« 【RFIDを無効にする ブロッカー・タグ】 | Main | 【木星の大気に異変が起きているらしい】 »

Tuesday, March 09, 2004

【アメリカの電子投票システムは大丈夫?】

■さっき放送したJAM THE WORLDで取り上げたニュース。

先週は僕の会社『地球環境情報センター』が加盟している農業情報学会が主催するトレーサビリティに関する展示会「食の安全要求に応える情報通信技術」っていうのがあって、当社もブースを出展していたのでバタバタしてBLOGどころじゃなくて・・・。そんな訳で今日は久しぶりのポスト。

で、今日のJAMで取り上げたのは、いつものようにHOTWIRED JAPANに掲載されていたこの記事:「電子投票システム、大統領予備選挙でも多数のトラブル発生

米国の10州で民主党の指名候補を決める予備選挙が行なわれた『スーパーチューズデー』の2日(米国時間)、各州の多数の投票所では、電子投票を行なおうとした有権者が、画面がフリーズしたり、コンピューターが誤作動を起こしたりといったトラブルに悩まされた。こうした問題は11月の米大統領選挙でも繰り返されるだろうと、専門家たちは指摘している。

11月の大統領選挙ではタッチパネル式の投票装置で投票を行なう米国民は少なくとも5000万人にのぼり、一方、従来型の投票用紙やパンチカード、レバーマシンを使用する有権者は5500万人だという。

アメリカの予備選挙で電子投票システムが既に正式投入されていたということ自体が驚きなんだけど、11月の大統領選挙ではより本格的に電子投票が行われるという。

日本では公職選挙法でインターネットを利用した選挙活動自体がままならない状態なので、そもそも比べることは出来ないけれど、今回の大統領選挙ではハワード・ディーンがBLOGで政策をアピールしたり、選挙資金を集めるのに利用したりしたのが他の候補にも影響を与えてネットと政治の関係がリアルにクローズアップされたけれど、電子投票となるとさらにリアルな感じだ。しかも11月には5000万人もの有権者が電子投票を利用することになるという。

前回の選挙ではフロリダでパンチカード式の投票で無効票が大量に発生して問題に成ったけど、この記事を見る限り、電子投票も色んな問題を抱えているようだ。ハッキングやシステムのバグ、それに停電(!)なんていう問題が起きたら大変なことに成るだろうことは容易に想像できる。

そういう意味では、おそらく世界中のハッカーが大統領選挙を狙って色んなアタックを掛けるんだろうな~なんて不謹慎な想像もしてしまうんだけど・・・。何が起きてもおかしくない。11月の大統領選挙、意外とこの電子投票が鍵を握るのかもしれない。

March 9, 2004 in Media, Politics, Web/Tech | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d834562a6869e2

Listed below are links to weblogs that reference 【アメリカの電子投票システムは大丈夫?】:

» 米大統領選の電子投票はやめるべきだ from Blog for Japan
米国の10州で民主党の指名候補を決める予備選挙が行なわれた『スーパーチューズデー』の2日(米国時間)、各州の多数の投票所では、電子投票を行なおうとした有権者が、画面がフリーズ�... [Read More]

Tracked on Mar 20, 2004 12:01:52 AM

Comments