Sunday, June 13, 2010

[南アフリカに応援の“念”を送ろう!]

これは便利!南アフリカまで行けないので、早速これで"念”送った。

頑張れニッポン!! 南アフリカに念を送ろう

頑張れ日本!!
 そして、僕の送った”念”の現在位置はココ!!

June 13, 2010 in Current Affairs, Sports, Web/Tech | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, June 09, 2008

【僕がヘッドフォンを使わない理由】

昨日の秋葉原の無差別殺傷事件だけじゃない、ここ数年突発的な事件があまりにも多いし、普段使っている電車の中や駅のプラットホームにも、明らかに挙動不審な人物が多くなった気がする。

周囲に異常が発生したときに、いつでも対応出来るように移動中は常に五感を総動員した警戒モードが当たり前。

そんな訳で、僕はもうかなり長いことヘッドフォン・ステレオを使っていない。

元々音楽を楽しむことよりも、周りのノイズを遮断することが目的に成っているようなところもあるヘッドフォン。せっかくiPodを持っていても活躍する機会はほとんど無い。

ちなみに下記は女性向けの記事だけど、今や防犯に男も女も関係ないので、十分に参考になると思う。

■“通り魔”から身を守る!毎日がサバイバル(ALL ABOUT

音楽を聴くために「イヤホン」をしていたり、携帯電話で通話していたり、という状態では「耳からの情報」を自分で遮断していることになりますから、大変危険です。たとえば、人混みの中で何らかの事態が発生して騒ぎになって、皆がそちらを見ているのにイヤホンをしていて気づかずにいたら、他の人たちより事態を把握するのが遅れます。また、携帯電話で話すのに夢中になっていたら、周りの音は聞こえないものです。

June 9, 2008 in Current Affairs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Friday, August 10, 2007

【DOWの急落】

CNNを観てたら、DOWが急落している。

ずいぶん前から話題に成っていたアメリカの住宅金融バブル崩壊とリンクした債権市場の信用収縮がDOWを襲っている。

■BNP Paribas suspends funds after subprime shock (FT.COM)

BNP Paribas became the latest European casualty of the fallout from the meltdown in the US subprime mortgage market after announcing it had suspended three of its funds because of jitters among its investors.

The French bank said in a statement that the decision to suspend Parvest Dynamic ABS, BNP Paribas ABS Euribor and BNP Paribas ABS Eonia funds followed the “complete evaporation” of liquidity.

■Stocks skid on credit woes (CNN.COM)

The Dow industrials plummeted more than 200 points at the start of Thursday's session following more credit worries from BNP Paribas and AIG.

The Dow Jones industrial average (down 186.48 to 13,471.38, Charts) tumbled by as much as 241points, before paring some losses to stand 160 points, or 1.1 percent lower.

The broader S&P 500 (down 19.30 to 1,478.19, Charts) dropped 1.4 percent while the tech-fueled Nasdaq Composite index (down 17.88 to 2,595.10, Charts) slipped 0.8 percent.

Stocks sank after French bank BNP Paribas said it was hit by problems in the U.S. subprime mortgage sector. The bank said it was freezing three funds because current conditions make it impossible to value their assets.

■世界金融危機のおそれ (田中宇の国際ニュース) 2007年8月6日

ここ数年のアメリカの景気は、市民が自宅を担保に借金した金で消費することが最大の下支え要因だった。住宅ローンの凍結は、そのアメリカの消費力に、ここ一週間で急ブレーキをかけたことになる。この動きは、アメリカの消費を減退させ、中国や日本など、対米輸出で経済を回している国々にも悪影響が出る懸念がある。(関連記事

 アメリカの信用収縮は、住宅ローンだけでなく、企業の事業用資金の融資や債券発行にも悪影響を与えている。銀行は企業への貸し渋りや審査の厳格化を行い、米企業の債券の格付けは下落(金利は上昇)している。米信用格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)によると、アメリカで発行された社債の半分以上が、高リスク・高利回りのジャンク債の格付け(speculative grade)に下がっている。(関連記事

 アメリカで起きている信用収縮は、消費者と企業の両方の資金を枯渇させている。IMF(国際通貨基金)は8月2日、住宅ローン危機による信用収縮は、アメリカ経済の回復を止めてしまうかもしれないと危惧する報告書を発表している。(関連記事

■国際金融の信用収縮 (田中宇の国際ニュース) 2007年7月31日

 アメリカの債券市場(公社債市場)で、信用収縮(クレジット・クランチ)が起きている。アメリカの金融市場は昨年来、産油国や中国、日本など世界から巨額の投資資金が流れ込んで「金あまり」の状態で、債券市場でも、高リスク高利回りの商品がよく売れ、高リスク商品でも買い手が多いため価格が上がる(利回りが下がる)傾向にあった。だが、そうした状況は7月25日を境に一転し、高リスク債券は利回りを上げ(価格を下げ)ても売れない状態になってしまった。投資家が、急にリスクに敏感になったからである。(関連記事その1その2

 今回の急転換は、今年に入って顕著になってきたアメリカの住宅金融バブルの崩壊が、企業買収の分野に感染したために起きた。アメリカでは2000年から05年にかけての低金利の時代に、ローン返済能力の低い人々に対する、変動金利型を中心とした住宅ローン(サブプライム・ローン)の貸し付けが拡大したが、05年以来のアメリカの金利上昇の中で、今年に入って返済不能になる人が急増している。アメリカでは、住宅ローンの債権が債券化され、公社債市場で流通している。金融市場をおおう金あまり現象の中、サブプライム・ローンの債権を組み合わせた高リスク・高利回りの債券はよく売れた。(関連記事

 だが、ローン返済不能者が増える中で、それらの債券は不良債権と化し、価値を下落させている。最近、この分野で注目された出来事は、6月末、米大手投資銀行のベアースターンズが昨年から運用していたサブプライム・ローン債権の投資基金(ヘッジファンド)が破綻し、価値がほとんどゼロになってしまったと発表されたことだ。(関連記事その1その2

August 10, 2007 in Current Affairs, Economy | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, April 11, 2007

【今夜のJAM THE WORLDはフランスのUFO情報公開を特集】

3月24日のエントリーで取り上げたフランス国立宇宙研究センター(CNES=“クネス”)のUFO現象を調査研究する専門部署であるGEIPAN(=“ジェイパン”)による情報公開について、今夜放送したJAM THE WORLDの「15 MIN.」というコーナーで特集した。

この件について、誰に話を聞くべきかと悩んだあげく、結局CNESに直接コンタクトするのがベストだろうということで、友人のフランス人、Olivier Voisinのコネクションを使ってフランス大使館の中にあるCNESの東京事務所の代表、Mathieu Grialou氏にインタビューを敢行した。

実際のインタビューは、放送に先駆けて今日の午後3時から、広尾のフランス大使館の中にあるCNESの事務所で行ったんだけど、Grialou氏は宇宙工学の技術者ということもあって、大変真摯に、そして丁寧にこちらの質問に答えてくれた。

下記はそのダイジェストというか、事前に送った質問状に対して、Grialou氏が用意してくれたメモランダムだ。

実際に放送された内容とは若干異なるけれど、番組では紹介しきれなかった情報も含まれていてなかなか濃い内容なので、参考資料として原文のまま御紹介する。

<以下、引用>

Q-1: CNESの紹介

CNES (Centre National d’Etudes Spatiales) フランス国立宇宙研究センターについて

Public organisation created in 1961 (昭和36年) to propose and implement France’s space policy, according to the needs of the users’ community and of the government.

One of the major actor in Europe (with Germany, Italy and UK) for space development. Fields of activity : access to space (launchers), sustainable development (Earth observation satellites), scientific missions, telecommunications, defense, etc. International cooperations: mainly with Europe (through the European Space Agency), but also with the other “space powers” (USA, Russia, Japan, India, China) and the other countries. Staff of 2 400 persons on 4 locations (Paris, Evry, Toulouse and Kourou in South America).

CNES Office in Tokyo: created in 1999 to increase the cooperation with the japanese space agencies (now JAXA), and the space community in Japan.

NASA and CNES are the only space agencies with a dedicated office in Japan. Missions: information exchange, promotion of cooperations, logistical support to the missions of French delegations in Japan, etc.

Q-2: 公開後の反響はいかがですか?

Response to the release of the archives: wide coverage from the french media, because the topic is a passionate one, on which most of the population has a belief or a position.

Strong reaction of the public (the website was unable to accept such a huge traffic and the server went down a few hours after the release. Now stable). However, for the UFOlogists, there were no really “new” cases ...ositionons is topic. pic. But m

No pressure from the USA, as far as I know. The files deal with cases that happened on the french ground only, and we are not speaking about Roswell ... No comments from UK as far as I know, but I am based in Japan, so it is far away ...

A necessary explanation of the vocabulary:

In English UFO (Unidentified Flying Object) is the usual term. It relates to OVNI in french, which has the same meaning (Objet Volant Non Identifie). However, in most cases, we have only optical or atmospheric phenomenons (and no physical object !), so GEIPAN uses the noun PAN (Phenomenes Aerospatiaux Non-identifies), which in english would be Unidentified Aerospace Phenomenons (UAP, but the noun is probably not spread among the english-speaking countries), and in japanese the noun would be 大気圏・宇宙空間 非確認現象.

Q-3: CNESのUFO担当部署「GEIPAN」は普段、どのような研究・活動をしているのでしょうか?

Usually they do a less impressive work than the Men in Black or the officers of the X-Files ... More seriously, GEIPAN is only a small office (1 person with part-time workers in standard configuration).

The group is in charge of collecting telephone calls of cases (usually from the “Gendarmerie” (Military Police) network, or from the French Air Force.

Usually 50 new cases per year. The action is then to cross-check the information with other sources: meteorology (sounding balloons activities with Meteo-France, special atmospheric phenomenons) air traffic status, radar traces (need to act quickly because the files are not kept more than a few days due to lack of archiving space), military activities (were they exercice operation that could be mistaken with something else?), astronomy (is the sky in a specific configuration that could create bad interpretation of natural phenomenons? Moon and Venus can sometimes create illusions when they are low on the horizon ...), space activities (known activity of re-entry bodies ? contact with NORAD and ESA), ground activity (is there a special event ? fireworks ? a concert ? a new discotheque with spectacular laser effects ?).

The work is then mainly data filing and archiving. But on some cases including a large number of witnesses (or with evidence on the ground), GEIPAN can join the MP to take part in investigations on the spot and a psychological interview of the witnesses.

With all this information, GEIPAN can activate a network of several scientific experts (in all the fields) and try to find explanations for the phenomenon. It then archives the case with a ranking from A to D (which is shown on the website):

A/ case closed. Everything explained.

B/ no evidence, but the experts are intimately convinced by a natural explanation.

C/ not able to investigate because lack of information/source.

D/ lot of information (often detailed) but no explanation.

Then, a great time will be now dedicated to the information (the “I” of GEIPAN). Publishing files, scanning documents, etc. GEIPAN is also trying to inform the potential viewers on how to be accurate when describing what they might see: brochures on “how to describe” (distance, angular distance, timing, ...) will be distributed to the Amateur Astronomical Associations, or to the military pilots, the civil pilots or private pilots, all being people who are often looking at the sky ...

Q-4: なぜ、いま、UFOに関する情報を世界に公開することになったのですか?

To answer that, a brief history of the Group is necessary:

In 1977 CNES created GEPAN, to investigate PANs, under the control of a scientific committee designated by the President of CNES. In 1988 GEPAN was terminated. It was then soon followed by the SEPRA (Service d’Etudes des Phenomenes de Rentree Atmospherique / Service for the Study of Atmospheric Re-entry Phenomenons), but without the scientific committee.

SEPRA was then in a position where it was not able to publish on its works, due to a lack of scientific support. Other factor: it was not possible to publish the investigation files, because there was no such agreement with the Military Police. Hence almost 20 years of silence, with the frustration of the ufologists community, and also on a smaller scale from the tax-payers (CNES budget is a public budget).

Moreover, the former director of SEPRA became biased, favouring the ET hypothesis and then reducing the credibility of the Agency. SEPRA was then terminated in 2005 and replaced by GEIPAN, adding a “I” to the missions of the group and beginning a process of transparent work.

Q-5: 今回、公開されたような情報は他の国も持っていると想われますか?

- waiting for CNES answer on this question – I know that you can ask case-by-case in the USA, but CNES is the first agency to realize such an operation.

- if you know for Japan, please let me know ...

Q-6: CNES内部で公開に反対する意見は出なかったのでしょうか?

Basically, not really, because the approach of GEIPAN is a scientific one. There is no will to demonstrate an alien presence.

GEIPAN is just here to try to give explanations to unknown phenomenons, one of the roles of Science (for example, until the beginning of the 19th century scientists didn’t believe stones could fall from the sky ; today we know there are 20 000 tons/year of meteorites (mostly dust) ...).

Most of the case find very rational explanations indeed. The credibility of CNES is not a stake as long as GEIPAN keeps this rational approach.

CNES was deemed the most appropriate agency in France to host this group, mainly because of 3 reasons: it is a civil agency (no pressure due to “defense secrets”), it is a space agency (and most of the phenomenons occur in “space” (i.e. the atmosphere), it is a public agency (not financial interest or pressures, and respect of ethics like the privacy of the witnesses).

Q-7: 過去に同じ試みは企画されなかった?

Not as far as I know.

Q-8: 一部UFOマニアの間では「来るべき宇宙人のコンタクトに向けて、ショックを受けないための地ならしだ」という意見がありますが、それについてはどのように感じますか?

This matter is beyond the role of GEIPAN ... But a personnal answer is proposed in Q-10.

Q-9: UFOlogyをどう思いますか?

There are a lot of unexplained phenomenons, not only in the sky, and it is in the Human Nature to try to explain them.

However, UFOlogist very often use a false method, where you start from the conclusion and you try to demonstrate it. That is mainly the reason why the topic is extremely sensitive among the scientific community, and because experts do not want to be associated with this work.

Maybe the approach of GEIPAN will contribute to rally this doutbful scientific community and have the experts contribute to explain those phenomenons.

Q-10: Grialouさんご自身、UFOは存在すると想われますか?

This is very much linked to a “bigger” question which is “Are we alone in the Universe ?”. And this question is a very serious one, with most of the space agencies dedicating big budgets to explore for example Mars, or later Titan around Saturn, or later the satellites of Jupiter, and to try to see if those bodies could have harboured life or are at present ... Most of the future space exploration missions will try to answer this question.

We don’t think only about our solar system, but also beyond, with for example the launching of the satellite “COROT” by CNES last year, dedicated to find “exoplanets” in other solar systems.

This is a fundamental question, and now a large majority of scientists believe there is Life elsewhere in the Universe, and it is just a matter of time before we find it.

The theory of “Panspermia”, with life travelling onboard asteroids and “pollinating” planets is also a theory that emerged recently.

The SETI program is also a famous example of this interest of the scientific community. We understand that the conditions of the emergence of Life are very unprobable, but this surely is compensated by the huge number of stars in the Universe.

Personnaly, I believe we started to believe the Earth was the center of the Universe, but we know it’s not the case ... so if you look at the probabilities, there is no reason the Earth should be the center of Life ... For those interested in this topic, there is at present (and until July) an exhibition in Paris (Cite des Sciences de La Villette) (in french and in english).

(See http://www.cite-sciences.fr/english/ala_cite/exhibitions/extraterrestrial-life/)

The question of UFOs, is just a small extension of the first one: what is the probability that an “intelligent” life form may have found us and is trying to contact us?

Personnaly, I have the feeling that the probability of finding a life form with a roughly similar stage of development than ours is very limited (Too primitive = can’t communicate ; too advanced = don’t want to communicate). But unfortunately we don’t have enough matter to lead a scientific demonstration of this.

Q-11: 信用に足る情報が全体の4分の1存在するということですが、具体的にはどの資料を指しているのでしょうか?

GEIPAN has archived between 1988 and 2005 almost 1600 cases (with 6000 witnesses). Most of the cases are explained (A cases), whether by false declarations (but astonishingly very scarce) or by natural phenomenons (lightnings, clouds, “human” space bodies (like the re-entry of the 3rd stage of a Proton rocket in 1990, with 800 witnesses), or other explanations (german WW2 small artillery self-propelled shell that was consumed several years later in the sky after spending most of its time in the ground ...)).

There are also natural phenomenons that are not fully explained as of today: for example “ball lighting” that produces balls of fire capable of sustension during several seconds ...

There is however almost one quarter, or 20% depending on how you count, of the cases that have detailed information but no explanations. The witnesses have been judged not mentally insane by psychological review. Some of the confusing cases are the following:

- Cussac in 1967 (昭和42年): two children mentionned having seen a small round spacecraft with little black humanoids in a field. The ball took off rapidly in the sky. Traces were found on the ground.

- Trans-en-provence in 1981 (昭和56年): a man observed during 30 seconds a sphere that had landed in his garden. Traces on the ground were analysed.

- Nancy in 1982 (昭和57年): landing of a cigar-shaped object (1,5 m of diameter) on the ground. The landing had an influence on the plants close to the site, that were analysed later.

- Air France Flight Nice-London in 1994 (平成6年): the pilots observed a very large shape (1000m x 100m) in the air. The observation was seen also by a military radar on the ground.

Q-12: まだ公開を控えているUFO関連の情報はあるのでしょうか?

GEIPAN would like to extend its work and go back further in the past to publish the cases located between 1954 and 1977, but we have very few documentation on those cases. Generally speaking GEIPAN is working with 100% transparency and no raw information is hidden.

<引用終わり>

今回は、残念ながら1999年同じくフランス政府と軍関係者、科学アカデミーのメンバーが中心になって作成され、当時のシラク大統領とジャスパン総理大臣に提出された「COMETA REPORT」については触れることが出来なかった。

Grialouさん自身が、フランス政府からCOMETA REPORTについて言及してよいか、時間の関係で承認が得られなかったからだが、インタビューの収録後に「COMETAレポートの内容を実際に読んでみると、そこに関わっている人々がフランス政府の極めて高い地位にある要人ばかりだし、記述されている内容も非常にセンシティブなものなので、限られた時間の中で気軽にコメントするわけには行かない。今回は申し訳ないが発言を差し控えたい。」とのことだった。残念だけど、仕方が無い。

ちなみに番組の放送中に多くのリスナーの皆さんからUFOの目撃情報や体験談がメールで寄せられた。思った以上に「これまでは馬鹿にされると思って誰にも話していない。」という人が多い。

これも日本のマスメディアによるUFO情報に対するディストーションの影響だろうか?個人情報保護法に触れるので、ここで紹介できないのが本当に残念だけど、メールを送ってくれた皆さん、どうもありがとう!

ところでGrialouさんによると、CNESの東京事務所としては、日本国内でも同様の研究活動をしている公的な機関があれば、情報を共有化したいという希望があるそうだ。

日本でCNESと同等の公的機関と成ると宇宙航空研究開発機構(JAXA)に成るんだけど、果たしてUFO関連の情報をどこまで把握しているのか判らない。もしかしたら、防衛省には情報があるかもしれないけど・・・。

今度直接尋ねてみようと思うけど、もし何か知っている人が居たらCNESにつなぐので、教えてください。

■参考リンク

【祝!フランス国立宇宙研究センターがUFO情報を公開】

【マスメディアに黙殺されたアメリカのUFO/ET情報公開】

【メキシコ空軍がUFOを撮影】

April 11, 2007 in Current Affairs, Politics, Science, Ufology, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Thursday, April 05, 2007

【イランからイギリスへの贈り物】

アメリカによるイラン攻撃の開始予定日として、事前にロシア軍情報筋からリークされていた4月6日を前にして、イランのアフマディネジャド大統領は15名の捕虜を解放し、イギリス軍兵士たちは無事帰途に着いた。

アフマディネジャド大統領は、「イギリスによる領海侵犯があった」という主張は崩していないけれど、捕虜の解放というカードを切ることで外交的な得点を上げた形になる。

ところで、Iイギリスはイラン側に対する外交交渉のなかで、「二度とこのようなこと(領海侵犯)は繰り返さないと明言していたというから、ある程度その事実を認めたのかもしれない。

15名のイギリス兵氏は全員領海侵犯を認めて謝罪しているけれど、今後は、本当にその事実があったのか、それともイラン側からの圧力でそうした発言をしたのか、帰国した兵士たちに対する調査に焦点が移る。

原油価格もこれでしばらく落ち着くのだろうか。まぁ何にしても、今回は戦争に成らなくて良かったけれど、イランの核開発疑惑を巡る駆け引きはこれからも続く。

Ahmadinejad's final flourish (BBC.COM)

President Ahmadinejad announced the release of the 15 British naval personnel like a card player flinging down his hand to scoop the pool.

Iran had good cards and played them well.

It made its point about defending its borders, dominated international television with pictures of its prisoners and their "confessions" and, when it perhaps judged that it had got as much as it could expect to out of the confrontation, ended it with a flourish.

Iran will project this as a victory (the medals given publicly to the officers who led the operation was an immediate example) against a country still viewed with suspicion in Iran because of its past interventions.

It also put out an indirect warning that any attack on its nuclear plants would be met with vigour.

British sailors on their way home (BBC.COM)

The 15 Royal Navy crew members held captive by Iran are flying home after being freed by President Mahmoud Ahmadinejad as a "gift" to the UK.

They left Tehran Airport at about 0800 local time (0530 BST) on a British Airways flight bound for Heathrow.

Before leaving, several of the crew spoke on Iranian television to express thanks for their release.

Prime Minister Tony Blair said the homecoming would be "a profound relief" to the personnel and their families.

'Apparent intrusion'

Before leaving, one of the 15, Lt Felix Carman, told Iranian television: "To the Iranian people, I can understand why you were insulted by our apparent intrusion into your waters.

The only woman in the group, Leading Seaman Faye Turney, said: "Apologies for our actions, but many thanks for having it in your hearts to let us go free."

Mr Ahmadinejad said no concessions had been made by the British government to secure the releases, but that Britain had pledged "that the incident would not be repeated".

イランの英兵釈放と中東大戦争(田中宇の国際ニュース解説)

ブレアは米のイラン空爆を阻止した?

 イギリス側は、兵士を取り戻せて安堵しているだろうが、イラン側には、英兵士の早期釈放にどんなメリットがあったのか。イランのアハマディネジャド大統領は、経済政策が失敗して国民から不満を持たれているが、核問題などで欧米に対して強硬姿勢を採ってイラン国内のナショナリズムを煽り、それを自らに対する人気保持の源泉としてきた。捕虜問題でイギリスと対立が長引くほど、アハマディネジャドにとっては好都合だった。

 イギリスとの交渉でイラン側は、イラク駐留米軍に1月から拘束され続けているイランの外交官5人の解放を、交換条件に出したと考えられるが、アメリカが釈放したのは、5人のうち1人だけだった。(詳細は報じられていないが、ブレア首相がブッシュ大統領に拘束中のイラン外交官の釈放を頼み、ブッシュは5人中1人だけの釈放に応じたのだろう)

 私の推測は、米軍は英兵捕虜問題を理由に4月の早い段階でイランを攻撃することを計画しており、イギリス側は「米軍に攻撃されたくなかったら、早く英軍兵士を返した方が良い」とイラン側を説得し、兵士の返還と、アメリカによるイラン空爆阻止の両方を達成したのではないかということだ。英兵が返還されれば、米は空爆の理由を失う。すでに述べたように、米軍がイランを攻撃して戦争になると米英の中東覇権を失墜させるので、ブレアは攻撃に反対のはずである。

 一触即発の状況を自らの人気保持につなげてきたイランのアハマディネジャドも、ぎりぎり瀬戸際の状況は望んでも、戦争になって国を破壊されることは望んでいないはずである。

開戦の可能性は減った?

 米イラン戦争の開戦事由になりそうだった英軍捕虜事件は解決したが、これによって米イラン戦争はもう起きなくなったのだろうか。

 今後、米イラン戦争がなかったとしても、もはやアメリカが中東の覇権を失わないですむことはない。米軍の惨敗のイラク撤退は時間の問題だ。キッシンジャー元国務長官は先日東京に来たときに「アメリカはもう、イラク全体の統治を復活することはできない。もはやイラクで勝つことはできない」と述べた。アメリカの外交戦略の黒幕的シンクタンク「外交問題評議会」は、すでに昨秋「アメリカ中東支配の終わり」を宣言している。(関連記事その1その2

 日本は、親日国だったイランとの経済関係を切り続け、同時にアメリカからは従軍慰安婦問題で非難され、次には捕鯨問題でも非難され始めている。日本が採っている対米従属戦略は、アメリカの自滅的覇権衰退とともに、転換が必要になっている。だがマスコミや政府内には、そのことに気づいている人自体、ほとんどいない。(関連記事

April 5, 2007 in Current Affairs, Economy, IRAN, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, March 31, 2007

【イランvs.イギリス 孤立化するイラン】

イランは捕虜と成っている15名のイギリス人水兵の内、既に公開された女性兵士のビデオに続いて、二人目のビデオをリリースした。

このビデオの中で兵士は、イギリスの艦船が許可を得ずにイラン領海内に入ったことを認めた上で、御丁寧に何度も繰り返し“謝罪”までしている。

BBC NEWS | UK | UK sailor's second Iran 'apology'

A second member of the captured Royal Navy crew has apologised for trespassing in Iranian waters.

The "confession" by a crewman, named as Nathan Thomas Summers by Irna news agency, was broadcast on Iranian state television.

 

Here is the text of his statement:

"We trespassed without permission.

"I would like to apologise for entering your waters without any permission.

"I know it happened back in 2004 and our government promised that it wouldn't happen again.

"Again I deeply apologise for entering your waters."

この“謝罪”とほぼ同時に、領海侵犯を事実としてイランのアフマディネジャド大統領がイギリス政府に対して謝罪を要求。

イラン政府、英国政府に謝罪を要求(AFP BB NEWS)

【テヘラン/イラン 30日 AFP】イラン政府は29日、英艦艇がイランの領海を「侵犯」したことについて英国政府に謝罪を要求するとともに、女性水兵の解放を拒絶した自国政府の判断を擁護した。

 メヘル通信(Mehr)によると、軍当局のAlireza Afshar報道官は英水兵の拘束問題について「解決策は英国政府が現実を受け入れ、偉大なイラン国民に謝罪を表明することだ」と語り、「真実を認め、領海侵犯を繰り返さないよう約束」するよう英国政府に迫った。

 イラン政府は英水兵らの解放を求める国際社会の要請を拒否。先般約束した唯一の女性水兵の解放についても、拘束事件に対する「英国政府の過剰反応」を理由に撤回している。

 イラン政府は23日、ペルシャ湾北部で「イラン領海を侵犯」したとして英水兵ら15人の身柄を拘束。これに対して英国政府は、同水兵らはイラク領海で「通常のパトロール任務中」に拘束されたと発表している。

イランにしてみると、あくまで「悪いのはお前らだ!」ということで一歩も譲る様子が無い。こうした事態に対して、国連安保理が深刻な憂慮を表明。

BBC NEWS | UK | Navy crew 'concern' voiced by UN

また、EUの外相もイランに対して捕虜の即時解放を求めている。

BBC NEWS | Europe | EU ministers put pressure on Iran

四面楚歌のように見えるイランは一歩も退くことなく、ついにドルでの原油取引を中止する計画を発表。これはアメリカが(内心はともかく)最も嫌がる対抗措置だ。

イランはドルでの原油売却中止を計画―中銀総裁=国営テレビ | Markets News | Reuters.co.jp

[テヘラン 30日 ロイター] は、同国がドルでの原油売却の中止を計画していると述べた。国営テレビが30日報じた。

 報道によると、シェイバニ総裁は「イランは、ドルでの原油売却を完全に中止することを計画している」と述べた。

 イラン当局者は、ドル以外の通貨による収入が大きいとし、価格の算出は依然国際通貨のドルで行っているとしていた。

原油取引をドルからユーロなど他の通貨に移行させる動きがはっきりした段階で、イランは以前のイラクの場合と全く同じようにアメリカの逆鱗に触れる事となり、明確な攻撃の動機を与えることになる。 (イラクが攻撃されたのは、イラクの原油取引をドルからユーロにシフトしたことが原因に成っているという説がある。)

既に制裁を発動している国連安保理はもちろん、違法に兵士を捕縛されて激怒するイギリス、そして元々イランを攻撃したがっているアメリカ・・・・。

イランはまるで予定通りに粛々と孤立化への道を歩んでいるように見える。

役者が揃ってきた感じがするけれど、状況がエスカレートすればするほど、戦争が始まることを見越して(期待して)原油価格もどんどん上がる。

かくしてイラン戦争をスタートさせるシナリオは順調に出来上がりつつあるけれど、戦争を回避するシナリオはどこにも無いのだろうか?

しかし良く考えてみれば、ここまで分かりやすい状況を作ってまで戦争オッパジメル可能性はむしろ低いのではないかという気がするし、別に無理して戦争しなくても、ロシア経由でリークされた4月6日をピークに乱高下すると思われる原油相場で儲けは充分に得られるということだろう。

これは前戯みたいなもんですよ。

■参考リンク

March 31, 2007 in Business, Current Affairs, IRAN, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Wednesday, March 28, 2007

【イランvs.イギリス 危険な状態】

イギリス政府は先程、イランに捕縛されたイギリスの艦船は、捕縛されたときにはイラン領海ではなく、イラク領海で航行していたことを示す証拠を公開した。

    

提出された証拠は、艦船のGPSデータに基づいており、「イランの行為が不当なものであることを証明する、反論の余地の無い明確な証拠」とされている。

UK reveals Iran dispute evidence (BBC NEWS)

The Royal Navy says satellite data proves 15 personnel being held in Iran were 1.7 nautical miles inside Iraqi waters when they were seized.

Vice Admiral Charles Style said the sailors were "ambushed" after the search of a vessel and that their detention was "unjustified and wrong".

Prime Minister Tony Blair told the Commons it was now time to "ratchet up" diplomatic pressure on Iran.

Iran has insisted the group were in its waters when they were taken on Friday.

The eight sailors and seven marines, based on HMS Cornwall, which has its home port in Plymouth, were taken at gunpoint by the Iranian Revolutionary Guard as they returned after searching a boat.

At a briefing in London on Wednesday, the Ministry of Defence said it "unambiguously contested" claims that the navy personnel had strayed into Iranian waters.

一方でブレア首相は昨日行われたインタビューで、「イギリスは外交的な解決を目指して努力しているが、イラン側が直ちに捕虜を解放しなければ、イギリスとしては“異なる段階”に移行する」とイラン側に強く警告している。

PM warns Iran over Navy captives (BBC NEWS)

Efforts to secure the release of 15 Royal Navy personnel held by Iran will enter a "different phase" if diplomatic moves fail, Tony Blair has said.

この“異なる段階”が経済的な制裁を意味するのか、それとも武力行使を意味するかは今のところ不明だが、こうした動きを背景に、今朝方、艦船の捕縛を巡って西側がイラン軍と交戦したとの噂が流れたのをきっかけにして、原油価格が1ドル以上上がって6ヶ月ぶりの高値である1バレル=$68まで高騰した。

この噂はただちにホワイトハウスによって否定されたものの、市場がこの状況に対していかに神経質に成っているかを表す現象だ。

仮にイギリスがイランとの対決姿勢を強めた場合、イランは報復としてホルムズ海峡の封鎖を行うとの観測があり、その場合は世界の原油の20%がホルムズ海峡を通過できなくなる為、原油価格が暴騰すると見られている。

Oil price rises on Iran tension (BBC NEWS)

The price of oil has risen by more than a dollar, with the market anxious after rumours about US conflict with Iran.

"The market has been on pins and needles with the Iran situation," said Phil Flynn of Alaron Trading.

US crude oil rose $1.02 in early Asian trade to $63.95 a barrel, while Brent crude added $1.21 to $65.81.

Late on Tuesday, US crude oil hit a six-month high of $68 on speculation that the West and Iran had come to blows militarily - which the US denied.

【イラン攻撃の序曲か?】(viewz)

March 28, 2007 in Current Affairs, IRAN, IRAQ, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Monday, March 26, 2007

【イラン攻撃の序曲か?】

3月23日にイランがイギリスの領海侵犯を理由に15名の英国兵士を捕縛したニュースと、その後の展開は、色んな意味で大きな意味を持っているような気がする。

Iran seizes UK vessels and crew (BBC.COM)

Iran has seized three UK navy vessels and eight crew members inside its territorial waters near the Iraq border, UK defence officials confirmed.

Seizure unjustified, Iran warned (BBC.COM)

"We have certainly sent the message back to them very clearly indeed. They should not be under any doubt at all about how seriously we regard this act, which is unjustified and wrong."

Blair: Seizure of UK troops by Iran 'very serious' (CNN.COM)

BERLIN, Germany (AP) -- British Prime Minister Tony Blair said Sunday that the 15 British sailors and Royal Marines captured by Iran were not in Iranian waters and warned Tehran that Britain viewed their fate as a "fundamental" issue.

"I want to get it resolved in as easy and diplomatic a way as possible," he said, but added he hoped the Iranians "understood how fundamental an issue this is for the British government." (Watch Blair react to seizure Video)

Blair's comment, at celebrations for the 50th birthday of the European Union, follows British and European Union demands for Iran to release the 15 naval personnel seized at gunpoint in disputed waters between Iran and Iraq on Friday. (Watch how British sailors and marines were seized Video)

Security Council approves new sanctions on Iran (CNN.COM)

UNITED NATIONS (AP) -- The United Nations Security Council was preparing to vote Saturday afternoon on new sanctions to pressure Iran into suspending uranium enrichment.

Major powers were expecting unanimous approval.

Angry Iran reduces nuclear access (BBC.COM)

President Mahmoud Ahmadinejad said separately that the sanctions were illegal and Iran would not stop its nuclear work "even for one second".

The sanctions block Iranian arms exports and freeze assets of anyone involved in nuclear and missile work.

Iran denies seeking nuclear weapons, insisting its work is peaceful.

"After this illegal resolution was passed against Iran last night [Saturday], it forced the government to... suspend parts of its activities with the [International Atomic Energy Agency, IAEA]," government spokesman Gholamhossein Elham said on state television.

Iran trimming cooperation with nuclear watchdog (CNN.COM)

The move from Tehran was a gesture in apparent retaliation for the sanctions unanimously approved Saturday by the U.N. Security Council because of Tehran's refusal to stop enriching uranium. (Watch iran's foreign minister reject the vote Video)

The sanctions, which send a strong message to Tehran that its defiance will leave it increasingly isolated and warn of even tougher penalties ahead, were immediately rejected by Iran which said it had no intention of suspending its enrichment program.

もしかしたら・・・、イギリスは意図的にイランを挑発する為に、わざと領海侵犯したのではないだろうか?

そして敢えてイランの反発を促して国連安保理の制裁決議に対する対決姿勢を強めさせ、国際社会に「イラン攻撃もやむなし」というイメージを植えつけた上で、かねてからの噂どおりイランへの攻撃を開始するというシナリオなのかもしれない。

まさに“Deja Vu”な感じじゃないか?

そして実にタイムリーに、中国経由でロシアから「アメリカが4月6日にイランを先制攻撃する」という情報をリークした記事が配信された。

ロシアのマスコミがアメリカは4月6日にイランに対する先制攻撃を開始するとスッパ抜く <陳(Chin)胡痒(Kokai)のWorld view>

【概要】米国は現地時間の4月6日未明にイランに対する「外科手術的攻撃」を開始することを決定した模様とロシアのマスコミが相次いで報道。その理由は西側社会が復活祭の前夜であり、金曜日でイスラム教徒が仕事を休みだからというもの。ロシア情報筋が入手した米軍の作戦計画によれば、攻撃は6日の朝4時から夕方4時までの12時間連続して行われる。これによってイラン国内の20か所の核施設と、ペルシャ湾のイラン海軍艦艇、イラン軍の指揮通信施設を粉砕する。アメリカ側の考えでは、イランの軍隊は現場に権限が与えられておらず、ロシアのように上級司令部に権限が集中しているため、指揮中枢を破壊することによって、末端の部隊は無力化できるとのこと。

とりあえずこれからの数日間、イランとイギリス、そしてアメリカの動きから目が離せなくなりそうだ。

March 26, 2007 in Business, Current Affairs, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

Saturday, March 24, 2007

【祝!フランス国立宇宙研究センターがUFO情報を公開】

■France opens secret UFO files covering 50 years(YAHOO NEWS

ついにというか、やっというか・・・。

フランスの国立宇宙研究センター(CNES=アメリカのNASAと同じような組織)が公的な機関としては世界で初めてとなるUFO情報のアーカイブを公開した。

しかも内容は、過去50年以上に渡ってフランス全土で収集された1600件以上のUFO情報の記録と調査・分析結果が一挙にオープンに成っている、らしい。

というのは残念ながら、このサイトは今のところフランス語ONLYなので、フランス語が不自由な僕は内容を確認したくても出来ないからなんだけど・・・(涙)。早速CNESに、「とりあえず英語版を作って下さい!」ってリクエストのメールを送ってしまった。

■世界初、UFO情報をネット公開=過去50年余の報告例―仏(livedoor NEWS

【パリ22日】フランス国立宇宙研究センター(CNES)は22日、過去50年余りにわたって得られた1600件以上の未確認飛行物体(UFO)に関する情報をウェブサイト上で公表した。科学者やUFOファンが情報を手に入れやすくするのが目的で、関係者によれば、こうした情報を公にした国は世界で初めて。≪上の写真は米空軍が明らかにした1972年にニューメキシコ州でテスト飛行した宇宙船≫

 公表したのは1954年以降のもので、未確認空中現象に関する研究団体のジャック・パトネ氏によると、中には調査に値しないものもあるが、仏全土で何千人もが目撃したケースや、着陸跡とみられる焼け焦げ、物理学の法則を無視した飛行形跡のレーダー追跡記録など重要なものも多数含まれており、約25%は具体的なデータや信頼できる目撃証言があるにもかかわらず「説明不能」とされる「タイプD」に分類されるという。

多分、今こうしている間にも世界中のUFOLOGIST達がアクセスを試みているに違いない。でも残念ながら、サイトの取り回しはお世辞にも良いとは云えない。

ちなみにナビデート用のメニューは:

  • Accueil
  • Qu'est-ce que le GEIPAN ?
  • Documentation
  • Recherche
  • Statistiques
  • Contact
  • の6つしか用意されていないし、ほとんどの情報が収納されている「Documentation 」と「Recherche 」は調査報告書とか、目撃者による供述書のPDFが山のように収められていて、とにかくダウンロードしてみないと、どんな資料なのか分からない。サーチ機能もないしな・・・。せめて画像ファイルとか別メニューにしてもらいたかった。

    まぁ、資料を公開することに意義があるということで、その辺は今後に期待しましょう。

    と思っていたら、UFO関係でもう一つニュースがあった。こっちはアメリカの政界関係者としては初めてのケースで、アリゾナ元州知事によるUFO目撃のCOMING OUTだ。

    ■'Phoenix Lights' a UFO? (CNN.COM/VIDEO)

    A former governor now says an event in the sky may have been a UFO. CNN's Gary Tuchman reports. (March 22)

    ■FORMER ARIZONA GOVERNOR NOW ADMITS SEEING UFO (CFI:PDF)

    パパ・ブッシュが大統領をやっていた時代にアリゾナ州知事を6年間勤め、ベトナム戦争に空軍パイロットとして従軍した経験を持つFife Symington氏(共和党)が、1997年の3月13日からアリゾナの空に数夜に渡って出現し、数千人に目撃され、多くの映像が記録され、後に「PHENIX LIGHTS」と呼ばれることになったUFOを目撃したことを、公式に認めたという。

    フットボール競技場をはるかに超える大きさの巨大なV字型をしていたというこの“謎の飛行物体”を目撃したサイミントン元知事は「国防総省が何か他のものだと証明しない限り、あれは地球外からやってきたUFOだと思った。」という。

    何故当時それを認めなかったのかと尋ねられて「市民にパニックを起こさせたくなかったからだ。私のような公の立場に居る人間は発言には慎重にならないと、間違いなく人々に大変な影響を与えることに成るだろうと思ったからね。」と答えている。

    その為、事件の後に行われた記者会見で彼は、わざわざキグルミのエイリアンを登場させてジョークとして笑い飛ばしてみせた。ようするに誤魔化したわけだけど、当時真相解明を求めるアリゾナ市民からは相当非難されたらしい。

    しかしそれから10年、公式には自身のUFO目撃を否定していたサイミントン氏は、その後政界から引退して現在は事業家に転進しているが、ついにその沈黙を破って「その光は非常に明るく輝いていて、素晴らしいものだった。それにあまりにも巨大で、とにかくとてもこの世のものとは思えなかった。」とCNNのインタビューで語っている。

    サイミントン氏は最新のUFO記録映画「OUT OF THE BLUE」(GOOGLE VIDEO)の中でもこの話をしているらしいし、またUFOの情報公開を求める市民グループ「COALITION FOR THE FREEDOM OF INFORMATION」にも協力しているという 。

    Google Videoで観る事が出来る「OUT OF THE BLUE」は、元々SciFiチャンネルで放送されたもののようだけど、UFOを扱ったビデオ資料としては、証言者として登場する人々の顔ぶれと経歴もアメリカ、ロシア、フランスの政府高官、軍人、科学者、宇宙飛行士、etc.、いずれも驚くばかりの面々で、4月にリリースされるというアップデート版のパッケージが非常に期待される。

    そしてその中で、1999年にリリースされ、この10年間で最も重要なUFO調査報告書として紹介されているのが、フランスの軍、科学アカデミーの最高レベルの人々が中心に成って作成し、フランスのシラク大統領とジャスパン総理大臣に提出されたという「COMETA REPORT」だ。

    In 1999 an important document was published in France entitled, UFOs and Defense: What must we be prepared for? ("Les Ovni Et La Defense: A quoi doit-on se préparer?"). This ninety-page report is the result of an in-depth study of UFOs, covering many aspects of the subject, especially questions of national defense.

    The study was carried out over several years by an independent group of former "auditors" at the Institute of Advanced Studies for National Defense, or IHEDN, and by qualified experts from various fields.

    Before its public release, it has been sent to French President Jacques Chirac and to Prime Minister Lionel Jospin.

    The report is prefaced by General Bernard Norlain of the Air Force, former Director of IHEDN, and it begins with a preamble by André Lebeau, former President of the National Center for Space Studies (Centre National D’études Spatiales), or CNES, the French equivalent of NASA.

    The group itself, collective author of the report, is an association of experts, many of whom are or have been auditors of IHEDN, and it is presided over by General Denis Letty of the Air Force, former auditor (FA) of IHEDN.

    フランス空軍のNorlain将軍による序文に始まるこのレポートは、「UFOと防衛:我々は何に備えなければならないのか?」というシリアスなタイトルが付けられていて、92ページに渡り、世界各国の政府や軍、そして民間の機関が収集した500件以上のUFO事例を基に、フランスのトップ・レベルの科学者や軍関係者によって構成されたチームが詳細に分析して評価したものだ。

    このレポートの結論は、「UFOや地球外生命体の存在は現実のものであり、また彼らの持つ技術は我々の知識や理解を遥かに超えるものである。この事実は、フランスはもちろん、地球全体の安全保障を考える上で、無視することが出来ない極めて重大な懸念をもたらすものである。」と成っている。

    残念ながらこのレポートは、フランス以外の国では出版すらされていないが、(ちなみにフランスでは、アメリカのTIME LIFEにあたるVSD社から出版された。)英語版のPDFは、ここでダウンロードできる。

    映像で見ると、オリジナルのレポートには膨大な量の写真資料も含まれているみたいだけど、残念ながらPDF版では割愛されている。

    ところで、このレポートの前文を書いているのが、今回ニュースと成った世界初の大規模なUFO情報公開を実現したフランス国立宇宙研究センターのLebeu前代表。

    ということはつまり、今回の情報公開はこの「COMETA REPORT」が基に成っていると考えてほぼ間違いないだろう。実際に、CNES du GEIPANサイトのDocumentationのトップにオリジナルのPDFが収められている。

    それにしても同時にアメリカとフランスで政府関係の組織や人物がUFO情報を公表するニュースが重なるなんて・・・。一体何が起きているというのだろうか?

    もしかしたら、いよいよ“その日”が近づいているのかもしれない。もちろん“その日”の解釈は人それぞれだけどね。

    ■参考リンク:

    【今夜のJAM THE WORLDは、フランスUFO情報公開特集】

    【マスメディアに黙殺されたアメリカのUFO/ET情報公開】

    【メキシコ空軍がUFOを撮影】

    March 24, 2007 in Current Affairs, Media, Politics, Science, Ufology | Permalink | Comments (2) | TrackBack

    Friday, March 23, 2007

    【タミフル・トラブルの闇の奥】

    タミフルの巡る最近の動きを見ていると、タミフル自体の危険性もそうだけど、やっぱり思い起こすのは、タミフルとラムズフェルド前国防長官のつながりだ。

    実はラムズフェルドは2001年にブッシュ政権に入閣するまで、タミフルのメーカーであるギリアド・サイエンシズの会長を務めていた。

    なんだかチェイニー副大統領とハリバートンの関係を彷彿とさせる話ではないか。

    Rumsfeld's growing stake in Tamiflu (CNN.COM)

    ラムズフェルド、鳥インフルエンザで大儲け(暗いニュースリンク)

    鳥インフルエンザ大流行の予測は世界の人々をパニックに陥れているが、ギリアド・サイエンシズ社の株を所有するラムズフェルド国防長官やその他政界関係者にとっては朗報だ。カリフォルニア州に本拠を構えるバイオテック企業ギリアド社は、インフルエンザ治療薬として現在世界中から注目されている『タミフル』の特許を所有している。

    1997年からブッシュ政権入閣までの2001年の間、ラムズフェルド国防長官はギリアド社の会長を務めており、現在でも同社の株を保有しているが、その評価額は500万ドルから2,500万ドルの間であることが、ラムズフェルド氏自身による連邦資産公開申告書で明らかになった。

    入閣後もギリアド社の株を保有していたので、つまり日本政府がタミフルを大量購入したことで、ラムズフェルドの懐もかなり潤ったはずだ。

    ここに来て、厚労省は遅ればせながら、ようやくタミフルと異常行動の関連性を否定する姿勢を修正したわけだが、まだその危険性について明確な結論を出したわけではない。(YOMIURI ONLINE

     インフルエンザ治療薬「タミフル」を巡る問題で、厚生労働省の辻哲夫次官は22日の定例記者会見で、タミフル服用と異常行動の因果関係について「これまで『否定的』という見解をとってきたが、虚心に検討する。今後、判断も変わりうる」と述べ、従来の見解を事実上撤回した。

     また、服用後に異常行動をとりながら死亡に至らなかった負傷事例を分析していなかったことも明らかにした。

     同省によると、転落・飛び降りなどの異常行動による負傷事例は、未成年11件、成年4件。これ以外の死亡事例8件は専門家が分析を加えるなどしていたが、負傷事例は副作用が疑われる情報の一覧表に担当者が目を通す程度だったという。医療機関から今月19日の飛び降りが20日に報告された際、過去の事例を洗い直すまで、同省安全対策課では負傷事例が15件に上ることも把握していなかった。

     辻次官は、「膨大な副作用情報が入ってくるので、死亡事例からチェックしていた。異常行動をひとくくりにして、中身を詳細に分析していなかった」と、対応のまずさを認めた。

     タミフルの副作用が疑われる情報は、2001年2月の発売以来、のべ1763件報告されており、同省は今後、このすべてを検討するという。特に精神・神経系の副作用については、服用の状況や発症の経過を専門家による審議会で詳しく調査する。

    タミフルのビジネス的な背景を考えると、政府がその危険性を簡単に認められないのは、もしかしたら政治的な配慮があるのではないかと勘ぐってしまうのだが・・・。

    とにかく日本はタミフルを大量に備蓄しているし、最大の消費国でもある。(YOMIURI ONLINE

     輸入販売元の中外製薬によると、日本のタミフルの使用量は世界で最も多い。新型インフルエンザの懸念から、海外での使用量も増えたため、現在の使用量は世界の3割程度にまで下がったが、インフルエンザが流行した2003年1月~3月にかけては、世界の使用量の約7割を占めた時期もあった。

     FDAによると、タミフル承認後、タミフルを製造したロシュの日本法人が、全国7万か所の医療機関や医師から副作用の情報を集め、この結果もFDAに報告されている。一方で、米国のタミフルによる副作用の報告が始まったのは昨年の冬からだ。

    もしかしたら、広島・長崎の原爆投下と同じように、日本人はタミフルの人体実験の実験台にされているんじゃないかという気がする。

    それにしても、今後タミフルと異常行動との間に関連性が確認されれば、それはおそらく神経生理学的な観点から検証することになるのだろうけれど、もしその因果関係が証明されれば、タミフルは間違いなく全面的に禁止に成るのだろうと思うけれど、果たして簡単にそうなるかどうか・・・。

    この問題については、「ストレイ・ドッグ」というサイトに2005年11月22日付けのエントリーで、まさに今の状況を予見する記事が掲載されている。

    その後現在に至るまでの経緯と、これからの政府の対応を検証する上で、改めてタミフルに関するこうした情報が既知のものであったのだという事実を確認しておきたい。

    タミフルの国家備蓄も米ブッシュの意向!?(情報紙「ストレイ・ドッグ」)

    ■参考リンク:

    インフルエンザの特効薬「タミフル」は信頼できるか?(SAFETY JAPAN)

    リン酸オセルタミビル(タミフル)と突然死、異常行動死との関連に関する考察(医療ビジランス研究所)

    March 23, 2007 in Business, Current Affairs, Politics, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Thursday, March 08, 2007

    【ロシアのジャーナリスト 謎の死】

    ■'Russian arms' journalist buried (BBC NEWS)

    ロシアによるシリアとイランに対する武器輸出計画を調査していたジャーナリスト、イアン・サフロノフ氏(51)の自殺が、そのタイミングと状況からみて暗殺ではないかとの憶測を呼んでいる。

    そのロシアでは、1996年以降、実に88人ものジャーナリストがプロの殺し屋に殺害されていて、今回の自殺も、謀殺の可能性が高い。

    Safronov, a military affairs writer, fell from a fifth-floor window on Friday at the Moscow apartment block where he lived.

    His newspaper said at the time of his death he was investigating reports of alleged Russian plans to sell sophisticated missiles to Iran and fighter jets to Syria, via Belarus.

    Prosecutors quoted by Russian media say they are investigating the possibility that he was "driven to suicide".

    報道の安全性を調査している国際機関は、「ロシアは報道に関わる者にとって、イラクに次いで危険な場所に成っている。」と断定している。

    ロシア政府当局にとって不都合な報道を行うことは、まさに命懸けの仕事だというこの状況は、「戦争と同じぐらい危険」だという。

    In a separate report, the International News Safety Institute (INSI) concluded that Russia is the second most deadliest place for journalists, after Iraq.

    According to INSI, in the last 10 years, 88 journalists were killed in Russia, the most common cause of these deaths being contract murders.

    また、The International Federation of Journalist (IFJ)によると、1993年以降、ロシアで殺されたジャーナリストやメディアに関わるスタッフの人数は少なくとも255人にも上り、その内、プーチン大統領が政権に就いてから発生した約40件の殺人については、未だにその実態が解明されていない。(IFJ)

    The international spotlight has focused on the dangers that Russian journalists face after the assassination of investigative journalist Anna Politkovskaya in Moscow on October 7. Her death was one of four killings of media workers in Russia in 2006 that added to at least another 255 killings of journalists and media staff in Russia since 1993. Many of these have been explained, but since President Vladimir Putin came to power around 40 killings of journalists have taken place and none of them have been satisfactorily resolved.

    【ロシアより愛を籠めて:プーチンのラブレターは放射性物質】

    March 8, 2007 in Current Affairs, Media, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Friday, October 27, 2006

    【富士山噴火の前触れ?】

    こういうのは当たって欲しくはないのだけれど、以前から購読している「フォトンベルト・レポート」というメルマガに気に成る記事があった。

    「フォトンベルト」が科学的には証明されていないのは百も承知だ。でも最近ひしひしと地球環境の異変を感じているので、こういう情報にはどうしても敏感になってしまう。

    [フォトン・ベルト レポート] 第36号 2006/10/27

     10月26日メルマガ35号の配信を終えた頃に、当日大変な数の電磁波バーストがキャッチされているのが分かったのです。午後20時24分段階で1万2118回にも達したそうです。これだけの電磁波バーストがキャッチされることはあまり前例が無く、巨大地震の前触れではないかと本気で心配する向きも多いようです。

     電磁波バーストは多くの場合、震源地の地下で岩と岩とが擦れ合って発生すると考えられています。過去の例からすると数え切れない電磁バースト発生の後、10日前後で巨大地震が発生する可能性が高いとの事です。

     ここ2週間程地球の各地でM5ないしはM6クラスの地震が、全体で30回ほど発生しており、地殻変動のエネルギーが間違いなく高まっています。

     フィリピンでは数日前にM5.4程の地震が発生した後、なんと700回をも越える余震が記録されています。フィリピンではブルサン火山が20日頃から活動が活発化し、高さ2000メートル上空まで大きく白煙を上げ始めています。

     さらに1週間ほど前に、深さ3000メートルを越えるマリワナ海溝でも数回地震が発生しています。どうも環太平洋の火山帯の動きが、全体的に活発化しているようなのです。

     前回のメルマガでもお伝えしたように最新情報によると北米、フィリピン海、ユーラシアと3つのプレートがぶつかりあう地点である箱根で、9月頃より微動地震が多発していて、7月以降箱根山が急激に東西方向に1センチも伸びている事が国土地理院の観測データで判明しています。

     専門家によると富士山はかつては50年間隔で大爆発を起こしていましたが、300年前の宝永年間の大爆発(1707年)以後、目立った噴火を起こしていないのです。そこで富士山は、いつ噴火してもおかしくない活火山だと専門家は断言しています。(10月8日放送 「素敵な宇宙船地球号 緊急シミュレーション富士山噴火 300年目の真実」での解説)

      現在の環太平洋火山帯の動きを見ていると、富士山異変の危険性が十分に感じられます。

    October 27, 2006 in Current Affairs, Ecology, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Wednesday, October 18, 2006

    【史上初!DOW JONES $12,000. 突破!】

    ■Dow industrials sweep past 12,000 mark (MSNBC.COM

    Blue-chip index passes the psychologically-key level for first time

    心理的な壁といわれた$12,000を超えて盛り上がるダウジョーンズ平均が史上最高値を更新中!

    NEW YORK - Stocks surged Wednesday, driving the Dow Jones industrial average above the psychologically-key 12,000 level for the first time and extending its march into record territory, as investors grew increasingly optimistic about earnings and the economy.

    北朝鮮のテンションがドンドン上がるのを横目で見つつ、投資家は景気の先行きに対してかなり楽観的に成っているようだ。ソフトランディングと読んでいるのだろうか?

    そしてやっぱりBOEINGのような軍需関連株は堅調。まるで日本の防衛予算がアゲアゲに成ることを見越したかのようだ。

    October 18, 2006 in Current Affairs, Economy | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Saturday, April 22, 2006

    【5月25日 ディープインパクトでハルマゲドン?】

    ■ニートよろこぶ、みんな仲間だ~“地球最後の日”がやってくる!?

    Deepimpact_1

    これも『話題.jp』で見つけたネタなんですけど、今日4月22日は“EARTH DAY”ということで・・・。約1ヵ月後の5月25日に彗星が地球にぶつかるという話。

    元ネタは『U.S. NEWSWIRE』の記事で、要約は以下の通り。

    フランス軍の元航空管制官エリック・ジュリアン氏が73Pシュワスマン=ヴァハマン彗星の軌道計算の結果、その破片の一部が2006年5月25日に地球に衝突する可能性が高いと発表した。

    Schwassman-Wachmann彗星は太陽系の黄道面に交差する5年周期の軌道をまわっている。何世紀もの間この彗星は無傷でこの5年の軌道を回っていたが、1995年に突然いくつかの断片に分裂した。

    彗星の経路に関するNASAのシミュレーションを使用した結果、ジュリアン氏は彗星が地球の黄道面と交差する5月25日頃に、地球と衝突するであろうとの結論に至った。

    トラックほどの大きさの破片が大西洋に秒速40キロメートルの猛スピードで衝突し、そのインパクトは高さ200メートル級のメガ・ツナミを発生、被害者は数千万人に上る。

    一方で天文学者達は流星群が見られる可能性はあるかもしれないが、そのような(壊滅的)危険は無いといっている。これに対してジュリアン氏は一部の破片は小さすぎて観測出来ていないのだと反論している。

    と、ここまではマトモっぽいが・・・

    ジュリアン氏はこの5月25日の彗星衝突は、ブッシュ政権が画策しているイランに対する先制核攻撃が“高度な知性の王国(the realms of higher intelligences)”に与える影響と関係していると結論付けている。

    というテキストで結ばれていて、アレレ~??これはヒョットシテ・・・と思って、U.S NEWSWIREのさらにネタ元であるジュリアン氏のサイトに行ってみると、そこにはいきなりUFOのイラストが~ッ!!

    彼はフランス空軍の航空管制官として空軍基地での業務中にUFOの追尾をした経験があり、国際空港のシニア・マネージャーの資格も持っている(身分証明書のコピー)というプロフィールで、航空業界のプロでありながら、一方でUFO関連の著作を持つ人物であることが判明。

    フランスには国立科学研究所の主任研究員でありながら『宇宙人ユミットからの手紙』という本の著者でもあるジャン・ピエール・プチみたいな人(自分の発明のネタ元は宇宙人から送られてくる手紙だということを、この本でカミングアウトした)も居るので、案外フランスにはこういうプロのUFOLOGISTが沢山居るのかも。

    そういや『未知との遭遇』にもフランス人のフランソワーズ・トリフォー監督が出演してたっけ・・・ってあんまり関係ないか。(でも巷にはアメリカ、フランス、ソビエトなどの「核エネルギーのコア技術を持っている国」=「エイリアンから情報提供を受けている国」という陰謀説在り)

    思わずソソラレテそのジュリアン氏のサイトにアップされているリポートのオリジナル(PDF|MS WORD)をチェックしてみた。

    NASAによる彗星のシミュレーション結果の図表(下図)や、これと全く同じ惑星の位置関係を表しているしている(と本人が主張する)クロップサークルの写真、そしてもちろんUFOの図解や、彼がテレパシーを通じてコンタクトしているという、青く光るグレー風(GLAYじゃないよ)添乗員さんのイラストなどなど満載で楽しめます。

    May252006_2

    ちなみに、このNASAのシミュレーションによると、5月25日にこの彗星が地球の周回軌道上約 1700万キロメートル前方を横切るのだそうだ。(下図)

    May25_2006comet_earth_horisontal

    いくらなんでも1700万キロメートルも離れていれば大丈夫だろうと思うんだけど、だから天文学者達はみんな「そんな危険はネェッ!」といっているわけだ。

    しかし問題はこの彗星がいくつかの断片に分かれていることで。(下図)

    May25_comet_fragment_1

    ジュリアン氏は「現時点では小さすぎて観測されていない破片が地球の引力に引き寄せられて衝突を起こす可能性は否定できない。」と主張している。

    どうやら情報の一部は青いエイリアンさんとのチャネリングで補完されているらしく、お好きな方にはたまらないエンターテイメントになってます。真剣に読むとはまっちゃうかも・・・。 (But, what if all this was true・・・?)

    いずれにしても皆さん、もし本当なら逝くときは一緒です。

    もう後一ヶ月ちょっとしかありませんから、

    Seriously, 半島の事なんか気にしている場合じゃありませんッ!

    そろそろ慌てたほうが良いですよ~!(合掌)

    April 22, 2006 in Current Affairs, IRAN, Science, Weblogs | Permalink | Comments (4) | TrackBack

    Tuesday, April 18, 2006

    【DV被害 女性33.2% 男性17.4%】

    asahi.com:配偶者からの暴行、女性3割体験 DV内閣府調査

    今夜のJAM THE WORLDで募集したメールのテーマは、先日内閣府が発表した「男女間における暴力に関する調査」報告書<概要版PDF>を取り上げて、リスナーの皆さんにドメスティック・ヴァイオレンスに対する意見や体験談などを訊いたんですが、重たいテーマだから多分あまり来ないだろうと思っていたら、番組放送中になんと200通以上のメッセージが寄せられて、正直驚きました。

    この内閣府のレポートによると、配偶者から“身体的暴力”、“心理的攻撃”、“性的強要”のいずれかを1つでも受けたことがある人は、女性の場合全体の33.2%(!)に上るというから、実に3人に1人の割合ですよ!さらには、こうした行為を受けたことが『何度もあった』という人は10.6%も居るのです。

    DVの被害は女性だけじゃなく、男性の場合は同様に全体の17.4%と決して少なくないようで、実際、番組に寄せられたメッセージには男性からのものも多くて、内容は身体的暴力から言葉による暴力まで、配偶者(中には同性のケースもあったけれど)から受けたDVの内容を書き綴ってあり、その悲惨さに男性・女性の区別は無いように思いました。

    結構、「番組でこのテーマを聴き、今まさにリアルタイムで悩んでいる問題なので、思い切ってメールします。」とか、「誰にも相談できないけれど、野中さんを信頼してメールします。」という方も多かったです。よほど普段自分の中に溜め込んでしまっているのでしょうか。

    特に女性の場合は、配偶者やパートナーからの暴力を受けているにも関わらず、外向きは典型的な仲の良いカップルを演じている・・というケースが多く在りました。ということは、たとえ直ぐ側に居たとしても、第三者が身近にDVが起きていることを認識することは難しいようです。

    また、仮にDVが起きているらいしいと分かったとしても、どうしても他人が立ち入って介入するのは難しいのだろうと思います。番組に寄せられたメッセージにも、そういう悩み(親しい人がDV被害にあっている)を持った人からのものが多くありました。

    それから、幼少期に親から受けた暴力や性的虐待の体験談などもあり、その結果自分も自分の子供に暴力を振るってしまうのが辛いというケースや、自分ではもう嫌でしょうがないのに、どうしてもその関係から逃れられない、という状況なども書かれていましたが、根本的な問題として、DVの被害者(あるいは加害者)は周囲にこうした問題を相談できる相手が居ない。親身に成って話を聴いてくれる人が居ない、あるいは居ても逆に遠慮してしまう、というケースが多いようです。(調査リポートにも明らかです)

    一体、どこからがDVなのかという定義の問題もありますが、DVを受けると「自分に責任がある」と思い込んでしまう、あるいは思い込まされる方が多いようで、そうした状況下ではなかなか第三者に相談することも出来ないということでしょうか?

    確かにこの調査報告をつぶさに読んでいくと、深刻な状況にも関わらず孤立しているDV被害者の姿が見えてきます。番組宛で具体的にDVの実態をメールすることで、少しは自分の置かれている状況を客観視するキッカケに成ればとは思うけれど、やっぱり根本的な解決には成らないわけで、この辺りが番組でテーマとして取り上げる際の限界なのかなとも思います。

    結局番組では、「とにかく今現在DVで辛い思いをしている人は、是非一度地方自治体や警察などに設けられている相談窓口を利用して欲しい。誰かと話をするだけでも、問題を客観視するきっかけになるし、それが解決へつながる糸口になるかもしれないから・・。」という呼びかけしか出来ませんでした。

    寄せられたメッセージの全てに目を通しながら、その深刻な内容に驚くとともに、結婚していようがいまいが、社会の最小単位に起きているこの異変には何か尋常ならざるものがあると感じました。ハードとしてのインフラではなく(これは耐震偽装でとっくに崩壊してますが)、ソフトとしての社会基盤を支える人間関係そのものが、実は激しく内部崩壊していることを象徴しているのではないかと思うのです。

    asahi.com ⇒ 配偶者から暴行や性的行為の強要などドメスティック・バイオレンス(DV)被害を受けた経験のある女性は3人に1人、さらに1割は「何度も」被害を受けたという実態が14日、内閣府男女共同参画局が発表した「男女間における暴力に関する調査」で明らかになった。

     昨年11~12月、全国の成人男女4500人にアンケートし、2888人から回答があった。

     配偶者(事実婚・別居も含む)から「暴行」「精神的嫌がらせや脅迫」「性的な行為の強要」のいずれかのDV被害経験がある女性は33.2%。うち女性全体の10.6%は「何度もあった」と答えた。殴る、ける、物を投げつけられるなどの身体的暴行を受けたことがあるのは女性26.7%にのぼった。一方、男性も13.8%だった。

     また、10~20代の時に交際相手からの被害、いわゆる「デートDV」も女性13.5%、男性5.2%が「あった」と答えた。女性の20代では22.8%、30代では18.7%にのぼる。

     また、女性に「異性から無理やりに性交された経験」を聞いたところ、7.2%に経験があった。加害者は「よく知っている人」が最も多く66.7%を占め、9割が面識のあった相手だった。

    April 18, 2006 in Current Affairs, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Saturday, April 15, 2006

    【アイフル、どうする?】

    ■どうする?アイフル、民放キー各局がCM取りやめ(YOMIURI ONLINE

    とおそらく全国民が一斉に突っ込みを入れたと思われるこのニュース。これもある意味で“言霊”の現れかと・・・。Aiful_poster

     消費者金融大手のアイフルが業務停止命令を受けたことを受け、在京の民放キー局各社は14日夕から、CMの放送を相次いで取りやめた。

     アイフルのCMは、俳優と犬のチワワが出演し、「どうする? アイフル!」のキャッチコピーが流れるシリーズが有名。今回、同社側からの要請もあり、各局とも、番組の提供企業名の表示から同社の名前を外すなどの措置も取った。

    アイフル経営理念「社会より支持を得る」

    アイフル ブランドコンセプト「安心・創造企業」

    アイフル「行政処分に関するお知らせ」(PDF)

    関連記事リンク

    April 15, 2006 in Current Affairs | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Saturday, March 25, 2006

    【イラク戦争 ペンタゴンが報告書をリリースした】

    ■イラク開戦から3年。国防総省がこれまでのイラク戦争の詳細をまとめた報告書(PDF)をリリースした。

    誰が見ても失敗が明らかなイラク戦争。ただブッシュ大統領は盛んに強気の発言で言い訳を繰り返しているけれど、このリポートからは色んなことが見えてきているようです。

    ロシア、フセイン政権に情報提供Mainichi INTERACTIVE

     報告書によると、ロシアは03年3月20日の開戦から4月上旬のバグダッド陥落前後まで、イラク戦争を仕切った「米中東軍の内部」から戦況や作戦に関する情報を収集し、バグダッド駐在のロシア大使を通じて元大統領側に伝えたという。

     4月2日の内部文書では「米軍はバグダッドに向け南、東、北側から進んでいるが、バグダッド攻撃は4月15日以降になるとロシアが伝えてきた」とされる。ただし、実際にはバグダッド陥落は4月9日。また、「米国はイラクの都市を占領するのは不可能だと考えている」との書簡をロシアがイラクに送ったというが、ロシア情報は結果的にいずれも誤りだった。

     一方、アジズ元副首相の証言によると、フセイン元大統領は「米国が攻撃してこないと確信していた」という。イラクには石油利権があるため、「仏露が武力行使を容認する国連安保理決議には拒否権を行使するとみていた」ためという。実際には、フランスは拒否権行使を示唆して抵抗したが、米英は決議採決を断念し、有志連合による開戦に踏み切った。

     報告書によると、元大統領は「米国は政権転覆までは要求しない」と判断。米地上軍がイラク領内に入った時点でさえ、最も恐れていたのは国内の反乱で、反乱鎮圧を想定して橋やダムを破壊せずにおいたという。これによって米軍は障害なくイラク領内を北上、バグダッド入りできた。

    そう云われてみると、有志連合のバクダッド侵攻は予想以上にスムースで、ほとんど抵抗らしい抵抗もなくてほとんど拍子抜けするぐらいだったけど、そんな事情があったんですね・・・。

    そういえば、そもそもイラク戦争の大儀とされた大量破壊兵器が結局見つからなかったことも、最近はもうあまり問題視されなくなっていました。がしかし、やはり3年目という節目を迎えて、開戦前に現場で国連査察の指揮をとっていた人物からこんな告発が飛び出しました。

    米英が国連査察「利用」 ブリスク氏、イラク開戦でU.S. FrontLine

     開戦から3年になるイラク戦争直前まで国連監視検証査察委員会(UNMOVIC)委員長としてイラクで大量破壊兵器査察に当たったハンス・ブリクス氏(77)は22日、イラク開戦の議会承認を得るために査察が「米英に利用された」と指摘、同戦争の根拠にあらためて強い疑問を投げ掛けた。ストックホルムで共同通信のインタビューに語った。

     さらに、開戦理由の重点を未発見の大量破壊兵器から、フセイン元大統領の追放やイラク民主化へと移しているブッシュ大統領らに対して強い不信感をあらわにした。

     ブリクス氏はイラク戦争について「国連憲章違反で違法だったことは疑いない」と強調。大量破壊兵器が未発見に終わり、イラクの「差し迫った脅威」がなかったことが明らかとなり、自衛のための先制攻撃を正当化する理由がなくなったと言明。その上で「フセイン元大統領の追放やイラク民主化という理由だけでは米英の議会は開戦を承認しなかっただろう」と述べた。

    イラクを民主化すれば、中東の周辺国も順次民主化されていくだろうという、いわゆる「中東民主化ドミノ理論」も今では相当怪しいものに成ってきましたが、イラク開戦当初から「次はイラン」と云われてきたわけで、そういう意味ではブリスク氏の下記のコメントは大変気に成ります。

     また、国際原子力機関(IAEA)事務局長を務めた同氏はイランが平和目的と主張する核開発問題にも言及。「イランの説明に疑問点はあるが、何もないことの証明が非常に難しいことはイラクの経験から知っているはず」と述べ、イランが核兵器開発をしていないとの主張を続けても欧米は納得しないだろうとの見方を示した。

     ブッシュ政権の先制攻撃戦略については、情報の精度に関するまやかしがイラク戦争などで「暴かれた」と強調、その危険性を訴えた。(共同)

    今まさに国連安保理ではイランの核開発疑惑を議論している最中ですけれど、もしかしたら中東の民主化こそが善であると信じる勢力は、予定通り粛々とプロセスを進めているのではないかと不安になりますが、やはりイラク復興の目処がある程度付かないと、イラン攻撃に踏み切るのは難しいのではないかと思えるのです。

    ちなみに、アメリカ国内の世論は既に厭戦気分が支配的になってきているようですし、イラクからの帰還兵は、イラク戦争の現実を訴え、政治の世界から変化を起こそうということで続々と政界を目指して出馬しているとのこと。

    イラク帰還兵 米下院出馬は9人目 うち8人は民主党 (Exicte News

    今年11月の米下院選に出馬するイリノイ州第6区(シカゴ郊外)の民主党候補を決める予備選が22日実施され、イラクで武装勢力に攻撃され、負傷した帰還兵のタミー・ダックワースさん(38)が候補に選出された。米メディアなどが伝えた。ロイター通信によると、これで今年の中間選挙に出馬するイラク帰還兵は9人となり、うち8人は民主党から立候補するという。

     ダックワースさんは陸軍州兵としてイラクに派遣された。04年11月、搭乗していたヘリコプターが武装勢力のロケット攻撃を受け、ダックワースさんは両脚を失った。現在は車椅子で生活している。同州選出のオバマ民主党上院議員らの後押しを受け出馬を決意した。

     22日の予備選には3人が立候補し、ダックワースさんが小差で他の2人を制した。同州6区は共和党の地盤で、同党重鎮のヘンリー・ハイド議員の選挙区だったが、同議員は引退を表明している。同党候補はすでに一本化されている。

     ダックワースさんはイラク戦争反対の立場で、イラク駐留米軍撤退の「基準」を明確にするよう主張している。民主党は中間選挙で反戦派のイラク帰還兵の擁立を目指しており、ダックワースさんもその一人。母親は中国系。04年大統領選に出馬したケリー上院議員や、ヒラリー・クリントン上院議員らからも支援を受けている。

    何らかの形で11月までにイラクの状況が好転しない限り、ブッシュの支持率の回復は絶望的でしょうし、そうなるとイラク撤退論がより力を得て民主党が大勝するかもしれないけれど、もしそれまでにイランを“誰もが認める悪者”に仕立てることに成功すれば、成り行きでイラン攻撃も有り得るのではないでしょうか?

    March 25, 2006 in Current Affairs, IRAN, IRAQ, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Friday, March 24, 2006

    【PSE法 ついに経産省がギブアップ!But・・・】

    ■ギリギリの軌道修正で混乱を回避?(NIKKEI NET

    「アンだよ~やりゃ出来るじゃん!」とか「だから最初からそうすれば良かったのにッ!」という声が聞こえてきそうだけど・・・。

     経産省は24日、家電リサイクル業者などで構成する「PSE問題を考える会」の代表とともに異例の記者会見をして、従来の方針を転換すると発表した。

    今日の会見には、先日3月14日に放送したJAMに電話でゲスト出演していただいた「PSE問題を考える会」の小川浩一郎代表も同席したそうで、これは小川さんたちの真摯な主張をちゃんと聞き届けましたよ~という経産省の演出でしょう、多分。

    市民生活に直接関わるこうした法制度は、机上で立案している際には想定すらしていなかった様々な問題が、いざ運用すると顕在化してくるわけで、今回は法案そのものが審議された際にろくに議論もされずに、そうした問題点が洗い出されないまま施行されてしまったことと、併せて法制度の周知活動が徹底していなかった(テレビやラジオの告知でも新聞の一面広告でもなく、チラシを20万枚刷って配ったそうだ。)ために世論がいきなり「聞いてね~よッ!」状態で沸騰したわけだけれど、結果的にはこのノイジーな“民の声”がお上を動かしたという、実に稀な「有り得ね~!」結果に見えるけど・・・。

    ■軌道修正=“脱法行為”の行政指導

    がしか~し!その内容を見ると全く「????」なもので、根本的な問題解決に成っているかどうかは甚だ疑問。なんだか全然スッキリしません。

     経産省による措置の柱は2つ。まずレンタルする製品へのマークは不要としている法律の解釈を広げる。業者がマークのない中古の電気製品を売った場合でも、それはマーク取得に必要な漏電検査のための機器が行き渡るまでの間、貸し出したものであり、所有権は業者に残っていると見なす。

    これってどういう意味?言語明瞭意味不明です。中古品の売買はしばらくの間レンタル取引ってことにしておこうと・・・。金払って買ってんのに所有権が移転しないなんてことが在り得るんか?それって詐欺じゃん!

    でいずれ漏電検査したら正式に所有権を認めるってこと?それまでは貸与していることになるわけ?経理処理上はどういう区分になるの?検査済みかどうか一体誰がそれ確認すんの?

     業者間の取引については、輸出用の中古品は対象外とした条文の解釈を緩める。国内向けか輸出用かが明確でない場合は、輸出向けの可能性もあると見なしてマークなしの流通を認める。

    ということはつまり、とりあえず全ての中古品は「これは輸出用で~す!」っていうことにして取引しろってこと?偽装取引を国が推奨するんですか?そりゃ~画期的だ!

    さらに裏を返せば、この法律は本来電気製品の安全性を保障するものなはずだけど、輸出用は対象外ってことは日本から輸出された中古品を買った人がヤケドしようが家が燃えようが爆発しようが、「そんなこたぁ知ったこっちゃございませんッ!」ていう法律なわけだ。まぁ骨髄付き牛肉輸出してくるアメリカと同じポリシーってこと。さすがぁ対米追従政権。いや御立派素晴らしいね!

     これらの措置に、反対運動を展開してきた同会の代表は「(法律の本格施行までの)猶予期間の延長を勝ち取ったと受け止めている」と発言。経産省側は「混乱回避のためには良い知恵だ」と述べた。しかし条文の手直しなどをしないまま「法律を裁量的に運用する手法だ」との批判が出る可能性がある。

     経産省は業者などの負担を軽減するため今月14日に漏電検査の機器を無料で貸し出すなどの措置を発表していた。混乱が収まらないため、土壇場で今回の追加措置をとる。新製品の販売には予定どおりPSEマークが必要となる。

    だからさぁ・・・アホなゴタク並べてないで、こんな『平成のばか法』((c)紀藤弁護士)とっとと廃案にしようよ~!法律作った奴が自ら抜け道作って通り方指導してどォ~すんだよこのバカチンがッ!(弩)

    March 24, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Sunday, March 19, 2006

    【イラク戦争 3年目の現実】

    Iraq_body_count_year3

    March 19, 2006 in Current Affairs, IRAQ, Politics | Permalink | Comments (3) | TrackBack

    Friday, March 17, 2006

    【イラク 2003年以降最大の空爆がスタート】

    ■2003年の開戦以来、最大級の空爆作戦が進行中(CNN.COM

    Iraqstoryswarmer テロリストが集結して第二のファルージャと成りつつあるというバクダッドの北部「サマラ」地域に対する大規模な空爆作戦『OPERATION SWARMER』がスタートした模様。

    イラク人兵士を含む連合軍1500名。50機以上の航空機、200以上の機動装甲車などによる作戦は数日間続く予定。

    ターゲットは、2月22日のシーア派寺院「アスカリア・モスク」の爆破以来激化している宗派間の戦闘を煽っている反乱分子やテロリストということだけど、エスカレートする内戦状態を押さえ込もうということで、作戦自体は以前から想定されていたそうだ。

    ただこの作戦には「イラク人兵士の育成が上手く行っていることを試す良い訓練。」という面もあるらしい。言い換えれば、「イラク人にイラク人を殺させる良い訓練。」ということか・・・。

    もちろん、攻撃に晒されているのはテロリストだけではない。(CNN.COM/CIVILIANS KILLED IN IRAQ RAID

    内戦を煽っているのは一体誰なんだろう?この問題については、「田中宇の国際ニュース解説」に非常に興味深い考察『イラク・モスク爆破の深層』が掲載されている。

    March 17, 2006 in Current Affairs, IRAQ, Politics | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Thursday, March 16, 2006

    【PSE法は憲法違反のおそれ】

    ■PSE法は「憲法違反であることが濃厚」という専門家の見解

    以前JAM THE WORLDにゲスト出演していただいたこともある弁護士の紀藤正樹さんのBLOG「弁護士紀藤正樹のLINC」にPSE法に対する鋭い指摘がポストされていた。

    憲法上、国民の財産権は補償されています。
    しかも財産権の内容は、法律で定めなければならないということにされています。

    第二十九条  財産権は、これを侵してはならない。 ○2  財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。 ○3  私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

    しかし電気用品安全法は、規制対象である電気用品につき、法律でなく、政令で定めることにししています。

    財産権を規制する法律が行政裁量ともいえる、政令で決められること自体が、憲法違反であることが濃厚です。

    しかも「電気用品による危険及び障害の発生を防止することを目的とする」(同法1条)という規制目的から見て、規制方法には何ら合理性がなく、過度に広範な規制であることが明らかであり、かつ自動車とか建物に付着した電気製品は対象外という不平等不公平な規制となっています。この点は平等権(憲法14条)侵害である可能性もあります。

    つまりPSE法は、このままの形で施行したら、今回の改善策のようなちょっとした手直し程度では、最高裁判所において、違憲判決が下される可能性がある法律であり、かつ、業者から、国家賠償すらおこされかねない法律です。

    しかも業者に国が敗訴したら、裁判費用も賠償費用も、国民の税金で負担されることになります。

    紀藤さんはまたPSE法について「庶民や文化を否定した『平成のばか法』であり、延期して廃案、そして出直すべき」と断じているけれど、この紀藤さんの問題提議は正論だし、とても説得力がある。

    このエントリーの存在は、久々にTBいただいたkatsさんの「酒乱!net」で知ったんだけど、katsさんのいうとおりPSE法については各方面から様々な異論反論が出ている。

    しかしこれはPSEという法律に関わる問題なので、情緒的な観点よりもこうした専門家による法的観点から問題を詰めていくことが何より有効だろうと思う。

    March 16, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Wednesday, March 15, 2006

    【PSE法 対応策にもブーイングの嵐】

    ■昨日放送したJAM THE WORLDで、再びPSE法を取り上げた。

    おりしも、放送当日になって経済産業省から“ビンテージもの”の電子楽器や音響機器などに限ってPSEマークが無くても売買できるようにするという対応策が出されたので、先々週の特集に続いて再びこの問題を取り上げることになった。

    今回の譲歩案はおそらく、というか間違いなく日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)が行った署名活動が影響したのだろうと思う。なんせ、JSPAが集めた74,987名分の署名(実は僕もその中の一人なんだけど)を要望書と一緒に経産省に提出する直前という絶妙のタイミングで発表されたわけだから、どう考えてもこのアピールに対応したんだろうな~という感じ。

    とはいうものの、少なくとも「一切変更しない」と断言していた頃から比べれば、法律の運用を柔軟に行おうというジェスチャーには違いないので、変化があったこと自体は素直に喜びたい。

    なんだけど、やっぱりこの譲歩案慌てて付け焼刃的に策定したのが見え見えで、署名活動で反対をアピールをした当のJSPAのメンバーからも、そしてシンセサイザーや電子楽器と関係のない一般の家電製品などの中古品を扱っているリサイクル事業者からも、この譲歩案そのものに対する困惑と非難の声が上がっている。

     規制除外品の選定法にも疑問が残る。リサイクルショップ・素人の乱5号店(東京都杉並区)の松本哉店長は、「電化製品の安全を守るための法律なのに、ビンテージ品だけ除外というのはおかしい。『レアものだから安全』とは言えないはず」と語り、一部を例外認定するならば、旧法(電気用品取締法)で安全と認められた中古品全般を除外対象として認めるべきと訴える。

     中古楽器のPSE法適用除外を求めてきた日本シンセサイザープログラマー協会(音楽家の坂本龍一さんらが所属)も、ビンテージ品だけでなく、中古楽器すべてを除外対象とするよう求めており、経産省との溝は埋まり切っていない。

     清進商会の小川店長は「法律の条文には『中古品も対象』とは書いておらず、中古品に規制がかかるのがそもそもおかしい」と指摘し、法解釈を改めて見直すべきと訴えている。

    という状況を受けて、番組に御自身もリサイクル品を取り扱っている事業者であり、「PSE問題を考える会」の発起人でもある小川浩一郎さんに電話で登場していただいた。

    小川さんによると、そもそも今回の譲歩案で対象に成っているのが“ビンテージもの”の電子楽器や音響機器ということで、生活必需品ではないこうした製品が除外されても、中古リサイクル業者がPSE法から受ける影響はほとんど変わらないということ。

    季節的にはちょうど新入学生や新社会人が生活用品を買い集めるためにリサイクルショップを利用する時期。そうでなくとも、単に高くて新品が買えない人たちが生活必需品を購入する際に利用するリサイクルショップは全国で50万店あるそうだけど、これらのショップが抱えている在庫の4割近くがPSE法の規制対象に成って売れなく成ってしまうそうだ。

    そういう現実を知ってるかどうか分からないけれど、経産省は検査機関を全国500箇所用意して、6ヶ月間は無償で検査して事業者の負担を軽減するという計画を提示している。

    経産省は、添付に必要な届け出書類を簡素化するほか、全国500カ所以上で検査を受けられる体制を遅くとも6月までに整え、中古事業者の負担を軽減するとしている。

     製品技術基盤機構などで検査用機器の無料貸し出しを行うほか、電気保安協会などの協力を得て今後半年間、出張検査サービスを無料で提供する。都道府県や市町村の公設試験所にも受託検査の実施や機器貸し出しなどを要請し、民間団体にも協力を仰ぐ。

    しかし小川さんによると、リサイクル品は右から左に仕入れたら売るという状況なので、無償で出張検査してくれるといったって、例えば月に一度検査してもらっても、その間は商品を売ることが出来ないので全く非現実的なんだそうだ。

    しかも、「何万とあるリサイクル店の総数を考えると、一体500箇所でどうやって対応しようというのだろうか?」という。確かにそうだ。

    小川さんは、「とにかく一旦延期してもらうか、電子楽器だけとかではなく、法律が施行された2001年以前に製造されたものは全て対象外にするとかしないと、解決にはならない。」という。

    さらに、自主検査でPSEマークをつけることについても、これが結果的に製造者と同じ責任を負うことになるので、「やれといわれても怖くて出来ない」とのこと。

    でリサイクル業界の現状はどうかというと、「もうほとんどの業者が人員の整理(解雇)をしたり、廃業したりしている状況」で、ただでさえ中小零細企業が中心の業界としては存亡の危機。まさに死活問題に成っているそうだ。

    可処分所得が低い社会的弱者の拠り所として機能しているリサイクル流通に著しい影響があることは間違いない。小川さんは「一体誰のための法律なのか?と言いたいですよ!」とおっしゃっていた。(まぁ、検査機関なんかに天下る役人どもの為にはなっているのだろうけれど・・・)

    「持続可能な社会の実現」=「循環社会の実現」=「あらゆる製品のリサイクル」というモデルがようやく認識されはじめたところに、この法律。

    まだ使用可能なモノが売れなくなることで大量に廃棄されることは、「もったいない」だけではなく環境にも非常に悪いのは自明の理だけれど、それ以上にこの法律が特定の階層や業界に与える影響はあまりにも理不尽で、あまりにも惨い。

    あんまり考えたくはないけれど、万が一今から半年後ぐらいにリサイクル業界関係者の中から自殺者が続出なんてことに成ったら、経産省はどういう責任を取るのだろうか?(まぁ、取らないだろうけどね・・・)

    色々問題はあるにせよ、日本の役人は基本的には優秀なんだろうと思っていたけれど、このPSE法に関しては、その策定の段階から現在に至るまで、全くこういう事態が起きることを想定していなかったとしか思えないボケぶり。

    それとも、もしかして本当に天下り先をでっち上げるのがメインの目的だったから、そこまで考えが至らなかったのだろうか?まぁそうでないことを祈るけれど、この法律の目的と動機には何か胡散臭い感じが付きまとう。

    こんな出来損ないの法律が産まれた理由は想像力の欠如といえばそれまでだけど、もしかしたらこれ立案した人物はリサイクルショップのお世話に成ったこともなければ、その実態やあるいは存在すらも知らなかったのではないかと思えてくる。

    とにかく、小川さんの話を聞いていたら、自分でもまだこの問題のシリアスさを理解しきれていなかったんだと反省しきりだった。

    インタビューの最後に「JSPAの活動は確かに音楽家が中心だったから、いきおい特定の機器に対するアピールと成ったわけだけど、やはり自分に直接利害があることに対してアピールするというのは極自然なことだと思うので、是非小川さんたちにも頑張っていただいて、現場の生の声をストレートに国に届けてもらいたいと思います。」と申し上げたけれど、これは何もリサイクル業界関係者だけの話ではないわけで、我々一般の消費者も主体的にアピールする必要があるかもしれない。

    March 15, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Tuesday, March 14, 2006

    【PSEマーク 「ビンテージもの」は規制対象から除外に】

    ■ビンテージものは規制対象外に。

    色んな人たちのアピールが効いたのか、とりあえず「ビンテージもの」の中古楽器などはPSEマークがなくても売買できるようになるみたいだ。

    PSE法、ビンテージ楽器は「例外」に(ITmedia News)

     新たに、ビンテージ物の機器に限り、申請を受けて審査を行った上で例外と認定し、PSEマークなしでも販売できる「特別認証制度」を設けた。

     対象は、電子楽器、音響機器と、写真焼き付け機、写真引き延ばし機、写真引き延ばし用ランプハウス、映写機で、(1)既に生産が終了しており、他の電気用品で代替不可能で希少価値が高いと認められる、(2)旧法(電気用品取締法)に基づく表示などがある、(3)取り扱いに慣れた人に対して国内で販売する――という条件にあてはまると認定された場合。例外申請の方法や審査基準の詳細については今後詰めるとしている。

    希少中古楽器など「PSEマーク」なしでも販売可能に(YOMIURI ONLINE)

    二階経産相は、「古典的な文化財が存在する可能性があるので、(絶縁試験の)強い電流で楽器に損傷を与えないようにしたい」と述べた。

    だけどこんな言い訳も・・・。

     二階経産相は、このほか、同法案が国会で審議された当時、他の法案と一括審議され、中古家電が販売できなくなる問題について質疑や指摘がなかったことも明らかにした。

    March 14, 2006 in Business, Current Affairs, Ecology, Economy, Music, Politics, Web Culture | Permalink | Comments (0) | TrackBack

    Sunday, March 12, 2006

    【PET検診の効果を疑え】

    ■がん早期発見の真打といわれているPET検診の実態は「未検出が85%」(YOMIURI ONLINE/医療と介護

    自分の身近な人がガンを患ったり、亡くなったりしている人にとっては、かなりショックなニュースではないだろうか。しかもこれは国立がんセンターの発表だ。

     小さながんでも発見率が高いと言われ、約100か所の医療機関に導入されている画像診断装置PET(ペット、陽電子放射断層撮影)。多くの施設でがん検診にも使われているが、国立がんセンター(東京)の研究で、がんの85%が検出できなかったことが分かった。「PETで異常がないからといって安心するのは危険」と専門家は指摘している。

    一般的な認識としては、「PET検診さえ受けておけば安心」というイメージがある。健康な人が受ける場合は自費に成るけれど、決して安くはないから、どちらかというと富裕層向けの医療サービスという印象だ。そういえば、「私なんか毎年PET検診受けてますから。」なんて自慢する人も居る。ところが・・・・だ。

     国立がんセンターに設置された「がん予防・検診研究センター」では、昨年1月までの1年間に、超音波、CT、PETなどを併用した検診を受けた約3000人のうち、約150人にがんが見つかったが、PETでがんがあると判定された人は23人(15%)に過ぎなかった。

     従来、組織に水分が多く糖が取り込まれにくい膀胱(ぼうこう)、腎臓、前立腺、胃などのがんは、PETでは見つかりにくいとされてきた。日本核医学会が2004年にまとめたPETがん検診の指針でも、がんの検出に「非常に有効」とされたのは、甲状腺や顔、首などにできる頭頸(とうけい)部がんと悪性リンパ腫(しゅ)の2種類しかない。

     ところが、この指針で「有効性が高い可能性がある」とされている肺がん、大腸がんのPET検診にも、国立がんセンターの調査では、効果に疑問を投げかけるデータが出た。大腸がんが発見された人のうち、PET検査でがんが分かった人は13%、肺がんでも21%にとどまった。

    もちろん、検出率が低いからといって、直ちにPET検診の有効性を否定する訳にはいかないだろうけれど、医療機関や保険会社はPET検診が万能であるかのごとく宣伝している傾向があるのも事実。

    そういう立場から見れば、このニュースは営業妨害に当たるかもしれないが、果たして早々に「PET画像検診フォーラム」という組織から、この読売の記事に対する反論が出されている。

    1. タイトルが過激で「PETでは癌の85%を見逃し、15%しか分からない」という誤解を生じる。

    2. そのことにより、PETという癌の診断に極めて有用な検査の普及の障害となる。

    (1) 検診の機会を逸する可能性。

     全国のPET検診を行っている施設では、PETの限界を踏まえ、核医学会のガイドライン(http://pet.jrias.or.jp/index.cfm/48,446,99,html)に沿って検診を行っており、PET単独での検診は限られています。

     記事ではそのことに触れておらず、あたかも全国で行われているPET検診が多くの癌を見逃しているかのように誤解されます。

     実際は、他の検査も含めた総合検診で行われることが多く、たくさんの方の癌が発見され、命を救われています。

     こうした早期発見される可能性のある方たちが、この記事を見て誤解し検診をやめてしまう恐れがあります。つまり、癌の早期発見の機会を逃してしまう懸念があります。

    (2) 検診ではなく診療(癌の診断)のレベルを低下させてしまう可能性。

     PETが癌の診断に有用で、いくつかの癌ではPETをしないまま治療方針を決めた場合、誤った治療法を選択する危険性があります。例えば、肺癌などではPETにより思わぬ転移が見つかる確率が20%程度といわれています。つまり、手術適応例が適応外になるわけです。

     今回の記事により、癌の患者さんはもとより、核医学専門医や放射線科以外のPETの有用性をよく理解していない医師たちが、「PETは役立たない」という認識を持ってしまった場合、治療前にすべきPET検査をしないケースも起こりえます。すなわち、医療レベルの低下が引き起こされ、ひいては患者さん、国民全体の不利益となるのです。

    (3) 上記二つのことは、誤解を生ずるような医療記事を紙面に出したことにより、「適切な医療を受ける機会を奪われてしまった」と訴訟の対象になるかもしれません。

    「訴訟の対象に成る」という厳しい批判だけれど、内容を読むともっともな主張だとも思える。ただし、読売の記事によると『PETを検診に使っているのは、日本のほか韓国、台湾ぐらい。欧米では、がん検診への有効性が示されておらず、実施されていない。』ということだから、この記事を読む限り、PET検診を100%有効なものだと盲信することに対する一定のブレーキは必要な気がするけれど、どうだろうか。

    March 12, 2006 in Current Affairs, Science | Permalink | Comments (0) | TrackBack