« 【アメリカの警戒レベルがイエローからオレンジにレベル・アップ】 | Main | 輸入盤が買えなくなるかも? »

Monday, December 22, 2003

【祝!スネークマンショーがBLOGをオープン】

■僕が尊敬申し上げる桑原茂一氏が率いるCLUB KINGが主催する伝説のスネークマンショーが公式サイトとしてBLOGを立ち上げた!素晴らしい!

桑原さんといえば、“日本版ROLLING STONE誌”の初代編集長として、そしてYMOとのコラボでリリースした今や伝説と成っているスネークマンショーなどの数々の作品プロデュースで知られる。もちろんフリーペーパー“SOUND DICTIONARY”で知っている人も多いと思う。

その彼が満を持してスネークマンショーを復活させる。これは事件でしょう!今の世の中に少しでも違和感を感じている人は、絶対にスネークマンショーを聴いてみるべきです。笑い転げながら、背筋が寒くなり、そして少し賢くなります。(ホントです)

実は僕が取締役/エグゼクティブ・プロデューサーをやっているFUGAにもSOUND DICTIONARY RECORDSというショップを出してもらっているので、そちらもチェックしてみてください。

December 22, 2003 in Media, Music, Politics, Weblogs | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d83420702b53ef

Listed below are links to weblogs that reference 【祝!スネークマンショーがBLOGをオープン】:

» SnakemanShow from Ikagaitasimasyo?::MT
SnakemanShow公式サイトが出来たようです(Blogです) スネークマンショーって懐かしいね ラジオで(TBSだったっけ?)で眠い目をこすりながら (ラジオだから目を閉じてもよかったけど、そ�... [Read More]

Tracked on Dec 23, 2003 3:17:45 AM

» スネークマンショー from Y's diary 2004
スネークマンショーの桑原茂一もMovableTypeな人かあ。 ちなみに、この人のblogで見つけた情報だが、興味ある本が似ているな、この人。... [Read More]

Tracked on Jan 3, 2004 2:44:35 AM

» 日替ランチ100 from ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog
桜坂秋太郎です。 100回記念メモリアルブログです。 青春時代、スネークマンショーに育てられたセンスで、ボクらなりのホテルニュー越谷をキッチリお見せしたい、そう考えています。 そろそろファンはヤキモキしている頃かと思いますが、抱腹絶倒CDの制作は、企画構成が終わり録音作業へとシフト中。 さて、劇団セブンのクレイジーでデイリーなブログ、ついに100回目です。 これは仕組んだわけでなく、たまたまボクの番でしたが、こういう事もあるんですね。 次回メモリアルブログ... [Read More]

Tracked on Sep 12, 2005 3:22:45 AM

Comments

沖原さん、遅ればせながらあけましておめでとうございます!
まったく僕も同感で、今年は特におめでたいとは言い難い気分でした。このユニークな時代に立ち会うことについての喜びよりも、個人的にも社会的にも一体ナニをどうすれば良いのか途方に暮れてしまうといった方がよいかもしれません。今は夜明けの前の暗さなのか?そうであって欲しいのですが・・・。
「明けましてがんばろう」って前向きで良いかもフレーズですね。沖原さんにとっても良い年に成りますように!お互いに頑張りましょう!

Posted by: a-key at Jan 3, 2004 1:13:13 PM

いま、2004年1月1日(木)0時30分。自分では「明けましておめでとう」ではありません。「明けましてがんばろう」と言いたいです。なぜか、それはこんな時代だからです。今から、a-keyを静かにBGMにします。いい初夢見るつもりです。野中さんの音楽活動再開を夢見て・・・。

Posted by: 沖原太一 at Jan 1, 2004 12:34:26 AM

TAICHIさん、御丁寧なコメント痛み入ります。

自分としては、時代のトレンドと全く関係ないところで作ったアルバムで、今でも記録として残せてほんとに良かったと思っています。一緒に客演してくれたサックスの清水靖晃さんやドラムの則武さん(T-スクエア)、そしてキーボードのウォン・ウィン・ツァンさんも、僕の無茶なコンセプト(初見でTAKEは2回のみ)に合わせて見事な即興演奏をしてくれました。

実はこのアルバム、誰一人として一緒に演奏していない、完璧なバーチャル・セッションなのです。ジャコ・パストリアスのWORD OF MOUTHの一曲目“CRISIS”のコンセプトを踏襲したもので、僕がレース・コースを設定して、後はミュージシャンにそれぞれ好き勝手にやってもらったものを後からCUT&PASTE編集したのです。

でも、見事にぜ~んぜん売れなかったので(笑)ここしばらくは音楽製作から離れていますが、いずれまた再開したいと思っています。虎視眈々と・・・。

Posted by: a-key at Dec 31, 2003 12:17:56 AM

そうなんですか。YENレーベル、懐かしいなー。a-keyは本当に名盤だと思います。今、リリースしても何らおかしくない。というか、時代を超えてますね。しかし、野中さんのblogとても気になるサイトとなりました!

Posted by: 沖原太一 at Dec 30, 2003 10:51:55 PM

沖原さん、関心空間にa-keyを登録してくれてありがとう!
ずいぶん前に作ったアルバムなのにこうして聴いてくれる人が居るというのはホントに嬉しいことです。ところでハジメさんとは、YENレーベル時代の同窓生ということで・・・。ちなみにこのアルバム・ジャゲットは彼が開発したソフト「信用ベータ2.0」を使用した初めて(アルバム・ジャケットとして)の作品でした。今でもすごく気に入っています。

Posted by: a-key at Dec 29, 2003 1:26:53 PM

URLをクリックしてください。a-key、登録しました。ジャケは立花ハジメさんだったんですね。知らなかった。野中さんのファンに改めてなってしまいました。(笑い)話変わって、イランで大地震。イラク派遣の自衛隊員もイランに変更したらいいのに。

Posted by: 沖原太一 at Dec 27, 2003 6:27:41 PM

a-keyを持っているんですか?それは大変貴重です!(笑)これもBlogならではのつながりですね!

ところで、戦争のような物理的なエネルギーが強い時代に音楽のようなメンタルなエネルギーがどこまで力を発揮できるか分かりませんが、少なくとも個人個人がもっと関心を持つ、そして真剣に考える、何か行動を起こす為のきっかけを提供することぐらいは出来るでしょう。僕個人としては自分がやらしてもらっているラジオ番組を通じて様々な視点を提示することで一助になればと思っています。

Posted by: a-key at Dec 24, 2003 5:33:09 AM

a-keyのCDを今度、KW登録したいと思ってます。しかし偶然が偶然を。なにかのご縁ですね。(笑い)イラク問題、音楽の力で変えてみせませう!

Posted by: taichi at Dec 23, 2003 11:24:25 PM