« 核の米権威が警告!福島より高濃度…都内にある“危険エリア” - 政治・社会 - ZAKZAK | Main | renewable-plan-ver1.pdf (application/pdf オブジェクト) »

Wednesday, April 27, 2011

原子力ロビー「電気事業連合会」の力と実態 電力会社幹部は3年間で5600万円を自民党政治団体に献金、「味方作り」を推し進めてきた | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

「あまり知られていないが、六代目東電社長で電事連会長を長年務めた平岩外四は、自民党所属時代の小沢一郎(元民主党幹事長)の後援会長になった。東電の中興の祖である木川田一隆(四代社長)は政治献金を廃止し、政界と距離を置いていたので、その方針転換には驚いたものだ。福島が地元の渡部恒三(民主党最高顧問)が『農業の時代じゃない。これからは環境だ』と言い出したのは、まさにこの頃で、同じ田中派の小沢の動きを見て、CO2排出の少ない原発推進で電力業界との距離を縮めようとしたのだ」

via gendai.ismedia.jp

April 27, 2011 | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e2014e88194cb8970d

Listed below are links to weblogs that reference 原子力ロビー「電気事業連合会」の力と実態 電力会社幹部は3年間で5600万円を自民党政治団体に献金、「味方作り」を推し進めてきた | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]:

Comments

Post a comment