« 【軍関係のメディアがラムズフェルドの辞任を要求】 | Main | 【GENESIS 15年ぶりのリユニオン・ツアー】 »

Thursday, November 09, 2006

【民主党の勝利とラムズフェルドの辞任】

事前の予想通り、中間選挙は民主党のランドスライド的な勝利に終わった。これは同時にブッシュ政権の終わりの始まりを意味する。

心配された電子投票システムは、各地で色々と問題は発生したものの、共和党を勝たせるほどの不具合は起きなかったようだ。(CNET Japan

ELECTION RESULTS (CNN.COM)

Rumsfeld quitting as defense secretary (CNN.COM)

Rumsfeld Resigns Over Iraq [VIDEO] (AlterNet)

Bush 'the assessor' Lied about Rumsfeld [VIDEO] (AlterNet)

選挙から一夜明けて、たった今、ブッシュ大統領が中間選挙の大敗後初の記者会見の中で、民主党の勝利を祝福すると共に、選挙前から話題に成っていたラムズフェルド国防長官の辞任を正式に発表した。

民主党が大勝した事で、イラク政策のコースを変更せざるを得なくなったブッシュ大統領は、軍内部からも要求が上がっていたラムズフェルドの辞任を真っ先に発表した。

ラムズフェルドはアブグレイブ刑務所での捕虜虐待スキャンダルが起きた際に、ブッシュに辞任を申し出ていたそうだが、強く慰留されて政権に留まったという経緯がある。

当時辞任すれば、アブグレイブでの行為に軍のトップが責任を取る事になるので、それだけは避けなければならなかったという事情があったにしても、今になってみると、あの時が辞め時だったのではと思ったりする。

後任は1991~1993年までパパブッシュ政権下でCIA長官を勤めたロバート・ゲーツ(Robert M. Gates)という人物。(GATES' BIO)

彼はベーカー/ハミルトン委員会(The Iraq Study Group)のメンバーで、つまりブッシュ大統領としてはイラク政策の見直しと軌道修正に関わっているボブ・ゲーツをラムズフェルドの後任に据える事で、ベーカー等が代表する国際協調主義に方向転換する事への意思表示を明確にしたということだろう。

12月にこのグループがイラクに対する現状分析と対応案を発表することに成っているので、ブッシュ大統領に残された2年の任期中におけるイラク政策は、このリポートに沿ったものに軌道修正していくことになるはずだ。

後任人事にはパパブッシュの腹心達がキャスティングされている。ジェームス・ベーカーはブッシュ家にとってフィクサー的な存在と云われているから、イラクの惨状を見かねたお父上の影響力があるのかな~と思ってしまう。

しかし、ラムズフェルド辞任は当然としても、もう一人、“テロとの戦争”の推進役であり、実質的にブッシュ政権の実権を握っているといわれる「真の大統領」、ディック・チェイニー副大統領の去就はどうなるのだろう?

November 9, 2006 in IRAQ, Politics, Television | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e200d8344375a653ef

Listed below are links to weblogs that reference 【民主党の勝利とラムズフェルドの辞任】:

» ラムズフェルド国防長官が辞任! from ニュースの海
■アメリカの中間選挙で大きく民主党が躍進した。その直後に突然ラムズフェルド国防長官辞任のニュースが飛び込んできた。ラムズフェルド国防長官といえば、ブッシュ政権内でもイラク戦争強硬派と知られる存在。また、米軍再編についても実質的に指揮を取って来た人物だ。今時な言い回しをすればネオコンの代表的な政治家の一人。 ■アメリカ中間選挙では下院は過半数を民主党が占め、上院でも現在開票中ながら共和党と民主党は互角もしくは民主党が上回る勢いだ。選挙の大きな争点となっていた、イラク戦争についても事実上”ノー”の... [Read More]

Tracked on Nov 9, 2006 4:18:23 AM

Comments