« 【石原大臣、敵前逃亡! 小泉政権イニシャルトークで撃沈か?】 | Main | 【星野監督勇退で阪神株急落、ダイエー株はストップ高 »

Friday, October 17, 2003

【THE CURSE LIVES!ヤンキーズ運命のGAME#7でアリーグ・チャンピオンに!!】

■Thank you, Babe Ruth!! 運命のGAME#7で証明されたヤンキーズの強運、そしてやっぱり“ベーブ・ルースの呪い”は活きていた! NY2003101701_4.jpg いや~、スンゴイ試合でした。アメリカン・リーグ・チャンピオンシップ決定戦となった第7戦ファイナル。前半に先制されて5-2で迎えた8回裏のヤンキーズの攻撃。先日の暴行騒ぎの主人公であるマルチネス投手に対する波状攻撃で一気に同点に持ち込んだ。

運命の8回裏、バーニー・ウィリアムス中堅手のセンター前タイムリー、松井の二塁打、で二、三塁に走者をおいてポサダが打った球は駆け寄るセンター、ショート、セカンドのトライアングルのど真ん中に吸い込まれるようにポトリと落ちた。松井が二塁からホームに滑り込んで同点を決めたその瞬間、球場全体は鳴り響くLED ZEPPELINの“ROCK’N ROLL”!に乗って歓喜に揺れ、上へ下への大騒ぎだ。う~ん、今日は選曲も決まってるぜ!

球場では予想通り、観客があちらこちらで「1918」や「IT’S DESTINY!」などと書かれたボードを掲げてレッドソックスを“バンビーノの呪い”で威嚇する中、試合はハイテンションのまま延長戦へ。

そして迎えた11回裏。ヤンキーズはプレーオフ初登場の、初めてシリーズの打席に立った先頭のアーロン・ブーン三塁手が初球を振りぬいた打球は何とレフト・アッパースタンドへ!!この劇的なサヨナラ・ホームランで、それはホント~に劇的な逆転で優勝を決め、ヤンキー・スタジアムはフランク・シナトラの“NEW YORK!NEW YORK!”で超~エクスタシー状態!出来すぎでしょ、これは。

このシリーズで一度は地獄を見た松井の弾け方は半端じゃなかった。多分、あんなにはしゃぐ松井は今まで見たことがない(プライベートは知らないけれど・・)。移籍したばかりのメジャーで、いきなりリーグ優勝を決めるなんて。そして、ワールド・シリーズに出れるなんて!やっぱりこいつの強運はタダモノじゃない・・・。でも今日は誰もが思っただろう。「レッドソックスよ、おまえは今も呪われている!」と。

October 17, 2003 in Sports | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d835026bf453ef

Listed below are links to weblogs that reference 【THE CURSE LIVES!ヤンキーズ運命のGAME#7でアリーグ・チャンピオンに!!】:

Comments