« 【増田俊男さんの2004年大胆予測】 | Main | 【火星有人飛行は“第三の選択”へのプロローグ】 »

Friday, January 09, 2004

【フセインの化学兵器使用を認めていたアメリカ政府】

■アメリカ国内でイラク戦争を巡る情報公開が進んでいる。

レーガン政権当時、イランのイスラム革命に対抗する上で、フセインに対する軍備資金や大量破壊兵器の供与などで強力にパックアップしていたアメリカは、そのイラクによるイラン人やクルド人に対する化学兵器使用の事実を知りながら、それを黙認するだけでなく、さらに石油パイプラインの建設を確約することでフセインの御機嫌をとっていたという公式書類がリリースされた。

この資料はアメリカの情報公開法に基づき、ジョージ・ワシントン大学のNational Security Archiveが政府に開示を要求して出てきたもの。

その内容はというと・・・。

約20年前のこと、アメリカ政府はイスラム原理主義者ホメイニ師に率いられる超反米的なイランを押さえる為に、隣国イラクのフセインを利用してイラクと戦わせようとしていた。

そのアメリカ政府が当時特使として派遣したラムズフェルド(現国防長官)は、フセインに対し“イラン攻撃における無条件の全面的サポート”を確約。

さらに当時のシュルツ国務長官(石油パイプラインなどの建築を請け負っていたベクテルの役員でもある)は、政府として表向きイラクの化学兵器使用を批難しながら、実際はイラク政府高官との協議で「我々としては問題視していない。」という言質を与えて、実質的に化学兵器使用を容認していたという話。

またこの記事には、仮にフセインが公正な国際法廷で裁かれることになれば、間違いなくラムズフェルドとシュルツが証人として召喚され、当時のアメリカとイラクとの親密な関係や非倫理的な裏取引の全貌が明るみに出るのではないか、としている。

まあ、それまでフセインが生きていればの話だが・・・。アメリカがそんな恥ずかしい事態に成るのを黙ってみているはずはない。

U.S. to Hussein: WMD A-OK (AlterNet)

It was Rumsfeld and Shultz who told Hussein and his emissaries that U.S. statements generally condemning the use of chemical weapons would not interfere with relations between secular Iraq and the Reagan administration, which took Iraq off the terrorist-nations list and embraced Hussein as a bulwark against fundamentalist Iran. Ironically, the U.S supported Iraq when it possessed and used weapons of mass destruction and invaded it when it didn't.

It was 20 years ago when Shultz dropped in on a State Department meeting between his top aide and a high-ranking Hussein emissary.

Back then the Iraqis, who were fighting a war with Iran, were our new best friends in the Mideast.

Shultz wanted to make it crystal clear that U.S. criticism of the use of chemical weapons was just pablum for public consumption, meant as a restatement of a "long-standing policy, and not as a pro-Iranian/anti-Iraqi gesture," as State's Lawrence S. Eagleburger told Hussein's emissary.

"Our desire and our actions to prevent an Iranian victory and to continue the progress of our bilateral relations remain undiminished," Eagleburger continued, according to the then highly classified transcript of the meeting.

The Shultz/Eagleburger meeting took place between two crucial visits by Rumsfeld, acting as a Reagan emissary, to Hussein to offer unconditional support for the Iraqi leader in his war with Iran.

In the first meeting, in December 1983, Rumsfeld told Hussein that the United States would assist in building an oil pipeline from Iraq to Aqaba, Jordan.

He made no mention of chemical weapons, even though U.S. intelligence only months earlier had confirmed that Iraq was using such illegal weapons almost daily against Iranians and Kurds.

January 9, 2004 in Current Affairs, IRAN, Politics | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d83503040653ef

Listed below are links to weblogs that reference 【フセインの化学兵器使用を認めていたアメリカ政府】:

Comments