« April 2004 | Main | June 2004 »

Thursday, May 27, 2004

【膨張する米の戦場ビジネス】

lies■膨張、米戦場ビジネス 警備、取り調べ、軍への給食まで (asahi.com

イラクへ行っているのは兵隊だけじゃない。最近トレンドになってきた“戦争業務のアウトソーシング”の影響で、多くの民間人もイラクでお仕事中だ。しかも、その数は驚くほど・・・。

 暫定占領当局(CPA)によると、警備にかかわる分野だけで米企業60社に雇われた民間人約2万人がイラクで働いている。これに対し、イラクに展開している米兵は約13万人だ。

 米軍は90年代に業務の外注化を進めた。冷戦終了で国防費が削減され、兵員も90年の204万人から02年には141万人に減った。特に後方支援部門の削減が目立つ。一方で湾岸戦争後もコソボ空爆、ソマリアやボスニアでの平和維持活動など米軍の活動は続く。その溝を埋める形で急成長したのが、米軍の業務を受注する民間企業群だ。

これは戦争経費削減の一環だそうだが、業務を受託しているのは結局アメリカの企業。
 国防総省の年間予算は現在、約3750億ドル。外注化による経費削減効果は「年間60億ドル」(96年の国防総省の諮問委員会報告)とも「年間20億ドル」(97年のGAOの報告)とも言われる。

 これに対し、ブルッキングズ研究所のシンガー研究員は「経費より、むしろ政治的コストの削減効果が大きい」と指摘する。「軍事サービス産業のおかげで、招集される予備役も、死亡する米兵も減り、政治的な抵抗が抑えられる。戦争の原因とは思わないが、戦争をしやすくしているのは間違いない」

もちろん、チェイニー副大統領がかつてCEOやっていた復興事業のスーパーゼネコン、ハリバートンはその中でも中核的な存在。
 イラク戦争では、チェイニー副大統領が最高経営責任者(CEO)を務めていたハリバートンのグループ企業による給食事業などで、水増し請求疑惑も起きている。

 軍事サービスのビジネスの場は国境を超えて広がっている。新生イラク軍の訓練を担当する軍需産業大手ノースロップ・グラマンのグループ企業ビネルは、サウジアラビアで軍の訓練なども請け負っている。シンガー研究員は「世界的な軍事サービス産業の市場規模は年間1千億ドル(約11兆円)にものぼるとみられる。


May 27, 2004 in Current Affairs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, May 26, 2004

【イラクの新首相はシーア派の核科学者に決定か】

■国連とアメリカはイラクの新しい首相候補を反フセインで知られるシーア派の核科学者、シャハリスタニ氏に絞り込んだようだ。Shiite Scientist Likely to Be New Iraqi Prime Minister (washingtonpost.com)

イラクの新しいリーダーとして浮上したフセイン・シャハリスタニ氏は、サダム・フセイン政権下の核開発プログラムに対する協力を拒否した為に、数年間に渡り悪名高きアブグレイブ刑務所に収監されていたという経歴を持つ。

The United Nations is closing in on a slate for the new Iraqi government that is likely to be headed by Hussain Shahristani, a Shiite nuclear scientist who spent years in the notorious Abu Ghraib prison for refusing to participate in Saddam Hussein's nuclear program and is now the leading candidate to become prime minister in the first post-Hussein government, according to Iraqi and U.S. officials.
シャハリスタニ氏には政治的な経験はほとんどないものの、フセイン政権下で国外に亡命していた多くのイラク人達と異なり、反フセインの政治政党活動よりも、人道支援関連のプロジェクトにエネルギーを注いでいたということだ。

しかし、彼がイラクの新体制における重要なコネクションを持っていることは事実で、彼が親しいアリ・シスタニ師はシーア派の宗教的な最高権威であり、イラクの新政権が実権を得る上でシスタニ師の支持は不可欠であると考えられるからだ。

Shahristani has little political experience. Unlike many other Iraqis who lived in exile, he was not active in opposition political parties, choosing instead to focus his energies on humanitarian aid projects. But he does possess an important connection on Iraq's new political scene: He is close to Grand Ayatollah Ali Sistani, the country's most-powerful Shiite cleric, whose support is essential for the viability of an interim government.
暫定統治機構からイラク人に政権が移譲されたとしても、様々な宗派が入り乱れて勢力争いを繰り広げるイラクがそう簡単にまとまるはずはない。おまけに、アメリカ・イギリスを中心とした占領軍は撤退する予定はないし、今の有志連合軍が国連が主導する多国籍軍に変わっても、イラク国内外の抵抗勢力による攻撃が収束するという保証はない。

7月に発足することになる(はず)の新政権は、とりあえず来年の総選挙の準備をするための限定的な権限を持つことになるらしい。そんな中で、最大会派であるシーア派に属するシャハリスタニ氏がどこまで政治的な求心力を確立出来るか。難しい仕事だと思うけど、政治的な経験が乏しいにも関わらず、シャハリスタニ氏を直接知る人は、彼のことを「男の中の男」と呼んでいるそうだから、きっと気骨のある人物なんだろう。果たして彼が全てのイラク人の希望の星に成れるかどうか、見守りたい。

An Iraqi who knows him well called Shahristani "a captain of men," despite his lack of political leadership.

May 26, 2004 in Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, May 24, 2004

【祝! マイケル・ムーアがパルムドールをゲット!】

photocannes2004■ドキュメンタリー作品の受賞は異例。一番驚いたのはムーア監督自身だろう。(MichaelMoore.com

元々ブッシュ政権に批判的なフランスの映画祭だから、という見方もあるけれど、9人居る審査員の内5人はアメリカ人で、フランス人は1人しか居ないという。まあ、審査委員長がタランティーノ監督だったことは影響したかもしれない。

それにしても、ディズニーが配給を拒否したお陰でかえって注目されることになるとは思ったけれど、パルムドールで一層拍車がかかった感じだ。日本でも、大統領選挙の後になるのが残念だけど、来年の春には日本ヘラルドの配給で見ることが出来そうだ。

ムーア監督の作品、確かにドキュメンタリーなんだけど、いくつかのエピソードと事実を提示して観てる方に自然と結論を考えさせるやりかたが見事。ナレーションとかテロップとか、結構饒舌なんだけど、出来るだけ映像に語らそうとしているところがドキュメンタリー作家たる所以か。

今やトレードマークと成った突撃アポ無し取材だけでなく、アーカイブ映像を縦横無尽にエディットしていく手法なんかはある種MTV的で、そこが説教臭いドキュメンタリーなんかと全然異なるテイストになっている。深刻なテーマなのにナビゲーターとして登場する彼独特の皮肉めいた語り口、そして何より彼のキャラクターが面白くて、笑いながら観ているうちに背筋が寒くなったり、怒りが込み上げてきたりする。今度の作品はテーマがタイムリーなだけに、一刻も早く観てみたい。

May 24, 2004 in Film, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, May 20, 2004

【イスラエル軍が群集にミサイルを発射】

■イスラエル軍のラファハ攻撃に抗議して平和的な抗議を行っていた群衆に対して、威嚇ではなくてミサイルを撃ち込んだというニュース。

CNN.com - Explosion at Gaza demonstration kills 18 - May 19, 2004

イスラエルは戦争やろうとしているとしか思えない。アメリカや国連が非難しても『住宅破壊作戦』を止めようとしない。アメリカが9.11以降のブッシュドクトリンで、“テロとの戦争”であれば「疑わしきは先に殺せ!」的な先制攻撃を可能にするという前例を作ってしまったから、それをお手本にしているイスラエルとしては、最初からスポンサーに承認してもらっているという認識なんだろう。

JERUSALEM (CNN) -- Palestinians blame an Israeli helicopter strike for the deaths of 18 people among 200 marching in a protest of Israel's crackdown in Gaza, but the Israeli military vigorously denied its helicopter fired on the crowd.

At least 18 Palestinians were killed and 55 wounded in the explosion, and many of the casualties were children, Palestinian hospital sources said.

An Israeli Apache helicopter was seen overhead, but the Israel Defense Forces said the helicopter did not target or hit the crowd.

The IDF said in a statement that the helicopter fired one missile at an empty nearby area to disperse the crowd, which it said included gunmen, and fired flares, which explode in mid-air.

The IDF statement also said it fired tank shells at an abandoned building -- a maneuver that may have led to the deaths.

"It is possible that the causalities were a result of the tank fire on the abandoned structure," the statement said. "The details of the incident continue to be investigated."

The Israeli military is investigating to determine if there were explosives in the building hit by the tank shells.

The IDF said the road on which the Palestinians were marching -- the main road leading from central Rafah to the neighborhood of Tel Sultan -- is lined with explosives placed there by Palestinians.

"Today's incident in Rafah is a very grave incident and the IDF expresses deep sorrow over the loss of civilian lives," the statement said. "At no point in this incident was intentional fire opened in the direction of civilians.

A top Israeli spokesman also expressed regrets for the deaths and insisted Israel has no policy of firing at protesters.

"I assure you one thing: there are no rules of engagement in the IDF or among security forces that allow firing direct or high-trajectory fire into a crowd. So if there was, it was against the rules or by mistake," Ra'anan Gissin, senior adviser to the Israeli prime minister, told CNN.

He expressed "my deep regrets on behalf of the Israeli government" for the loss of innocent lives, "regardless of how they were killed."

Palestinian Prime Minister Ahmed Qorei, on a visit to Spain, called for Israel to remove its forces from southern Gaza. The White House issued a statement urging "all parties to exercise maximum restraint."

Earlier Wednesday, four Palestinians were killed and ten wounded in a military operation at Rafah, Palestinian sources said. Israel had no immediate word on that operation.

Israeli commanders said they moved into Rafah after receiving intelligence that arms that would spell a major escalation in the Israeli-Palestinian conflict were waiting across the border in Egypt to be smuggled into Gaza.

Israel says militants use underground tunnels to escape into Egypt and smuggle in weapons back in and the Israeli military is trying to shut them down.

Israel demolished buildings in the Rafah area including some homes, prompting international condemnation and a call from the United States not to destroy homes of the innocent. Israel said the homes destroyed were being used by militants to launch attacks and served as entrance points to the tunnels.

The United Nations estimates that 1,600 Palestinians have been left homeless and 100 Palestinian houses have been destroyed since the weekend.

No Israeli soldiers have died in the current operation.

On Tuesday, Palestinian sources said 20 Palestinians were killed in Israeli operations. Palestinian sources identified three as the members of the militant Al Aqsa Martyrs Brigades, a militant off-shoot of Palestinian leader Yasser Arafat's Fatah movement, and said the rest were civilians.

But an IDF officer said 20 militants were killed, and IDF Chief of Staff Moshe Ya'alon said nine of those killed were militants wanted by Israel.

Palestinian witnesses said two children were among the 20, but Israel said the two children were killed by a explosive device intended to kill Israeli troops.

Amid the fighting, thousands of Rafah residents have been without water or electricity. Israeli commanders said they were trying to restore services and clear the way for ambulances to enter the area.

CNN's Matthew Chance and Waffa Mynayyer and CNN Radio's Ninette Sosa contributed to this report.

May 20, 2004 in Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

【官邸が報道統制】

■小泉さん、言論統制はファシズムの基本です。

正直言って僕は最初にこのニュース聞いた時かなり驚いた。いや、「アルカイダ関係者が新潟に居た。」なんていう驚くべきニュースは山ほどあるけど、これは別格ではなかろうか?白昼堂々小泉政権の正体をカミングアウトしてしまったという印象。

田中真紀子の家族の記事を掲載した週刊誌が出版差し止めに成ったときも、薄々感じていたんだけど、少しずつジャブを入れて慣らしていくつもりか?まあ、あれは私人/公人の違いによるプライバシー・レベルの判断と、出版停止命令が出るまでのプロセスが問題だったんだけど、今度はモロ政治がテーマだ。ある種のショック療法ということかな・・・・。

メディアを牽制する、という初期的な目的と同時に、官邸のセキュリティー・レベルをアップして内通者(日テレの情報ソース)を排除する(あぶり出す)という目的もあるのかもしれない。

「許されぬ報道統制」と批判の声 日テレ同行取材拒否 (asahi.com)
---------------------------------------------------------------------------

 小泉首相の訪朝をめぐり、首相官邸側が、報道内容を理由に日本テレビの同行取材をいったん拒否し、取材源の開示を求めた問題で、メディア問題に詳しい専門家らからは「許されない報道統制だ」と批判の声が上がっている。細田官房長官は19日、「善処」を約束したが、日テレ側は「あくまで拒否撤回を求める」としている。

 日本テレビによると、北朝鮮へのコメ支援をめぐる同社の報道に対し、飯島勲首相秘書官が「内容を取り消さなければ同行取材を認めない」などと求めたという。これに対し、同社は「ジャーナリズムに対する暴挙」と反発している。

 桂敬一・立正大教授(ジャーナリズム論)は「国益に反する報道はけしからんという露骨なメディアコントロールで、とんでもない話だ」と官邸の対応を批判する。「自分たちの意図に従うのがメディアだと官邸が考えていることがはっきりした。ブッシュ政権がアルジャジーラはけしからんというのと全く同じ構図だ」としたうえで、「報道機関全体で抗議すべき問題だ」と話した。

 政治評論家の森田実氏は、「今回の出来事には、小泉政権の非民主主義的体質が現れた」と批判した。 (05/19 13:44)

まあ、今回は一応正式に撤回したらしいけど・・・。でもメディア関係者の頭には強烈なビーンボールがインプットされたはずだ。効果は充分あっただろう。
首相訪朝の日テレ取材、同行拒否を正式撤回 (asahi.com)
----------------------------------------------------------------------------
 22日の小泉首相の北朝鮮訪問について、飯島勲・首相政務秘書官が日本テレビの同行取材を拒否する意向を伝えていた問題で、細田官房長官は19日午後の記者会見で「関係者と相談した結果、訪朝への同行は従来通りの形で行っていただく」と述べ、同行拒否を正式に撤回した。

 細田長官は一方で「具体的数字を挙げた報道は北朝鮮との協議に重大な支障や悪影響を与えかねず、極めて遺憾だ」と述べ、交渉内容に関する事前報道は慎重に行うべきだとの考えを示した。

 小泉首相は19日夜、首相官邸で記者団の質問に答え、「今朝の新聞を見て知った」「どういういきさつがあったのか。報道機関とは正確な報道をしてもらうように対応しなさいと指示してあります」と語った。

 この問題は、日本テレビが16日夕、「北朝鮮に25万トンのコメ支援を実施することで最終調整をしている」と報じたことに対し、飯島秘書官が同社に「同行取材は認めない」と通告した。日本テレビは細田長官あてに抗議と同行要求を文書で申し入れていた。細田長官は会見で「そういった(飯島秘書官の)やり方は基本的にやるべきではない。反省すべきことも多い」と語った。 (05/19 22:58)

このニュースで思い出したのは、1972年かつて佐藤栄作総理が「新聞は嘘ばかりつくから取材させない!テレビはどこだ!」と記者会見で言い放ち、新聞各社が抗議して取材拒否で退出した事件。(6月17日:佐藤栄作首相が退陣を表明。首相官邸で行われた退陣記者会見で異様な発言を連発し、記者代表の抗議に対して「じゃあ、出てくれ」と興奮し、新聞記者がいなくなった会場でカテレビメラに向かって約20分間独りでしゃべり続けた、という事件)

May 20, 2004 in Media, Politics, Television | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, May 19, 2004

【イスラエル軍のラファハ攻撃】

■以前Jamにゲスト出演していただいた芝生さんが主催する日本パレスチナ医療協会(JPMA)のニューズレターから

イラクも悲惨だけれど、そもそも9.11の原因といっても良いのがパレスチナ問題。そのパレスチナのガザ地区で展開されているイスラエル版『テロとの戦争』がとんでもないことに成っているようだ。現地で活動しているJPMAが緊急メールをリリースした。以下はその全文。

ラファハで大変なことが起こっています。パレスチナ人たちは「第2のジェニーンだ」と叫んでいます。先月アメリカ占領軍の猛攻を受けた、イラクのファッルージャの再現と言ってよいかもしれません。圧倒的な火力と兵力を持つ強力な占領軍に、貧弱な武器で抵抗する民兵。銃砲弾でつぎつぎ倒れる、子どもを含む市民たち、救急車も救急隊も近づけず、出血死していく負傷者、ベッドも医師、看護士も決定的に足らない医療機関。すべて、1月まえにファッルージャで繰り広げられた光景の再現です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□◆
□                     □
◆ イスラエル軍のラファハ攻撃(5・16~ )◆
□                     □
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□◆


【16日(日)】

■「さらに住宅数百戸を破壊する」とイスラエル軍(既報)■

イスラエル軍のモシェ・ヤアロン参謀総長は、同日の閣議で、さらに「エジプト国境沿いの数百戸の破壊を計画している」と報告した。参謀総長は、これらは空家で、武器密輸に使われていると語った。

モファズ国防相も、住宅破壊作戦続行を表明。シャロン首相は、武器密輸阻止のためエジプトに協力を求めていると報告した。

前日、住宅破壊停止仮処分を出した最高裁は、この日、3人の合議で、軍の作戦に必要か兵員の生命が危険にさらされるなら住宅破壊を認めることを決定、住民からの訴えを退けた。

【17日(月)】

■◆イスラエル軍、ラファハで2年ぶりの大作戦を準備◆■

パレスチナ人の家屋破壊作戦を準備中のイスラエル軍部隊は、戦車約100台、装甲車、軍用ブルドーザー、攻撃用ヘリなどを伴う大部隊を動員して、ガザ地区南西端のラファハ市(人口14万人)を包囲、隣接地との連絡を切断した。18日付「ハアレツ」によると、作戦は、02年3月に発動された「防衛の盾」以来最大規模のものとなる模様。

作戦は、エジプト国境沿いの無人地帯「フィラデルフィ・ルート」を拡幅、エジプトからの武器密輸ルート遮断のため、一帯の難民住宅数百戸の破壊を目指している。モファズ国防相は、作戦の目的を「ガザ地区に新たな安全保障体制を築くこと」だと説明した。

ドイツ滞在中のナビール・シャアスPNA(パレスチナ自治政府)外相は、ベルリンで、ブッシュ大統領のゴンドレザ・ライス安全保障担当補佐官と会談、イスラエルに作戦をやめさせるよう要請した。

16日には、ダニエル・クルツァー米駐イスラエル大使が、モファズ参謀総長と会談、防衛の必要性は理解するが、その手段としての家屋破壊には反対する旨を伝えたという。

作戦の対象地域となっている、エジプト国境沿いの難民キャンプからは、16日から17日にかけて約2000人が脱出、架設地に避難している。また、ガザ地区のパレスチナ医療機関は、多数の死傷者が出ることを警戒、非常態勢に入っている。

17日、イスラエル人の女性平和活動家約50人が、ラファハ攻撃作戦に反対、パレスチナ人を守る「盾」になるため同市に向かい、軍の検問所で阻止された。彼女らは、「この犯罪が止められるまでここにとどまる」と宣言、検問所の近くで野営を始めた。

【18日(火)】

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■◆■ イスラエル軍、ラファハへ総攻撃開始 ■◆■
   ――少なくもパレスチナ人20人死亡――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

ラファハを包囲しているイスラエル軍部隊は、未明、本格的な攻撃を開始、同日中に、パレスチナ人少なくとも20人が死んだ。うち14人は戦闘員、少なくとも6人が非戦闘員で、少年(13)と少女(16)の姉弟が含まれるという。パレスチナ人の重軽傷者は約40人(エルサレム・ポストによれば、数十人)。死者のほとんどは、ヘリからのミサイルと高い建物からの狙撃によるもの。

目撃者によると、姉弟は、屋上に洗濯物を運んでいるところを撃たれた。誰も救助できず、そのまま出血死したという。

イスラエル軍に死傷者はでていない。

エジプト国境の無人地帯「フィラデルフィ・ルート」近くの住民のほとんどは、攻撃を恐れ、前日までに避難した。住民のうち45人が、17日、あらたにイスラエル最高裁に住宅破壊差し止めを請求したが、却下されている。

イスラエル軍の攻撃は、無人地帯ではなく、タル・アッスルターン地区から開始。
午前2時半ごろ、戦車や攻撃ヘリに擁護された歩兵部隊が、1戸1戸シラミツブシに家宅捜索、武装パレスチナ人は自動ライフルなどで抵抗した。

この日大がかりな家屋破壊は行われず、ミサイルなどで壊されたのは10戸以内だった。

シャウル・モファズ参謀総長は、ラファハ攻撃を「虹の作戦」と命名、作戦は「必要な限り」継続されると語った。当面、住宅の大量破壊は予定していないという。

国際人権NGOアムネスティ・インタナショナルは、ラファハなどにおけるこれまでの住宅破壊は「異例の高いレベル」に達しており、ただちに止めるべきだと呼びかけた。

アラファートPNA大統領(PLO議長)は、今回の作戦を「イスラエル政府による計画的大虐殺」と非難、世界各国政府に「虐殺を止めさせてほしい」と訴えた。

ヨルダン政府、EUもラファハ攻撃を強く非難する声明を発表。ホワイトハウスのスコット・マクレラン・スポークスマンは、イスラエル軍が「無関係なパレスチナ人の住宅を破壊することのないよう、自制を求める」と語った。

同夜、タル・アッスルターン地区の友人ムハンマドに電話した森沢典子さん(「パレスチナが見たい」の著者)には、銃声に混じって、つぎのような返事が戻ってきたという。

「撃たれて怪我をしたことがわかっていても、誰もそこに助けに行くことができないから、結局死なせてしまうんだ。このままだと死者は20人を超えてしまうかもしれない。その人たちは、大抵は僕の友だちなんだ。なぜならみんな近所の人たちだからだよ。」

【19日(水)】

■◆作戦つづく◆■

国連安保理は、ラファハでの住宅破壊停止を要求するアラブ諸国の決議案、アメリカの修正案、イギリスの修正案が出され、協議が続いている。

現地では、早朝、武装パレスチナ人2人がイスラエル兵との銃撃戦で射殺された。

ラファハのテル・アッスルターン地区では、イスラエル軍が、16歳以上の男性全員に、投降、学校の敷地に集まるよう命令した。

この日、午前中にイスラエル軍は、住宅5戸を破壊した。

また、西岸地区のジェニーンとナーブルスでも、イスラエル軍は武装パレスチナ人2人を銃撃戦で殺した。

(以上、Haaretz、Maariv、Jerusalem Post、Jordan Times、複数のE-mailから)


┏━━━━━━━━━━━┓
■■ 要請状などの送り先■■
┗━━━━━━━━━━━┛

Coalition of Women for Peace のGila Svirskyさんから、ラファハ攻撃停止要請状のサンプルと送り先(候補)を知らせてきています。

************************************
Sample letter text:

There is an emergency situation in the Gaza Strip right now. Please demand that Prime Minister Sharon halt the death and destruction wrought there by the Israeli army. The cycle of bloodshed must end.

[訳]いま、ガザ地区で緊急事態が生じています。イスラエル軍がここで行っている殺人と破壊を止めるよう、シャロン首相に要求してください。流血のサイクルを停めるべきです。

(1) President George W. Bush -- Tel (202) 456-2461; Fax (202) 456-2461.

(2) Secretary of State Colin Powell -- Tel (202) 261-8577; Fax (202)261-8577.

(3) US Ambassador to Israel Daniel Kurtzer -- Tel in Israel: (+972-3)519-7575
webmaster@usembassy-israel.org.il

(5) UN Secretary General Kofi Annan, coi@un.org

(6) Council of the European Union, public.info@consilium.eu.int

(7) European Union, civis@europarl.eu.int

(8) Prime Minister Ariel Sharon, Fax (+972 2) 670-5361
rohm@pmo.gov.il

(9) Minister of Defense Shaul Mofaz, Fax (+972 3) 691-6940
sar@mod.gov.il

(10) Minister of Justice Yosef Lapid, Fax: (+972 2) 628-5438
sar@justice.gov.il


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆  連続公開講座「中東はどこへ」第2部       ◆
◆  第21回 「アメリカとパレスチナ」       ◆
◆  講師 芝生瑞和・当協会代表(国際ジャーナリスト)◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◎ 日時:2004年5月29日(土) 18時30分~20時30分(開場18:00)
◎ 場所:中野区立商工会館、大会議室
     東京都中野区新井1-9-1   TEL: 03-3389-1181
     中野駅北口より徒歩7分
◎    演題:イラク戦争とパレスチナ紛争
    ――アメリカの大統領選は何を意味するか
◎ 資料代・参加費 :一般800円、会員500円
◎ 主催:日本パレスチナ医療協会
◎ 問合せ・申し込み:jpma@mx6.ttcn.ne.jp
Tel & Fax: 03-5330-9679 PHS: 070-5072-7278

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆□◆ アジア記者クラブ5月定例会 ◆□◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

●と き 5月20日(木)午後6時45分~9時
●テーマ 「それでもイラクを取材する、ジャーナリストがなすべきこと」
●ゲスト 安田純平さん(フリーランスジャーナリスト)
●場 所 文京区民センター3階A301
      電話03-3814-6731(東京都文京区本郷4-15-14)
      *都営三田線「春日駅」より徒歩0分(A2出口直上)
●参加費 会員1000円、ビジター1500円
●問い合わせ アジア記者クラブ事務局(T&F:03-5802-2454)


★★ ウイルスにご注意! ★★ 最近、コンピュータ・ウイルスが蔓延しています。最近、当協会や運営委員の名義とメール・アドレスを勝手に使ってウイルス・メールを送りつけるハッカーが出現しています。通常、メルマガ読者の方に、当協会のメルマガ以外のメールをお送りすることはありません。不審なメールは消去されるようお願いします。

......................................................


★パレスチナ医療支援のため活動資金を必要としています。
 会員になって支えてくださる方、寄付をして支えてくださる方は[会費」[地域医療保健への寄付」「無指定の寄付」を明記して下記口座に振り込んでいただけたら幸いです。

 年会費 個人 5000円、 学生 3000円 法人 10,000円
 郵便振替口座 00140-9-155450  口座名 JPMA
 東京三菱銀行新宿中央支店(普)469-5232265 口座名 JPMA

★年4回ニュースレター「アル・サッハ」(無料)を発行しています。
 ご希望の方は送り先(〒番号、住所、氏名)をお知らせください。

★このメルマガは無料です。あらたにメルマガを希望される方、送信先を紹介してくださる方、不要な方、突然メルマガが途切れた方は、いずれもご遠慮なくjpma@mx6.ttcn.ne.jp までお知らせください。

★転送は全く自由です。大歓迎!

★このメルマガはBCCでお送りしています。

**************************************** 
日本パレスチナ医療協会
Japan Palestine Medical Association (JPMA)
E-mail : jpma@mx6.ttcn.ne.jp
Home Page : http://www1.ttcn.ne.jp/~jpma
Tel/Fax: 03-5330-9679 PHS: 070-5072-7278
****************************************

May 19, 2004 in Current Affairs, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, May 18, 2004

【国税庁システム、発注方式見直し】

■国税庁システム、発注方式見直し 開発費膨れて3千億円 (asahi.com : 政治

税金の取りっぱぐれを防ぐ為に開発したシステムの開発費が当初の10倍にも膨らんでしまったという情けない話。これこそ税金の無駄遣いだ!

 システムは「国税総合管理(KSK)システム」。全国の税務署が持つ所得・納税資料を名寄せし、税の取りこぼしを防ぐ目的で、89年度に開発が始まり、94年度以降導入地域を広げながら、完成した03年度までに開発費として3174億円の国費が投じられた。

 当初の見込みでは、開発費は300億~400億円、完成は96年度をめどとしていた。プログラム量が当初見込みの5~6倍になったことで完成が遅れ、開発費が膨れあがった。このほかにシステムの維持や手直しなどの運営費が年間約500億円発生、これまでに事業費は4500億円を超えている。

この無駄遣いの元凶とされるのが、元受と成っている東京・銀座の文具・オフィス機器販売「文祥堂」(資本金5億円)だ。
 文祥堂は89年度から関与、93年度に実用機納入を無競争入札で受注、翌年度から随意契約で主要業務を独占してきた。用紙・備品などの納入で国税庁に食い込み「庁内に人脈を持ち、内情に通じた業者」と言われていた。

 文祥堂に元請けさせる理由を国税庁は「大規模システム開発は業者間の調整をする業者が必要。事業の継続性から随意契約にしている」としていた。

89年に開発がはじまってから、これまで当初見積もりを4000億円以上もオーバーしながら、誰も何も言わなかったのか?
 自民党政務調査会の中で電子政府のあり方を検討しているe-Japan重点計画特命委員会は「実績もない業者への不透明な発注」と批判。財務省の中にも「素人の業者では下請けに入った大手の言いなりで、価格も抑えられない」などの指摘が出ていた。
ここに来てやっと批判の声が上がって“普通のやりかた”に修正することに成ったみたいだけど・・・。出るのは溜息ばかりかな。

May 18, 2004 in Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, May 13, 2004

【メキシコ空軍がUFOを撮影】

■メキシコ空軍がUFOを撮影したというニュース (HotWired Japan4_22_051204_mexico_ufos 久々のUFO関連ニュースだ。数日前にこの映像をテレビでも紹介してた。問題の画像を紹介した番組のクリップがMSNBCにアップされている。

 匿名を条件に取材に応じた国防省の広報担当は11日、この映像はメキシコ空軍に所属する軍人が撮影したものであると認めたが、それ以上のコメントは避けた。  この映像はまず10日夜に全国ネットのテレビで放映され、次にハイメ・マウサン氏による記者会見で再度流された。マウサン氏はこの10年間、UFOの研究に打ち込んでいるメキシコの超常現象研究家だ。  「これは歴史的なニュースだ」とマウサン氏は記者たちに語った。「(UFOに関する)映像は数多く存在するが、いかなる国であれ、軍が認めた映像は今まで1つもなかった……。軍隊が虚偽の映像を残すはずがない」  マウサン氏は、この映像をリカルド・ベガ・ガルシア国防長官から入手したと述べている。

確か僕の記憶だと、ブラジルの空軍も公式にUFOの存在を認めているはずだけど、こういう映像が伴っていたかどうかは判らない。 ちなみに、時事通信によるとこのベガ国防相は映像の鑑定を科学者に依頼しているらしい。どんな結果が出るのか楽しみ。

 メキシコのベガ国防相は12日、同国空軍機が未確認飛行物体(UFO)を撮影したとし、UFOの正体特定に向けて映像の鑑定を科学者に依頼すると発表した。  このUFOは3月5日、メキシコ東部カンペチェ州の海岸上空で、麻薬密輸取り締まりのための偵察任務に就いていた空軍機搭乗員が赤外線カメラで撮影。映像を入手したメキシコのテレビ局テレビサが11日に放映した。映像には、11個前後の白い光点が速度を変えながら移動する光景が捕らえられている。  UFOの正体について、メキシコの天文学者らは気象現象の可能性もあるとし、結論を急ぐべきではないと語っている。(時事)

それにしても、この記事を掲載しているHotWired Japanの関連リンクを覗いていたら、2001年ごろからのものも含めて結構興味深い記事が沢山あった。なかでも、“テロからUFOまで、政府文書公開サイト『ブラック・ボールト』”(HotWired Japan)で取り上げられているサイト『The Black Vault』はなかなか秀逸。 X-Filerなら誰でも知っている資料が網羅されていて、ちょっと覗くだけでモルダー気分が味わえる。

May 13, 2004 in Science, Ufology, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, May 11, 2004

【科学はSFよりも奇なり】

■SF志向を貫くNASA先端構想研究所 (Hotwired Japan

「反物質」とか「気象コントロール」とか「宇宙エレベーター」とか・・・。どこかSFの香りがするこうした研究開発にマジに取り組んでいるアメリカの政府機関があるという。米航空宇宙局(NASA)の先端構想研究所(NIAC)という。

 NIACはこの6年間で118の研究を援助し、各構想はますます突飛なものになっている。たとえば、惑星間の高速輸送、可動部のない航空機、流星の軌跡に生じるイオン粒子に電波を反射させて行なう遠距離無線通信といった研究だ。

 NIACの最も有名な構想はいわゆる「宇宙エレベーター」だ。宇宙エレベーターとは、カーボンナノチューブをより合わせた長さ約10万キロのリボンを地上から延ばすもので、地球周回軌道まで物資を輸送できるという。

先日Discovery Channelで『トレッキー(アメリカのテレビ・シリーズ「スタートレック」に身も心も捧げるフリーク達のこと)』の特集をやっていたけれど、ただのコスプレマニアやコレクターの集団がほとんどだと思っていたら、実はスタートレックに感化されて天文学者に成ったり、宇宙物理学者に成ったという人達も登場していた。

彼等の目的はもちろんスタートレックに出てきたような“転送装置”や“ワープ航法”のような超未来的な技術を実現することなんだけど、動機が純粋そして超熱心なだけにキチンと成果も上げていて、登場した研究者達はそれぞれの領域でトップクラスにまで成っている。

そういえば、世界でも最高峰といわれる日本のロボット技術も、実は手塚治虫の『鉄腕アトム』に刺激されたことがきっかけだったと公言する研究者も大勢居るし、SFが先端科学に与えている影響は本当に偉大なものがある。

スペースシャトルの原型がSFの大家アーサー・C・クラークと巨匠スタンリー・キューブリック監督共作の『2001年宇宙のオデッセー』でリアルに描かれていたのは有名な話だし、そう思って改めて考えると、パソコンやインターネットやケータイなんて、ほんの少し前までは存在すらしない全くSF的な技術だったのに、今はごくフツーに使ってるもんね。それにしても、こんな突拍子もないことをマジメに研究させているアメリカという国はなんとも奥深い・・・。

May 11, 2004 in Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

【虐待は組織的 国際赤十字のリポート】

■今日リリースされた国際赤十字の調査リポートによると、イラクの捕虜虐待は組織的なものだという。(Washington Post

Abuse of Iraqi prisoners by American soldiers was broad and "not individual acts" as President Bush has argued, according to a Red Cross report disclosed today.
先日の公聴会で最大のポイントは誰がこの拷問の指揮をとっていたか?だったんだけど、ラムズフェルドも軍の上級指揮官も、この事件は組織的なものではなく、一部の極少数の個人が引き起こした不祥事だという主張を崩さなかった。

これはブッシュ大統領も同じで、このスキャンダルが発覚して以降のスピーチでは一貫して軍の組織的な関与を否定してきた。しかし、赤十字の調査によると、これらの虐待行為は例外的なものではなく、組織的且つ慣例的なもので、パターン化されシステマティックに実施されていたという。

Bush has said the abuses were the result of the "wrongdoing of a few."

However, the report says "the use of ill-treatment against (Iraqi) persons deprived of their liberty went beyond exceptional cases and might be considered a practice tolerated by" coalition forces.

A senior Red Cross official added: "We were dealing here with a broad pattern, not individual acts. There was a pattern and a system."

ちなみに、この調査リポートは米国政府に提供されるが、赤十字が自ら公開することは(政治的な行為になるため)ありえないらしい。ただし、リポートの提供を受けた側が必要と判断した場合は、公開する可能性もあるだそうだ。

May 11, 2004 in Current Affairs, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, May 09, 2004

【アブグレイブ収容所のタイムテーブル】

■WASHINGTON POSTに掲載されたアブグレイブ収容所のタイムテーブル (WASHINGTON POST

2003年から現在まで、アブグレイブでの主なイベントが時系列を追ってリストされている。表の左側が収容所内の出来事で右側が収容所外の主な出来事。

中央少し下あたりの赤線で囲われた部分が、“PERIOD OF MOST ABUSES”ということで、問題の虐待が集中した時期。ちょうど占領軍に対する抵抗が激化し、米軍がサダム・フセインの行方を必死になって探っていた時期と重なる。
abughraib_050904

May 9, 2004 in Current Affairs, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, May 07, 2004

【マイケル・ムーアの新作 ディズニーが配給を拒否】

■マイケル・ムーアが配信したメイルから。(MichaelMoore.com

ニューヨークタイムズの記事によると、ディズニーのアイズナーCEOは、ディズニーのテーマパークに対して税制優遇措置を与えてくれているフロリダ州知事(もちろん、ブッシュの弟ジェブ・ブッシュのことだ)の御機嫌を損ねたくないから、という理由で、ムーア監督の最新作を配給しないことを決定したという。しかしそれが本当の理由だとしたら、巨大資本によるメディアの寡占状態に対する懸念が具体化したことになる。

Mr. Moore's agent said that Michael Eisner, Disney's chief executive, had expressed concern that the film might jeopardize tax breaks granted to Disney for its theme park, hotels and other ventures in Florida, where Jeb Bush is governor. If that is the reason for Disney's move, it would underscore the dangers of allowing huge conglomerates to gobble up diverse media companies.
今回の新作『Fahrenheit 9/11』は、ブッシュ・ファミリーとビン・ラーディン・ファミリーが、実は相互に資本を提携しあったり、資金の提供をしたりという親密なビジネス・パートナーであるという、既によく知られた事実をテーマにしているらしい。つまり、彼が著書『おい、ブッシュ・・・』で取り上げたテーマそのものの映画化ということだ。

ムーア監督の作品は、反政府的かも知れないが、むしろ真の愛国者であるという見方もある。アメリカの言論の自由。表現の自由を最大限行使している1人。本来のアメリカ的精神を愛するがこそ、病んだアメリカ、虚飾に満ちた権力者を暴いてみせるのだ。

それにしてもディズニーは、いつもアピールしている「愛」とか「平和」とか「友情」とか、それらとどう整合性をつけるんだろうか?まあしかし、この騒動でかえって作品が注目されることになったのは確実だ。

May 7, 2004 in Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, May 04, 2004

【実は記念写真だったらしい】

■THE NEWYORKERに続いて、今度はWASHINGTON POSTに新しいアブグレイブ収容所の写真が掲載された。(WASHINGTON POST

前回と登場する人物はほぼ同じ。この時点で、ワシントンポスト誌は約1000枚の写真が収納されたCD-ROMを入手していたという。このCD-ROMは米軍の関係者間で“流通”していたというもの。ピースサイン出しそうな米兵の表情はまるで記念写真だな・・・と思っていたら、報道によると一部は実はほんとに個人的な記念写真だったらしい。

ボカシがかかっているけれど、女性兵士が指差している男性の捕虜(8枚目の画像)は無理やりマスターベーションをさせられているとのこと。公開されていない写真の中には、女性捕虜のヌードや、米兵によるレイプ映像。男性捕虜同士による性行為を強制したり、少年捕虜を複数のイラク人男性に無理やり集団輪姦させている映像など、正にパゾリーニの映画『ソドムの市』を地で行くようなものだという・・・。

May 4, 2004 in Current Affairs, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, May 02, 2004

【一枚の写真が世界を変える】

■全てはこの"THE NEWYORKER"のオンライン版から始まった。The New Yorker: Online Only: Cover Gallery

「一枚の写真が戦争をとめる」とは日本のフォトジャーナル『DAYS JAPAN』のコピーだけれど、正にそれが現実となったイラクの捕虜虐待写真のオンライン・ギャラリー。どちらかというと親イスラエル色の強いTHE NEWYORKER誌が公開に踏み切ったところがミソかも?

May 2, 2004 in Current Affairs, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack