« January 2005 | Main | March 2005 »

Wednesday, February 23, 2005

【ホリエモンがJAMにゲストで来てくれた】

■昨日放送したJAM THE WORLDに堀江社長がゲストに来てくれた。

今まさに“時の人”、ライブドアの堀江社長が緊急生出演ッ!いや、本当は事前収録の予定だったんだけど、さすがに超~御忙しい堀江さん、スタジオ入りが遅れに遅れて結局は生出演に成ってしまい、そういう意味ではまさに“緊急”だったんだけど・・・。

Horiemonjam 今日はフジテレビの反撃のニュースでその対応が注目されているけれど、昨日の段階ではまだこの動きは出ていなかった。なので話の中心は彼がいつも語っているフジサンケイグループとの提携の真の狙い=“インターネットとテレビ・メディアの融合”について、少し時間を割いて語ってもらった。

ちょうど前日に放送された日本テレビのインタビューが物凄い内容だったんで、ひょっとしたらまた「質問がくだらないッ!もう帰りますよッ!」ってなことに成るんじゃないかと心配していたんだけど、意外と落ち着いた感じで受け答えしてくれた。

僕は一連の堀江バッシングを観ていて、今はスポーツキャスター然としている江川がその昔、いわゆる“空白の一日”を利用してジャイアンツに入団した時の江川バッシングを思い出していたんだけど、あれも一応プロ野球機構の定めたルール上は“合法”だった。

だけど、それまで誰も気が付かなかった禁じ手を使って自分の思い通りに事を運び、そして結果的には業界の“暗黙の了解”を破った形になって物議を醸した、という部分が今回の騒動と酷似している。

でも、どうやら御本人は「日本のメディアは上げたり下げたりですから。」ということで、こういう状況ですら楽しんでいるのではとお見受けした。まあ、そのぐらい神経が太くないとあんなことは出来ないよなァ~なんて、妙に納得。

それにしても、国会のセンセイ達を動かして法律まで変えちゃうかもしれないんだから、今回のライブドアの動きがどれほど日本の商習慣上異質というか、予期されていなかったものだったのか、そのインパクトの大きさに改めて驚く。

でもこれが堀江社長じゃなかったらどうだったんだろう・・・。なんせ彼が日本の経済界にとって異分子であることは、今に始まったことじゃないからね。

昨年春に勃発したライブドア VS.イーバンク銀行のバトルの時は、金融庁からの指導で増資を迫られていたイーバンクに対して、ライブドアが確か35億円の増資を引き受けて筆頭株主に成り、役員を送り込んで経営に参画し業務提携を目指したんだけど、手始めに着手したのが大胆な経営改革。で最初にやったのが、イーバンクに不透明な投資があることを指摘してこの解消を要求したわけだ。(ちなみに、当時イーバンクにこうした要素が無かった訳ではない。)

で、これが既存の経営陣の反感を買い、ドロドロの争いに発展。この経営陣っていうのがまた旧長銀の出身者だったり、三井物産の出身者だったり、ようするに超保守的な重厚長大企業の出身者で構成されていたんだけど、でイーバンクは出資金返すから出てってくれッ!とライブドアの追い出しに掛かり、その過程でイーバンクの松尾社長がライブドアの役員に掛けた“脅迫”電話の録音データ(「おまえらフザケタコトするとブッツブシテヤルからな!」)をライブドアが自社のサイトにアップして・・・、とまあインターネット銀行を舞台にしてホントにギリギリな感じのバトルだったのだ。

この戦いは結局、「業務提携解消」という結果に終わったので、どっちが勝ったということはいえない。

イーバンク、ライブドア堀江社長を刑事告訴(ITMediaニュース)

そういう意味では今回の件とその経緯は異なるにせよ、若干様相は似ているような気もする。多分、その頃からホリエモンは経済界のオエライサンから“要注意人物”、あるいは“金融テロリスト”のレッテルが貼られていたんじゃないか?と僕は勘ぐっているんだけどね。

February 23, 2005 in Current Affairs, Media | Permalink | Comments (2) | TrackBack

Saturday, February 19, 2005

【銀河系で巨大「爆発」?】

■太陽エネルギー15万年分を放出 銀河系で巨大「爆発」?-? <asahi.com: 宇宙探査特集

何だか妙に気に成る記事。昨年末というのが正確にいつの事なのかこの記事からは判らないけれど、スマトラ沖大地震との関連があるのかないのか・・・?

 太陽エネルギーの15万年分を一瞬で放出する爆発現象が昨年末、銀河系内の特殊な中性子星で起きていたことが分かった。米航空宇宙局(NASA)は18日、欧米の複数の人工衛星や電波望遠鏡が「爆発」を観測していた事実を公表した。

 過去に太陽系外で観測された天文現象では最も明るく、地球の電離層も一時的に乱されたという。

 「爆発」があったのは地球から5万光年の中性子星SGR1806・20。直径はわずか24キロほどだが、宇宙で12個しか見つかっていない「強力磁石星」の一つで、非常に強い磁場がある。7.5秒に1回という高速回転をしながら、軟ガンマ線を間欠的に放射している。

February 19, 2005 in Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

【ネット広告、ラジオ抜く】

■ネット広告費、前年比5割増だって! (asahi.com : ネット最前線 : 朝日新聞ニュース

ここ数年ネット広告がすごく伸びている(8年で113倍!)のは知ってたけど、ネット広告費が初めてマスコミ4媒体(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)の一角を上回ったということで、これはある意味マイルストーン的なニュースだ。

確かにラジオのコマーシャルってあまりにも旧態然としていて、広告効果という点ではインパクトを失っているのかもしれない。一応この媒体で番組をやらせてもらっている人間としては気に成るけれど、もうこの流れは不可逆的でしょう。

 昨年1年間の国内の広告費のうち、インターネットのサイト上に掲載された広告の費用が前年比5割以上伸び、ラジオの広告費を初めて上回ったことが、広告最大手・電通の調査でわかった。ブロードバンドの普及によるパソコン利用者の増加を受け、テレビや新聞などの媒体と連動した広告をネットに掲載する広告主が増えているためだ。

February 19, 2005 in Media | Permalink | Comments (0) | TrackBack

【火星に生命発見?!】

■NASAの研究者が火星に生命が“今”存在している証拠を発見したと主張 (NASA Researchers Claim Evidence of Present Life on Mars

ほんとだとしたら、ドエリャーニュース!シリコンバレーにあるNASAのエイムズ研究所の研究者、キャロル・ストーカー博士と、ラリー・レンケ博士がプライベートな場ではあるけれど、火星の地表、洞窟の中の水溜りの中に、生命が存在している証拠を発見したと語った。

二人は昨年5月に、この研究のレポートを科学雑誌NATUREに提出し、現在検証が進められているとのこと。

もっとも、発見されたのは生命そのものではなく、メタンの痕跡など、最近地球上の洞窟などでも発見されたのと極めて近い、生命活動の結果を表すものだそうだ。

 A pair of NASA scientists told a group of space officials at a private meeting here Sunday that they have found strong evidence that life may exist today on Mars, hidden away in caves and sustained by pockets of water.

 The scientists, Carol Stoker and Larry Lemke of NASA’s Ames Research Center in Silicon Valley, told the group that they have submitted their findings to the journal Nature for publication in May, and their paper currently is being peer reviewed.

What Stoker and Lemke have found, according to several attendees of the private meeting, is not direct proof of life on Mars, but methane signatures and other signs of possible biological activity remarkably similar to those recently discovered in caves here on Earth.

February 19, 2005 in Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, February 17, 2005

【ロスチャイルドとハウス・オブ・ノムラ 最強タッグ結成】

■野村証券、M&A仲介でロスチャイルドと提携 (NIKKEI NET:経済 ニュース

ライブドアvs.フジサンケイのガチンコ・バトルで陰が薄くなっているけど、僕的にはそれ以上にインパクトの在ったニュース。いよいよ日米欧を結んだ世界的なM&Aの大嵐が吹き荒れるのか?

それにしても、ありそうでなかったような気がするこのタッグ・チーム。それぞれの歴史や背景を考えると、そんじょそこらでウヨウヨしている数千億円単位の外資ファンドとはクラスが違う。それこそ、リーマンだって足元には及ばない。いよいよ本命登場という感じか。

 野村証券は英仏系の大手金融グループ、ロスチャイルドと提携することで最終調整していることが14日明らかになった。日欧間を中心に、グローバルな企業の合併・買収(M&A)の仲介業務で連携する。日本の全上場企業の6割超と取引のある野村と、欧州に幅広い顧客網を持つロスチャイルドが相互に情報を共有、国境をまたいだM&Aの増加に対応する。

 野村は国内だけでなく日本と海外を結んだM&A仲介を強化中。2001年には米投資銀行のトーマス・ワイゼル・パートナーズ・グループ(TWP)と資本・業務提携した。ロスチャイルドとの提携で、日米欧を結んだ世界的なM&A仲介のネットワークを構築できる。ロスチャイルドは野村との提携で、UBSやドイツ銀行など欧州系の大手金融機関に比べ手薄な日本での投資銀行業務を強化する狙いがあるとみられる。15日にも両社が発表する見通し。

一昨日、JAM THE WORLD放送前の準備している最中にこのニュースを聞いたとき、真っ先に思い出したのは、昔読んだ広瀬隆氏のクラシック『赤い盾』。最初に出版された時は、良くこんな本が出せたもんだと驚嘆した覚えがあるけど、その膨大な資料のボリュームもさる事ながら、そこここに挿入されている“何でも系譜”のトンでもない展開には相当興奮させられた記憶がある。でも随分昔のことだから、このニュースでまた読んでみたくなった。

■野村証券のプレスリリース (M&Aビジネスにおける野村證券とロスチャイルドとの業務提携

■ロスチャイルドのHP (ROTHSCHILD.COM

■ロスチャイルド家のHP (ROTHSCHILD.INFO

ちなみにサイトの出来はロスチャイルドの方がはるかに良い。特にロスチャイルド家のサイトはミュージアム・レベル。

February 17, 2005 in Current Affairs, Economy, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack