« 【銀河系で巨大「爆発」?】 | Main | 【牛肉問題、米で対日報復論強まる】 »

Wednesday, February 23, 2005

【ホリエモンがJAMにゲストで来てくれた】

■昨日放送したJAM THE WORLDに堀江社長がゲストに来てくれた。

今まさに“時の人”、ライブドアの堀江社長が緊急生出演ッ!いや、本当は事前収録の予定だったんだけど、さすがに超~御忙しい堀江さん、スタジオ入りが遅れに遅れて結局は生出演に成ってしまい、そういう意味ではまさに“緊急”だったんだけど・・・。

Horiemonjam 今日はフジテレビの反撃のニュースでその対応が注目されているけれど、昨日の段階ではまだこの動きは出ていなかった。なので話の中心は彼がいつも語っているフジサンケイグループとの提携の真の狙い=“インターネットとテレビ・メディアの融合”について、少し時間を割いて語ってもらった。

ちょうど前日に放送された日本テレビのインタビューが物凄い内容だったんで、ひょっとしたらまた「質問がくだらないッ!もう帰りますよッ!」ってなことに成るんじゃないかと心配していたんだけど、意外と落ち着いた感じで受け答えしてくれた。

僕は一連の堀江バッシングを観ていて、今はスポーツキャスター然としている江川がその昔、いわゆる“空白の一日”を利用してジャイアンツに入団した時の江川バッシングを思い出していたんだけど、あれも一応プロ野球機構の定めたルール上は“合法”だった。

だけど、それまで誰も気が付かなかった禁じ手を使って自分の思い通りに事を運び、そして結果的には業界の“暗黙の了解”を破った形になって物議を醸した、という部分が今回の騒動と酷似している。

でも、どうやら御本人は「日本のメディアは上げたり下げたりですから。」ということで、こういう状況ですら楽しんでいるのではとお見受けした。まあ、そのぐらい神経が太くないとあんなことは出来ないよなァ~なんて、妙に納得。

それにしても、国会のセンセイ達を動かして法律まで変えちゃうかもしれないんだから、今回のライブドアの動きがどれほど日本の商習慣上異質というか、予期されていなかったものだったのか、そのインパクトの大きさに改めて驚く。

でもこれが堀江社長じゃなかったらどうだったんだろう・・・。なんせ彼が日本の経済界にとって異分子であることは、今に始まったことじゃないからね。

昨年春に勃発したライブドア VS.イーバンク銀行のバトルの時は、金融庁からの指導で増資を迫られていたイーバンクに対して、ライブドアが確か35億円の増資を引き受けて筆頭株主に成り、役員を送り込んで経営に参画し業務提携を目指したんだけど、手始めに着手したのが大胆な経営改革。で最初にやったのが、イーバンクに不透明な投資があることを指摘してこの解消を要求したわけだ。(ちなみに、当時イーバンクにこうした要素が無かった訳ではない。)

で、これが既存の経営陣の反感を買い、ドロドロの争いに発展。この経営陣っていうのがまた旧長銀の出身者だったり、三井物産の出身者だったり、ようするに超保守的な重厚長大企業の出身者で構成されていたんだけど、でイーバンクは出資金返すから出てってくれッ!とライブドアの追い出しに掛かり、その過程でイーバンクの松尾社長がライブドアの役員に掛けた“脅迫”電話の録音データ(「おまえらフザケタコトするとブッツブシテヤルからな!」)をライブドアが自社のサイトにアップして・・・、とまあインターネット銀行を舞台にしてホントにギリギリな感じのバトルだったのだ。

この戦いは結局、「業務提携解消」という結果に終わったので、どっちが勝ったということはいえない。

イーバンク、ライブドア堀江社長を刑事告訴(ITMediaニュース)

そういう意味では今回の件とその経緯は異なるにせよ、若干様相は似ているような気もする。多分、その頃からホリエモンは経済界のオエライサンから“要注意人物”、あるいは“金融テロリスト”のレッテルが貼られていたんじゃないか?と僕は勘ぐっているんだけどね。

February 23, 2005 in Current Affairs, Media | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d834478b6953ef

Listed below are links to weblogs that reference 【ホリエモンがJAMにゲストで来てくれた】:

Comments

沖原さん、お久しぶりです!

ホリエモンが勝つか、フジテレビが勝つか、個人的にはド~でも良い気もしますが、いずれにしても明日の東京高裁の判断が大きな分岐点に成るんでしょうね・・・。

今回の一件でフジテレビのドタバタぶりが露呈して、むしろ奇異な感じすらします。正直もう勝負あったというところでしょうけれど、ただし果たしてホリエモンがニッポン放送に乗り込んで、上手く行くのかどうか?ましてや、フジサンケイ・グループとの業務提携なんて、適当にあしらわれて終わるんじゃないかと思っています。

Posted by: Eiki at Mar 23, 2005 12:55:17 AM

そうですよね。かなりの強靭な精神力がないと、あの応酬はできないと思います。ことの良し悪しは別として、なるほど時のひとになりましたもんね。

ITとメディア(TVやラジオ等々)の可能性を探るキッカケを作られた意味では、よい提案をされてると思います。みんな堀江氏のいうことが理解できないと言ってますが、そのノウハウを公言するなんて、出来ないですしね。

しかし、よくお金が集まったもんだと思います。

Posted by: 沖原太一 at Mar 10, 2005 8:52:36 AM

Post a comment