【ブッシュを笑え!TVCM26本をチェック】
【マイケル・ムーアがクラーク支持を表明】

【JACK-INがリアルに実現しそうだ】

脳とコンピューターを直結するインターフェースが現実に-HOTWIRED

もうだいぶ前にJAM THE WORLDの放送で、当時HOTWIREDに掲載されたこの記事の内容を紹介したことがあるんだけど、その後も研究は着々と進んでいたみたい。何故か火星探査機よりもよっぽどビックリな話。

 煩わしいキーボードやジョイスティックなんて放り出して、自分の脳を直接コンピューターにつなげられたらいいのに、と思っている人は多い――とくに、キーボードやジョイスティックが使えない人はそうだろう。

 マサチューセッツ州フォックスバロにある株式未公開企業、サイバーキネティックス社が考案した「ブレイン=コンピューター・インターフェース」(BCI)はこの夢を実現してくれるもので、数ヵ月後には四肢麻痺患者5人を対象に臨床試験が行なわれるかもしれない。

 『ブレインゲート』(BrainGate)というこのシステムを使えば、四肢が全く動かない人でも、思考する際に生じる脳内信号だけを利用して、コンピューターやロボットを操作することはもちろん、将来的には、麻痺した筋肉に信号を送る経路を新たに確保して、自分の筋肉まで動かせるようになる可能性がある。臨床試験がうまくいけば、2007年までに製品化もあり得る。

ウイリアム・ギブソンも思わず唸るこの技術、彼にとってデビュー作と成った1986年のサイバーパンクの傑作『ニューロマンサー』で描かれていたように、人間がコンピューターに直接JACK-INしてネットにDIVE-INする時代が思ったより早く来るのかもしれない。企画書とか書類を書いているときに、いつも「考えたことそのままタイプしてくれるソフトがあれば・・・。」なんて思う自分としては、一日も早く実現してもらいたい技術。ちょっと怖いが。

そういえば、『ニューロマンサー』では日本(それもCHIBA CITY!)が退廃した近未来都市として描かれていたけれど、ある意味でそっちのビジョンもリアルかもね。

Comments

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been saved. Comments are moderated and will not appear until approved by the author. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear until the author has approved them.

Your Information

(Name and email address are required. Email address will not be displayed with the comment.)