーでは「日本は世界でも最も進んだブロードバンド社会」で「ブロードバンドの通信費は世界で最も安価」とか、他にも「ケータイ経由のネットアクセスは世界一」で、「メールや音楽のダウンロード、ゲームの利用以外にも、高解像度の写真や動画の送受信やテレビ放送の視聴、電子マネーの決済などケータイのサービスの多様さ」なんていう、褒めてるところもある。

政府が目指すu-Japan構想に基づいて、2010年までに世界最高のユビキタス社会が実現出来るかどうかが注目されるところだろうけれど、同時に高度なネットワーク社会に付き物のプライバシーやセキュリティー問題の解決、そしてさらなる規制緩和による自由競争の促進など、日本が抱える課題は可及的速やかに解決を求められている、というこのレポートの指摘はなかなか鋭い。

日本の世界ITランキングは14位--世界経済フォーラム調査(CNET Japan)

 世界経済に関する非営利団体の世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)は、2006年度版「世界IT報告」を発表。国別・地域別のIT競争力ランキングが公表された。

 今回の調査で、日本のランクは14位。前年16位からわずかに順位を上げたものの、IT先進国を自認する国民意識とはかけ離れた評価が示された。

 一方、今回トップに立ったのは、デンマーク。政府の情報通信政策の明確なビジョンや通信規制の早期自由化、ITの浸透度、活用度において、とりわけ高い評価を獲得し、前年3位から首位に躍り出た。

 そのほか、2位にスウェーデン(前年8位)、4位フィンランド(同5位)、10位ノルウェー(同13位)と、北欧勢の健闘が目立った。

 また、前年1位の米国は7位に後退。技術革新や、教育制度、産業支援、市場環境については、依然トップレベルの水準を維持しながらも、IT関連の政治環境や規制において評価を下げたのが、首位転落の主な要因となった。

The Global Information Technology Report (WEF)

Since it was first launched in 2001, The Global Information Technology Report has become a valuable and unique benchmarking tool to determine national ICT strengths and weaknesses, and to evaluate progress. It also highlights the continuing importance of ICT application and development for economic growth.

The Report uses the Networked Readiness Index (NRI) to measure the degree of preparation of a nation or community to participate in and benefit from ICT developments. The NRI is composed of three component indexes which assess:
- environment for ICT offered by a country or community
- readiness of the community's key stakeholders (individuals, business and governments)
- usage of ICT among these stakeholders.

For the first time, Denmark tops the rankings of The Global Information Technology Report 2006-2007’s "Networked Readiness Index", as a culmination of an upward trend since 2003. Denmark’s outstanding levels of networked readiness have to do with the country’s excellent regulatory environment, coupled with a clear government leadership and vision in leveraging ICT for growth and promoting ICT penetration and usage.
Press release I Rankings (PDF or excel) I Photos I Contents I Preface I Executive Summary

Information and communications policy in Japan

Although ICT usage in Japan lagged behind that of other advanced nations in the 1990s, Japan has recently emerged as one of the world’s most advanced broadband communications societies.

This is primarily a consequence of the high penetration of broadband technologies such as fiber optic cable for household use. As a result of competition, a number of DSL customers switched to fiber optic cable.

In addition, Japan’s mobile telephones have the highest Internet access rate (87 percent) in the world, and over 60 percent of these mobile telephones are 3rd-generation telephones.

Mobile telephones in Japan can be used not only for e-mail, downloading music, and playing games, but also for taking high-resolution photos and movies, watching television, using electronic money, and purchasing electronic tickets. Finally, broadband fees in Japan are the lowest in the world (100 kilobytes cost US$0.07 a month).

Acknowledging the importance of ICT for economic growth, in 2000 the Japanese government adopted a framework IT law setting specific targets with the aim of turning Japan into the most advanced ICT country in the world.

This law enabled the adoption of different e-Japan strategies that fostered ICT use and penetration in different areas. In December 2004, building on the achievements of the previous e-strategies, a u-Japan Policy was adopted in order to create an ubiquitous networked society by 2010. The u-Japan Policy is focused on ensuring broadband access for everybody and on making Japan’s communications infrastructure totally broadband capable.

As Japan evolves into an increasingly networked society, some challenges—such Internet privacy and security issues and the need to upgrade competition laws, among others—have emerged that will need to be addressed urgently in the near future.

March 30, 2007 in Business, Economy, Politics, Web Culture, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, October 30, 2006

【アメリカ 東京周辺にパトリオット・ミサイル配備】

北朝鮮のミサイル発射実験と核実験の実施をきっかけに、本格的なミサイル防衛システムが横田や横須賀など東京近郊の在日米軍基地に配備されることに成ったらしい。

■地対空ミサイル、米軍が首都圏配備へ(NIKKEI NET

 在日米軍がミサイル防衛(MD)の中核をなす地対空誘導弾パトリオット3ミサイル(PAC3)を首都圏の米軍基地に配備する検討を始めたことが28日、分かった。日本政府への非公式な連絡によると横田基地(東京都)や横須賀基地(神奈川県)が候補地。北朝鮮の7月の弾道ミサイル発射や今月の核実験を踏まえ、MD体制強化を急ぐ方針とみられる。
 具体的な配備日程は判明していないが、早ければ来年にも迎撃体制が稼働する見込みだ。

この日経新聞の記事はCNNでも大きく取り上げられているが、「この配備によって東京近郊にある重要な米軍施設が守られる」と説明している。

「日本を守る」というよりも、「日本の中のアメリカを守る」という意識なんだろう。

U.S. may put Patriots near Tokyo (CNN.COM)

Washington unofficially informed the Japanese government it is considering putting Patriot Advanced Capability 3 surface-to-air interceptor missiles around Yokota Air Base in Tokyo's western suburbs and around Yokosuka Naval Base, south of the capital, the Nihon Keizai newspaper reported without saying how it got the information.

The added defenses would cover critical U.S. military installations on the outskirts of Tokyo.

The move would be part of a previously announced U.S.-Japanese effort to deploy PAC-3 missile defense systems around the country as the two allies look for ways to counter what is seen as a growing threat from neighboring North Korea.

そういえば防衛庁長官もミサイル防衛システム導入の前倒しを明言していた。

■(10/25)防衛庁長官「ミサイル防衛導入、可能な限り前倒し」(NIKKEI NET

 「特にミサイル防衛(MD)については、最近の状況から2011年度までに仕上げるという計画で、07年度から配置していこうとPAC3、イージス艦に配備するSM3をできる限り前倒ししてやらなければならない」と表明。「発注しても(納入までには)時間がかかるから、07年度末までに配備する予定のPAC3などは、07年末までに配備できるよう可能な限り検討を行っていきたい」と語った。

 MDの導入を急ぐ理由に関しては、「我々にとって一番気になるのは、非常に(着弾まで)短時間のミサイルで攻撃される場合。今の日本には残念ながら、これを迎撃するだけの力がない」と説明した

北朝鮮のお陰でこうした説明に異論を唱えるのは難しい状況になっているけれど、やっぱりアメリカと日本では、このパトリオット配備の目的や意味合いに違いがあるようだ。

ようするに主目的は米軍基地の防衛能力の強化であり、その費用を日本が負担する、という図式だから、これはいわゆる“思いやり予算”の一種と考えてよいのだろう。

ところでこのパトリオットについては、田中宇さんが面白い解説をしている。パトリオットの有効性はかなり怪しいものなのに、日本はそれを知りながら日米同盟堅持のための「潤滑油」として購入を決めたのではないかというのだ。

■パトリオットは詐欺かも (田中宇の国際ニュース解説

 軍のハイテク化の中でも、飛んできたミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落とそうとする「ミサイル防衛計画」は、北朝鮮のミサイルの脅威に対応できると考える読者が多いだろう。日本は最近、巨額の金をかけてアメリカから迎撃ミサイル「パトリオット」を導入している。

 だが、迎撃ミサイルが飛んできた北のミサイルを撃ち落とせる確率がどの程度なのか、多いに疑問がある。「パトリオット」は1991年の湾岸戦争で使われ、当初は100発100中のように報じられたが、実はほとんど迎撃できていなかったことが、戦争後に明らかになっている。(関連記事

 その後、米軍は大陸間弾道ミサイルを撃ち落とす迎撃実験を繰り返しているが、これまで数回の実験はすべて失敗で、今年9月初めに行われた最も最近の実験だけ「成功」と発表された。(関連記事

 従来の失敗を見ると、迎撃システムはまだ実戦使用には耐えない初期の実験段階でしかないことが分かる。実際のミサイルは、いつどこからどのくらいの重さのものが飛んでくるか分からないが、実験では、発射場所と発射日時とミサイルの重さや大きさをすべて事前に迎撃システムに入力し、それでも迎撃できない確率の方が高かった。(関連記事

 9月の実験が「成功」と発表されたのは、7月の北朝鮮のミサイル試射後、アメリカや日本で「迎撃ミサイルは北朝鮮のミサイルを撃ち落とせないのではないか」という懸念が広がったことへの対策であり、アメリカから日本に迎撃ミサイルをスムーズに売り込むためにも「成功」が宣伝される必要があったのではないかと勘ぐれる。

 本当は迎撃ミサイルが使いものにならないのだとすれば、日本政府はアメリカに騙されているのか、と思う人もいるかもしれないが、もしかすると日本政府は、迎撃ミサイルが使いものにならないかもしれないと知りつつ、巨額の金をアメリカに払っているのかもしれない。巨額の迎撃ミサイル購入費は、日米関係の「潤滑油」としてうってつけである。

U.S. may put Patriots near Tokyo (CNN.COM)

Washington unofficially informed the Japanese government it is considering putting Patriot Advanced Capability 3 surface-to-air interceptor missiles around Yokota Air Base in Tokyo's western suburbs and around Yokosuka Naval Base, south of the capital, the Nihon Keizai newspaper reported without saying how it got the information.

The added defenses would cover critical U.S. military installations on the outskirts of Tokyo.

The move would be part of a previously announced U.S.-Japanese effort to deploy PAC-3 missile defense systems around the country as the two allies look for ways to counter what is seen as a growing threat from neighboring North Korea.

そういえば防衛庁長官もミサイル防衛システム導入の前倒しを明言していた。

■(10/25)防衛庁長官「ミサイル防衛導入、可能な限り前倒し」(NIKKEI NET

 「特にミサイル防衛(MD)については、最近の状況から2011年度までに仕上げるという計画で、07年度から配置していこうとPAC3、イージス艦に配備するSM3をできる限り前倒ししてやらなければならない」と表明。「発注しても(納入までには)時間がかかるから、07年度末までに配備する予定のPAC3などは、07年末までに配備できるよう可能な限り検討を行っていきたい」と語った。

 MDの導入を急ぐ理由に関しては、「我々にとって一番気になるのは、非常に(着弾まで)短時間のミサイルで攻撃される場合。今の日本には残念ながら、これを迎撃するだけの力がない」と説明した

北朝鮮のお陰でこうした説明に異論を唱えるのは難しい状況になっているけれど、やっぱりアメリカと日本では、このパトリオット配備の目的や意味合いに違いがあるようだ。

ようするに主目的は米軍基地の防衛能力の強化であり、その費用を日本が負担する、という図式だから、これはいわゆる“思いやり予算”の一種と考えてよいのだろう。

ところでこのパトリオットについては、田中宇さんが面白い解説をしている。パトリオットの有効性はかなり怪しいものなのに、日本はそれを知りながら日米同盟堅持のための「潤滑油」として購入を決めたのではないかというのだ。

■パトリオットは詐欺かも (田中宇の国際ニュース解説

 軍のハイテク化の中でも、飛んできたミサイルを迎撃ミサイルで撃ち落とそうとする「ミサイル防衛計画」は、北朝鮮のミサイルの脅威に対応できると考える読者が多いだろう。日本は最近、巨額の金をかけてアメリカから迎撃ミサイル「パトリオット」を導入している。

 だが、迎撃ミサイルが飛んできた北のミサイルを撃ち落とせる確率がどの程度なのか、多いに疑問がある。「パトリオット」は1991年の湾岸戦争で使われ、当初は100発100中のように報じられたが、実はほとんど迎撃できていなかったことが、戦争後に明らかになっている。(関連記事

 その後、米軍は大陸間弾道ミサイルを撃ち落とす迎撃実験を繰り返しているが、これまで数回の実験はすべて失敗で、今年9月初めに行われた最も最近の実験だけ「成功」と発表された。(関連記事

 従来の失敗を見ると、迎撃システムはまだ実戦使用には耐えない初期の実験段階でしかないことが分かる。実際のミサイルは、いつどこからどのくらいの重さのものが飛んでくるか分からないが、実験では、発射場所と発射日時とミサイルの重さや大きさをすべて事前に迎撃システムに入力し、それでも迎撃できない確率の方が高かった。(関連記事

 9月の実験が「成功」と発表されたのは、7月の北朝鮮のミサイル試射後、アメリカや日本で「迎撃ミサイルは北朝鮮のミサイルを撃ち落とせないのではないか」という懸念が広がったことへの対策であり、アメリカから日本に迎撃ミサイルをスムーズに売り込むためにも「成功」が宣伝される必要があったのではないかと勘ぐれる。

 本当は迎撃ミサイルが使いものにならないのだとすれば、日本政府はアメリカに騙されているのか、と思う人もいるかもしれないが、もしかすると日本政府は、迎撃ミサイルが使いものにならないかもしれないと知りつつ、巨額の金をアメリカに払っているのかもしれない。巨額の迎撃ミサイル購入費は、日米関係の「潤滑油」としてうってつけである。

October 30, 2006 in Business, Economy, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, October 28, 2006

【ドコモ中村社長 怒る】

■NTTドコモ、ソフトバンク孫社長に反論「怒り覚える」(MYCOM NEWS

SOFTBANKの闇討ち的な攻撃に怒りが収まらない様子のNTTドコモ中村社長。

 孫社長のやり方には、FTTHが立ち上がるまでは普及して欲しくなかったADSLの参入に始まり、まるで“バナナのたたき売り”みたいだったYAHOO BBフォンの導入キャンペーンに至るまで、多分かなり腹が立っていたに違いないNTT系。NTTドコモやauの料金体系をそのままパクッたことを自慢げにアピールするSOFTBANKの「予想外割」に対して早々の口撃開始だ。

中村社長は「(MNP開始前日の)10月23日の夜から言いたい放題にいわれている。ドコモは1兆円、KDDIは5,000億円の営業利益を上げもうけすぎというが、実際にはドコモは8,000億円、KDDIは3,000億円であり、切りのいい数字で自分の言いたいことを強調しているようだが、あまりにいい加減で怒りを覚える」と述べ、普段の会見には見られない強い口調で、孫社長を批判した。

料金プランについては「ゴールドプランとブループラン、2つの料金プランがある。ブループランはドコモより常に210円安いということだが、10月1日から、ソフトバンクモバイルは請求書を封書で郵送にすると100円上げている。当社は、パソコン、iモードで請求額確認できるeビリングでは100円安くしている。iモードは月額200円だが、ソフトバンクは同様のサービスで300円、これだけで200円の差はなくなる。ゴールドプランは、一概にはいえないが、当社には負けるプランはない。ドコモの標準的なユーザーは、2つのプランに入るメリットはまったくない。追随するつもりはまったくない」としている。

とりあえず強気だけど、きっとそれだけ「やられた感」があるのかもね。「追従するつもりはない」とは言っているけれど、そうもいかんでしょう。

ユーザーにしてみれば、これがきっかけで料金が下がるのはWelcome。どんどん醜い争いを繰り広げていただきたい。

でもやっぱりケータイは料金よりも、「つながるかどうか?」が最も大事。料金安くするのと同時に、圏外の解消にも努めていただきたい。(ちなみに僕の自宅は目黒通りと環八の近辺なのに自由が丘のドコモショップで「FOMAはカバーしていません!」と笑顔で言われ、泣く泣く機種変更を見送った事がある。)

■ソフトバンクの「予想外割」は本当に安いのか (ImpressWatch

 ソフトバンクの孫氏は、ADSLの固定ブロードバンドの世界に価格破壊をもたらし、日本の固定ブロードバンドが安い利用料で使える環境を作った立役者と言えるだろう。こうしたソフトバンクが携帯電話業界に参入してきたことで、携帯電話に価格破壊を期待するユーザーも多いと思われる。今回同社が発表した新料金プランが安い料金プランとなるかは、ユーザーの利用スタイル次第であり、一般に「予想外」と言えるほどの安い料金かというと疑問が残る部分もある。

しかし、このソフトバンクの新料金が与える影響は業界内の争いだけでは終わらない可能性もあるらしい。

■ソフトバンク新料金、早期追加利上げに逆風との見方も (REUTERS

 ソフトバンクモバイルが23日に発表した携帯電話新料金プランが誘発剤となり、市場が予想する日銀の早期追加利上げがより困難になるとの観測が民間エコノミストの間で浮上してきた。新料金プランそれ自体のCPIへの影響は軽微と見られるものの、携帯電話料金の値下げ競争に火が付く可能性があり、今月末に発表される日銀の展望リポートへの影響も予想されるためだ。

October 28, 2006 in Business, Economy | Permalink | Comments (5) | TrackBack

Thursday, October 19, 2006

【GoogLOHAS】

■Googleが太陽光発電でアピールするLOHASなC.I.(CNET JAPAN

太陽光発電はクリーンで良いけど、発電効率を考えるとまだまだ費用対効果が悪いはず。でもGoogleぐらいお金があれば(今年6月末時点で100億ドル近い現金、つまり約1兆2000億円を保有)、そんなことは気にせずにすむのかも知れない。

LOHAS系市民の好感度は間違いなくUP。というわけで、ついでに株価もUPでしょうか?

 Googleが、カリフォルニア州マウンテンビュー市の本社オフィスに1.6メガWの発電量をまかなうソーラーパネルを設置すると発表した。同社では、これがオフィスに導入される太陽光発電システムとしては米国で最大規模であるとうたっている。コーポレート環境プログラムマネージャーRobyn Beavers氏が、同社のブログで計画を明らかにした。

 Googleは、Googleplexのメインビル4棟とその向かい側にあるビル2棟の屋根にパネルを設置し、さらに複数の駐車場に補助システムを置く計画だ。つくられた電気はマウンテンビューの複数の同社オフィスで利用され、これらのオフィスで消費される電力(ピーク時)の30%程度をまかなう予定。同社は、この発電量が、カリフォルニア州の平均的な家庭1000世帯分の電気消費量にも匹敵すると述べている。

ちなみにGoogleが提携しているのはEI SOLUTIONSというカリフォルニアはサン・ラファエロにある会社。太陽光発電に関する「見積もり」から「設置導入」、「運営メンテナンス」まで、トータルにソリューションを提供している企業のようだ。

同社による完成予想のビデオ・プレビューがここで見られる。なかなか壮観だ。

以下はGoogle Official Blogからの抜粋。

To tackle this ambitious project, we're partnering with EI Solutions. The installation of clean and renewable power represents a first step in reducing our environmental impact as a company. We believe that improving our environmental practices is not only our responsibility as a corporate citizen, but good business planning -- a new report from the North American Electric Reliability Council suggests that demand continues to outstrip power supply by a considerable margin. And of course by saving electricity (not to mention producing clean renewable energy), we also save money. In fact, we believe this project demonstrates that a large investment in renewable energy can be profitable.

If the business community continues to increase investments and focus on energy efficient and renewable power generation technologies, we have a good feeling that our future will be bright. If you're interested, visit the Solar Electric Power Association.

「このプロジェクトは代替エネルギーに対する大規模な投資が、結果的には利益をもたらすことを示すだろう。」とは実に確信に満ちた言葉。

さすが先駆者Googleらしく、環境問題に対する取り組みもPRAGMATICで超COOLだ。

October 19, 2006 in Ecology, Economy, Science, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, October 18, 2006

【史上初!DOW JONES $12,000. 突破!】

■Dow industrials sweep past 12,000 mark (MSNBC.COM

Blue-chip index passes the psychologically-key level for first time

心理的な壁といわれた$12,000を超えて盛り上がるダウジョーンズ平均が史上最高値を更新中!

NEW YORK - Stocks surged Wednesday, driving the Dow Jones industrial average above the psychologically-key 12,000 level for the first time and extending its march into record territory, as investors grew increasingly optimistic about earnings and the economy.

北朝鮮のテンションがドンドン上がるのを横目で見つつ、投資家は景気の先行きに対してかなり楽観的に成っているようだ。ソフトランディングと読んでいるのだろうか?

そしてやっぱりBOEINGのような軍需関連株は堅調。まるで日本の防衛予算がアゲアゲに成ることを見越したかのようだ。

October 18, 2006 in Current Affairs, Economy | Permalink | Comments (0) | TrackBack