« Obama backs ban on assault weapons - FT.com | Main | 自然エネルギー:バイオマスで電力と水素を生成、復興だけでなく新産業創出を目指す - スマートジャパン »

Tuesday, January 15, 2013

2013年の電力メガトレンドを占う(2):電力自由化の流れは止まらず、地域独占から市場開放へ - スマートジャパン

 自治体を中心に、電力会社から新電力へ契約を切り替える動きが加速している。東京電力に続いて電気料金を値上げする動きが他の電力会社にも広がり始め、もはや利用者は黙って見過ごすわけにはいかなくなった。

 現在のような地域別に1つの電力会社が市場を独占する体制が作られたのは1951年のことである。すでに60年以上が経過しているにもかかわらず、東日本大震災によって問題点が顕在化するまで、旧態依然とした地域別の独占市場が維持されてきた。

 かつて電電公社による独占状態にあった通信市場を見れば明らかなように、市場を開放すれば競争によってサービスの向上や料金の低下が進み、結果として利用者のみならず事業者の競争力も高まる。電力市場の開放は待ったなしの状況だ。

via www.itmedia.co.jp

January 15, 2013 | Permalink

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
https://www.typepad.com/services/trackback/6a00d834553e4469e2017ee770b7a0970d

Listed below are links to weblogs that reference 2013年の電力メガトレンドを占う(2):電力自由化の流れは止まらず、地域独占から市場開放へ - スマートジャパン:

Comments

Post a comment