« JAM初!ゲストにメイドさんが登場 | Main | ジェスチャーでマインド・コントロール »

Thursday, May 19, 2005

ビジネス・ブログは慎重に

■IBM、従業員に「慎重な」Blog 活動を呼びかけ <Japan.internet.com

最近ブログをプロモーションやマーケティングに活用する企業が増えているそうで・・・。何でも日本国内だけでも350社ぐらいの企業がこうした『ビジネス・ブログ』を立ち上げているらしい。(エキサイト・ビジネス・ブログ・トピックス

企業のブランディング戦略の一環として、「顔の見える顧客リレーション」を実現する一番手っ取り早い方法としてブログが注目されているのだろう。

いわゆる「社長ブログ」をはじめとして、企業関係者が個人として会社の広報的な役割を担うことになる。例えばある製品やサービスなどの開発担当者が自らブログでその開発の経緯を公開したりすることで、ユーザーから直接製品に対するフィードバックを得たりするわけだ。

とかくユーザーから「顔が見えにくい」といわれる大企業にとって、現場の雰囲気を感じ取ってもらう事で、ユーザーとの関係を密なものにしていくことに役立つ、ということだ。

もちろん、もともとブログが検索エンジンにフレンドリーだという機能的な側面もあるのだろうけれど、やっぱり現場の生の声を直接伝えるという意味でブログは正にうってつけの便利な道具だ。

一方で、現場の担当者しか知りえない様々な情報が流出してしまったり、クレーマーのターゲットに成ってしまったりという危険性もある。場合によっては、株価に影響を与えることもあるだろう。(それが元で職を失うケースも当然ある。)

そうしたリスクを管理するために、企業がブログを活用する場合は、一定のガイドラインを設けることが必須に成ってくるわけだけど、この記事にあるIBMだけでなく、社員数十人がビジネス・ブログを開いているマイクロソフトの日本法人なんかも同様に、昨年秋にブログを運営する上での社内規定を設けたそうだ。

例えば、システム・エンジニアが、技術的な話を書く場合は実名で。ユーザー向けサービスのサポート部門の社員は実名でもハンドルネームだけでも構わないが、いずれも「マイクロソフトの社としての公式見解ではない。」との但し書きを入れる。製品に対する批判が寄せられても、基本的には削除せずきちんと対応する、ETC。

IBM は16日、同社イントラネットサイトに掲載したメッセージの中で、社内もしくは個人運営の別を問わず、Blog に従業員が IBM 関連の話題を書き込む際の、暫定的ガイドラインを提示した。IBM の公式 Blog サイトへの書き込みについては、「IBM の事業価値を高める」形での利用を奨励している。

また、従業員が個人の Blog で IBM 関連の話題を扱う場合は、各自の良識に照らして配慮するとともに、書き込んだ見解や意見は個人的なもので、必ずしも IBM の公式見解と一致するものでないことを明記するよう求めた。

IBM のガイドラインで最も注目すべきは、従業員が Blog への書き込みがもとで職を失うことのないよう、警告を発している点だ。

ちなみに、AERA(2005.5.2-9)のビジネス・ブログ特集に、『企業のブログお作法5ヶ条』なるものが載っていた。当たり前すぎて大して参考に成らないかもしれないが・・・。

1.理念を語るよりも現場のノリを大切に
    現場感覚のほうが読み手に伝わる。理念はその後についてくる。

2.書き手の人選はキャラクター重視で
    企業ブログでも、主語は「私」。キャラが立っている人は注目される。

3.「やらせ」はダメ
    ブロガーは敏感に感じ取る。アメリカでは不買運動も。

4.更新頻度が高いと、注目度も上がる
    批判的なコメントへの対応も素早いほうが効果的。

5.担当者がブログに書いて良い話題をあらかじめ決めておく
    同じ企業の別の部署の話にまで踏み込むかどうか

May 19, 2005 in Weblogs | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d83511351e53ef

Listed below are links to weblogs that reference ビジネス・ブログは慎重に:

Comments