« 【ジャイアンツの伝統?】 | Main | 【小泉 vs. 菅 国会論戦 やっぱり”政治はプロレスに似ている”?】 »

Monday, September 29, 2003

【スポーツとファッションのオシャレ関係:サッカーと野球の場合】

■ファッション業界も注目するサッカー選手。で、野球はどうなの?

ちょっと前に某男性ファッション雑誌で、サッカー選手のファッションがモード界で無視出来ないトレンドだという特集があった。確かに今や名実共に世界的なファッション・リーダー?になったベッカムは云うまでもなく、サッカー選手達のファッションはかなりイケテルように見える。

ファッションといっても、もちろん仕事着であるユニフォーム姿ではなくて、プライベートな時の装いが注目されているんだけど、例えば、いつもトンガリ系のブランドに身を包み成田に降り立つヒデ・ナカータの写真は必ず女性週刊誌に掲載される。大抵はかなり”勘違いしたモーホー”っぽい感じで決して褒められたもんじゃないんだけれど、それでも全身ベルサーチでコテコテの桑田や、日本プロ野球界にまだ居た頃の新庄よりはマトモな気がする。そういう意味では、少なくともファッション雑誌に番長清原のプライベート・ファッションが紹介される事は”ネバー無い”だろう。

「スポーツ選手と言えば普段着はジャージ、またはゴルフウエア」という常識は今や通用しない。メディアで存在感を示すためにプライベートのファッションでアピールすることは、プロのアスリートにとって大変重要である事は言うまでもない。現役のときはチームのマネージメントから見て、よりお金が集めやすい選手という価値をもつし、その選手のルックス次第では引退後のメディア露出度=収入も違ってくるというものだ。もし同じ成績の選手が二人いたとすると、ルックスが良い方を選ぶのがスポンサーとしては当たり前のこと。だからスポーツマンにとって普段からお肌のお手入れと最新のヘアカット(ヘアカラー?)はとっても大切なのよ~ん。

サッカー選手に関してはヒデ・ナカータのお陰で、いつも異様にブットイネクタイしていたキング・カズが番張ってた頃に比べて格段にレベルが上がったようだけど、それにしても野球選手のプライベート・ファッションはなんだって大抵あんなにダサダサなんだろう??スーツ姿は何故か異様に明るい色使いやヒカリモノ、または大胆なまでに目立つ柄模様が主流で、かなり硬派なヘアスタイルと相まって一見ほとんど「”アッチ系”の方ですか~?」状態の近寄りがたいオーラ出してるし、カジュアルだって”ゴルフ帰り”としか解釈しようのないコーディネート。ひょっとしたら野球界独自のドレスコードでもあんのか?っていうぐらい、皆さんイメージ的には統一されている。ある種の「仲間意識」なのかね~。

こうなると、あとはアメリカ生活で「ファッション・センスがさらに洗練された(と本人が思っている?)」新庄がプロ野球界のNEWファッション・リーダーとして日本に復帰してくれる事を祈るしかない・・・。

Posted at 02:08 PM

September 29, 2003 in Sports | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d83537c33e69e2

Listed below are links to weblogs that reference 【スポーツとファッションのオシャレ関係:サッカーと野球の場合】 :

Comments