« 【ブッシュを笑え!TVCM26本をチェック】 | Main | 【マイケル・ムーアがクラーク支持を表明】 »

Friday, January 16, 2004

【JACK-INがリアルに実現しそうだ】

脳とコンピューターを直結するインターフェースが現実に-HOTWIRED

もうだいぶ前にJAM THE WORLDの放送で、当時HOTWIREDに掲載されたこの記事の内容を紹介したことがあるんだけど、その後も研究は着々と進んでいたみたい。何故か火星探査機よりもよっぽどビックリな話。

 煩わしいキーボードやジョイスティックなんて放り出して、自分の脳を直接コンピューターにつなげられたらいいのに、と思っている人は多い――とくに、キーボードやジョイスティックが使えない人はそうだろう。

 マサチューセッツ州フォックスバロにある株式未公開企業、サイバーキネティックス社が考案した「ブレイン=コンピューター・インターフェース」(BCI)はこの夢を実現してくれるもので、数ヵ月後には四肢麻痺患者5人を対象に臨床試験が行なわれるかもしれない。

 『ブレインゲート』(BrainGate)というこのシステムを使えば、四肢が全く動かない人でも、思考する際に生じる脳内信号だけを利用して、コンピューターやロボットを操作することはもちろん、将来的には、麻痺した筋肉に信号を送る経路を新たに確保して、自分の筋肉まで動かせるようになる可能性がある。臨床試験がうまくいけば、2007年までに製品化もあり得る。

ウイリアム・ギブソンも思わず唸るこの技術、彼にとってデビュー作と成った1986年のサイバーパンクの傑作『ニューロマンサー』で描かれていたように、人間がコンピューターに直接JACK-INしてネットにDIVE-INする時代が思ったより早く来るのかもしれない。企画書とか書類を書いているときに、いつも「考えたことそのままタイプしてくれるソフトがあれば・・・。」なんて思う自分としては、一日も早く実現してもらいたい技術。ちょっと怖いが。

そういえば、『ニューロマンサー』では日本(それもCHIBA CITY!)が退廃した近未来都市として描かれていたけれど、ある意味でそっちのビジョンもリアルかもね。

January 16, 2004 in Books, Science | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d83455e43e69e2

Listed below are links to weblogs that reference 【JACK-INがリアルに実現しそうだ】:

» ежедеъевербжеое╓е╜еєбие╦ехб╝еэе▐еєе╡б╝ from Funk'n Blog
└ш╞№бв├╦г╢┐═д╟╠√▓ўд╦═╝╚╙дЄ┐йд┘д╞ддд┐╗■бвд╒д╚└╣дъ╛хдмд├д┐еке╩е╦б╝╧├бгдфдь┬╬└кд╧д╔джд└бгдфдьб╓дкдлд║б╫д╧д╩дєд└бгд╥д╚д╜дьд╛дьд│д▐дфдлд╩ды┴╧░╒╣й╔╫дмдвдъ┤╢┐┤бгд╚дддждл┬ч╟·╛╨бг╖ы╧└д╚д╖д╞бвеке╩е╦б╝д╦б╓╔с─╠б╫д╧д╩ддд╟д╣бг╛▄║┘д╧▓╝╔╩д╦д╩дъ▓сдод╞╦═д╬е╡еде╚д╬е╞еге... [Read More]

Tracked on Jan 18, 2004 7:00:06 AM

Comments

Post a comment