« プルトニウムを検出、福島第1原発の敷地内  :日本経済新聞 | Main | 土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算 : 京都新聞 »

Tuesday, March 29, 2011

プルトニウムの毒性と取扱い - ATOMICA -

経口摂取による場合はプルトニウムが通常不溶解性であり、消化管からの吸収は非常に悪く、ほとんどが排泄されてしまう。一方、吸入摂取の場合はかなりの時間肺や骨に留まり、その附近の組織細胞がアルファ線で照射され、すぐにどういうことはないものの晩発効果として、時としてガンの発生があり得ることになる。

via www.rist.or.jp

March 29, 2011 | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e20147e3857251970b

Listed below are links to weblogs that reference プルトニウムの毒性と取扱い - ATOMICA -:

Comments