« 【“I'm a war president.” ブッシュTVインタビューで開き直り】 | Main | 【MUSIC VISUAL SEARCH ENGINE】 »

Tuesday, February 10, 2004

【アメリカ BSE調査打ち切り どうするニッポン?】

■安全性が全く確認されていないのに、問題に成った感染牛の大半が行方不明という理由でBSEの調査は打ち切り:asahi.com

そんなことに成るんじゃないかと思っていたんだけど、やっぱりね。

米農務省は9日、昨年12月に初めて米国で確認された牛海綿状脳症(BSE)感染牛に関する調査を打ち切る、と発表した。感染牛と一緒にカナダから輸入された牛の大半の所在を特定できず、感染源の飼料も分からなかったが、「感染牛以外は安全」と結論づけた。米政府は調査終了を受け、米国産牛肉の輸出再開に向け、日本など輸入国との交渉を加速させる方針だ。しかし、日本側は「履歴管理(トレーサビリティー)の不徹底を改めて示すものだ」(農水省)と受け止め、引き続き「日本と同等の対策」を求める構えで、交渉は長期化も予想される。
アメリカの牛肉検査体制はザルみたいなものであることは、以前このエントリーで紹介したけれど、結局まともな対策も無いまま調査自体を打ち切るという。日本が求めている全頭検査についても「科学的根拠がない」という手前勝手な理論で押し返す。

今日訪日するゼーリック通商代表も、この調査打ち切りを受けて(っていうのはどういうロジックか全く不明だけど)日本側に禁輸措置の早期解除を要求してくることは確実。自分達のルールは“グローバル・スタンダード”といって押し付けてくるくせに、日本が独自に実施している安全基準には科学的根拠がないという理由で取り合わない。

そもそもこの調査自体、着手してからたったの一ヶ月半しか実施していない。カナダから感染牛と一緒に輸入された80頭の内、行方が判明したのは28頭だけ。後は野となれ山となれということか?

2月4日(日本時間2月5日)に公表された報告書には、BSEの汚染状況について「北米全体に広がっていると捉えるべきだ」と明記してある。その上で、アメリカのBSE対策は不十分と指摘しているが、日本が求めている全頭検査は必要ないとの見解。しかし、なぜ必要ないかの理由は明記していない。(日本農業新聞 2月6日付けより)

確かに牛丼が無くなったり、アメリカ産の牛肉が輸入できないことの影響は既に多方面に広がっている。しかし、アメリカでのBSE対策が万全でない状況で、追加的に発表された対策も抜本的なものにはなっていない(脳髄とか脊髄とかの危険部位を使った飼料の全面禁止など。今さらやったって、モ~食べちゃってるでしょう?)。しかも、アメリカでは最新の設備でも特定部位の除去が完全ではなく、35%程度は混入しているという調査結果もある。結論をいうと、アメリカの肉は安全ではない

それでも、押し切られてしまうのか?はたまた、長期化覚悟でアメリカに更なる追加対策を求めるのか?(例えば、日本向けの牛肉に限って全頭検査するとか。でもその為に掛かる費用は約700億円から900億円といわれている。)ただ下手をすると、「じゃあ対応してやっても良いけど、アメリカ側に掛かる費用を日本が負担してくれるんだろうな!」なんていうことになりかねない。

イラクに自衛隊派遣したから許してくださいとは云えないだろうし・・、イラクに貸してる金7000億円を帳消しにするから全頭検査してくれ、なんてこともいうわけないし・・・。難しいところだ。

ここ一連のアメリカ牛肉BSE問題については、日本農業新聞のサイトの特集記事がコンサイスで分かりやすい。

ちなみに、アメリカは2001年に日本でBSEが発生して以来、日本の牛肉に対する禁輸措置を未だに解除していない。

■参考リンク: 【牛肉の安全 やっぱり全頭検査しかない

February 10, 2004 in Economy, Food and Drink, Politics, Science | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d8350356b653ef

Listed below are links to weblogs that reference 【アメリカ BSE調査打ち切り どうするニッポン?】:

Comments