Friday, December 19, 2003

【 米アマゾンに宣戦布告か--米グーグル、書籍検索をテスト】

CNET Japan - 米アマゾンに宣戦布告か--米グーグル、書籍検索「Google Print」をテスト

以前このポストでも紹介したアマゾンの書籍全文検索サービスに対抗してグーグルも同じようなサービスをスタートするらしい。残念ながら両方ともアメリカでの話だけど、アメリカでは電子出版が復活の兆しを見せているということで、日本でもこういうサービスが出てくれば良いのにね~。

December 19, 2003 in Books, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, December 09, 2003

【マイケル・ムーアの新刊本】

■『おいブッシュ、世界を返せ!』は読み出したら止まらない面白さ!

『アホでマヌケなアメリカ白人』の著者として、そしてアカデミー賞受賞作『ボウリング・フォー・コロンバイン』の監督として今や知らない人は居ない(と思う)マイケル・ムーアが9.11を受けて(前作は9.11の前に執筆された)満を持して書いた本。今回も前作同様、ふざけたタイトルとは裏腹に事実と取材による詳細な情報を基にしてブッシュ政権のいかがわしさを追求している。

彼独特のブラック・ユーモアで語られるその内容は“可笑しくてやがて哀しい”様々なファクトを読者に明快にそして痛烈に提示している。これは是非とも小泉さん、そして有能にして聡明な与党議員諸氏の皆さんにも御一読いただきたい一冊。

December 9, 2003 in Books, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, November 11, 2003

【アマゾンの書籍全文検索サービスについて】

CNET Japan - アマゾンの実験に需要サイドからのイノベーションを考える

さっき放送した僕の番組、J-WAVE "JAM THE WORLD"のコーナーでも紹介したAMAZON.COMの全文検索サービス『サーチ・インサイド・ザ・ブック』について、CNETのBLOGコンテンツ『梅田望夫・英語で読むITトレンド』に面白い記事がポストされている。

出版元や著作権者など「サプライ・サイド」から見ると、本が売れなくなるんじゃないか?とか、いわゆる“デジタル万引き”を増長する結果になるのではないか?なんていうネガティブな見方があるものの、ユーザー・サイドから見れば、これは究極の検索サービスであると個人的には思っていたのだが、梅田氏は正にユーザー側(需要サイド)から見たITトレンドの実相について考察している。

大変面白い内容なので、関心のある人は是非御一読を。

ところで、僕としては一日も早く日本のアマゾンでもこのサービスを導入してもらいたいのだが・・。売上が低迷している出版/書店業界からは相当な反発が出そう。なんせ音楽の領域でも小売店組合などの既得権益団体の圧力で未だにまともなダウンロード・サービスが展開できない日本だからね。出版業界はどうなんだろう?

November 11, 2003 in Books, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Sunday, November 09, 2003

【ブッシュ政権の嘘を追及する書籍の出版ラッシュ】

AlterNet: Lies, Lies, and More Lies

2004年の大統領選挙を控えて、アメリカの出版トレンドが大きな変化を見せている。イラクでは占領軍をターゲットにして連日平均30回程度の攻撃が続いている。未だに発見されていない大量破壊兵器の問題に加えて、5月1日の作戦終了宣言以降の死傷者の増大と膨大な占領経費を巡って、ブッシュ政権に対する批判はあらゆる階層から吹き出ている。

そんな状況を背景に、そもそもイラクの脅威そのものがでっち上げられたものだという証言や証拠が内部の関係者からも次々にリークされはじめた。そして9.11以降、イラク攻撃の前後は“Patriot Act”一色に染まっていたメディアにも、現政権の政策に対する批判やバッシングを堂々と行うコンテンツが大量にリリースされている。

もちろん、来年の大統領選挙でブッシュに再選されてはたまらない、という選挙がらみの思惑もあるのだろうけれど、それにしても半年前は想像も出来なかったような状況だ。『アホでマヌケなアメリカ白人/マイケル・ムーア』のように既に日本語訳が出版されているものもあるが、こうした最新の書籍も早くリリースされたらと思う。

いずれにしても、このままではブッシュの再選はとても微妙な感じだ。日本の総選挙は明日。今のところ自民党が単独過半数を取るのは確実視されているけれど、ブッシュと一蓮托生を決め込んでいる小泉にこそ、こうした本を読んでもらいたいものだ。


November 9, 2003 in Books | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, November 08, 2003

I link, therefore I am

Guardian Unlimited | Online | I link, therefore I am

City of Bits appeared in 1994, as the net was reaching the mainstream, E-Topia in 1999 at the height of dotcom excess. Shot through with post-dotcom sobriety, Me++ describes the move from virtual reality - the old 90s idea of the net as a separate, alternative realm - to "augmented reality" (AR), in which ubiquitous computing and mobile wireless networks are used to reconnect us to the real world.

Mitchell muses on how AR will change our sense of our selves. Me++ is "a play on C++, the popular programming language. Among programmers, + means incremented or extended, so Me++ suggests the computationally extended self." He suggests we should no longer think of ourselves as "fixed, discrete individuals", but as nodes in a network. "I am part of the networks and the networks are part of me. I am visible to Google. I link, therefore I am."

MITの建築計画部の学部長であり、メディア・アート・アンド・サイエンスのヘッドでもあるWilliam Mitchell教授による、メディア文化論。ユビキタス・コンピューティングがもたらす情報コミュニケーション・テクノロジーと都市との関係における変容を、90年代にもてはやされたVirtual Reality的な文脈から切り離して、人と実社会を新しい形でつなぐ"Augumented Reality (AR)"=“拡張現実”としてとらえた考察。

MIT Pressから「Me++」というタイトルでリリースされるそうだが、これはポピュラーなコンピューター言語である「C++」になぞらえて、“ネットワークによって拡張された自己”という意味。「我々は既に固定した独立の存在ではなく、ネットワークのノードのようにネットワークの一部であり、かつまたネットワークは自分の一部であると考えるべきだ。」としている。

それにしてもこのフレーズ、“I link, therefore I am”は超~Coolだ。

November 8, 2003 in Books, Web Culture, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, November 06, 2003

【ヤクザ・リセッション】

『ヤクザ・リセッション/さらに失われる10年 (ベンジャミン・フルフォード著)』は、低迷する日本経済の真相を知りたい全ての人にとって必読書だ。

日本のメディアが決して取り上げることがなかった日本経済界の深層に光をあてた力作。総選挙を控えて、マニフェストを読むより、よっぽど為になるかも・・・。面白くて一気に読めます。

November 6, 2003 in Books, Economy | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, November 03, 2003

"JESUS, MARY AND DA VINCI,"

キリストはマグダラのマリアと結婚して子供をもうけていたというミステリー本が話題になっている。

"JESUS, MARY AND DA VINCI," EXPLORING CONTROVERSIAL THEORIES ABOUT JESUS, MARY MAGDALENE AND THE HOLY GRAIL RAISED IN THE BEST-SELLING NOVEL, "THE DA VINCI CODE," AIRS AS AN ABC NEWS SPECIAL, MONDAY, NOVEMBER 3

アメリカでは今日、その本の著者をフィーチャーした特番がABCで放送されるそうだ。話そのものは以前マーチン・スコセッシが監督した「キリスト最後の誘惑」とそっくり。

November 3, 2003 in Books, Film, Religion, Television | Permalink | Comments (2) | TrackBack

Friday, October 31, 2003

【AMAZON.COMで書籍の全文検索が可能になった】

■これは究極のサービスかもしれない。何と書籍の中身の全文検索が可能に成ったのだ!残念ながらアメリカでのサービスだけど、いつか日本の書籍も出来るようになると嬉しい。

>>全文検索の対象書籍は、スタート時点で約12万冊(約3300万ページ)を超える。出版社190社以上との提携で、全文をデータベース化したという。利用できる書籍には、表紙の画像に「サーチ・インサイド!」のマークが付記されており、画像をクリックすると、「サーチ・インサイド・ザ・ブック」という検索窓が現れる。(WIRED NEWS)

CNETのレッシングブログで知ったので、こちらのBLOGも是非参照してください。

October 31, 2003 in Books | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Tuesday, October 28, 2003

【マッカーサー米議会証言録】

マッカーサー元帥、宣誓をして語り始める
マッカーサー米議会証言録(1)
一九五一年五月三日~五日、米上院軍事・外交合同委員会聴聞会より

憲法改正論がマニフェストの争点にも成っていることだし、その憲法を作ったマッカーサーの証言を紐解いてみるのも意味深いことかも知れない。

October 28, 2003 in Books | Permalink | Comments (0) | TrackBack