« 【くじけるな!原監督】  | Main | 【ジーコ・ジャパンの新ユニフォームはデビュー戦で勝利】 »

Friday, October 10, 2003

【ベーブ・ルースの呪いは解けるか?】

■今度こそ“ベーブ・ルースの呪い”を解くことが出来るのか?レッドソックスは初戦に勝利したが・・・

ヤンキーズとレッドソックスといえばメジャーリーグ伝統の一戦として有名だけど、もう一つ有名なのがこの“ベーブ・ルースの呪い”だ!“伝説のホームランバッター”ベーブルースについては子供の頃に伝記を読んだのと、『ブルースブラザース2』で故ジョン・ベルーシの後釜で太っちょ役をやってたジョン・グッドマンが主演していた映画『夢を生きた男~ザ・ベーブ』を見たぐらいだけど、昨日のヤンキーズの試合中継でいきなりこの話が出てきて、この因縁が85年経った今も続いていることを知った。

ボストン・レッドソックスは第1回ワールドシリーズをはじめ、5度のワールドチャンピオンを経験。しかし、1918年を最後にワールドシリーズでの優勝を逃している。その原因と、信じられているのが人呼んで「ベーブ・ルースの呪い」。事の発端は1919年。レッドソックスのチームのオーナーは、自分の借金を返済するために、ベーブ・ルースを宿敵ニューヨーク・ヤンキースへ金銭トレードで放出。その後、チームは4度、ワールドシリーズに出場したが、いずれも最終戦で敗退。それで「ベーブ・ルースが呪っている。」とファンは信じるようになった。このベーブ・ルースの呪いを解くことは、今やレッドソックス・ファンにとって悲願となっているわけだ。


ということは、もう85年間もこのカルマが続いていることになる。確かに映画『夢を生きた男~ザ・ベーブ』を見る限り、ベーブ・ルースの生涯はホームラン・キングとしての名声を除くと晩年は寂しいものだったようだ。それにしても、そんな伝説に彩られた今回のリーグ優勝戦の第1戦はレッドソックスが勝利して、「いよいよ今年こそは呪いが解けるか?」と期待しているファンも多いことだろう。

ただ優勝する為には4勝しなくてはならないので、まだまだ先は判らない。日本人としては松井のヤンキーズに優勝してもらいたいけれど、出来れば最終の第7戦までもつれこんで、この呪いが解けるかどうかで盛り上がるところを見てみたい気がする。

October 10, 2003 in Sports | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d835025e1a53ef

Listed below are links to weblogs that reference 【ベーブ・ルースの呪いは解けるか?】:

Comments