« 【国立公文書館で日米開戦への歴史を知る】 | Main | 【食肉ホラー系FLASH 『THE MEATRIX』を観よ!】 »

Monday, December 12, 2005

【アメリカ産牛肉の安全対策はボロボロです】

■結局予想通り、アメリカ産牛肉の輸入再開が政治決着された。

というわけで、少し前のことだけど、8月20日付けでTHE SEATTLE TIMESが報じた記事。2004年の1月から施行されたアメリカの狂牛病対策がスタートしてから、今年の5月までの17ヶ月の間に、全米130箇所の施設で、合計約1000件もの違反行為が発見されたという。

今回輸入解禁された牛は20月齢以下で危険部位が除かれたものに限るとされているけれど、そもそも全米で飼育されている牛はおよそ1億頭居るといわれている。広大な牧場に放牧されて勝手に子作りしているような施設では、個々の牛の月齢を確認する方法は無い。

この記事によると、ある食肉処理工場では、30月齢以上の牛を確認することを怠り、また30月齢以上の牛の脊椎などの危険部位と食用の部位を混ぜていたという。

また、別のケースでは汚染された危険部位を処理する際に使用した器具を消毒しないでそのまま使用していたとか・・・。

The violations occurred during a 17-month period, from January 2004 to May 2005.

The Tyson beef plant in Wallula, Walla Walla County, received four "noncompliance records." Documents say the plant failed to identify and mark cattle older than 30 months, and in one case mixed edible beef parts with spinal columns and other parts from older cattle.

Inspectors also spotted meat contaminated with spinal cord and a worker who failed to sterilize his knife after cutting tonsils, which can carry the infection.

Walt's Wholesale Meats in Woodland, Cowlitz County, was cited for failing to sanitize equipment after processing spinal cords and heads from older animals.

「安全に絶対はない」ということは良く判っているけれど、だからといってわざわざ危ないと判っている食品を政治的な圧力であっさり輸入再開してよいのか?

大体、20月齢以下の判断をするのに、肉の断面の写真を持った検査員が、検査対象の肉を目で比較して行うというだから、一体このやりかたの何処が客観的かつ科学的で安心なのか説明してもらいたい。

日本の食品安全委員会はアメリカの食肉処理施設の現状視察しに行くというけれど、あの広いアメリカに2~3人の検査員送り込んだって何が確認できるというのでしょうか。ようするに形だけのジェスチャー。全くの茶番です。

ところでこの記事の元に成ったアメリカのNPO「Public Citizen」のサイトには、もっと怖い情報が満載なので是非CHECKしてみて。

BSE Noncompliance Record Analysis

Letter expressing serious concerns with U.S. Department of Agriculture policy pertaining to beef and cattle imports and the effectiveness of the Canadian feed ban

Food Safety Inspection Service Regulations for BSE

In December 2004, the USDA’s own food safety inspectors, through their union, the National Joint Council of Food Inspection Locals (NJC), identified serious lapses in enforcement of the rules for keeping specified risk materials out of the human food supply.  The letter from the NJC to the head of FSIS’ Assistant Administrator for Field Operations presented concerns about the removal of SRMs from cattle and FSIS inspectors’ ability to enforce the export requirements for products destined for Mexico.  Specifically, the letter stated that members of the union had reported that:

1. Plant employees are not correctly identifying and marking all heads and carcasses of animals over 30 months old.  Therefore, plant employees and government personnel further down the line are unaware that numerous parts should be removed as SRMs and these high risk materials are entering the food supply.

2. On line inspectors are not authorized to take actions when they see plant employees sending products that do not meet export requirements past the point on the line where they can be identified and removed.

December 12, 2005 in Current Affairs, Economy, Food and Drink, Politics | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d83558cc8369e2

Listed below are links to weblogs that reference 【アメリカ産牛肉の安全対策はボロボロです】:

Comments