« August 2004 | Main | October 2004 »

Thursday, September 23, 2004

【あらためてイラク戦争の大儀を問うアナン】

■「法の支配」の重要性強調 国連総会でアナン氏演説 (asahi.com

「イラク戦争のおかげで世界はより安全になった。」なんて信じている人はアメリカ人だけ。名指しはしなかったけれど、アナン国連事務総長が非難しているのはブッシュ大統領ということは誰でも分かる。なんだけど、そのアメリカの暴走を止めることが出来なかった国連安保理の機能不全も大問題なわけで、安保理の改革が進まないと同じ事が起きるんじゃないか。

それに、たとえ日本が安保理に参加したとしても、アメリカ追従の票が一票増えるだけだから改革につながるとは思えない。

 第59回国連総会の一般演説が21日午前(日本時間同日深夜)、ニューヨークの国連本部で始まった。各国首脳に先立って冒頭演説を行ったアナン国連事務総長は「法の支配はいま、世界中で危機に直面している」と訴え、イラクで続く民間人の殺害などを例に挙げて、弱者を守るための法の支配が無視されていると警告した。イラク戦後の世界で、事実上の無法状態が広がっているとの認識に立ち、安全保障理事会を含む国連の機能強化による法の支配の復活を呼びかけた。

 この日はブッシュ米大統領も演説し、イラク戦争は正当だったと改めて訴えた。

 アナン氏は昨年の総会演説で、米が明確な安保理決議なしにイラク戦争に踏み切ったことを厳しく批判し、「法を逸脱した武力行使が拡散するのではないか」と懸念を表明した。今年は、法の支配が各地で崩壊しているとの認識を表明した。

 その例として、イラクで多くの市民が戦火の犠牲になっていることを挙げた。アブグレイブ刑務所でのイラク人虐待にも触れ、米の名指しは避けつつも、多国間協調を無視したイラク戦争が、現地を混乱に陥れている実情を指摘した。

 さらに、スーダンでのアラブ系民兵による黒人住民迫害▽ウガンダでの子ども虐待▽ロシア南部の学校テロ事件▽パレスチナ過激派による自爆テロとイスラエル軍の報復、などに言及。「こうした惨状の蔓延(まんえん)は、私たちみんなが法を支え維持するのに失敗したからだ」と強調した。

 安保理については「法の支配を強制できる力が公平または効果的に使われていないと多くの人が感じている」と指摘したが、改革の必要性を示唆しながらも、具体的な方策には触れなかった。

September 23, 2004 in Politics | Permalink | TrackBack

Wednesday, September 22, 2004

【ブッシュ大統領 国連総会演説テキスト全文】

■Remarks to the United Nations (CFR

イラク戦争の大儀であった大量破壊兵器が結局見つからなかったことについては一切触れず、サダム・フセイン政権を打倒したことでイラクが民主化されたことを成果として最大限アピールしたブッシュ大統領。

中東をはじめとして、独裁政権下にある非民主主義国家の解放と民主化が究極のゴールであることを改めて強調している。

演説の中で、“Because we believe in human dignity・・・”というフレーズで始まる箇所が7箇所もある。徹頭徹尾、美辞麗句。まあ、当然といえば当然かもしれないけど、中継を観ていても、「何だかなァ・・・」という印象しかなかった。

September 22, 2004 in Politics | Permalink | TrackBack

Saturday, September 18, 2004

【大量破壊兵器は見つからない by パウエル米国務長官】

■「大量破壊兵器、見つからないだろう」米国務長官が断念 (asahi.com

今さらこんなこと云われてもイラク戦争の犠牲で亡くなった人は帰ってこない。多分、20日から開催される国連総会に向けてイラク戦争の正当性を再定義する必要があり、この発言はその一環ではないかと思うけど・・・。

 パウエル米国務長官は13日、上院政府活動委員会の公聴会で証言し、旧フセイン政権による大量破壊兵器について「いかなる備蓄も発見されておらず、我々が発見することはないだろう」と述べ、従来の「未解決の問題だ」との発言内容を修正した。

 すでに同長官は大量破壊兵器の保有に関する個々の情報について、誤りだったことを認めていたが、今回の発言は備蓄の発見を最終的に断念したものだ。イラク開戦の主要根拠が事実上否定されたことになり、大統領選での論議にも影響を与えそうだ。

 米情報機関の情報収集能力や分析力を高めるための情報機関改革をめぐる公聴会で発言した。長官は開戦前の機密情報について、「なぜ(実態と)異なる判断を下したのか検証しなければならない。情報には欠陥があり間違っていた」と述べた。誤った原因については「情報機関の中には情報源が怪しいと知っている人もいたが、私には伝わらなかった」と述べ、情報の確度に関する取り扱いに問題があったと指摘。


September 18, 2004 in Politics | Permalink | TrackBack

Thursday, September 16, 2004

【イラク戦争は国連憲章上違法 by アナン国連事務総長】

■イラク戦争「国連憲章上違法」 国連事務総長がBBCに (asahi.com : ニュース特集 : イラク情勢

これまでも色んな人がイラク戦争の正当性について様々な発言をしてきたけれど、このアナンさんの発言は国連トップという当事者の発言だけに重みがある。アメリカの大統領選挙が近づいたこの時期に、あえてこうした発言をすることでアメリカを牽制しているのだろうか。

それよりも気に成るのは、大量破壊兵器の発見云々以前に米国支持を表明した日本の立場も、この解釈からは同罪ということにならないか?

 15日の英BBC放送(電子版)によると、アナン国連事務総長はBBCとのインタビューで、イラク戦争を「我々の見地からも、国連憲章上からも違法」と断じた上で、「各国が共同歩調をとり、国連を通して行動するのが最善という結論に誰もが達している」と述べた。

 国連では21日からブッシュ米大統領ら各国の元首、首相、外相らを迎えて総会の一般演説が行われる。アナン氏の発言はこれを前に、イラク戦争を国際法違反とする国連の姿勢と、唯一武力行使を容認できる機関としての安全保障理事会の重要性を再確認したといえる。

 また、イラクで1月に予定される暫定国民議会などの直接選挙について、予定通り進められるかどうかはイラク暫定政府の判断次第と指摘。その上で、「治安がこのままなら、信頼性を欠く選挙になる恐れがある」と警告した。安保理や選挙を支援する国連事務局からは、治安の悪化が著しいイスラム教スンニ派地域で選挙を行えるか危ぶむ声が出ており、アナン氏の発言はこうした地域への対策を積み残した場合の選挙結果の正統性に疑問を示したものだ。


September 16, 2004 in Politics | Permalink | TrackBack

Thursday, September 09, 2004

【たった2秒でも使用料が必要です】

■「サンプリング」には使用料が必要――米控訴裁判所判決 (Hotwired Japan

以前ジェームス・ブラウンの叫び声がサンプリングに多用されて、対象と成る楽曲がまとめて一気に訴訟の対象になったというケースがあったけど、あの場合は誰が聞いても“J.B”と分かるものだったから、当然かなという気がした。

今回のケースは、“聴く人が聴けば分かる”的なマニアックな要素があるような感じだけど、でも相当影響が出そうだ。

連邦控訴裁判所は7日(米国時間)、ラップ・アーティストに対して自らの作品に含まれたあらゆる楽曲のサンプルについて、サンプリングされた断片が、たとえ原曲を識別できないような非常に短時間であったとしても――使用料を払うべきだという判決を下した。

 今回のケースは、『N.W.A.』の楽曲『100マイルおよびランニング』(100 Miles and Runnin)が主な争点となっており、1970年代のファンクバンド、ファンカデリックの中心人物だったジョージ・クリントン作の『ゲット・オフ・ユア・アス&ジャム』(Get Off Your Ass and Jam)に使われていたギターによる3音のリフをサンプリングして使っていた。

 この2秒間のサンプリングではギターの音程が下げられており、このサンプルした音が「ループ」として繰り返され、16拍ぶんをカウントする。このサンプル音は、新たにつくられた曲の中に5回登場する。


September 9, 2004 in Music, Politics | Permalink | TrackBack